スポンサードリンク

作草部駅から徒歩2分の居酒屋、遊房を初訪問 鮮魚や創作料理に加え、〆にはまさかの本格中華そばが!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

ほぼ毎週1~2度は足を運んでいる作草部

 

その目的はさておき・・・

作草部まで足を運ぶ度に、必ず目にしているものの、これまで足を運ぶ事が無かったお店

それがこちら、

「遊房」となります。

 

作草部駅から徒歩2分ほどの裏路地に位置するこちらのお店

私が「まるわ」に足を運ぶ際、利用している駐車場のすぐ向かいのお店ながら

・外から見る限り、お店の様子が分らない

・ランチ営業を行っていない

・ネット上で情報を探そうにも、なにも出てこない

などの理由があって、長らく未訪問となっていたお店の1つ

 

しかし今回、こちら「遊房」に数度足を運んだ事がある

という友人らから誘いを受け、恥ずかしながら今更の初訪問を果たす事となったのです。

スポンサーリンク

千葉都市モノレール作草部駅から徒歩2分、カウンターメインのお手頃居酒屋 遊房

11月の連休を迎える前日、ついに初訪問となった遊房

店内に入ると、まずは大きめのカウンター席に迎えられる造りとなっているのですが、この日は四人での訪問

友人が前もって予約を入れてくれていた為、店内奥の座敷席へと通されるものとなりました。

 

この日の到着時刻は19時前ながら、カウンターには既に常連さんとおぼしきお客さんが数名

また座敷のお隣席にも、これまた常連さんとおぼしき方達が、早くもほろ酔いな様子

 

そんな店内で、まず目を向ける先は、もちろんメニュー

卓上に置かれたメニューですが、

いかにも居酒屋、といった安定感ある品々が並んでいます

少し珍しい部分を挙げるとすれば、ピザやパスタなど、イタリアンに寄った品が多く、純和食といった構成では無い様子

良く見ると、蛸のガーリックソースやかにのホイル焼きなども並んでおり、生食よりは火を入れたおつまみ類を中心としている様です

 

その裏面をめくってみると、

こちらも、至ってオーソドックスなドリンクメニュー

良くも悪くも定番揃いとなっており、遊房ならではといった取り揃えは感じさせません。

 

とは言え、先ほどのメニューを見る限りも鮮魚等がないことから、これらに加えて

「その日のお勧め」を掲載した、いわゆる黒板メニューがあるのでは無いか・・・

 

と、周りを見渡してみても、それらしきメニューは確認出来ず

まさか、先ほどのメニューで全て?と、戸惑いを感じた空気を察したのか

ホールを担当している女性のスタッフさん(しかも、可愛い)が座敷席を訪れ、扉を締めに

 

まだ入店数分だというのに、早くもカウンター側から隔離されたのか?

と思いきや、締められた扉の内側には・・・

まさかの、黒板メニューを発見(笑)

 

引き戸になっていて気付かなかったのですが、扉に黒板(風)シートを貼り付けており、これがお勧めメニューになっていた様です

まさかのアイディア収納を見せつけられた驚きを感じつつ、メニューの方はと言うと、本日の鮮魚と思われるのが

・真鯛

・鰺

・スズキ

の3品

 

これらに加えて、肉料理を中心とした焼き物があったり、季節の野菜を使った料理もあり

更には・・・中華そば!?

〆の一杯として提供されているラーメン、ということでしょうか?

いずれにせよ、そう来るとあるなら、これに答えずにはいられません。

という訳で、〆に中華そばを頼む事を前提としながら、注文を進めていく流れに。

スポンサーリンク

鮮魚を中心としたおつまみもさる事ながら、〆の中華そばが驚くな程の本格派だった!

一杯目のビールを頼むと共に、まずはお通しから

この日、お通しとして提供されたのは・・・

まさかのあん肝(笑)

お通しからして冬の味覚、しかも高価なあん肝が登場となると、これは否が応でも期待を寄せてしまいます。

 

続く二品目には、

本日の鮮魚の中から、スズキをチョイス

調理法はムニエルとカルパッチョ、2つある中からカルパッチョを選ぶ事に。

 

淡泊な白身魚ながら、食感を活かし、更にはオリーブオイル主体となるソースの味付けもなかなか

普通、居酒屋が扱うスズキとなると、刺し身もしくは洗いで提供されがちですが、素材の特徴である淡泊な味わいと食感を活かすのであれば、欧風の調理法の方が適している様にも思います。

