孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

アリオ蘇我内、千葉らぁ麺に新メニュー! マイルドな豚骨×煮干しにパンチの効いた生姜&ハーブ、濃厚煮干し豚骨を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

週末日曜日、子供が

「文房具を買いそろえたい」

との話になり、久々アリオ蘇我へ買い物へと出掛けることに

 

そういえば、アリオでなんか用事があった様な・・・

そうだ!!

 

少し前にTwitter、Instagram共に目を通していた

同フードコート内にあるラーメン屋さん、千葉らぁ麺だ

 

従来は、フードコートらしく万人受けしやすい

且つ、千葉県内の素材に拘った、地産地消ラーメンを提供している同店

 

ですが、この2月から新メニューとして

かなりパンチの効いた一杯を提供するとの話でして

 

ただこちらの販売開始は2月8日月曜日から・・・

 

となるものの、その前1週間については

SNSのフォロワーさんのみ限定、裏メニューの様な形で、同品を頂けるのだとか

 

あと1日までば一般販売されるものの

せっかくならば、先行にてこっそり頂いてみたい、というのが人の性

 

加えて、子供の買い物ついでと言う

わざわざ足を運ぶに足る大義名分もあるということで、

  

本日のランチは久々、

アリオ蘇我内のフードコート「千葉らぁ麺」を訪れてみるものとなりました。

アリオ蘇我、フードコートの千葉らぁ麺に新メニュー! SNS限定、先行販売の濃厚煮干し豚骨がスタート

一時は、月一ペースで足を運んでいたアリオ蘇我

子供が小さかった頃は、毎月同施設で開催される

「ウルトラマン」のイベントを目的に通っていたものの

 

気付けば子供も成長し、ウルトラマンには関心を持たなくなり

成長し切れていない私のみ1人、録画していた「ウルトラマンZ」を最終話まで完走・・・

 

と、時間の経過および子供の成長を

まじまじと思い知らされるものとなるアリオ蘇我

 

さて、そんなアリオのフードコートにお店を構えるのが

この日、訪れた「千葉らぁ麺」でして

 

アリオに通っていた数年前には何度か足を運んでおりますが

上記の通り、アリオに来ること自体が久しぶりとなる本日

 

あらためて同店のメニューを見てみますと、

私が最後に足を運んだ、2年?3年??前には無かった

「濃厚豚骨まぜそば」の姿を早速発見!

 

豚骨ダレのまぜそば、となるのでしょうか

温玉にマヨネーズもトッピング出来ちゃうとか、なんてヤンチャなまぜそば・・・

 

そんな新?メニューに始まり、その他の品々は、

以前からの定番となる、千葉の食材にて作られる

・あっさり

・こってり

といった2種の醤油ラーメン

 

加えて、これまた以前は無かった様な

・千葉味噌

なる味噌らぁ麺もメニューに加わっております

 

前述したまぜそばを筆頭に、まだ頂いたことの無い品も見つかり

右に左に視線がブレブレとなるものの

本日のお目当ては、そのいずれでも無い、更なる新メニュー

 

それがこちら、

その名も、濃厚煮干し豚骨となります

 

こちらの品、一般販売開始は2/8からとなるものの

一足早く、SNSの方では情報が解禁、

それと同時に、上記情報を提示することで注文が可能になるとのことでして

 

SNS上で一目見た瞬間

私のニュータイプの感が「これは!?」と、告げた1品

 

そんな訳で本日のオーダーは当初の予定通り、

「濃厚煮干し豚骨」を肉増しにて頂いてみようと思います。

マイルド豚骨に程良い煮干しのえぐみが整った一杯、濃厚煮干し豚骨からの生姜味変が秀逸だった!!

この日、アリオのフードコートを訪れた時刻は11時ちょうど

緊急事態宣言下とは言え、お昼時にもなれば

毎度混雑が否めない、アリオ蘇我のフードコート

 

少しでも混み合う前に、と早めに足を運んだ作戦は功を奏した様で

フードコート内のテーブルも、半数以上が空いた状態

 

注文を終え、ブザー片手に待つこと10分弱

お知らせを受け、頂いてきた本日のランチがこちら

千葉らぁ麺にて頂く、2月8日からの新メニュー

「濃厚煮干し豚骨(肉増し)」になります

 

濃厚且つ煮干し、とのことで

どろっとしたセメント系スープを想像したものの

その見た目は予想外に、サラッとした様子のスープ

 

ですが、濃厚部分を担当するかの如く

スープの表面にはたっぷりの背脂がトッピング

加えて、粗みじん切りの玉葱も乗り、煮干しとの相乗効果に期待値も膨らみます

 

加えて、たっぷりのキクラゲがトッピング

肉増ししたチャーシューについては、スープ内に沈んでいるものの

こちらも4~5枚はあろうかとなっており、テンションは上がるばかり

 

そんな千葉らぁ麺ですが、

前述した通り、地産地消が拘りとなる同店

使用している醤油から小麦、野菜に至るまで

千葉の食材に拘り、調理されていることがしっかり説明されております

 

が、今の私にはどこ産のなにや、どこ中の誰それ

といった、中2同士によるマウントの取り合いよりも

目の前でその時を待ちわびている、このスープの方が大問題

 

