スポンサーリンク

JR稲毛駅前のパスタハウス プリモ  肉料理からドリアからまで揃う老舗洋食屋さんで頂く、マスタード風味のハンバーグランチ

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中から銀行やら郵便局やらをたらい回しにされ、気付けばお昼前

現在地は稲毛方面となった事から、久々に稲毛駅前にある町中華

「太閤園」を訪れてみよう

 

と意気揚々、車を停めて向かってみると、久々に悪寒が

出た、私の十八番となる臨時休業

 

恐る恐る近づいて確認してみた所、

うん、ものの見事予感が的中

ピンポイントなまでに、この日に限っての臨時休業を引き当てた模様

 

さて、こうなると困るのが代役の候補で

ここ稲毛で中華といえば、思い浮かぶのは太閤園くらいのみ

ラーメン目当てなら、旨麺なども近くにあるものの、気分として麺はちと違う訳でして

 

さて、何か代わりの候補は見つからないものか・・・

と、駅前のロータリーを歩いていると

こんなところに喫茶店?があったのか

 

JR射場下駅の東口側、ロータリー脇のビル

その2Fで営業しているお店となるようでして、

階段下に掲載されているメニューもまた、昔ながらの喫茶店らしさを感じさせる品々ばかり

 

加えて最近掲げている目標の1つに

「千葉で、まだ見ぬハンバーグに出会いたい」

といった野望を掲げる身としても、このメニュー構成は気になるお店となります

 

が、中華モードでひた走ってきた今の私に、

昔ながらの喫茶店を感じさせるこの雰囲気は、若干荷が重すぎる様で

 

こちらの訪問は、また別の機会に残しつつ、今度は西口方面へと向かうことに

目的も無く、西口ロータリーを歩く私の目に飛び込んできたのが、

同ロータリー内で長らくお店を構えている、老舗のパスタ屋さん

「パスタハウス プリモ 」となります

 

その存在は昔から確認していたものの、パスタに対してはそこまで欲求が沸かず

これまで長らく、未訪問のままとなっていたお店の1つ

あらためて店先のメニューを見てみると、

 

パスタ屋さんを名乗ってはいるものの

ドリアやグラタン、ピザに肉料理各種と、その品揃えは昔ながらの洋食屋さんといった雰囲気で

 

これなら、中華の代わりとまではならずも

今日の私が満足出来そうな1品に出会えるのでは無かろうか?

そんな期待を抱き、稲毛駅の西口ロータリーにお店を構える「パスタハウス プリモ 」を訪れてみるものとなりました。

JR稲毛駅西口から徒歩2分の老舗パスタ店、パスタハウス プリモにて初ランチ

まさかの太閤園に見放され、足を運ぶものとなったパスタハウス プリモ 

この日、お店を訪れた時刻は11:30を少し過ぎた所

開店直後となる店内には先客は無く、1組目としての訪問となりました

 

お店に入ると、まず飛び込んでくるのが

「たばこ屋さん」を思わせるような、品揃え豊富なタバコ売り場

 

老舗の洋食屋さんらしく、副業としてタバコ店も兼ねていたのか

最近では見かける事が少なくなった、店外より窓越しで購入出来るタバコ売り場を設置

 

しかしながら、お店の前には大きな文字で

「店内は完全禁煙となります」の一文が

 

禁煙である事にもちろん異論は無いものの

店先でタバコを販売していながらの完全禁煙とは、なんたるツンデレぶり

 

そんな様子を眺めながら店内を訪れると、中からスタッフさんが

愛想良い接客にて、席へと通されたのですが・・・

 

本日は一人での訪問となる為、もちろん通される席も一人掛け

それについては問題ないものの、

店内の客席が丸く作られている都合とは言え

テーブルの角っこが尖りすぎていて、なんとも席に掛けづらい(笑)

まあこの辺のユニークな作りもまた、老舗の洋食屋さんらしい趣を感じさせます

 

そんな様子を眺めつつ、まずはメニューの方へ

ページをめくり、最初に飛び込んでくるのはパスタ類

店名からして「パスタハウス」を名乗ってはいるものの

メニュー上の表記では「スパゲッティ」とのこと

 

今でこそ定着している「パスタ」という呼び名も

同店のオープンした昭和後期には、まだ不慣れなネーミングであった故でしょうか

 

並ぶメニューも、今でこそ定番となりながら

同店のオープンした時代ならば、さぞハイカラなパスタであった事がうかがい知れます

 

続いてページをめくると、

今度はお待ちかねの肉料理へ

ハンバーグが全5種、これに加えてチキンとステーキも提供されております

肉類は全品共に単品での提供となる様で、ライスないしパンを別注文するものになるとのこと

 

そのお隣にはピザが並び、マルゲリータやアンチョビ、明太子マヨ

その下には「チョコレート」と、これまた勝負に出たピザを発見

 

そして、残るメニューは

こちらのグラタン、更にはドリア

 

日頃、ウチの子供から

「ドリアを食べたい」とのリクエストを受けるものの

ドリア専門店など聞いたことも無く、いつも返答には困惑

 

が、まさかこんな所で昔ながらのドリアが総勢6品も並ぶお店を発見することになるとは

稲毛についてそこそこ見識あるつもりでいた、己の未熟さを恥じずにはいられません

 

さて、こうなってくると候補はドリア、か肉料理か

どちらにすべきか悩んでいる所で、お店のスタッフさんより

『本日はドリアが品切れとなっております』との一言が

 

なるほど、そう来たか

ならばここは肉料理側にフラグが立った所でもう一言

『ちなみに、本日の日替わりはハンバーグマスタード風味になります』とのこと

 

マスタード風味のハンバーグ・・・?

