スポンサードリンク

裏チバエリア屈指の創作イタリアン、マリーン 蟹身ズッシリなタラバガニのカルボナーラと、パスタをも凌ぐ豪華ドリアは地域NO1!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

夏休みに突入し、早1週間が経過

ここ数日については、家族旅行を予定したため、何とか凌ぐものとなったものの

以降はまた、連日子供が家に居座る日々へと突入・・・(汗)

 

この日もまた昼時になり、アレが食べたいこれが食べたいと騒ぐ子供

そこに加え、カミさんまでもが

「リゾットが食べたい」などと、訳の分らない注文を…

 

この面倒な二人を黙らせ、午後からの仕事に打ち込むべく

この日のランチへ向かった先は、市役所前駅近くにある

こちらのお店、イタリアンパスタ マリーンとなります

 

通称、裏チバとも呼ばれる中央新田町

同エリアは、千葉駅からも徒歩圏ながら

・大通りに面していない、裏通り

・駅チカながら、住宅街が多く、商業施設は少なめ

といった環境からか、裏チバなどと呼ばれ、数多くの飲食店が並ぶエリア

 

その更に奥、国道357号の1本手前の通りに、長らくお店を構えるイタリアンが、ここマリーンとなります

 

普段、小麦を食べないウチのカミさんですが、同店のランチにはパスタメインのお店ながら

・ドリア

・リゾット

といったお米を使ったイタリアンが充実している事から、お気に入りとしているお店の1つ

 

加え、この日子供がリクエストしてきたランチも

「ドリア」であったことから、ここマリーンを選択

久々に訪れる同店ですが、季節も間もなく梅雨が明け夏本番

パスタのメニューにも「冷製」が名を連ねており、私も楽しめそうな予感が漂ってきました。

通称、裏千葉とも称される中央区新田町 同エリア随一の個性を放つ老舗イタリアン、マリーン

前述した通り、カミさん&子供の要望を叶えるべく訪れた、新田町のマリーン

 

同店の正式名称は

「イタリアンパスタ マリーン」となる通りで、本来はパスタが主役となるお店

 

同エリアでも、古くから営業しているイタリアンとなる為、昔ながらのパスタを想像しがちですが、様々なトッピング、具材を使用し、他店ではまず味わえない創作パスタが豊富となるのが、同店の大きな特徴となります

 

その一端が垣間見えるのが、こちら新たに写真付きとなった新メニュー

いきなり視界に飛び込んでくるのは、

・ウニ&帆立!

・タラバガニ!!

・磯三昧!!!

と、とにかく豪快に盛り込まれたシーフードの数々

 

更には、各素材との組み合わせも

・マスカルポーネ

・カルボナーラ

・和風

といった様に、個々でテイストをガラッと変えた、ボリューミー且つ気分高まるパスタが名を連ねます

 

続くページの方では、

・タラバガニ(リターンズ!)

・牡蠣!!

・イカスミ!!!

・魚介類!!!!

 

と、これまたシーフードが所狭しとはしゃぎ回るパスタが4種

合わせるソースも、全て異なる組み合わせとなっており、バリエーションの豊富さも伺えます

 

そして、新メニュー最後のページでは

我がカミさんの狙いとなるリゾット(しかも牡蠣)に始まり

 

・アメリケーヌソース

・ブイヤベース

・ベジタブル(枝豆)クリーム

と、これまた濃厚さがメニューからも滴り落ちるソース尽くし

 

当然、これらに組み合わさるトッピングも、オールシーフード

メニューから覇気を感じる程の、存在感溢れるパスタの数々となるのですが

その中でも、その覇王色に押しつぶされそうになったのが

「海老&蟹のアメリケーヌソース」に他なりません

 

生まれ変わったら、アメリケーヌソースになりたい

と公言するほど、無類のアメリケーヌ好きで知られる私(知らんがなw)

ここはもう、一点突破で同パスタを・・・

 

注文しようと決意したものの、そこには

「土日17:30~のみの提供」との一文が…

 

熱い想いを込めた一点突破が、開始2秒で脆くも崩壊

アメリケーヌの余韻を拭い去れないまま、代替案を探すべく季節のおすすめメニューを見ると

先ほどとはベクトルが異なりながらも、これまた夏らしさを感じる一品

「帆立&甘エビの冷製ウニクリームソース」を発見!

