スポンサーリンク

東千葉に6月オープンの新店、焼肉バル 牛まるにて初テイクアウト! 4種の牛肉がMIXで600円!? ボリューム抜群、牛まる丼を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昨年の2月だったか3月だったか

 

まだ寒さも残る季節に、我が家からもほど近い作草部坂通り

こと、作草部新道沿いにオープンした、洋食ぼたん

 

人通りこそ多いものの、近隣にコインパーキングが無く、駐車場も無い通り

飲食店を営業するには難しいと感じていた立地ながら、

その雰囲気からは想像つかない、思いがけない品が頂けることで密かな話題に

 

ただ、前述した様な立地が影響してか

様々な要因があった上での話でしょうが、本年を迎えた頃には閉店

 

ぼたん以前に入店していた「ラーメンかん」同様、

短期間で飲食店が入れ替わっている中、この5月末に突如、新たな看板が設置されたのです

 

それがこちら、

・・・焼肉・・・バル??

 

私が知る限り、こちらのお店には肉を焼ける様な排煙設備は見当たらず

この短期間で工事を済ませていたとしても、あの店内の広さで焼肉となれば一体・・・

なにより、すぐお向かいには地元ならずも人気のお店、くいどんがある中での焼肉バルの登場

 

この挑戦的な佇まい、地元の人間としては、やはり確認せずにいられません(笑)

という訳で、開店初日こそ逃したものの、翌日となる6/2に「焼肉バル 牛まる」を訪れてみるものとなりました。

ラーメンかん~洋食ぼたんを経て、この6月に作草部坂通りへオープン、焼肉バル牛まるを初訪問!

6/1に開店を迎えるものとなった、焼肉バル 牛まる

開店の2日前にお店の前を通った所、同店に関するチラシを発見

 

急ぎ自宅へと持ち帰り、確認してみた所

こちらの情報によると、焼肉バルではあるものの

「お弁当」を主体としたお店として?営業をされる様です

 

これが、現在の新型コロナ渦による、需要の変化に合わせてのものなのか

それとも、そもそもがお弁当メインの焼肉バルになるのか

この辺については、要確認となりそうですね

 

ただ、こちらのチラシを見る限り、まだオープン前のお店に関するチラシながら

・大好評!牛まる丼

・受け継ぎ50年の秘伝のタレ

などの気になるコピーを、次々発見

 

どこかに本店等があり、その2号店ないし系列店か?

と、店名で検索してはみたものの、それらしい情報は見つからず

 

でも50年継ぎ足してるというのなら、少なからず創業50年以上のお店が存在するのか

もしくは、いつかは焼き肉屋を始めようと、50年前から準備に勤しんでいたのか??

 

なんにせよ、何かしらの歴史を抱えているお店である事だけは、チラシ上からも伝わってきます

更に、こちらのチラシの端っこには

オープン記念として、割引チケットが添付済み

ただ、この割引チケットを使うことで、何がどう割り引かれるのかは、記載が見当たらず

 

写真のお弁当も美味しそうだし、ご近所のお店でもありますので

色々期待したい所ではあるのですが、果たしてどうなることか・・・

 

 

そんな不安を抱きつつも、まずはお弁当の購入

そして、同お弁当を注文がてら、お店の状況についても確認を入れてみることに

 

まずはお店の方へ電話を掛けてみた所、ひとまず現在はテイクアウト&出前メインとのこと

ご近所である我が家にも、出前であれば届けて頂ける様子でしたが、もうひと越えお店の詳しい情報を知りたいことから、お店の方へ受取に出向くことに

 

今回の注文ですが、カルビ、ハラミなど4種のお肉がMIXとなる牛まる丼を、私とカミさんが

食感強めのお肉や、辛さにイチイチ小うるさい子供用には、豚カルビ丼を、それぞれ注文してみることに

 

また、この日電話を掛けた時刻は11時を回ったばかり

加えてオープンから、まだ2日目となりながらも、電話越しにて

『ちょっとお時間が掛かってしまい、12時頃になりますが宜しいでしょうか?』と、丁寧な確認が

 

オープン間もないお店ながら、この繁盛ぶり・・・

なんだろう、期待させてくれるじゃあないの

 

もちろんもちろん、30分くらいは平気で待ちますよー

と二つ返事にて電話を終了

 

さてさて・・・

見せて貰おうか、謎の焼肉バルが誇る、性能とやらを。

牛カルビにロース、ハラミにホホと、4種がMIXでお値段600円!! 限定10食「牛まる丼」を食べてみた

予約した時間を目指し、いざ牛まるへ

前述した通り、駐車場等が無いお店、として知られる同店

 

ですが、実はお店のお隣が狭いながらも駐車場スペースとなっており

同店並びにあるお寿司屋さん(鮨平)の大将の車以外は停まっておらず、実は駐車場として利用が可能となっております

 

徒歩や自転車でも余裕の距離にはなりますが、焼肉の熱が1秒でも冷めやらぬウチに頂きたいところ

そしてお弁当の受取のみと短時間で済むことから、この日は車にてお店の方へ

前日にオープンを迎えた店内の前にはお花を発見

「とん家」からとなりますが、千葉でとん家・・・栄町のお店でしょうか

 

早速、店内を覗いてみると、中にもまたもやお花を発見

今度は「焼肉 番長」

 

ホルモンが付かず、番長と言うことは、こちらは富士見町のお店?

