孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

御成街道沿いの中華屋さん 若葉区若松町の福龍飯店 しっかり辛い激辛担々麺に半チャーハンセット

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

二泊で出掛けていた子供とカミさんが本日帰宅

しかし朝の時点でもまだ、帰宅時間に関する連絡は一切来ず

 

とは言え、千葉に戻ってきた際には迎えに行かなければならないので

その時間に合わせるべく、せっかくの日酔うながら遠出は出来ず、自宅界隈にて待機することに

 

ただ問題は日曜日のランチ

近所でこれといって思い浮かぶ案も無く、どうしたものか…

 

と悩んでいたのですが、

あったな・・・1軒気になってるお店が

 

少し前より密かに話題となっている、若葉区若松の中華屋さんがあり

本日はそちらに足を運んでみることに

 

お店の場所は、御成街道沿いとなり

最寄り駅となるモノレール桜木駅からは、徒歩だと10分少々でしょうか

 

街道沿いの広い駐車場を完備し、ぽつんと佇むこちらのお店

その名も福龍飯店を初訪問してみるものとなりました。

モノレール桜木駅から10分少々、御成街道沿いの中華料理店「福龍飯店」をランチ初訪問

という訳で初訪問へと向かった、若葉区若松町の中華料理店

福龍飯店となります

 

こちらのお店の存在については数年前より目にしていたのですが

これといった話題を耳にすること無く、早数年

 

しかし、こちらに関してここ最近

ちょくちょくと話題を得る機会が増えてきまして…

 

まあその話題の中身も中身なので(笑)

あまり期待をする事無く、とりあえずは開店時刻の11時を回ったところでお店に到着

 

駅からは少し離れた立地とはなりますが、

この界隈はもう、車での訪問がデフォとなる地域

 

その地域性に合わせ、広い駐車場も完備しているので

使い勝手の良さそうな雰囲気を感じます

 

 

早速店内へ・・・と様子を見ると、外に椅子が並んでおりまして

どうやらまだ、準備中だったようで

 

表にはお店のスタッフさん・・・

いや女将さん、違うなぁ

 

雰囲気から当てはまる言葉を選ぶとすれば

ママさん、が一番シックリくるのかな

 

とまあ、女性の方が開店準備をされておりますが

車の中にいる私に向け、OKとのジェスチャーが(笑)

 

 

見るからに気さくそうなママさん(仮)に導かれるまま

早速店内の方にお邪魔しまして、まずはメニューからチェック

 

主なメニューは麺類、定食と2種のメニューに分かれているようで

ラーメン&半チャーハンセットを筆頭に、定番系の麺類がズラリ

ちょっと気になるのがニラレバー焼そば

そして激辛担々麺なんかも目に停まります

 

続く定食メニューですが、

こちらに並ぶ品々も定番系が中心でして

塩味の海鮮丼というのも気になりますが

よくよく考えればここは、和食では無く中華のお店

 

海鮮丼といっても、鮮魚が盛り付けられる訳では無く

海鮮焼そばみたいなあんかけが乗ったご飯、ってことですよねきっと

 

ここ数日、パスタにパンケーキ、麺類と続いており

そろそろお米が恋しくなり出しており、本音を言えばご飯ものを頂きたい所

 

ただ、メニューを見渡す限り

気になる品が多いのは麺類となり、どうしたものか…

 

ここは欲望が向かうまま激辛担々麺を頂きつつ、ワンチャンあればと期待を込め

「半チャーハン付けられますか?」

 

と訊ねたところ、これまた気さくな返答で

『OK~+250円で大丈夫でーす』とのお返事が

 

という訳で本日は、激辛担々麺に半チャーハンを付けてみるものとなりました。

激辛ながらにしっかり辛味を搭載、福龍飯店で頂く激辛担々麺&パラパラ半チャーハン

開店準備の最中に、お邪魔するものとなった

若葉区若松町の中華、福龍飯店

 

