スポンサーリンク

千葉が誇る焼鳥の名店、やのまこともテイクアウトを開始! 大ぶり豪華な焼鳥が1本100円!に始まり、唐揚げにニジマス、日替わりお惣菜らを多数販売中!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食店がテイクアウトを始めている中

千葉駅と西千葉駅の中間、汐見ヶ丘にある焼鳥の名店「やのまこと」でもテイクアウトを始めたとのこと

 

先日、同店すぐご近所の「宍倉精肉店」でテイクアウトを購入した帰り道

お店の前を通ってみると・・・

お、確かにテイクアウトの準備を進めている!!

せっかくならば、今夜の晩ご飯を「やのまこと」でのお持ち帰りにしよう

と、お店へ立ち寄ってみると、発見・・・まことさん(店長さん)!!

 

営業開始はおおよそ12時からとなっており、この時点ではまだ準備中だったようで

とは言え、テイクアウト出来る品もいくつかあるとのことですが

大本命である焼鳥については、これから炭をおこすとのことで、まだ時間が掛かってしまうとか

 

詳しく話を伺ってみた所

『14~15時くらいには、焼鳥始め色んなお料理が並びますよ』

とのことでしたので、ならば出直した方が色々楽しめるかも

 

そんな訳で一旦は帰宅し、15時頃を目処に再度やのまことへ足を運ぶことに。

千葉最高峰の焼鳥店、汐見丘の「やのまこと」に新メニューが多数投下!!

一旦帰宅しカミさんと協議の結果、本日の晩ご飯ややのまことでのお持ち帰りに決定

仕事でバタバタするカミさんに代わり、再びやのまことへ向かったのは、15時頃

 

本日二度目となるお店の前へ到着すると、

お、先ほどとは打って変わり、お惣菜屋さんが如く準備も進んでおります

店頭に掲げられているメニューでは、上記の通り5品が掲載

 

卵については、お値引き価格の200円となっておりますが

その他4品は、どれも500円にて販売中とのこと

 

唐揚げ、ニジマス、もものステーキと、どれも500円にはなりますが

いやいや・・・、

このボリュームで500円って、流石にやり過ぎじゃ無いか?(汗)

ニジマスなんか、1パックに三尾も入っちゃってるじゃん

 

この時点では、鶏モモのステーキは店頭に並んでおりませんでしたが

これもTwitter情報によると、かなりのボリュームになっている様子

 

どの品も、間違い無くお値打ちであるのは間違い無いとして

焼鳥も普段に比べ、だいぶ大ぶりな串が5本入って500円の破格にて販売中

※ こちらの写真は後ほど

 

また、提供する品々は日替わりながら、

こちらのようなお惣菜、おつまみ類も店頭には続々と登場

更に驚きなのがそのお値段で、上記の品々はどれも1つ100円!!

 

なんか買いに来たこちらが申し訳無くなってしまうような破格のお惣菜揃い

しかも、前述したメニュー以外にも、日ごとに様々なおかずの提供もあるとのこと

 

この日も私が訪れたタイミングで、ちょうどレバー野菜炒めが出来上がったりと

店長にとしこさんにと、フル稼働でイェイイェイしながら、お惣菜作りに帆走中

 

どこの飲食店も新型コロナの影響で、通常営業がままならず

なんとか売上げを維持しようと、苦肉の策の様な様相でテイクアウトを始めていますが

 

さすがというか、なんというか・・・

ここ、やのまことでは普段の営業時同様

いやむしろ、この危機的状況を非日常として楽しんでいるかの如く、普段以上に元気はつらつな姿でお惣菜類を販売中

 

もちろん、普段の営業と比べれば価格も安く

利益面を見れば、かなり厳しいことは間違い無いはず

 

ですが、そんな辛い様子を微塵も感じさせず

今の状況に順応したかの様に、普段と変わらない様子で今度はテイクアウト販売に取り組む

その姿から溢れ出る生命力は、見ているものをも元気にさせてくれます

 

そんなエネルギッシュ過ぎる「やのまこと」にて、本日購入したお惣菜はこちら

まずは、やのまことといえば焼鳥、という訳で

普段、お店で提供する品とは異なるものの、

鶏モモの串5本入り(タレ)を2パック

(このボリューミーな串が1本100円ってw)

 

続く2品目ですが、ギリギリまでニジマスを購入するつもりでいたものの

ちょうど店頭に並べようとした瞬間に居合わせた事から、並ぶその前に購入することに成功した

たっぷり鶏レバーの入った、レバー炒め

 

そして、付け合わせ兼私の夜のおつまみにと手を伸ばした、

卵がたっぷり入った、マカロニサラダ

計4パックを購入し、お会計は驚きの1600円にて、本日の晩ご飯をゲットするものとなりました。

例えテイクアウトでも、やのまことの名に偽りなし! 激安過ぎる焼鳥にレバー炒めを自宅で堪能!!

