稲毛区山王町のメニュー豊富すぎるお蕎麦屋さん、そば処山水で頂く鍋焼きうどん&イベリコ豚せいろ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、久しぶりにリアルタイムで見た

「秘密のケンミンSHOW」

 

この日は高知県の特集として

同県のご当地ラーメンこと、鍋焼きラーメンを紹介しておりまして

 

私も過去に広島市内で同ラーメンを食べた事があるのですが

毎度、飲んだ帰りに立ち寄っていたため、しっかりと記憶には残っておらず

 

そんな鍋焼きラーメンに興味が沸くものの

当然、千葉で同品を提供しているお店は思い浮かばず

 

むしろこれが引き金となって、私の食欲に舞い込んできたのが

もっと手近で食べられる鍋焼き料理

 

そう、鍋焼きうどんになります

 

昔ながらのお蕎麦屋さんに足を運べば

まずメニューで目にすることが出来る、鍋焼きうどん

 

どこで食べてもそつなく美味しい品にはなるのですが

では、そつなくではない、極上に美味しい鍋焼きうどんが存在するのか?

 

となれば、これも果たして如何なものか・・・

そんな疑問を抱えたことから、まずは手始めにと本日向かったのがこちら

稲毛区山王町にある、メニュー豊富過ぎるお蕎麦屋さんこと

そば処 山水を訪れ、鍋焼きうどんの境地を追い求めてみようと思います。

稲毛区山王町にお店を構える、品数豊富にもほどあるお蕎麦屋さん、そば処 山水へランチ訪問

過去にも本ブログで何度か紹介しております

山王町のお蕎麦屋さん、そば処山水

 

店名通りのお蕎麦屋さんにはなるものの

こちら最大の特徴は、蕎麦だけに留まらない豊富過ぎるメニューが最大の魅力

 

 

定番のお蕎麦は至極当然、

ここまでは、多くのお蕎麦屋さんで目にする光景となります

 

ここに加えて様々な創作蕎麦が並んでおり

前回、同店で頂いた「揚げ餅・葉わさびそば」やイベリコ豚のつけ蕎麦など

参照:稲毛区山王町のそば処 山水 品数豊富にも程があるお蕎麦屋さんで頂く、揚げ餅・葉わさびそば⇒

 

昔ながらの大衆そば店といった雰囲気を残しつつも

新たな試みも様々頂けるのが、同店の嬉しい所

 

しかし、この先こそが山水ならではの真骨頂でして、

蕎麦うどんの各品に加えて、

その先にズラッと並ぶのは定食各品

 

揚げ物から焼き魚

もつ煮に生姜焼き、果てはハンバーグと、定食屋さんさながらのメニュー数

 

しかも、ここへ追い打ちを掛けるかの如く

ラーメン各品までもが並ぶお店となるのです

 

ちなみに本日は土曜日のランチとなりますので

カミさん、子供を連れて家族総出での訪問

 

ご承知の通り、蕎麦やうどんは食べないウチのカミさんですが

ここ山水であれば、ご覧頂いた通り定食ものも多数

 

我が家の様に制限が多い家庭であっても

全員がホッコリ満足出来る品々を頂けるものとなります

 

 

そんな山水で提供されるラーメン各品

更にはミックスフライ定食も気になっておりますが

 

本日のお目当てはそう、

こちらの鍋焼きうどんに他なりません

 

なぜこちら、山水をその第1弾に選んだのかといえば

並、更には上と二種の鍋焼きうどんが提供されているのです

 

上記写真では並が掲載されておりますが

それであっても十分過ぎるほどの具沢山ぶり

 

この更に上を行く「上」があるとするなら

一体どんな品になるのか、興味は増すばかり

 

しかも、上鍋焼きうどんとは言え

お値段は1150円と手を伸ばしやすい価格帯

 

ここにこそ、鍋焼きうどんの極地が眠っているのではないか?

そんな期待を込め、本日は当然の如く「上 鍋焼きうどん」を頂いてみようと思います。

定番の海老天を筆頭に、総勢9品の具材がてんこ盛り 山水にて頂く上 鍋焼きうどん

そんな鍋焼きうどんを求め、足を運ぶものとなった山水

 

前述した通り、うどん・蕎麦に限らず

様々な品が頂けることから、本日は安心して家族で同店を訪問

 

てっきりカミさんはご飯ものを頼むものと思いきや

「せっかくだから、お蕎麦を食べたい」とのこと

 

なんなんだ、その「せっかっく」の使い方は・・・

長年連れ添っては居るものの、未だ基準が見えない横暴ぶりに振り回されるものとなります

 

そんなカミさんが本日オーダーしたのがこちら、

イベリコ豚せいろになります

 

いわゆるつけ蕎麦になる同品ですが

これも以前から気になっていた品の1つ

 

蕎麦汁には鴨汁よろしくイベリコ豚がたっぷり入っており

同豚の特徴である、脂の甘みが蕎麦汁へとふんだんに行き渡ったお蕎麦となります

 

ただボリュームが少し控えめなのも同品の特徴でして

今回はカミさんが1人でオーダーしたものの、女性をもってしてもちょっと足りないとのこと

 

やはりこちらも、ミニ丼を始めとした

サイドメニューと共に頂く事で、適度なボリュームになる品となりそうです

 

一方、朝ごはんをほんの数時間前に食べたばかりとなる子供の方は

まだお腹もそこまで空いていないとのことで、

こちら、サイドメニューにあります

ミニかき揚げ丼をオーダー

 