上記したメニュー以外にも卓上にはも1つメニューが用意されており

そちらを見ていきますと、

こちらを見る限りでは

まあ良く言われる大陸系中華料理店らしい品揃えでして

 

上記した麺類以外にも、

各種チャーハンやご飯ものが並んでおり

更には一品料理も多数の品揃えで提供されております

 

が、しかし

前述した通りのレバニラ焼そばらについては

こんな感じで、可愛らしい書体と共に

手作りのPOPが掲載されてたりと、大陸系とはまた異なる趣も

 

なによりこちらでホールを担当されている

女性の方がとにかく気さくでして

 

その後、来店したお客さんらは常連さんの様ですが

『おかえりー』なんて声を掛けてたりと、とにかく雰囲気の良さが伝わってきます

 

さて、そんなこんなで注文から待つこと15分ほど

こちらが福龍飯店にて頂く

激辛担々麺&半チャーハンになります

 

まず担々麺から見ていきますが、

たっぷりの挽き肉にもやし、ワカメをトッピング

スープの色味に芝麻醤の感じと良い、オーソドックスな印象の担々麺

 

とは言え、同品には激辛との表示が

恐らく、それを生み出しているのが、

このスープを凝らしてみると見つかる唐辛子に違いありません

 

早速頂いてみると、

おぉ・・・イイ感じに辛いぞ

 

初手には芝麻醤らのコクあるスープを感じますが

それを追って、しっかりした唐辛子の辛みが到来

 

辛さを数値化できれば分かりやすいのでしょうが

いわゆる「辛い」よりは上を行く度合いですので、激辛に違いありません

 

辛さに耐性ある私としては、イイ感じに味わえる辛味となりますが

苦手な辛であれば、ちょっと太刀打ち出来ないレベル

 

とは言え、しっかりスープの旨味も感じられるので

バランス良いところに留めている辛味となっております

 

続いて麺を頂いてみますが、

メニュー数の多い中華料理店ですので

使用されている麺は汎用性高い中太縮れ麺

 

辛味の詰まったスープをしっかり持ち上げつつ

その合間には唐辛子本体も顔を覗かせるので、啜る際には注意が必要ですね

 

続いて具材に移りますと、

まずは担々麺のらしさ詰まった挽き肉

量はけっこうなボリュームとなっており、ご飯のお供にもなりそうなほど

 

そして、担々麺にはちょっと珍しいものの

もやしにワカメも加わっており

彩りを華やかに賑わいを見せてくれます

 

辛さについては、なかなかの度合いとなりますが

その他の面については、良い意味でオーソドックスな担々麺

 

辛党が満足する辛さを味わえる

そんな度合いに仕上がる一杯となっておりました

 

一方、ラーメン&半チャーハンセットがあればこそ

可能であれば・・・と期待を込めてお願いしたのが、

こちらの半チャーハン

 

具材はネギに卵とシンプルながら、その仕上がり加減は見事にパラパラ

良くある

「半チャーハンとは思えない一人前レベル」なボリュームにはなっておらず

 

小さめの皿に適度な量で盛り付けられており

麺類だけでは埋まらない小腹を満たすにベストなサイズとなります

 

加えてお値段も250円となりますので

気になる麺類と共に頂くにも、頼みやすい価格で満足を得るものとなりました

  

 

という訳で、どことなく気になっていたものの

そのまま長いこと足を運べずにいた、若葉区若松町の中華「福龍飯店」への初訪問

 

まだ開店準備中であるにも関わらず、前倒し?して迎え入れてくれた上

気さくに話しかけてくれる女性スタッフさんの接客始め

 

激辛の名に恥じない、辛党を満足させる辛みの担々麺

ジャストサイズでパラッと仕上がった半チャーハン

 

加えてリーズナブルな上に、コーヒーのサービスもあったりと

常連さんが多く通うのにも納得、居心地の良いお店となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

福龍飯店

■ ふくりゅうはんてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松町359-8

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~23:30

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。