使用しているパスタもカッペリーニになるとのことで、ジメジメした湿度を忘れられそうな爽快感を漂わせております

 

とあらば、この冷製パスタで手を打とう・・・

としたものの、ここにもまたもやトラップが

「こちらの季節のおすすめ ご注文は13:00~となります」とのことw

 

私のお眼鏡に適うパスタは、どれも手の掛かる品ばかりなのでしょうか

まさかの2連敗に気を落としたものの、続く3つ目の手として「タラバ蟹のカルボナーラ」を頂く事に

 

なお、この日一緒にお店を訪れたカミさん&子供はそれぞれ

・旨味たっぷり牡蠣&キノコのリゾット

・海老&ベーコン、マッシュルームのドリア

と、これ見よがしにキノコを見せつける様な品をオーダー

 

まずは、ランチのセットとなる

サラダにパン、そしてスイーツ(この日はゼリー)の盛られたプレート

そして、ドリンクを頂きながらメインの到着を待つものとなります。

数並ぶ創作パスタからは、タラバガニのカルボナーラをオーダー しかし注目すべきはドリアだった!?

この日、お店を訪れた時刻は12時少し前

 

11時開店となる同店ですが、ご主人と奥様の2人で営業するマリーン

店内は決して広くは無く、テーブル席が3席、加えてカウンター4席ほどのスペース

平日であれば、ほぼ満席となる時間帯ですが、この日は幸い土曜日とあってか、唯一の空席となるテーブル席へ滑り込みにて入店するものとなりました

 

私たちが注文を終えた後にも、次々とお客さんが入れ替わり立ち替わり

常時満席状態が続く店内の忙しさですので、時間帯により提供されるメニューが限られてしまうのも仕方ありませんね

 

ただ、そうは言いつつも、諦めきれなかった「海老&蟹のアメリケーヌソース」

そして、「帆立&甘エビの冷製ウニクリームソース」

こちらについてはまた、日をあらためて出直すものとなるのでしょうが・・・

13時からの提供というのは、昼前に腹を空かせる私にとって、越えがたい難題となりそうです

 

そんなこんなで時を過ごすこと15分ほど

まず最初に提供されたのが、カミさんのオーダーしたこちら

旨味たっぷり牡蠣&キノコのリゾットとなります

 

トマトソースが綺麗に染み渡ったリゾット

身がしっかりした、牡蠣が3つ

そして、ご飯の中から見え隠れする・・・キノコ達

 

大ぶりなキノコがどっしり構えているだけなら、避けながら頂く事も可能なものの

ご飯の中に、細かく刻まれ溶け込んだ状態のキノコとなると、これはもう私には手の付けようが無い状態

普段なら一口頂き、吟味するものとなりますが、この品ばかりは諦める事に

(という訳で、詳細は写真を眺めつつ、想像して頂けますと幸いです)

 

続いて提供されたのが、子供の頼んだドリア

そして、時同じく私の前にも、

こちら、タラバ蟹のカルボナーラがお出ましとなりました

 

メニューで見ていたよりは、若干小ぶりながらも、タラバの足が多数

しっかり身が詰まっているのはもちろん、

ベーコンにブロッコリーなどで具沢山な上に、パスタも結構なボリュームとなっております

 

さて、こちらの主役とも言うべきタラバちゃんですが、

良いねえ良いねえ、しっかり身が詰まってますよ

これらを全て、先にほぐしてパスタに混ぜ込むか

一つ一つを食べながら、チビチビ頂くか悩む所ですが・・・

 

