孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央、博多もつ鍋 龍をランチ初訪問 味噌ベースにモツの旨味満載、もつ鍋ラーメン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日のランチは、千葉中央方面へ

今日がオープン日となる新店を目当てに向かったのですが・・・

 

営業開始時刻が分からず、なんとなくの勘から

11:30を予想しお店に向かってみたものの、すでに店内は満席

 

この日がオープン当日ながら、大盛況となる上

更には、店外に入店待ちするお客さんの姿も

 

今日の所は、こちらの新店でのランチを諦め

代わりに近隣のお店へと向かってみる事に

 

 

久々、幸福軒の豚骨ラーメンでも食べようか・・・

と、千葉銀座通り方面に向かってみたところ

っと、見慣れない看板を発見

 

お店の場所は、同通りすぐとなります

「博多もつ鍋 龍」となるのですが

 

こちらのお店、少し前からランチ帯にお弁当の販売は行っていたものの

この看板を見る限りですと、店内飲食出来るランチをやっているご様子

 

後に同店のインスタを見てみますと

今年の3月から、ランチ営業を始めたとの投稿を発見しまして

 

しかも、面白そうな品々が並ぶ同店のランチメニュー

せっかくならば、食べた事無いランチを頂いてみようと

本日はこちら

千葉中央の「博多もつ鍋 龍」を訪れてみるものとなりました。

今年3月よりランチ営業もスタートさせた、千葉中央 博多もつ鍋 龍をランチに初訪問

という訳で、二転三転ながら

ランチでは初訪問となります、博多もつ鍋 龍

 

同店は店名通り、博多のもつ鍋をメインとするお店でして

秘伝のタレを始め、

紅、塩、醤油と4種のもつ鍋を頂けるお店となっております

 

私も過去に何度か足を運んでおりますが

参照:千葉中央が誇るもつ鍋専門店、博多もつ鍋 龍 大人な空間で頂く、国産ホルモンのもつ鍋⇒

 

前述した通り、ランチ営業をしていたとは露知らず

お昼に関しては、今回が初訪問となります

 

ちなみに、同店の夜のメニューには、

前述したもつ鍋の他にも、

串焼きや馬刺しにおつまみ各種

更には、鰹のたたきや牛タンなども頂く事が可能となります

 

さて、そんな博多もつ鍋 龍のランチメニューですが、

 

上記の通り、常時提供されるのは4品となり

カレーにもつ鍋ぶっかけ丼、もつ鍋ラーメンなどなど

 

Aランチ、Bランチは日替わりとなっており

この日はハンバーグ、油淋鶏がそれぞれ提供されるものとなります

 

そんなランチメニュー各品となりますが

本日はこちらから、もつ鍋ラーメンを頂いてみようと思います。

モツの旨味がたっぷり移った味噌ベースのスープ 博多もつ鍋 龍で頂く、もつ鍋ラーメン

この日、お店に着いた時刻は12時ちょうど

 

入店した時点では先客1組となっており

お店の前ではスタッフさんが、行き交う人にランチの案内をしておりました

 

が、そこからものの数分

店内には続々とお客さんが入店

 

気付いた時にはほぼ全席が埋まってしまう繁忙ぶりで

まだランチを始めて日が浅いながら、多くのお客さんで賑わう人気ぶり

 

そのお客さんの多くは、日替わりとなる油淋鶏

もしくはハンバーグをオーダーしているようで、これも見る限り美味しそうな品ばかり

 

 

が、しかし

私はつい先ほどまで、幸福軒にてラーメンを食べる予定だった身でして

(その前にはカレーを食べるつもりでしたが)

 

趣は異なるものの、やっぱりラーメンを食べておきたく

そんな本日、頂くランチがこちら

千葉中央の「博多もつ鍋 龍」にて頂く

もつ鍋ラーメンとなります

 

その商品名通り、たっぷりのモツに濃厚そうなスープ

もつ鍋の〆に頂くラーメンを、いきなりスタートダッシュで頂く様な豪快な1杯

 

そんなラーメンに加えて、

こちらの小鉢は山菜でしょうか

ラーメンのみで終わらないあたりも、ちょっと嬉しいサービスです

 

さて、メインとなってくるのはもちろん、

こちらのもつ鍋ラーメン

具材にはモツに加え、野菜の姿も多数見受けられます

 

青ネギに鷹の爪、

そして生のオニオンスライスを載せ、色合いも上々な一杯

 

それでは早速、スープから頂いてみますと

これはもう、さすがもつ鍋専門店といった次第で

 

モツの旨味や甘みが溶け出した、濃厚なスープ

そこに味噌をも併せる事で、旨味に塩味をしっかり感じさせてくれます

 

もつ鍋まんまのスープでは、濃厚になり過ぎそうなものの

そこを程良く抑えているバランスも見事でして

 

モツに加え、野菜らの甘みも感じられ

見た目以上に奥深い味わいを感じさせてくれます

 

そんなスープと共に頂くのが、

こちら、中細の縮れ麺

 

麺の茹で加減はやや固めとなっており

ボソッとした食感を感じさせてくれます

 

さすがに専門店ではありませんので、麺については相応となりますが

スープとは良く絡み、その旨味をしっかりすくい上げてくれます

 

そして、なんと言っても欠かせないのが、

こちら、もつ鍋の主役となりますモツ

 

プルップル食感に甘みと旨味が満載でして

その独特の食感は、通常のラーメンでは味わえない、同店ならではの1品

 

なにより、しっかり火が入っていながら

レンゲに乗るギリギリサイズという、その大きさも見事

 

こればかりは、もつ鍋専門店でなければ

味わう事が出来ない、極上のトッピングとなっております

 

また、そんなスープやモツらの旨味を吸い上げているのが、

こちらのキャベツやもやし

玉ねぎといった野菜達でして

 

クタッとなるまで煮込まれていますが

その中には、スープの旨味がたっぷり染み入っております

 

そんな野菜たちが旨味を吸い上げている一方、

シャキッとした食感でアクセントを与えるのが

別途トッピングされたオニオンスライス

 

こちらは生の玉ねぎとなりますので

その食感に加え、瑞々しさも特徴となりまして

 

スープが濃厚なだけに、後半重たさを感じるものの

この玉ねぎのスッキリした味わいが、良い箸休めに

 

もつ鍋の〆に頂くラーメンとは、

また異なる様々な食材の存在感らを感じる、そんな専門店らしい一食となりました。

 

 

という訳で、ランチについては初訪問となった

千葉中央の博多もつ鍋 龍

 

そもそもランチ営業をしているとは露知らず

思いがけぬ出会いからの飛び込み訪問となりまして

 

前述した通り、ランチでは様々なメニューが揃う中

本日は、同店らしさを味わえる「もつ鍋ラーメン」をオーダー

 

一見すれば、もつ鍋の〆に頂くラーメンながら

様々な具材のバランスなどで、調和の摂れた一杯となりました

 

ただ、メインとなるのはもちろんラーメンですが

小鉢が付いているとは言え、ボリュームは若干控えめ

 

かといって、ラーメン専門店のような

サイドメニューがある訳でも無いので、この小腹を満たせる何かがあれば・・・

 

と、思うところも見つかる

そんな一食となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

博多もつ鍋 龍

■ はかたもつなべ りゅう

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-4-8

■ 営業時間:12:00~13:00 / 16:30~22:30

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。