なにそれ、ちょっと面白そうじゃん

 

そんな訳で、つい数分前に駅の反対側で見つけた

老舗喫茶店のハンバーグを振ってきたのも束の間

駅構内を反対側に向かった老舗洋食店で、結局ハンバーグを頂くものとなりました。

パスタハウスを名乗るも、肉料理からピザ、グラタンにドリアまで揃う稲毛駅前のプリモで頂く、日替わりランチ

まさかの臨時休業から流れ流れ、辿り着いた稲毛駅前のパスタハウス プリモ 

店名からしてパスタを中心としたイタリアンのお店を彷彿とさせながら

お店で提供される品の多くは、昔ながらの洋食屋さんそのもの

 

雰囲気こそ違えども、市役所前駅近くにある

マリーン」を彷彿とさせるメニューを眺めながら、待つこと10数分

 

こちらが本日のランチ、

JR稲毛駅、西口側ロータリー内の洋食店

「パスタハウス プリモ 」で頂く本日の日替わりメニュー

ハンバーグマスタード風味となります

 

昔ながらの洋食屋さん、と呼ぶに相応しい盛り付け、色味のハンバーグ

マスタード風味とのことではありますが、パッと見の印象ではその様子は感じられず

付け合わせには3種の野菜が盛り付けられ、色味でも華やかさを演出しております

 

付け合わせとなるのは、

こちらのサラダ、そしてスープ

サラダの方は、醤油ベースの和テイストなドレッシングを使用

スープからは生姜の風味が漂っており、これもまたホッコリする味わいです

 

そしてメインとなるのが、

こちらのハンバーグ

ケチャップに肉汁を合わせたと思しきソースに、生クリームもひと垂らし

赤に映える白いクリームが、綺麗なコントラストを奏でております

 

共に添えられているのは、クレソンでしょうか

和名ではオランダガラシとも呼ばれる訳ですが、

マスタード風味=クレソン・・・さすがに違うか

 

ハンバーグのボリュームはなかなかの肉厚で、

この通り、ふっくらとした綺麗な焼き加減

 

こちらのお店では、本日頂いたマスタード風味だけで無く、

ベーコン、チーズ、フランク添えも提供されておりますが、同トッピングを加えたハンバーグも面白そうだったかも

 

そして、個人的に笑顔がこぼれてしまうのが、

こちら、彩り鮮やかな野菜三種の共演

 

人参は定番のグラッセで甘い味付け、

ナスのソテーにはトマトソースを添え、ほんのりアラビアータ風味

そしてキャベツには、うっすらとカレー粉で味付けが施され、スパイシーさを纏っての登場

 

付け合わせの野菜である三種が、それぞれ異なる味覚で味付けされ

ワンパターンになりがちなハンバーグの口直しとして頂ける

小さな事ながらも、細部に手の込んだ食材を盛り付ける当たりから、ご主人の気遣いが伝わってきます

 

そして、主役のハンバーグですが

まずはその様子を伺うべく、大ぶりにカットして断面をチェック

細かく挽かれた挽肉を使用しており、色味と脂の雰囲気からしても合い挽きを使用している模様

スッとナイフの入る柔らかさも、昔ながらの洋食屋さんらしいハンバーグに仕上がっています

 

そんなハンバーグをまず一口

焼き目の香ばしさと共に口へ伝わる肉の旨味

それをご飯とマッチさせるのが、やはりケチャップベースのソースの役割でしょうか

 

が、しかし

ケチャップから感じる酸味とは違う、もうひとつの酸味が伝わってきます

 

なるほど、確かにマスタード風味だ

とは言え、イメージするマスタードの辛味が先行すること無く

ケチャップの甘み、酸味に、もうひと味異なる酸味が口内をリフレッシュ

 

その後に、微かな辛味を残す程度で、ガッツリ飛び込む辛さでは無し

この後味の爽快感を生み出しているのが、マスタードの役割といった所でしょうか

 

そんなハンバーグの頂き方ですが、これは勿論、

オン・ザ・ライスに他なりません

 

ケチャップに混ざり合う肉汁、その上にまたがるマスタードの酸味

ハンバーグそのものの味わい含め、これがご飯に合わない理由が見つからない

 

白米をけしかけるかの如く、ぐいぐい進むわんぱくな味付け

これぞ昭和生まれが愛した、昔懐かしいハンバーグの味わいですね

 

途中に挟む、キャベツや茄子、人参のグラッセらも、その役割を存分に全う

飽きを感じさせない、各付け合わせの味わいをも堪能しつつ、気付いた時には綺麗さっぱり完食を迎えるものとなりました。

 

 

稲毛まで足を運んでおきながら、久々に喰らった臨時休業の罠にて

一度はランチ難民化仕掛けたものの、西口に救いの手を求め、無事平穏に時を過ごすものとなった本日のランチ

 

昔ながらのパスタ屋さん、といった雰囲気から足を運ばずにいた

パスタハウス プリモでしたが、その実態は丁寧な仕事が施された洋食屋さん

 

メインのハンバーグはもちろん、付け合わせの野菜各種に至るまで、

味わいを変え、お客さんを楽しませようとする、職人さんらしい仕事を堪能させて頂きました

 

ちなみに、写真には抑え忘れたものの

これらを完食した後には、食後のデザートとして、グレープのジェラートも提供

 

サラダ、スープから始まり、メインにデザート

更にはドリンクまでもがセットとなり、お値段は税別1100円

駅からもほど近い便利な立地にて、久々の良店発見となる大満足のランチとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

パスタハウス プリモ

■パスタハウス プリモ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-7-12

■ 営業時間:11:30~9:30

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。