スポンサードリンク

【新規開店】西千葉のチャーハン屋さん 幸せのれんげがオープン! 開店初日に訪問&中国海苔あんかけ炒飯ランチを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昨年、惜しまれつつも閉店した西千葉のイタリアンレストラン ONO

その跡地に張り紙がされ、新店オープンの告知が始まったのが4月のこと

 

同地に新たにオープンする新店の業態は・・・チャーハン専門店!?

同噂は瞬く間に西千葉~作草部界隈を走り抜けていき、当然私の元へも

 

1ヵ月半前から、事あるごとに話題へと上がってきた、西千葉に新規開店するチャーハン専門店

そのオープン当日となった、5/22水曜日

私はというと・・・

 

開店時刻を間違え(11:30オープンだった模様)、30分前にお店へ到着(笑)

さすがに早すぎたことから、出直しも考えたものの、これを機にとばかりにご近所を徒歩にてカミさんと散策

思いがけない場所にお店を見つけたり、また既存店ながらランチ営業していることを知らなかったお店を発見するなど、散歩をしっかり?堪能

 

約20分の散歩を終え、再度戻ってきた、この日オープンとなる期待の新店がこちら、

その名も

「西千葉のチャーハン屋さん 幸せのれんげ」となります

 

入り口の前には、ローマ字ながら

「食文化で世界平和」と刻まれているなど、とにかくチャーハン&peaceなお店

 

開店初日とあって、お店の入り口は多くのお花で彩られている中、

ここにもまた、チャーハンを通じ幸せを届けてくれる、そんな旨が手書きにて伝えられております

 

なお、こちらのお店には駐車場が設けられておりませんが、下記の地図通り

お店のある大通りから中に入った裏路地には3箇所のコインパーキングがあります

※ 同裏通りは、一方通行が多いので注意

各駐車場共に、お店まで3~4分の距離となりますので、車で訪問の際には、同駐車場の利用をお勧めします

 

さて、開店まで数分と迫る中、お店の店主さんがいよいよお店の外へ姿を現わすものとなりました。

JR西千葉駅から徒歩5分のチャーハン専門店 幸せのれんげが満を持して、いよいよオープン!

5/22、開店時刻となる11:30きっかりに、お店の前へ現れた店主さん

各所から耳にした話では、以前は蘇我や海浜幕張にお店を構える、焼鳥を中心に提供する居酒屋「もぢょい」の社員だったとのこと

 

同店を退社し、この度独立してお店を構えた先が、ここ西千葉

そしてお店のジャンルは、かつて培った焼鳥でも居酒屋でもなく、中華

しかも、チャーハンをメインに据えた専門店

 

学生の多い西千葉とは言え、チャーハンを専門とするお店は未だ存在せず

(そもそも、西千葉はこんだけ学生がいるのに、カレーライスのお店すら無いのが問題というか)

かなり斬新な切り口にてオープンする新店となりますが、店主さんより開店のご挨拶がスタート

 

ここでもまた、

「チャーハンを通じて、世界平和を」

と、チャーハンに込められた思いを語る所から、お店の開店となりました

 

この日、私とカミさんの前には、近隣の学生が2組

更に、私たちのあとにも続々とお客さんが集まり、開店と同時に店内は一瞬で満席へ

早い時期から看板を設置し、店先にて開店の告知を行っていた事が功を奏した様です

 

また、事前の情報では多数メニューの展開が告知されておりましたが、慣れない開店初日

店主さんだけで無く、ホールスタッフさんもアタフタすることを先読みしてか、

この日のランチメニューは、上記の4品に限っての提供とのこと

 

事前にチェックしていたお店のHPより、

・あさりのスープ炒飯

・ガーリック黒炒飯

・夏野菜カレー炒飯

これらに興味を持っていたことや

 

同じく、サイドメニューとして提供される(予定?)

・黒豚黒餃子

・青椒肉絲

・スタミナレバニラ炒め

これらのメニューに目を向けながら予習を済ませていただけに、これはちょっと残念…

 

まあでも、開店初日というのはどこもこんなものでして

オペレーションに関しても、バタバタしてしまって当たり前

それを踏まえた上での訪問ですし、ご近所のお店ですから、次の機会を待ちましょう

 

という訳で、3番手にて店内へ案内されながら、再度メニューへ

この日のランチに提供される品は、上記の4品となります

これらのうち、炒飯がついたセットとなるのは

・五目炒飯

・中国海苔あんかけ炒飯

これら2品

 

それ以外のおかずメニューについては、白米での提供になるとのこと

せっかく炒飯専門店をウリにするのだから、これらおかず系の定食にも、小盛りでも良いから炒飯が付いてくれば嬉しいんですけどね

 

また、ランチでもドリンクの方は提供が行われており、

ハイボールの280円を皮切りに、そのお値段は学生向けとも言えるリーズナブルな設定ばかり

また、本日のテーブル上にはグランドメニューが置かれていませんでしたが、スタッフさんとお客さんらの話によると、本日の夜営業から各種サイドメニューらも提供を始めるとのこと

おつまみとして頂けそうな品々が豊富な様子でしたので、これは近日中に夜の部にも出直さなければ!

