スポンサーリンク

千葉中央の旬菜酒房 和 に移転後、初訪問 新鮮カツオに肉汁大爆発・ジューシーメンチカツを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

天気のぐずつく日が数日続いたものの

久々にパッとした晴れ間が来た事から、車を洗車に

 

その待ち時間を利用し

(なんなら、コインパーキング代をも浮かせつつ)

車の中身、となる私も燃料補給(ランチ)へと出ることに

 

本日は千葉中央界隈でのランチとなるのですが

おおよそのお店を食べ尽くしている同エリア

 

久々にお蕎麦でも・・・と、

向かった「阿づ満庵 支店」は、定休日の水曜に激突

 

となれば、鉄板の小料理 旬に向かおうか・・・

ドラクエウォークをやりつつ、本町方面に引き返したところ

ポッと視界に飛び込んできたのがこちらのお店

旬菜酒房 和(かず)となります

 

少し前までは、同じく中央にある

現在は「えんまん」が営業しているテナントにあった同店

 

確か、昨年夏頃にこちらへ移転した様に記憶していますが

現在のお店へ移ってからは未訪問となっていた同店

 

この時点ではまだ営業前となっておりますが

店先の営業開始時間を見ると、11:40からとのこと

 

開始まであと10分・・・

ドラクエやってりゃ潰せる時間だな、と判断

 

という訳で本日のランチは

中央区役所の並び、美術館通り沿いにある

「旬菜酒房 和」を訪れてみるものとなりました。

モノレール葭川公園駅から徒歩5分 美術館通沿いの居酒屋「旬菜酒房 和」に、移転後初のランチ訪問

前述した通り、以前は

「えんまん」のあった場所で営業していた旬菜酒房 和

 

現在の移転して1年ちょい

お店もだいぶ広くなったものと思われますが

前述した通り、営業開始時刻が11:40から

 

11時前には空腹をこじらせている私にとって

この営業開始時刻までなかなか待てず

結果、移転後は未訪問のままとなっていたお店となります

 

本日も空腹の真っ只中にいるのは変わらずも

現地にて残り10分の待ち時間とあらば我慢も出来るとこと

 

幸い、ちょうど良いタイミングで、ドラクエのメガモンスターが登場

こちらの討伐に10分弱、近所で時間を潰していると

お店の扉が開き、中からランチメニューを掲載した立て看板も出現

 

早速メニューに目を向けてみますと、

本日の昼食は全3品となっており

・カツオ刺しとメンチカツ

・太刀魚煮おろしと牛しぐれ煮

・豚生姜焼き

以上のラインナップになっております

 

肉食として真っ先に目が行くのは生姜焼き

ですが、先週のランチにて生姜焼きを食べていることから

今日の所は候補から削除

 

残る2品、どちらみ甲乙付けがたいものの

戻り鰹が旬を迎えている今であればこそ

カツオを頂くことこそ粋な選択

 

ここは、カツオ&メンチカツに狙いを定め、いざ店内へ

 

開店と同時に入店した・・・と思っていた店内ですが

私が目を外していた隙なのか

それとも、もっと以前からか、すでに1組のお客さんが来店済み

 

それを追う形で、カウンター席へと案内され

「カツオ刺しとメンチカツ」をオーダー

 

注文を終え、待ち時間の間

夜のメニューの方を拝見させて頂くと、

こちらもまた、鮮魚を中心にイイ感じの和食が並ぶものとなっております

黒むつにキンメ、白子に牡蠣と

秋から冬へと季節が変わろうとする今を象徴する品ぞろい

 

また、下の段は揚げものや焼き物中心となりますが

イチジクの胡椒かけ、塩しその実など、風変わりなおつまみも発見

 

移転前も含め、夜については未訪問となる同店ですが

こちらもまた、拘りある和食を味わう事が出来そうですね

 

もう一つメニューをめくると、

こちらにはおでんもラインナップ

100~200円とリーズナブルな設定ながら

 