スポンサーリンク

それだけに、魚の持つ特徴を活かした手法で提供されるあたりから、早くも店主さんの実力が垣間見えてきます。

※ ちなみに、この後ムニエルも頂いたのですが、これもまた絶品だったのは言うまでもありません。

 

続いて、箸休めにでもなれば・・・と注文した、

こちら、アスパラの明太マヨ和え

茹でたアスパラを明太子&マヨで絡めたシンプルな品なのですが、アスパラの味の濃さが格別

春が旬の野菜だというのに、この季節にこれだけ味の濃いアスパラは、なかなか見かけません。

 

そして、次も鮮魚の中から、

鰺と真鯛を、それぞれお造りにて

個人的に、鰺はなめろうで頂きたかった所ですが、気付いてたら注文されていただけに、間に合わず…

旬の時期ほどドップリした脂は乗っていないものの、品の良い旨味が味わえます。

 

そして真鯛の方ですが、こちらは皮目に熱湯を掛けた皮霜作り

まだ胃の特徴とも言うべき、皮目の旨味がしっかり味わえる一手間が加えられており、これもまたさすが

店主さんの、洗練された技術と確かな経験が味わえる、そんな調理を随所に感じます。

 

そして、細かく諸々を注文したものの、気付けば飲み始めから3時間が経過

あれやこれやと食べ、摘まんできたものの、アルコールの量に比例しスマホを構えるのが面倒となってしまい、

最終的に、写真を残していたのはこちら、

・蛸のガーリックソース

・塩モツ煮

の2品のみにw

 

極限まで薄く切られたタコは、ソースの味わいをしっかり感じさせると共に、その食感もまた秀逸

というか、この薄さにカットするって、相当な包丁技術じゃないでしょうか

 

そしてモツ煮、これはもう説明の不要な一皿

ここまでの技術の高さを見れば分かる通り、煮込みが美味く無い訳が無い。

トロットロ過ぎて思わず、溶けた?と思わせる程に柔らかくなったモツがタップリ入った、優しさ溢れる一杯となります。

 

そして、この日のラストを飾るは、そう

開幕前より狙い撃ちしていた、こちら

居酒屋らしからぬ、本格派の出で立ちで現れた、中華そばとなります。

 

ここまで、和食やイタリアンを中心に頂き、そのどれもがシンプルながら確かな実力を感じる品ばかり

とは言え、これまで摘まんできた品々とは、まるっきりベクトルの異なる中華そば

 

さすがにここばかりは、本職を凌ぐ料理を頂く事は出来ないだろう

・・・と、大した期待を寄せず頂いてみたのですが、これがまた、良い意味で予想を裏切る展開に

 

一口目は鶏ガラを感じる優しい醤油テイストながら、飲み進めるにつれ、煮干しの旨味が強調

とは言え、淡麗でアッサリした味わいだけに、濃さこそ無いものの、滋味深い優しい味わいに仕上がっています。

 

このスープの優しさときたら、お酒の〆に味わう一杯としては最高過ぎる優しさで、なんならこのまま寝てしまいたい位

もちろん、スープが優しすぎても寝る訳にはいかず、続いて麺を頂く訳ですが

さすがに麺については、本職を凌ぐ味わいとはいかずも、この優しいスープを絡める柔らかさが、またもや飲み疲れた体に程良く吸い込まれていきます

 

トッピングも、ネギに玉子、チャーシューほうれん草とシンプルではあるものの、一つ一つがとにかく丁寧

ランチや晩ご飯の一食としてカウントするには、さすがに物足りなさを感じるものの

飲んだ後の〆として、アルコールに浸った体を癒やす、〆のラーメンとしては完璧すぎる優しさを堪能するものとなりました。

 

総じて、派手さや独創的な面こそ無かったものの、どれも丁寧かつ手間暇を惜しまない料理ばかり

しかも、鮮魚から野菜、和食からイタリアンと、素材に合わせた調理法で最適な料理が頂けるのも大きな魅力

更には、〆の一杯まで体を気遣ったかのような一杯が頂けるのですから、この均整取れたメニュー構成は素晴らしい限りです。

 

遠方からわざわざ足を運ぶ、と言うだけの強い特徴や惹きを持ち合わせている、とは言えません

が、ご近所にあれば最高に嬉しく、〆の一杯までをカウントすれば、ちょっとくらい歩いてみても行ってみたい

なにより、カウンター席が広く、独り飲みでも立ち寄りやすい、そんな温かみ溢れるお店への初訪問となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

遊房

■ ゆうぼう

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-2-14

■ 営業時間:17:00~23:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。