 

また、テーブル上には、

お店の提供するポイントカードと、その仕組みについても解説がされております

こちらのカード、ポイント数に関係無く「持っている」だけで炒飯大盛りが可能との事

 

また、貯まったポイント数に応じたサービスに加えて、

・ソフトドリンクが恒久的に一杯サービス

・各種ドリンク(アルコールを含む?)が恒久的に一杯サービス

これらの特典も付いてくるとのこと

 

テーブルの1/3近いスペースが、上記のポイントカードに関する説明や

お店への投書を受け付ける箱、各種調味料に取り皿などで埋まっているのは勝手が悪く感じますが、お客さんの目が届く範囲でサービスを伝えるのは大事な事ですしね

 

元の勤務先となるお店のノウハウや経験を活かしつつ(?)、開店初日ながら、色々やっているんだなあ

 

そんな様子に感心しながら、この日のオーダーについては

・私 → 中国海苔あんかけ炒飯ランチ

・カミさん → エビチリ&ミニエビマヨセット

これらを、それぞれオーダーするものとなりました

開店直後からの大混雑にバタ付く中、本日のランチ「中国海苔あんかけ炒飯ランチ」を食べてみた

開店初日の、しかも開店時間を狙ってお店を訪れるものとなった、西千葉の新店、幸せのれんげ

規模の大小に関わらず、どんな飲食店であっても、開店初日はオペレーションや商品提供でバタ付くことは織り込み済み

 

しかも、こちらのお店は開店と同時に、外待ちしているお客さんで満席

その後も、次々とお客さんが訪れ、

・諦めて帰る人

・外の席で待つ人

・グループを二手に分け、入店する人

など、開店初日ながら臨機応変な対応を見せている様に感じます

 

とは言え、実際にお店を開けて、一般のお客さんを迎え入れての営業はこの日が初めて

様々なオーダーが殺到する中、厨房を切り盛りしているのは店主さん一人

現状ではメニューを絞り込んでいるとはいえ、どの程度対応出来るのか不安に感じる部分も少なからず…

 

そんな様子を眺めながら、注文から待つこと15分

一足先に提供されたのが、私のオーダーしたこちらのメニュー

本日のランチメニューとなる

「中国海苔あんかけ炒飯ランチ」となります

 

パラッと仕上がった炒飯の上に、中国海苔や豚肉、ニラ、高菜をトッピングしたあんかけ炒飯

同品に加えて、ザーサイ、スープ、杏仁豆腐の4点セットにて、お値段は820円となります

ちなみに、こちらの杏仁豆腐

杏仁がメッチャ濃くて、食感も良く、これまで食べてきた中でも上位入りするくらい、メチャメチャ美味いです

 

そしてもう一方の小鉢となる

こちらのザーサイ

特別変わりだてするものじゃありませんが、まあビールが欲しくなるのは間違い無い(笑)

そしてスープの方は、量が少ないかな?といった印象に

 

各セットの解説を先に終えた所で、本日の主役

「中国海苔あんかけ炒飯」へと移っていきましょう

まず大事な事なので、最初に伝えておきます

こちらのあんかけ炒飯を盛り付けている鉄鍋ですが

 

メチャメチャ熱そうに見えますが・・・・

熱くありません

 

大事な事なので、2度伝えます

この鉄鍋、全然熱くありません

 

なので、炒飯をシェアするにも、写真を撮影するに際し、角度等を変える際にも、余裕に手で掴み、動かすことが可能

あくまで「お皿」としての役割となる鉄鍋になる様です

 

それでは早速、炒飯から頂いてみましょう

炒飯そのものはパラッと仕上がり、玉子を絡めたシンプルな味わい

塩胡椒のバランスも良く、シンプルではあるものの、お店ならではの高火力でしっかり仕上げられている様子が伺えます

 

そんな炒飯と共に頂く、あんかけの方ですが、

こちらは中華出汁と共に、生姜の風味を強く出した味わい

具材となる中華海苔、高菜、ニラ、豚肉もたっぷり使われており、出し惜しみ無いトッピングとなっています

 

中でも、海苔の風味と味わいがあんかけと良くマッチしているのが特徴的

海苔とご飯の相性は、日本人なら誰もが知る所となりますが

これをあんかけにし、更には海苔自体を主役にする発想、これ私は好きだなあ

 

あんかけ自体の味わいも好みで、ちょっと味気なく感じる炒飯を、美味しくコーティングしております

その他の具材も豊富に盛られており、ご飯だけを食べ進める様な味気なさを感じさせません

 

ただ、強いパンチを持つ味わいで無い事に加え、この日は炒飯を大盛りにてオーダー

※ ポイントカードを所有すれば、無料で大盛りにする事が出来ます

 

その為、後半になるとワンパターンな味わいに変化が欲しくなり、

テーブル上に置かれていた、唯一使えそうな調味料

「ラー油」を加えてみた所・・・これはやっぱ違うw

 

