孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

京成みどり台駅近くの中華 一元 絶品餃子にチャーシューゴロゴロチャーハン、更に天津飯にも驚きの…?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日、当初の予定では

千葉駅近くに7月オープンしたカフェ

 

路地裏カフェ」にて、新メニューを頂く

そんなランチ訪問を予定していたのですが・・・

 

これがまさかの急展開?で予定が変更

ご飯に代わり、かき氷を頂き、お店を後にするものとなりまして

 

昨今のスイーツとはいえ、その95%が水分となるかき氷

同品を完食したとは言え、私からすれば水を2杯飲んだ程度

 

当然、空腹を抑えるどころか

より拍車を掛ける形となってしまい、代わるランチを頂くべく車へと乗り込み移動

 

道中、カミさんの方から

「美味しい餃子を食べたい」とのリクエストがあり、その希望を満たすべく足を運んだのが

こちら、JR西千葉駅から稲毛駅へと向かう線路沿い

京成みどり台駅近くとなります、中華一元を訪れるものとなりました。

千葉大正門から徒歩2分、京成みどり台駅近くの町中華、一元へ1年ぶりのランチ訪問

予期せぬ形で、本日2軒目のランチ?訪問となった

京成みどり台駅から徒歩5分ほど、千葉大正門近くの中華一元

 

過去にも何度か本ブログで取り上げている同店ですが

多彩&個性的、且つボリューム溢れるセットメニューが特徴となる同店

参照:西千葉で繰り広げる炭水化物祭り! 中華一元の日替わりサービスメニュー⇒

 

また、前述した通り本日はカミさんより

「美味しい餃子が食べたい」との声があり、こちらを訪れたのですが

 

千葉が誇るあの餃子の名店・・・

までは届かずとも、こちら一元もまた美味しい餃子が頂けるお店となります

 

とは言え、前回からは約1年ぶりのランチ訪問

久しぶりに訪れた店内ですが、

各テーブルの対面側には、アクリル板宜しく

モザイク?かの如く、大きな仕切りを設置

 

カミさんと2人、対面式で座るには圧迫感を感じるものとなりますが

これも感染症対策の一環である以上、仕方ありませんね

 

さて、そんな一元のメニューですが、

まずはこちらが、本日のサービスメニュー

肉野菜炒めに味噌らーめん、そして冷やし中華の3品が、大盛りサービスにて提供されております

 

以前に頂いた、カツカレー&半ラーメンのような

爆発的ボリュームには至らないものの、いずれもリーズナブルなお値段が特徴です

 

続いてレギュラーメニューに移りまして、

まずは、各種麺類にご飯類から

 

500円で提供されるラーメンに始まり

もやしそばにワンタンメン、天津麺にちゃんぽんなど、町の中華屋さんらしい麺類が多数

 

中でも個性を放っているのが焼肉らーめんとなりまして

こちらは密かに私のお気に入りメニューの1品でもあります

 

続くご飯ものにも、町中華らしい品が多く並び

チャーハンに中華丼はもちろんのこと、カツ丼に親子丼、カツカレーまでも揃う同店

 

また、あらためてメニューを吟味して気付いたのですが

ここ一元にも、カミさんの好物「天津丼」の姿を発見

 

これによって、カミさんのオーダーは早くも同品に決まるものとなりますが

続くメニュー裏面もまた、同店を悩ましい店とする所以となりまして

こちらの裏面には、驚くほど豊富な定食メニューがズラリと並ぶのです

 

ここに並ぶのは、すでに中華料理店の枠に収まらない品ばかりで

肉野菜、レバ野菜ら炒め物はもちろん、サバの味噌煮に各種フライも多数

 

更には、トンカツ定食にミックスフライなども提供されており

中華というよりむしろ、定食屋さんのような趣すら感じさせます

 

さて、そんなメニュー豊富な一元となりますが

これまで何気に食べてこずにいたのが、同店のチャーハン

 

幸い、チャーハンであれば餃子と共に頂けるセットもあり

こちらの餃子をシェアすれば、カミさんの希望も回収可能

 

という訳で、本日のオーダーは、前述した通りの天津丼

私の方は、チャーハン餃子セットを頂いてみようと思います。

絶品餃子への信頼はもちろん、中華の定番チャーハンに加え、天津丼すらも絶品満足の品々だった

本日、中華一元を訪れた時刻は13時手前

一軒目で足踏みをしたため、普段と比べ遅めの訪問となりました

 