いずれにせよ、両店と関わりあるお店となる様子が伺えます

 

店内を覗き、事前に電話注文してきたことを伝え、商品の受け取りが完了

その際に、営業について確認してみると

『夜のみ、店内飲食も出来ますよ』との話に

 

なるほど、ランチ営業の代わりとして、現在のお弁当販売なんですね

店内には夜?メニューとおぼしき黒板メニューが確認出来ましたが、チーズタッカルビやレバニラ炒めなど、おつまみ系になる肉料理が多め

 

焼肉バル、というよりは焼肉居酒屋?に近い営業形態でしょうか

いずれにせよ、ご近所のお店である以上、夜は夜であらためて再訪が必要ですね

 

ひとまず、お弁当を車に詰め込み、急ぎ帰宅

こちらが本日のランチ

6月1日、東千葉にオープンとなった新店

「焼肉バル牛まる」の豚カルビ丼(塩)と、牛まる丼の2品となります

 

まずは、私とカミさんが注文した、

こちらの牛まる弁当

 

事前に頂いたチラシでは

・カルビ

・ハラミ

・ロース

・ホホ

の4種盛りとの説明があった通り、4種のお肉がそれぞれ2切れずつ

 

丼ながら、良い色味をしたキムチも添えられており、これは期待持てそうな雰囲気

 

早速、頂いてみようと思いますが、まずはこちらの

カルビ、とおぼしき所から一口

お弁当にしてはアッサリ目のタレで味付けされていますが、肉質は柔らかく、旨味もしっかり

程良く脂も乗り、これぞ焼肉といった味わいで、ご飯が欲しくなる肉加減

 

続いては対角線の反対側へと向かっていき、

こちらの塊は・・・ハラミでしょうか

 

そのゴロッとした見た目に反し、柔らかな食感が特徴的

先ほどのカルビよりは濃い目の味付けですが、タレがしっかり肉に馴染んでいます

 

しっかりした味付けにはなるものの、辛味は少なく、塩味も良い具合

カルビとは全く異なる食感が味わえる時点で、これはもうお得感満載と言えそうです

 

続いては右側へと移っていき、

こちらがほほ肉、となるのかな

 

味付けは、先ほどのハラミ同様、しっかりしたタレの味わい

50年の継ぎ足しなのか、秘伝のタレが染み入っており、美味しく仕上がっています

 

カルビに比べると食感はしっかり目ですが、その分素材自体の味わいも濃い目

素材そのものの味わいを感じつつ、共に伝わるタレの甘みも相まって、やはりご飯をがっつきたくなる品と言えます

 

そして最後は、

 

こちらのロース、となっていきますが

他のお肉に比べると、素材自体の味わいは弱め

 

脂が少ないこともあるのでしょうが、タレの染み入り具合も控えめな味付け

これは敢えてなのか、いずれにせよ、1つのお弁当で4種の異なる味わい尽くし

肉それぞれの食感や、素材の味付けを楽しめ、飽きを感じること無いお弁当に仕上がっています

 

そして、共に添えられたキムチですが

これもまた、見過ごすことが出来ない本格派の辛味ある仕上がり

焼肉からの口直しにはもちろん、ご飯と共に頂くおかずとしても働ける、仕事の出来るキムチ入りとなります

 

ちなみにこちらのお弁当は、

・+100円 → ご飯大盛り

・+200円 → 肉大盛

といったサイズ変更が可能とのことでして

 

今回は初見と言うことで、ペース配分も分からず、両者ともデフォのサイズにてオーダー

感想として、お肉の量については申し分なかったものの、ご飯に関しては男性なら大盛でちょうど良いかな?と感じる所となりました

 

ちなみに、子供用にオーダーしたもうひと品がこちら、

豚カルビ丼の塩となります

 

硬い、辛いに小うるさい子供のことを考慮し、電話注文の際に確認した所

お勧めされたのがこちらの豚カルビ丼で、味噌と塩、2種の用意がある所から塩味をセレクト

 

お肉柔らかい、美味しい

と満足げに食べ進めた子供でしたが、やはり完食までは至らず

 

最後に、ご飯1/4とお肉2枚を残した所で、

残りは私の方で担当させて頂く事に

 

塩味にゴマ油、加えてレモン汁でしょうか

アッサリ目な味付けにはなるものの、その分、豚自体の甘みをしっかり感じる豚カルビ

 

子供が食べた後の、二枚残しとなる豚カルビながら、そのサイズは見事なもので

たっぷりあしらわれたネギも、アクセントとして良い仕事を果たし、これもまたご飯が進むお弁当となりますね

 

ただ、塩ダレがアッサリ目なだけに、途中で味の変化が欲しくなる所も

もしこの豚カルビを、塩と味噌のMIXで頂けたとすれば、テンション上がりそうだなぁ。

 

 

といった具合に、開店2日目にして早速

テイクアウト利用するものとなった、東千葉の新店、焼肉バル牛まる

 

前述した通り、2種のお弁当を食べ比べるものとなったのですが

どちらも甲乙付けがたい出来映えながら、あの肉の量、豊富な部位で

そのお値段が600円とあらば、やはり「牛まる弁当」に軍配を挙げたくなりますね

 

とは言え、どちらのお弁当も600円台で頂くには、申し分無い2品でして

これがもう一ヶ月前にオープンしていたなら、この外出自粛要請期間に、いくどとリピートしただろうに

 

そう思わせてくれる、立派な焼肉弁当を頂けるお店が近所にオープンしたのは有り難い所です

次は夜の部、居酒屋・・・焼肉バルとしての真骨頂を味わいに、足を運んでみようと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

焼肉バル 牛まる

■ やきにくばる ぎゅうまる

■ 住所:千葉県千葉市中央区東千葉3-10-5

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~23:00(デリバリーは20:00まで)

■ 定休日:不明

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。