前回、同店を訪問した際に私も食べた同品ですが

大きめお茶碗にたっぷりご飯

 

それを埋め尽くすほどの大きさで盛り付けられたかき揚げには

小柱に玉ねぎ、小エビら具沢山な品となっております

 

さて、そんな2品を迎えた後

満を持して提供されましたのがこちら、

本日の目玉となります、私のランチ

そば処山水にて頂く、鍋焼きうどんの上となります

 

メニュー写真で見ていた並に比べ

だいぶ仰々しい鍋で提供となりました同品

 

こちらを配膳してきたお母さんも、相当重そうに運んでおり

それだけでも期待値高まるものとなりますが

 

さて、その中には一体・・・

そっと開いた蓋の中から姿を見せたのは・・・

ドドン、と具沢山な鍋焼きうどん

 

・・・ですが

先ほど見ていた、並の写真と比べどこが違うのかは未だ見えず

 

しいてあげるとすれば、器(鍋)でしょうか?

いやでも、鍋の違いで差額150円はさすがに無かろう

 

気になってしまい、お店の方に並と上の差を尋ねてみると(今更w)

「上は卵が半熟で、豚肉も入ってるんです」とのこと

 

確かに並の写真では、半分にカットされたゆで卵がトッピングされますが

こちらは半熟に仕上がった卵、丸々一個が使われております

 

この他に、同具材の中には豚肉もいるとのこと

その差が150円か・・・なるほど

 

とりあえず、そんなうどんのお出汁から頂きますと

こちらはお蕎麦に使用しているものと同様と思われ

鰹出汁に醤油らを合わせた甘めのお出汁

 

飛び抜けた特徴は感じませんが

大衆蕎麦店らしい、安定と安心感に包まれた味わいとなります

 

そして、頂くうどんの方は

こちらも鍋焼きとなりますので

そのアツアツなお汁をしっかり吸い上げた柔らかなうどん

 

讃岐うどんのようなコシを感じる事は無く

系統としては福岡うどんのような柔らかな触感

 

うどん好きの中では賛否分かれるコシの無さになりますが

温かいうどん、しかも鍋焼きとあればこの柔らかさこそが魅力であるに違いありません

 

そして鍋焼きうどんの真骨頂といえば

鍋一面を彩る、具材の豊富さ

まず取り出したるは、お麩にかまぼこ、そして竹の子

鍋焼きうどんの定番、三銃士からとなりまして

 

続く第二陣に取り出したのは、

なると、玉子焼き、インゲン

そして上鍋焼きならではの特権となる豚肉になります

 

いずれも出汁をしっかり吸い上げ、

素材としての美味しさに汁の旨味も加えた潤沢ぶり

 

中でも、お麩の美味しさは格別な1品で

アツアツな出汁をジューシーに吸い上げ、その旨味を存分に広げてくれます

 

続く具材の方は、

ネギにかまぼこ

そして私はNGとなりますが、シイタケの姿も

 

そして、鍋焼きうどん三銃士を従える

最後の具材に手を伸ばす・・・

その前に加えたくなるのが、薬味らでの味変

長ネギに加え、七味唐辛子も合わさり、より豊かな風味へと変化

 

そして頃合いを見て取り出すのが、半熟の卵となるのですが、

前日に雪が降り積もるほどの寒さとあってか

アツアツの鍋の熱をもってしても、まだ固形化には至らず

 

半熟よりも更に緩い状態となりますが

こちらの卵をうどんに絡めて頂くのも、鍋焼きうどんらしい風情ある食べ方でしょう

 

そしていよいよお待ちかねの真打ち、

鍋焼きうどんの4番バッター、海老天になります

 

こちら山水は海老天に限らず、天ぷら各品も美味しいのですが

やっぱり海老天の立派さは、その中でも随一

 

その豪華な立ち振る舞いは、鍋焼きうどんでも衰え知らずで

出汁を吸い上げた衣の美味しさはもちろん、プリッとした海老の食感も最高

 

長時間、汁に浸り剥がれた衣ですら

うどんを前にすれば立派な具材となりまして

 

多彩な具材に溢れる鍋焼きうどん

しっかりと堪能させて頂きました。

 

 

という訳で、本日は冬ならではの一品

鍋焼きうどんを頂くものとなった、稲毛区山王町のそば処山水

 

多彩なメニューで知られる同店ですが

その品数の豊富さは、もちろん鍋焼きうどんにもしっかり反映

 

総勢9品もの具材に包まれ

アツアツの鉄鍋で頂く、見事な鍋焼きうどんとなりました

 

ただ、今回頂いた鍋焼きうどんも

相応に満足はした一方、過去に頂いて来た同うどんと比較した際に

 

抜きんでた特色や、別物感を得る品かと問われれば

良くも悪くも想像通り、納得はするものの心を打つほどには至らず

 

今回追い求めていた、

鍋焼きうどんの境地に立つ品かと聞かれれば・・・でして

 

季節ものとなる印象も強い同品だけに

この冬のウチに、あとどれだけ食べ比べられるか分かりませんが

 

今後も暫く、鍋焼きうどんに対するアンテナを高め

更なる高みを目指すべく、まだ見ぬ鍋焼きうどんを探してみたいと思います

 

とりあえず次回の山水では

チャーシューメン、もしくはミックスフライ定食を頂きたいですね。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

そば処 山水

■ そばどころ さんすい

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区山王町410-1

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~20:00

■ 定休日:水曜日・第三木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。