夏休みの宿題を7月のウチに片付けてしまい、残る日々を全力で遊ぶ派

といった幼少期を過ごしてきた私ですので、

面倒な事は全て先にやっつけるべく、タラバの身を全てパスタ上へ

ご覧の通り、1000円ちょっとのお値段とは思えない、たっぷりの蟹身がパスタ皿を埋め尽くすものとなりました

 

この蟹身をそのまま頂いてみたい所ですが、

まずはやっぱり、パスタと共に

という訳で、久々の「パスタ巻いてる?」にて、蟹と共にカルボナーラを一口

 

チーズと生クリームの濃厚な旨味に乗った蟹身

さすがのタラバガニとあって、濃厚な両者に負けず劣らず、磯の旨味を感じさせてくれます

 

使用されているパスタは乾麺と思われますが、茹で加減はベテランならでは

わずかな芯を感じるアルデンテ、といった具合で、強いソースと絡みつつも存在感を放っております

 

その他の具材も充実しており、

大きめにカットされたベーコン、そしてブロッコリー

どちらもソースに良く馴染む具材で、食べ応えも十分

多めに掛けられている黒コショウがソースを引き締め、甘み一辺倒にならないアクセントを与えております

 

更に、ちょっと意外な組み合わせとなったのが、

こちらのミニトマト

 

こちらは柔らかく茹でられており、湯むきこそしてないまでも、酸味と特有の甘みをパスタに追加

3個ほどトッピングされているのですが、これもまた珍しい組み合わせながら、良いアクセントになってます

ただ、皮が残っているために、口当たりが今ひとつなのは残念でしたが、これが湯むきされているトマトだったら、言うこと無しなんですけどね。

 

そんな感じで、トッピングらとのバランス、ボリューム共に大満足を得たカルボナーラ

しかし、その満足をもひっくり返す、衝撃を与えてくれた品がもう一品存在するのです

 

それがこちら、

子供がオーダーした

「海老&ベーコン、マッシュルームのドリア」となります

 

その商品名に「マッシュルーム」が含まれている事から、私は敬遠してしまったこちらの品

しかし、いざ目の前にすると・・・

とてつもなく、美味そうなこのビジュアル

 

濃厚なホワイトソースに跨がり、プクプクと膨れあがっているチーズ

まるで天かすをトッピングしたうどんか!?

と声を挙げたくなるような、食欲そそるこの見た目

 

子供一人で食べきれなかろう、ということで一口頂いてみますと

何がってもう、ホワイトソースがとにかく秀逸なんです

 

濃厚な甘みとコクを感じさせるソース、そこに追い打ちを掛けるたっぷりチーズ

見た目の通り、とにかく激アツなドリアではあるものの、その熱さを忘れさせるほどに、とにかく旨味が充満

 

具材の海老、ベーコンもしっかりとしたサイズで頭角を現わしており、一口一口が感動を呼ぶほど

以前に訪問した際も、カミさんがドリアを注文しており、その秀逸さに驚かされました

が、それに匹敵・・・いや、更に越えようかというホワイトソースの美味しさが器一面に広がる、格別なドリアとなっておりました。

 

 

そんな流れで、久々にランチを頂いた新田町のイタリアンパスタ マリーン

店名の通り、お店のウリはパスタであるはずも、それをも凌ぐドリアの美味しさには、ただただ感動

 

いや、正確にはホワイトソースの美味しさとでも言うべきでしょうか

この体験を踏まえると、同店で頂くパスタについても、ホワイトソースメインのものは相当なレベルである事が想像出来ます

 

しかし、振り返れば振り返るほど

私ここで、ホワイトソースのパスタを食べたことが無かった・・・

次こそは必ず、ホワイトソースを味わえるパスタを注文しよう、と心に誓うものとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

イタリアンパスタ マリーン

■ いたりあんぱすた まりーん

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12003677/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町35-8 山本ビル 1F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:30~22:00

■ 定休日:月曜日、第1・第3火曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。