とは言え、従来なら大学生で賑わっている時間帯となりますが

本日、店内にいたお客さんは数組のみ

 

広い座敷席のある同店ですが、こちらもスッカリ空いたままとなっており

この状況がコロナによる影響となるのは、説明されずとも分かるほど

 

ワクチンの接種率がだいぶ上がってきたとはいえ

まだまだ感染者数は高止まりするばかり(ちなみに私は2回目も接種済みです)

 

いつになれば元の生活に戻れることやら

飲食店はもちろん、閑散としている学生街を見ても身につまされる思いとなるのですが、

そんな中、まず先に配膳されたのが

こちら、カミさんのオーダーした天津丼からとなります

 

テーブル中央にしっかりし過ぎた仕切りが置かれているため

普段の様に、こちらの天津丼を一口頂くことは叶わなかったのですが

 

後にカミさんから話を聞いたところ

・醤油ベースのあんかけ、だが美味い(カミさんは甘酢系が好み)

・蟹は入ってないが、代わりにチャーシューがいっぱい入っていた

との話でした

 

肝心な玉子の食感については説明が無かったものの

数々の天津丼を食べ比べてきたカミさんをして、上位にエントリー出来る1品だった様子

 

そんな天津丼に遅れて提供となりましたのが、

こちら、私のオーダーした

「チャーハン&餃子セット」となります

 

同品の餃子は5個入りをオーダーしておりますが

うち2つは別皿にて、カミさんの方へ

 

私の方には残る3つと共に、

こちらが、一元にて初めて頂くチャーハンとなります

 

サイズ的には、程良い一人前と言った所でして

具材もネギにチャーシュー、玉子と定番の仕上がり

 

しっかりした焼き色を纏っているのも特徴となりまして、

強い火力で、油を纏いながらキッチリ熱が通されたお米はパラパラ仕上げ

玉子、下味も良好に広がっており、クオリティ高いチャーハンに仕上がっております

 

そして、このチャーハンをより美味しくレベルアップしているのが

たっぷり投入されております、同店のチャーシュー

 

柔らかな仕上がりですが、濃い目に味付けられており

その下味が、チャーハン全面にも行き渡り、全体の味付けを底上げ

 

ラーメンと共に頂くならともかく

チャーハン単体で頂くには、最適すぎるしっかり目の味付けが成された、好みのチャーハンとなりました

 

そんなチャーハンと共に頂くのが、

こちら、一元ご自慢の焼き餃子になります

 

一般的な餃子より、気持ち大きめの餃子となるのですが、

モチッとした皮、その中から飛び出すにんにくを効かせた餡が特徴

 

野菜の割合に対し、お肉もしっかり目に使われていますが、

いずれにも、しっかり味付けされており

醤油らが無くても十分に満足出来る餃子となっております

 

サイズが大きいのも嬉しい限りで

チャーハンと共に頂くのなら、3つあれば十分満足

 

残る2つをカミさんに譲ることで、ちょうど良いボリュームとなり

味はもちろん、お腹の方も十二分に満足を得る一食となりました。

 

 

といった具合に久々の訪問となりました

西千葉、京成みどり台両駅が最寄りとなる、中華一元でのランチ

 

中華のド定番でありながら、これまで未食だったチャーハン

そしてカミさんの方は久々、天津丼をそれぞれ頂く事に

 

これまで食べてきた他のメニューに対する絶対的信頼がある同店ですが

その信頼を裏切らない、いや信頼以上のパフォーマンスを発揮する2品となりました

 

そして、何気に侮れないのが同店の餃子

チャーハンと共に頂くのはもちろん、麺類のお供にも最適

 

なんなら、白米と共に頂く餃子定食でこそ

そのポテンシャルを遺憾なく無く発揮してくれるのでは

 

とさえ思える、絶品ぶりとなりまして

普段と比べ遅めのランチとなりましたが、大満足させて頂きました

 

そんなチャーハンらを頂くものとなった本日のランチですが

まだまだ未食のメニュー、定食が多数並ぶ同店

 

全メニュー制覇目の道のりは険しいものとなりますが

確実に歩を進め、1つずつしっかり味わっていきたいものとなります。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華 一元

■ ちゅうか いちげん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-25-8

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~22:00

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。