初のお持ち帰りにて、各品を頂くものとなったやのまこと

 

前述した通り、この日は3品4パックを購入するものとなったのですが

しつこいながら、驚かされるのはそのお値段

 

まずはこちらが、普段お店では提供の無い

お持ち帰り専用メニュー(日替わり?)となる1品目

鶏レバーとパプリカ、ニンニクの芽炒めとなります

 

普段お店で頂くレバーと言えば

「フォアグラか!?」と見間違うような、究極のレバーとなる為

それと比較すれば、確かにグレードは下回ってしまう鶏レバー

 

ですが、カットされたレバー1つ1つが、しっかり形を残す鮮度の良さ

当然臭みは無い上に、レバーらしい鉄分豊富な味わいも満載

 

何よりその味付けが、パプリカとニンニクの芽とで炒めたはずなのに

どことなく、筑前煮を思わせる土の香りを感じるなど

家庭料理の延長線上にある様な、不思議な安心感を与えてくれる1品となりました

 

続く2品目ですが、

こちらのマカロニサラダ

具材にはマカロニとゆで卵、キュウリなどが使用されているのですが

とにかく、卵の旨味が濃い1品でして

 

店頭でも、奥久慈しゃもや地鶏の卵を販売している同店

未確認ながら、このマカロニサラダへ使用している卵も

恐らく名のある鶏の卵であるのでは無いか、と推測されます

 

そんな卵の旨味を存分に味わえるマカロニサラダ

だというのに、そのお値段は1パック100円という激安ぶり

 

低価格をウリにするスーパー顔負けのお値段ながら

その美味しさは、専門店の料理そのものというギャップ

 

しかし、そんなマカロニサラダをも凌ぐ、

今回のテイクアウトシリーズの目玉となるのがこちら、

鶏料理専門店、やのまことが誇る看板メニュー

「焼鳥」となります

 

まず目を見るのが、1本1本の串に刺さる鳥肉の大きさ

普段、お店では希少部位を中心とした串が提供される為、

鶏モモを頂く機会はかなり少ない訳ですが、それにしてもこのサイズ・・・

 

しかも全品、普段の串と同様に炭火でじっくり火入れをされており

中までしっかり火が入っているものの、遠赤外線効果による柔らかな焼き上がり

鶏肉自体の旨味と、脂の旨味、双方をしっかり持ち合わせ

更には炭の香りも漂わせる豪華な串焼き

それが5本1パックで500円、1本当たり100円という激安価格で頂けてしまうのです

 

そんな串焼きですが、せっかく自宅で頂くのであればこそ

普段、お店では出来ないアレンジをしてみようと取り出してみたのが、

こちらの柚子胡椒添え

ちょっと付けすぎた感はあるものの、甘めの味付けとなるやのまことのタレや炭火の香ばしさに

相反する柚子胡椒の辛味と風味がマッチし、これはなかなかの組み合わせに

 

お店で頂く、焼きたてアツアツの焼鳥には、勿体なくて出来ない味変ながら

電子レンジで温め直しているとは言え、焼きたてには及ばない焼鳥を美味しく頂く、ちょっとした工夫を楽しめるのも自宅ならでは

 

 

そんな味変などを加えながら、自宅にて美味しく頂くものとなった、やのまことでの初テイクアウト

さすがにお店で頂く絶品串焼きには及ばずも

 

家庭で食べられる焼き鳥としては、超一流

しかも、驚きの破格で頂ける訳ですから、これはまたとないチャンス

 

お店の場所が場所な上に、一見さんではちょっと入りづらい、あの雰囲気

ですが、前述した通り、現在はテイクアウトを主とした営業となり

店先にて購入出来ますので、普段なら抵抗ある方でも足を運びやすい機会となります

 

なお、やのまことファンなら誰もが知る

「やのまこと丼」の持ち帰りは無いものか?と、としこさんに相談した所

 

『ご飯なら、どこもお家にあるじゃないのー

練り梅を焼鳥と一緒に買って帰れば、お家で作れるわよ』

とのこと。

 

言われてみれば、それもそうかw

という訳で、次回のテイクアウト購入時には

焼鳥と共に練り梅も購入し、自宅で「やのまこと丼」に挑戦、ですね!!

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

やのまこと

■ やのまこと

■ 住所:千葉県千葉市中央区汐見丘町18‐1

■ 営業時間:18:00~23:00

■ 定休日:不定休(予約があれば日曜も営業OKに変更となりました )

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。