日中こそ、まだ汗ばむ気候ながら

日が沈むに連れ、一気に気温が下がる昨今

そろそろ、おでんや鍋も良いかも・・・

 

・・・共に食べに行く、友達捜しから、か。

キラキラに輝く鮮度抜群なカツオに、爆発するジューシーなメンチカツ 旬菜酒房 和で頂く日替わりランチ

そんなメニューに目を向けながら、気付けば時計は12時近く

開店時点では、私を含め2組となる店内でしたが

お昼が近づくに連れ、お客さんが続々と来店

 

すぐ近くにある中央区役所を始め

オフィスビル立ち並ぶエリアだけに、やはりこの時間からは大盛況

 

たちまちカウンター席が満席になったものの

店内奥にも広い席が複数用意され、

そちらへも続々とお客さんが流れ込んでいきます

 

一気に賑わいを見せ始めた、旬菜酒房 和

注文から待つこと10分程で、配膳された本日のランチがこちら、

「カツオ刺し&メンチカツ定食」となります

 

その商品名通り、ど真ん中ストレートな

・メンチカツ

・カツオの刺身

の2品をメインとした定食

小鉢としてサラダ、香の物も添えられております

 

そんな定食で、まず目を惹くのが、

こちら、カツオの美しさ

くすんだ色味を一切見せず、驚く程に真っピンク

 

今時期にしては脂の乗りが少なく見えはするものの

カツオ特有の血合い臭さを感じさせない

鮮度良好なお刺身であることが、一瞬で見て取れます

 

うっとりするくらいに美しいカツオですが、

生姜をひと乗せして、早速口の中へ

その見た目通り、スッキリした鰹の旨味を感じます

 

とりあえずで生姜を乗せてはみたものの

臭みを一切感じることはなく、必要としない程

 

脂の旨味は強くありませんが

カツオ特有の香りも感じられ、鮮度の良さがしっかり伝わります

 

そんなカツオに先制されてしまったものの、

こちらの定食には、サラダもセットに

こちらのサラダですが、これまた珍しい葉物野菜となっております

 

一見すると春菊・・・にも見えるのですが

特有の苦みは無く、むしろサッパリ

ちょっと馴染み無い野菜ですが、なんだろう一体・・・

 

そして、もう一つのメインとなるおかず

それがこちら、メンチカツになります

ひとまずは半分にカットして断面を・・・

と思ったら、箸を入れただけで爆発する肉汁

 

サイズこそ大きくは無いものの

中に詰まった挽肉から溢れる肉汁は相当なもの

 

使用しているお肉の質の良さでしょうか

甘みある肉汁がドクドクと溢れてきます

 

挽肉と共に使用されているのは玉ねぎのみじん切りとなりますが

こちらもかなりの細かさにカットされており

口当たりがとにかく良好

 

お肉の旨味と絡み合い、ソースを掛けてはみたものの

そちらの味付けを必要としない程、

とにかく肉の旨味、味が濃い、素材の良さを感じるメンチカツとなりました

 

 

そんなオカズ2品とサラダ、そして味噌汁といった定食となり

1品1品、吟味した素材に、丁寧な調理を感じる品ばかり

 

ボリューム面では若干、軽めに感じはしたものの

和食を中心に提供する居酒屋らしいラインナップ

 

また、私が頂いた訳では無かったものの

カウンターお隣に座っていたお客さんが注文していた

「生姜焼き」もまた、案の定美味しそうなひと品となっておりまして

 

今回頂いたメンチの美味しさを考えれば、これも想定内

次は、肉料理メインの定食も頂いてみたい

そんな、旬菜酒房 和でのランチとなりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

旬菜酒房 和

■ しゅんさいしゅぼう かず

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-9-10

■ 営業時間:[月~金]11:40~14:00 /18:00~23:00 [土]18:00~23:00

■ 定休日:日曜・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。