早速、背脂たっぷりスープをレンゲで一口

見た目よりもサラッとした飲み口の豚骨スープ

そこにほのかなビターさを感じさせる煮干しが加わってきます

 

どちらも強く主張しすぎず、程良いバランスでマッチ

加えての背脂も、そこまでの濃厚さには至っておらず

優しいエグみを感じるものの食べやすい、そんな煮干し豚骨に仕上がっております

 

とは言え、やっぱりこのほのかなエグみに加わる玉葱のアクセント

これぞ煮干しの醍醐味、と言わんばかりに

シャキッとした食感から伝わる甘辛さがたまりませんね

 

そんなスープと共に頂く麺の方は、

つるっとした食感が特徴的な中太麺

煮干し系と言えば、どうしてもパツッとした食感が思い浮かぶのですが

この柔らか系で喉ごし良好な麺も悪くありませんね

 

加えて、スープがそこまで濃厚に行き過ぎていないことも

このタイプの麺がマッチする一因かも知れません

 

続いてトッピングの方に移りまして、

まずはこちら、食べ応え抜群なチャーシューから

 

千葉らぁ麺では、麺類同様におすすめメニューの1つとして

「ぶた丼」が提供されておりますが

同品が示す通り、チャーシューにも抜群の拘りが

 

肉感良好な歯ごたえに、程良く伝わる素材の甘み

そして、醤油らをベースに染み入った味付けに加え、香ばしさもアクセントに

 

そんなチャーシューがたっぷり4枚入り

スープに浸り、同旨みとの相乗効果もキッチリ活きております

 

そして、個人的にテンション上がるトッピングとなるのが、

こちらの細切りされたキクラゲ

 

博多豚骨系なら珍しくもないトッピングですが

このマイルド系豚骨、しかも煮干しに対してのキクラゲは珍しい組み合わせ

 

珍しくはあるものの、このキクラゲも全然アリな存在でして

こぎみ良い食感がアクセントとなり、麺やスープの箸休め役を果たしてくれます

 

そんな濃厚煮干し豚骨を半分ほど頂いたところで

続いて目をつけていきたいのがこちら、

おろしにんにく・・・と思いきや

まさかのおろし生姜が、別皿にて添えられております

 

加えて、こちらの生姜には、更なるトッピングも

見た目からしてハーブ、そしてこの香り・・・ローズマリー、かな

 

いずれにせよ、ちょっと経験のない味変になるのは間違いなし

こちらの生姜をドカンとスープの方へ

うーん、生姜に加え、ハーブの香りも満載

 

早速味変したスープを頂きますが、これは・・・好きだなあ

先ほどまでは、後味に背脂が残る濃厚さがウリでしたが

生姜が加わることで、最後に香るのはやっぱり生姜

 

しっかりした旨みの三拍子を味わうものの

最後に生姜が、すっきりした口当たりを残してくれます

 

加えて、先ほどのハーブもまた面白いアクセントに

ちょっと大人味になりますので、好みは分かれそうですが

剛速球ストレートから、突如繰り出された魔球の様な味変、けっこう好きだなぁ

 

そして、ぷるっと仕上がり

旨みも甘みも兼ね備えた味玉は、半分カットでトッピング

 

豚骨と煮干し、背脂の三者が均衡を保っていた前半ですが

生姜&ハーブが加わることで、全く異なる表情を見せ始めた濃厚煮干し豚骨

 

それならば、と最後の〆に更なる追加を図ったのが、

こちら、一味唐辛子を加えてみることに

 

これにて、ウマ辛仕立てへと成長を果たす・・・

ものと思いきや、こちらの一味唐辛子が思いのほか、辛みを感じさせず

 

最後の最後で、ちょっと期待していたものには至らずも

そこに行き着くまでのスタート、中盤、味変と

様々なバリエーションを感じさせる新メニューとなりました。

 

 

といった感じで、久々に足を運んだアリオ蘇我のフードコート

同じく久々となった千葉らぁ麺でのランチとなったのですが

 

その一方、同店お隣をふと見ると、

手作り餃子専門店「東京餃子軒」なるお店を発見

確かここ、刀削麺かなんかのお店じゃ無かったっけ?

 

しかもこちら、餃子専門店と言ってはいるものの

麺類のメニューが豊富な上に、炒飯やご飯もの

更に良く見たら、天津丼の姿も発見(笑)

 

加えて、近くに座っていたお客さんが、なんか凄いの食べてるな・・・

と思っていたその正体も、同店の油淋鶏だったようで

 

閉店するお店の情報ばかり多く、寂しく感じていたアリオ蘇我ですが

先ほどの千葉らぁ麺のように、新メニューを鋭意提供するお店もあれば

こちらの様に、新たにオープンしているお店もあったりと

 

ウルトラマンとの縁は薄くなりましたが

今後もアリオ蘇我、定期的にチェックしておかなければなりませんね。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

千葉らぁ麺

■ちばらぁめん

■ 住所:千葉県千葉市中央区川崎町52-7 アリオ蘇我 1F フードコート

■ 営業時間:10:00~21:00

■ 定休日:アリオ蘇我に同じ

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。