スポンサーリンク

西千葉の絶品居酒屋、世炉思食にて初の『お弁当』を購入!! 爆盛りながらまさかの390円、絶品唐揚げに角煮丼らフルコンプを達成!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食店が経営方針見直しに向かう中

中でも厳しい判断を迫られている業種となりそうなのが、夜のみの営業に特化している居酒屋さん

 

千葉では「夜間外出を自粛」といった要請のみに留まっておりますが

都内では既に「夜のみ営業する居酒屋さん」に向けて営業を自粛する様、名指し指名が出ているとのこと

 

ランチから営業しているお店ならまだしも

夜の営業に絞り込んで仕込みや準備を進めているお店にとって、この要請はかなり厳しい声にも聞こえます

 

とは言え、実際夜に営業する飲食店を中心に、コロナの感染が広がっているのも事実な様で

多くのお店が判断を悩んでいる中、ここ西千葉にも1軒、新たな試みに取り組みだしたお店が

 

それがこちら、

西千葉を代表する、超絶美味い鮮魚が、あり得ない価格で頂けてしまう居酒屋さん

「世炉思食」となります

 

本ブログでも幾度とご紹介してきた世炉思食ですが

西千葉駅前、創業35年の老舗居酒屋 世炉思食 地域NO1の鮮魚に豊富なおつまみ、気の利く接客まで文句なしの海鮮系居酒屋

通常は絶品過ぎる海鮮料理、鮮魚があり得ない価格で頂けるお店

 

とは言え前述した通りの理由より、現在は夜の営業が行えないことから、西千葉で居酒屋を始め38年

初めての「昼営業」にて、お弁当の販売を開始したとのこと

 

日頃より、世炉思食の美味しいお刺身には、家族全員でお世話になっている我が家としては、是非この新たな試みを応援したい

そんな訳で、お弁当を購入すべく、西千葉駅前の世炉思食を訪れてみるものとなりました。

西千葉を代表する、絶品海鮮料理が味わえる居酒屋「世炉思食」が、38年目にして初めて昼営業をスタート!!

西千葉駅周辺のテイクアウト情報を事前にまとめていたことから

当然「世炉思食のお弁当販売」についても、事前にチェック済み

 

営業時間についても、12:00~と確認の上でお店へ到着

地下へと続く階段の前には

この通り、お弁当販売をお知らせする看板を発見

この日販売されているお弁当は

・から揚げ弁当

・角煮弁当

・日替わり弁当

の全3種

 

これに加えて、唐揚げのみは単体でも販売されており、そのお値段は10個入りで390円

サイズの程は確認出来ていないものの、こちら世炉思食の唐揚げが美味しいことは、既に実証済み

ただ、日替わり弁当についてはその詳細も分からず、まずはお店へ向かい確認してみることに

 

日が燦々と照りつける、明るい時間に初めて降りる、世炉思食へと続く階段

店内は普段と変わらない様子にはなるものの、ホールを元気に走り回るアルバイトスタッフさんがいないことで、気持ちもの悲しさを感じます

店内奥の厨房では、仕込みなのか予約の入っているお弁当なのか

いずれにせよ、慌ただしく調理している様子が伺えます

 

一声掛けると、厨房より女将さんの姿を発見

お弁当を買いに来た旨を伝え、まずは日替わり弁当について尋ねてみると

『今日はメカジキの煮付けと、鰯のフライ』になるとのこと

 

メカジキ&鰯の組み合わせなら、そりゃもう間違いないだろうなぁ

と、そちらに決めようとしたものの、私より一歩早くカミさんが

「じゃあ、日替わりで!!」との立候補

 

ここで被るのも面白くない

ならば敢えての逆張りをすべく、私は角煮丼をオーダー

更に子供は、から揚げ弁当をオーダーすることとなったので、どうせならば・・・と、お持ち帰り用の唐揚げも追加

 

