孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉駅近くの人気店、日暮らしサンドウィッチ たっぷり卵が嬉しいBLTEサンド&絶品肉厚玉子のからしマヨを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

午後イチから仕事が入っているこの日

早い時間にお昼を済ませ、午後に備えていきたいものの、これと言った朝ごはんネタは思い浮かばず

 

ならばと趣向・発想を変えて導き出したのがテイクアウト

いや、ただのテイクアウトでは無く、早い時間から営業しているテイクアウト

 

その代表格と言えば・・・パン屋さん、だな

 

 

せっかくパン屋さんでお持ち帰りを目当てにするのであれば

以前より立ち寄ってみたかった、あのお店にしよう・・・と車を走らせること10分少々

 

向かった先は、千葉駅方面

裏千葉とも言われる中央区新田町にて営業する、こちらのお店

「日暮らしサンドウィッチ」となります

 

私が普段より食べ歩く、新田町界隈ですので

お店の存在には以前より気付いており、足を運びたかった店舗の1つ

 

従来は店内にてイートインが出来るサンドウィッチの専門店となるのですが

昨今の状況を鑑み、現在はお持ち帰り販売のみとなっておりまして

こちらの店内イートインが再開した暁には足を運ぼう・・・

と画策していたものの、気付けば1年が経過 

 

さすがにシビれを切らしたこともあり(全てはコロナのせいですが)

本日はこちら、日暮らしサンドウィッチにてちょっと早いランチ(朝ごはん?)を、お持ち帰りしてみようと思います。

千葉駅から徒歩10分ほどとなる中央区新田町で、売り切れ続出のお店 「日暮らしサンドウィッチ」

この日、お店に着いた時刻は10時少し手前

 

朝8時から営業している同店ですが、朝ごはんには流石に遅く

そして、お昼ご飯には早い、なんとも中途半端な時間帯

 

その為、スムーズな入店となりはしたものの

お昼時ともなれば、行列が出来ていることも珍しくない同店

 

最寄りは千葉駅となるものの、駅からは徒歩10分ほどとなる閑静な住宅街こと、新田町

その一角にお店を構えつつも、行列を作る程の人気店で、営業終了時刻を前に売り切れることも珍しくありません

 

加えて、以前に同店のSNSでも目にして来たのですが

とにかく、販売しているサンドウィッチのいずれもが、おしゃれでかわいい

 

特に、フルーツ系を使ったクリーム満載のサンドウィッチなどは

女性なら食い付くこと間違い無し、そんなビジュアルを誇っているのです

 

 

さて、事前情報を元にした説明もそこそこに、まずは店内の方へ

お店の方に確認を取り、写真撮影させて頂いたこの日の品々はこちら

光の反射で、かなり見づらい(笑)

 

もう少し、アップにしたものでご覧頂きますと、

まずはこちら、上段に並ぶのは旬の果物をたっぷり使ったフルーツサンド

 

オレンジにキウイ、ぶどうにバナナ・・・チョコグナッシュ??

SNS映えすること間違い無しな、断萌えするフルーツサンド各種が並び立っております

 

更には、そんなフルーツをたっぷりあしらった、

フルーツMIXにいちごのサンドウィッチも発見

 

お値段はいずれも200~300円台が中心で

最も高いいちごのサンドウィッチでも410円

 

どれ位を持って相場、と呼べば良いのか分かりませんが

お高いイメージのあるフルーツサンドの中では、わりとリーズナブルな価格に設定されている様に思います

 

 

続いて、ショーケースの下段に移ると、

こちらこそ、私にとっての主戦場

いわゆる、オカズ系サンドウィッチが満載のブースに

 

まず飛び込んで来たのは、3種類のタマゴサンド

卵といっても、いわゆる関西系の「玉子焼き」を挟んだタイプのサンドウィッチでして

 

全三種はそれぞれ

・からしマヨ

・ブラックペッパーマヨ

・スタンダード

と、アクセントの効いた調味料が加わるものばかり

 

更に、奥のエリアへ移ると、

こちらに並ぶのは、ハムチーズやサバサンド

BLTに卵を加えた、BLTEやツナマヨなども並びます

 

が、いずれのオカズ系サンドウィッチも、とにかく色味が鮮やか

メインとなる具材に加え、野菜をふんだんに使っている故でしょうが、フルーツサンドに見劣りしない、断面の美しさを誇っております

 

