スポンサーリンク

大阪王将 千葉中央店で頂く、魅惑の限定メニュー 肉あんかけニラ玉炒飯を食べてみたものの、まさかの○○抜きだった件

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日のランチは、ジム帰りの足で向かうことに

午前中から散々、体を酷使した後に補給したくなる栄養素と言えば、やはりタンパク質

それも上等な赤肉を摂取し、今すぐ筋肉に疲労回復の喜びを与えてあげよう

 

と、向かった先は千葉・富士見町

同中心街より一本入った裏通り、そこにお店を構える「超力」が、

千葉中央、超力のハンバーグランチ 焼肉店ならではの肉汁溢れる豪快なハンバーグ
少し前に、突如訪れた「ハンバーグが食べたい!!」熱にうなされ、絶叫しながら富士見町を駆け抜け、Bダッシュで向かった、千葉中央の七厘焼肉 超力。 全力の疾走を見せたものの、この日の
2018-04-26 08:04

この秋よりリニューアル

 

店名を「リアグリ(リアルグリルキッチン)」にあらため、新メニューで営業しているとの話を聞き、お店に向かったものの

はい、私の18番でもある「お休み」に遭遇

 

まあ、仕方ない

私の引きの強さもさることながら、こちらのお店は以前から

ランチ営業については、結構な頻度で不定休だったりもしますし

 

今日はスッパリ諦め、その他のお店を散策しに向かうと、

今や富士見町の人気ラーメン店と呼んでも過言ではない、

「ます嶋」の前で新メニューを発見

その名も「辛ばけ」

 

これは・・・間違いなく、食べたい

がしかし、この日はジム帰りの筋肉成長期間の真っ最中

この時間に麺類を頂くのは、せっかくのゴールデンタイムを無駄遣いしてしまいそうな気も

 

今日の所はます嶋を諦め、別のお店を探しに向かうと、

トゥース!

 

千葉、富士見町にオープン準備中となる「中本」にようやく看板が付いたようです

まだ正式な日程は発表されておりませんが、1月中にオープンとのこと

開店当初は混雑するのでしょうが、思いついた時に、いつでも北極が食べられる様になるのは有り難いです

 

そうこうしながら、ナンパ通りへ足を向けてみると、

おぅ、画ヂカラハンパないポスターを発見

魅惑の・・・肉あんかけニラ玉炒飯・・・だ、と!?

 

どうやら大阪王将が創業50周年を機に提供している、限定メニューとのこと

チャーハンの上にニラ玉をトッピングし、更には山盛りの肉あんかけ

 

ちょっと炭水化物多めな来はするものの、肉がたっぷり

更には、ニラと玉子でタンパク質と鉄分まで補給出来るのなら、都合カロリーは0の様なもの

という訳でフラフラ散策した末に、この日のランチは

「大阪王将 千葉中央店」を訪れてみるものとなりました。

ドカンッ!と響く画ヂカラ120%の限定メニュー、肉あんかけニラ玉炒飯に誘われ、大阪王将 千葉中央店へ

富士見町内を歩き回り、気付けば時刻は12時少し前

すでに店内奥のテーブル席は賑わっているものの、手前側のカウンター席等にはまだまだ余裕のある、大阪王将 千葉中央店

 

一人での訪問となることから、カウンター席へ陣取ると、

まず目の前に現れたのは、こちらも新メニュー?

それとも限定でしょうか

「肉あんかけフカヒレ炒飯」なる品がご登場

 

コラーゲン質たっぷりのフカヒレ、女性には人気の品となるのでしょうが

私はどうも、あの食感や、出汁に頼り自身の旨味を持たないあの味わいが今ひとつ好きになれず

見た目の華やかさには惹かれるものの、これは候補としては刺さってきません

 

続いて、メニューに目を向けてみると、

なんと、ここ大阪王将にもハイテク化の波が到来

注文はタッチパネルより行えてしまうようです

 

メニュー数の多い同店だけに、全品をチェックするのは面倒なので、とりあえず限定メニューへ

まずは麺類の季節メニュー

「炎」をコピーに携えた、三種のラーメンが提供中とのこと

 

続いてはご飯ものへ、

こちらには「復刻」の名が刻まれているので

過去に提供された限定メニューの復活版、とうことでしょうか?

 

それにしては、キムチ炒飯に点心炒飯、豚キムチ炒め・・・

限定と言うよりむしろ、定番のような気も

 

まあ、今ひとつ分からない限定メニューを確認してみたものの、

今日の私は迷うこと無く、こちらの品

 

魅惑の肉あんかけニラ玉炒飯、その一択以外に妥協もブレもありません

とろーりフワッとした食感がたまらんなぁ!