結果として、メニューに記載のある全4品

全てを我が家総出でコンプリートするものとなりました(笑)

 

そんな感じで注文を終えたものの、お弁当については出来たてを提供すべく、注文後に調理へと入るとのこと

またこの日は、事前に弁当の予約も入っているとのことで、調理時間には10分ほど掛かるそうでして

購入の際には直接お店へ伺うよりも、事前に電話で予約を入れた方が良かったみたいで、これはちょっと失敗

 

とは言え10分程度の待ち時間なら、せっかくだしリニューアルした西千葉ペリエにでも向かってみよう

と、先日オープンしたてとなる西千葉ペリエをサッと見回し、10分後に再度お店へ

 

前述した予約のお弁当を受け取りに来た方や

私たち同様、表の看板?を目にして訪れたお客さんらで、しっかり賑わう店内

西千葉の地で38年、絶品過ぎる鮮魚を格安で提供し続けてきたお店らしく、お弁当屋に転身しても多くのお客さんに愛されていることが伝わってきます

 

まだお弁当販売を開始して2日目ですから、ペース配分や仕込みなど、慣れない作業だらけ

そんな中でも間違い無く、たっぷりの愛情が詰まっている

この、蓋が閉まりきらない程に、たっぷり盛り込まれた唐揚げ(笑)

締まりきらない隙間から流れてくる揚げたて唐揚げの香りだけでも、その深い愛情がヒシヒシと伝わってきます

 

そんな唐揚げと共に、残るお弁当も全て完成を迎え

これらをしっかり袋に詰めて頂きながら、1秒でも早く頂くべく、急ぎ家路へ着くものとなりました。

世炉思食の38年続く歴史にて初めてのお弁当販売は、当然の絶品ぶりに加え、爆盛りサービスが熱すぎた!!

帰宅後、急ぎ手洗いうがいを済ませ、食卓へ

袋から取り出す、本日のお昼ご飯は以下の通り

 

まず1品目が、私の注文したこちら、

角煮弁当(500円)となります

 

続いては、子供のオーダーした

こちらのから揚げ弁当、これも500円

唐揚げ6個に玉子焼きにトマトまでがトッピングされて、このお値段

これもまた、見事なまでのお値打ち品と言えそうです

 

そして、一歩出遅れたことで、カミさんにインターセプトされたのが、

こちら、本日の日替わり弁当

メカジキの煮付けに鰯のフライ、更には唐揚げ&トマト&玉子焼き付き

そしてご飯はのり弁仕立てとなり、お値段は700円

 

先ほどのから揚げ弁当然り、この日替わり弁当然り

大きめのパックに対し、なんとか隙間を作らず詰め込もう

と愛情を効かせすぎた結果か、500~700円のお値段で頂くには申し訳無いほどのボリューム感

 

どちらも、もう150~200円ほど上乗せして

ちょうどいい位のボリュームに、おかずの詰め込み具合となっております

 

しかし、それ以上にお値打ちすぎる愛情詰まったパックとなるのが、

そう、受け取った時点でも既に蓋が閉まりきらずにいた

「唐揚げ(10個入り)」となり、そのお値段も驚愕の390円!!

 

10個入りと告知されていたとは言え

お値段がお値段だけに、舐めて掛かりましたが・・・

いやこの量で390円て、唐揚げ専門店やお惣菜屋さんが真っ青になるから

 

そんな唐揚げと共に頂く、本日のお昼ご飯は

この通り、肉に溢れた食卓の完成

鶏に豚にと、肉塊が怒濤の様に押し寄せております

 

ただ、いざ並べてみると、野菜の少なさが目立ちますね(汗)

こればかりは仕方ないこととは言え、やっぱテイクアウトが続くと

野菜を摂取する機会がどうしても少なくなりがちです

 

この日も世炉思食からの帰り際、同じく西千葉にある

ベジとる」へ寄ろうか迷ったものの、唐揚げの香りに負けてまっすぐ帰宅・・・

次からは、先にベジとるを経由し、その上でお弁当購入に向かうようにしないと。

 