さて、これだけの品が並べば、自ずと浮かび上がるのが

「何を・・・買う?」かの悩み

 

玉子焼きのサンドウィッチが大好きな身として、こちらのいずれかは既に欠かすことが出来ず

SNS映えを意識するなら、フルーツサンドも外す事が出来ない品・・・

 

となるのでしょうが、私にとってSNS映えは二の次

SNSより自身の胃腸に「映える」サンドウィッチを選んだ結果

本日のお持ち帰りはこちら、

・BLTEサンド

・からしマヨ(タマゴサンド)

以上の2品を頂いてみるものとなりました。

たっぷり野菜に卵がアクセントのBLTE、厚焼き玉子焼きにカラシが映える、からしマヨを食べ比べてみた

購入したサンドウィッチ2品を袋に詰めて頂き、返す刀で帰宅の途へ

 

なお、お持ち帰り時には

・おしぼり

・保冷剤

の有無を確認していただけますが、ご近所という事で断りを入れ帰宅

 

 

早速取り出す2品のサンドウィッチですが、まず手を付けたのはこちら

赤、緑、黄色と色彩鮮やかな断面が美しい、BLTEサンドから

 

たっぷり卵のボリューム感が嬉しいサンドウィッチですが

角度を変えると分かる通り

ベーコンも複数枚、トマトにレタスも瑞々しさを保っております

 

そんなサンドウィッチをひとかじりしてみると、

ふんわり柔らかなパンの甘みがまず到来

 

それを追って、シャキッと食感のレタス

甘みと程良い酸味を備えたトマトも瑞々しさ満点

 

更には、たっぷり3枚入りのベーコンが到来し

なにより決め手となっているのが、スクランブルエッグ

 

こちらは、強めにブラックペッパーを効かせており

ちょっと大人味に仕上がっているものの、そのスパイシーさが野菜や卵の甘みを引き立てております

 

卵が予想外にたっぷり入りとなるので

零さずに食べる難しさはあるものの、それを差し引いても「美味い!」と声を挙げる1品となりました

 

 

一方、本日購入したもう一つのサンドウィッチが

こちら、画ヂカラ強めの1品

「からしマヨ」のタマゴサンドとなります

 

同店のタマゴサンドでは、通常の食パン以外に、ライ麦パンも選択する事が出来る、との事

そんな訳で、同品についてはライ麦パンをチョイスしております

 

さて、そんなタマゴサンド(からしマヨ)ですが

先ほどのBLTEサンドに比べ、若干ボソッとした食感が特徴

 

とはいえ、中に入る玉子焼きがフンワリ仕上がっており

パンの食感との違いが、まず面白いアクセントになっております

 

食感に瑞々しさは無いものの、その分野性味ある薫りが伝わって来るライ麦パン

そして、上記を見ても分かる通り、とにかく肉厚な玉子焼き

 

出汁を効かせた味わいで、甘みは強くないものの

マヨネーズのコクと和辛子の辛みが、気持ち良く玉子と共に溶け合っていきます

 

なにより、玉子の厚みが嬉しいひと品でして

見た目以上にボリュームある仕上がりで、先に頂いたBLTE含む2品で満足するほど

 

趣異なる2品のサンドウィッチ

いずれも美味しく楽しませて頂きました

 

 

という訳で、ようやくの初訪問となった

中央区新田町の「日暮しサンドウィッチ」

 

上記したとおりの2品をテイクアウトするものとなりましたが

いずれも、噂に違わぬ人気店らしい、個性と魅力溢れる品々となりました

 

また、前述した通り同店では

断面の可愛らしいフルーツサンドが人気とされる中

 

相反する、ボリューミーさを採った「オカズ系」2品を頂きましたが

SNS映えこそフルーツサンドには負けるものの、その満足度は十分な品々

 

また、本日購入した以外にも、まだ食べてみたいサンドウィッチは多数ある上

季節等の限定商品も多いとの事ですから、今後も定期的に足を運びたい一軒となりました

 

なお、お店には駐車場が完備されておりませんので

訪問の際には、同店並び、もしくは裏手の通りにあるコインパーキングを利用し、足をお運び下さい。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

日暮らしサンドウィッチ

■ ひぐらしサンドウィッチ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町15-1 ダイアパレス千葉新田 101

■ 営業時間:8:00〜16:00(売り切れ次第終了)

■ 定休日:月、火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。