大人し目というか、あっさり系の炒飯であればこそ

後半へ向かうにつれ、何かしらの味変を加えられるアイテムが見つかれば、一層完成度の高い品になりそうですね

※ もしくは、アツアツの鉄鍋でお焦げが作れるとか、ね

 

一方その頃、もう一つのランチメニュー

「エビチリ&ミニエビマヨセット」をオーダーしたカミさんですが

私の元に炒飯が届き、それを完食するまでに10分弱が経過したものの、いまだ配膳されず

 

店内の様子を見ていると、私同様に中国海苔あんかけ炒飯を頼んだお客さん

そして、もう一つの炒飯となる、五目炒飯をオーダーしたお客さんの前には、どこも配膳が完了しております

 

これら炒飯メニューは、複数注文を同時に仕上げているからか

開店初日ながらも、比較的短時間で提供までが完了している様子

 

対し、「エビチリ&ミニエビマヨセット」をオーダーしたお客さんについては

ウチのカミさんだけでなく、どのテーブルにも未だ提供が行われていない様子

 

こちらの品も、炒飯同様に複数名分を同時に手がけているのでしょうが

炒飯以上に時間が掛かってしまうのか、それとも他の問題があるのか

いずれにせよ、だいぶ提供までに戸惑っている様子が伺えます

 

注文から30分が経過した頃、厨房内の店主さんより

「幸せ(エビチリ&ミニエビマヨセットのこと)5人前上がりました~」

との声が聞こえ始め、ホールスタッフさんにより、順に提供が開始

 

最後の5人目として、カミさんに向けて配膳しようとした、その時・・・

カウンター席に座っているお客さんと、ホールスタッフさんが、まさかの衝突w

※ カウンター周りの動線が狭くなっていることが原因でしょう

 

お皿をひっくり返す様な事故にはならず済んだ様子ですが

(遠目だったので、実際の被害は分りませんけど)

ようやく提供されるはずだった所を、一度厨房内に引き返し(盛り付けを直してる?)、再度ホールの方へ

 

結果、注文を終えてから、約40分後

こちらが、カミさんのオーダーした

「エビチリ&ミニエビマヨセット」となります

 

まずエビチリですが、大ぶりでプリッとしたえびが全部で9尾

エビマヨの方は「ミニ」を名乗っているものの、フリッターのえびが3尾

両皿合わせて、合計12尾ものえびが入ったランチセットとなります

 

エビチリの方のみ、一口頂いたのですが、その色合いが示す通り、なかなかの辛味を感じさせます

えびは下処理が良いのか、縮むことなく大ぶりなサイズをキープしており、食感も良好

 

しかも、両皿で12尾のえびを使用しているのですから、これはなかなかの大盤振る舞い

それでいながら、お値段はセットで980円

炒飯と比べれば、若干高くはなるものの、使用されたえびの量を考えれば、嬉しいランチと言えそうです

 

 

ただ前述した通り、こちらの品は、とにかく待ち時間が最大のネック

開店初日ということを踏まえれば、まあ仕方ない・・・にはなるものの

今後も同様のメニューを提供するのであれば、手際や調理行程の見直しを加えないと、ランチ帯での提供は難しくも感じます

 

また、ここ西千葉は学生が多いエリアとなる為、お店を訪れるお客さんも2~4人組が多数

グループのウチ、3名が炒飯を頼み、平らげている中

 

エビチリを頼んだ1名のみ提供が遅くなり、結果4人席がいつまで経っても空かず

結果、こちらの品がお店の回転率を下げる要因に繋がっている様に感じました。

※ 実際、私はカミさんの品が出てくる10分前に食べ終わってたけど帰れなかったし

 

 

また、本日私が頼んだランチに関しても

その味わいには申し分なく、十分に美味しく頂けたのですが

やはり炒飯のみでは、ボリューム面に不足を感じてしまいました

 

ここに、サイドメニューの餃子や春巻き、

なんならレバニラ炒めくらい食べたくなる訳ですが・・・

この日のオペレーションを見ている限り、これらサイドメニューの提供にまで手を回せるのかは、ちょっと疑問に感じます

 

かといって、サイドメニューの提供を見合わせた場合

私よりも遥かに食欲旺盛な学生達を、この炒飯のみで満足させられるのか?

 

などなど、開店初日に突きつける課題としては酷には思いますが

せっかく美味しい炒飯が味わえるお店であればこそ、長く頑張って貰いたい故、以上の点が気になるものとなりました。

 

 

いずれにしても、まだまだ開店初日

課題が見つかるのは当然のことですので、徐々にこれらをクリアしながら

西千葉の学生達だけでなく、私たち大人をも満足させ、世界平和に繋がる炒飯を提供して貰いたいですね

 

まずは、ポイントカードのランクアップ目指さないと。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

幸せのれんげ

■ しあわせのれんげ

■ 食べログURL:

https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12046726/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波2-19-11 高山ビル 1F

■ 営業時間:11:30~15:30 / 17:30~22:30

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。