と、左下のおじさんが声を挙げてしまう、その気持ちも分かる品

 

という訳で、一切の迷いも妥協もかなぶり捨て

「魅惑の肉あんかけニラ玉炒飯」を餃子セットにてオーダー。

二度見ならぬ四度見してしまう程、イメージと離れ過ぎた限定メニュー、肉あんかけニラ玉炒飯に無念の嵐

という訳で、お店を訪れるきっかけとなった

「魅惑の肉あんかけニラ玉炒飯」を餃子セットで注文するものとなった、大阪王将 千葉中央店でのランチ

 

注文を終え、タブレットのメニューを眺めながら待つこと10分

チェーン展開するお店にしては、少しゆったり目の時間を掛けながら、

まずは一足お先にセットの焼き餃子が到着

 

ご飯や麺類のメニューが豊富な大阪王将とは言え

その根源は餃子の王将である以上、やはり食べておきたい焼き餃子

 

共に頂く調味料の方は、

餃子ダレと記された醤油を中心に、

・お酢

・鉄ラー油

がテーブル上に完備

 

なお、鉄ラー油というのは同店が独自開発したラー油とのこと

見た感じ、一般的なラー油との違いは感じず、辛さも説明書きにある程のものではありません

そんなラー油&醤油と共に、餃子を一口

 

皮目の焼き具合はパリッとした良い具合ですが、やはり中の餡自体が持つ旨味は弱く感じます

餡がしっかり味付けされた餃子であれば、醤油らを使わずとも美味しく頂けるものの

こちらの餃子は各種調味料を使った末に、完成を迎えることを前提にしたような味付けとも言えそうです

 

そういえば、ここ大阪王将で餃子を食べた事ってあったっけ・・・?

・・・無い気がする

 

まさか、こんな看板メニューを今まで見落としていたとは

まあでも、この感じだったら、頼んでも頼まなくても、どっちでも良かったのかな

 

そんな感じに、餃子で小腹を埋めながら待つこと数分

ようやく到着となった本日のメインディッシュ

こちらが、大阪王将50周年限定メニュー

魅惑の肉あんかけニラ玉炒飯・・・だよなぁ?

 

なんか大分、イメージと違うけど

私が想像していた、肉あんかけニラ玉炒飯は

こんな感じなんだけど、何が違うかというか・・・

全部違う。

 

まず、写真の盛り付けでは、これでもかという肉あんかけ

対する実物の方はといえば、

こりゃいくらなんでも、貧相すぎるだろ

 

まあ確かに、写真はあくまでもイメージであり

実際の商品とは異なる場合があります、は世の常

なので肉あんかけの貧相ぶりについては、百歩譲って納得しましょうか

 

ただ、もう一つ

絶対に譲ることが出来ない、更なる貧相ぶりにお気づきでしょうか?

 

そう、こちらの商品名は

「魅惑の肉あんかけニラ玉炒飯」

 

肉あんかけと、炒飯

そして、「ニラ玉」にて構成される品となるのです

 

が、しかし

今、私の前に提供されたこちらの品

 

ニラが無い

 

 

いや待てよ、焦っちゃいけない

今、目の前に映る姿が、全てとは限らないじゃ無いか

 

私が思い描いていた品以上に、玉子が厚く

その中にニラが隠れ潜んでいるやも知れない

 

ひとまずは食べ進めながら確認すべく、まずはスープへ

ネギをたっぷり盛り付けた、オーソドックスな中華スープ

といったところでしょうか

 

スープを一口味わい、続いてはニラの捜索を敢行

まずは玉子にレンゲを差し込み、様子を伺ってみると、

うーん、この時点ではニラの姿は確認出来ず

フワッと仕上がった玉子は程良い食感

甘めの味付けを施した餡とも良い具合にマッチしております

 

中のご飯に関して、具材は一切使用していないものの

油を絡め、パラッとした炒飯には仕上がっているようです

 

続いて、二刀目を差し入れ、更なるニラ探索へ

ここまでしても、未だにニラには遭遇出来ず

代わりに、たっぷりのもやしと、そこそこ量の挽肉とご対面

 

どちらも餡と共に頂く事を前提にしてか、味付けは控えめ

もやしにはシャキッとした食感が残っており

挽肉は大ぶりのまま使用することで、肉の食感を残しています

 

もう1口、2口と食べ進めていく中で、ついに緑色をした何かを発見!

これこそ、私が求めていた、ニラ玉を形成する最後のパーツか・・・

 

と、期待を込め掘り出した結果、

嘘だろうが。

 

ニラ玉を名乗っておきながら、見つかったニラは、

みじん切りされた破片のようなニラが、わずか数切れ

 

ニラってそこまでケチらなければならない食材?

つうかこの程度のニラしか使わずニラ玉を名乗るのなら、天津炒飯を名乗った方が潔いだろうに

 

ニラの少なさに、怒りすら飛び越え、幻滅しかけた所

ニラに代わって玉子の中から顔を出してきたのは、

まさかのキャベツとご対面

一体どこから混入したのかは分かりませんが、まあ食べ物であるウチは良しとしましょう

 

しかし今となっては、私が何を注文し、食べているのか

その答えすら結えなくなるほど、食べ進めるほどに無念さが際立つ一皿

 

味付け自体に不備は感じないものの、

・イメージ写真とのかけ離れすぎた盛り付け

・ニラ玉をかろうじて名乗れる程度の、ごく微量のニラ

この2点を目の当たりにしただけで、これはもう全面的に敗北を宣言するしかありません

 

剥がれきった肉のベールに、見過ごすレベルの僅かなニラ

イメージ写真からはあまりにも距離を置いてしまった盛り付けに至るまで、なんとも不憫な一皿

 

この商品が、店舗レベルでこの仕上がりとなってしまったのか

それとも、本社主導なのかは私に分からないものの、

いずれにせよ掲載写真との激しすぎるギャップ萎えに、泣かされる結果となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます

 

大阪王将 千葉中央店

■ 大阪王将 千葉中央店

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-13-3 第一電機ビル 1F

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。