さて、まずはお弁当の方より

豚の角煮をとりだし、一口

 

トローッと柔らかく煮込まれており、口の中でとろけ出す旨味が満載

単体で頂くと、ちょっと強めの味付けにも感じますが、ご飯と共に頂く事を前提にすれば申し分無い甘み

この甘さがあればこそ、和辛子の辛味が引き立ち、白米がバクバク進む味付けとなります

 

続いて頂いてみるのは、

そのボリュームに面食らってしまった唐揚げ

 

購入から10分ほどは経過したものの、まだまだ揚げたてサクサク

下味に加え、衣にもしっかりとした味付けがなされた唐揚げ

お弁当ならではの仕上がりとなっており、冷めても変わらず美味しく頂けるタイプですね

 

そんな唐揚げを自宅に迎え入れると、思わずやりたくなるのが

こちら、マヨネーズによるカロリーオン

※ 上記のキムチは、先日荒井食品にて購入したキムチを、冷蔵庫より取り出してみました

 

しかも本日は冷蔵庫より取り出した、辛子入りマヨをセレクト

これと共に頂くと・・・だよね、やっぱ美味しさが1段階アップ

 

マヨネーズの持つコクは元より

ほんのり効かせたマスタードの風味が、唐揚げをより美味しく味あわせてくれます

 

非常にたわいもないプラスαの味変ですが

これらを自由に楽しめるのも、テイクアウトならではの魅力

そのままでも美味しいお弁当を、より自分ナイズ出来るのは今時期だからこその楽しみ方!

 

そんな唐揚げfeatからしマヨを迎えていると、思わずもう一つの妙案が

この角煮丼とキムチの組み合わせって、アリじゃ無かろうか・・・?

 

普段なら200%交わることの無い、世炉思食と荒井食品

その両者を勝手ながら、丼の中でコラボさせてみると・・・

・・・うーん、合わない事は無いけど

一緒にする理由も、見当たらない(笑)

 

もう少し辛味強めなキムチなら良かっただろうに

荒井食品のキムチが、酸味強めだったことが敗因の様です

 

荒井食品のキムチと世炉思食の角煮、両者の夢コラボは夢のママ終了

個々をそれぞれ頂き、完食するものとなりました

 

 

そんな訳で、初めてのテイクアウトを楽しみながら存分に味わうものとなった、西千葉の世炉思食

角煮丼、唐揚げ共に、贅沢極まりないボリューム、その美味しさを堪能させて頂きました

 

ちなみに、この日「日替わり弁当」を食べていたカミさんですが

ご飯に敷かれた海苔をめくった所で、思わずニンマリ

何があったのか確認してみると、

っと!!

海苔の下からは鰹節に加えて、薄くスライスされた沢庵を発見!

 

見えない所にまで、オシャレなトッピングを施す世炉思食のお弁当

パッと見では気付かない所にさりげなく施す、粋な仕事

この奥ゆかしさもまた、世炉思食ならではの溢れる愛情となり、しかと受け止めさせて頂きました

 

お値段は元より、ボリューム、味付け共に大満足となるお弁当でした

が、やはり世炉思食といえば

この「スーパー6点盛り」あってこそ、世炉思食の真髄

お弁当ではさすがに頂けないお刺身ですが、やっぱこれを食べずに世炉思食は語れずで

 

1日も早く、スーパー6点盛りを始めとした、世炉思食の絶品鮮魚が頂ける日が来ることをを願いつつ

新型コロナの影響が落ち着いた暁には、真っ先に美味しいお刺身を頂くべく、足を運ばせて頂きます。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

世炉思食

■ よろしく

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-25-16 福岡ビルB1

■ TEL:043-244-1188

■ 営業時間:月~木・日17:00~26:00 / 金・土・祝前日17:00~27:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。