スポンサードリンク

千葉駅近く、富士見町の大衆中華料理、華蓮 葱ソース香る豚の唐揚げ定食はミニラーメン付き!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

9月の三連休、ちょうど中日となる日曜日

この日は朝から都内に出向いており、そちらでランチを頂こう・・・

とも思ったものの、まさかの30度近い炎天下の中、土地勘ない場所を歩く気分になれず、急いで千葉に凱旋

 

時刻は13時を回っており、千葉駅周辺でランチにしようと、まず向かった先はペリエ

しかし、前述した通りの三連休真っ只中とあって、どこのお店も外待ちが出る程の盛況ぶりばかり

唯一、即入店出来そうなお店を見つけはしたものの、

・・・いくら日曜とは言え、さすがに昼からワインを嗜む気分にもなれず断念

 

ペリエでのランチを諦め、今度は徒歩で富士見町方面へ

特に当てもなく歩いていた私の視界に、ふと入ってきたのがこちら

富士見町のマックを、旧三越方面に曲がった通り沿いにある中華料理店

「中国名菜 華蓮」となります。

 

同店については、オープン当初に1~2度訪問したものの、これといった印象を持たないお店、といったイメージ

ただ、空腹をこじらせ、千葉の町を徘徊してきた今の私には、

この食品サンプルが、実に美味しそうに見えてしまったのです。

恐ろしかな、食品サンプルマジック・・・

 

しかも、レバニラにミニラーメンがセットで800円とのお値打ちメニューも

これ以上、富士見町を徘徊する気力もない程に空腹をこじらせた結果、本能の赴くまま、中国名菜 華蓮へと吸い込まれていくものとなりました。

スポンサーリンク

千葉、富士見町のコスパ抜群な大衆中華料理 中国名菜 華蓮 

前述した通り、恐らく5~6年ぶりの訪問となる、富士見町の中華料理店「中国名菜 華蓮」

同地には長らく、福々亭というラーメン店があったのですが、同店が店を閉めたのと入れ替わりで開店したのが、こちらのお店。

 

福々亭は富士見町店に加え、現JR千葉駅西口の再開発されたエリアにもお店があり、両店共に、幼少時代に幾度と通っていたお店でもあります。

いわば私にとっての「原点」とも言うべきラーメン店であったのですが・・・

まあ、今から頂くのは「中国名菜 華蓮」であって、「福々亭」では無いので、この話はまた別の機会に。

 

という訳でお店へと入った訳ですが、いくら13時を回っていようとも、さすがは日曜日

店内殆どの席が埋まっている様に見えたのですが、店外から見えている席は禁煙席とのこと

その奥には喫煙席があり、こちらであれば空席があるので、即入店可能との事

 

という訳で、店外からは目に付かない喫煙席へと誘われたのですが、

お一人様だというのに、まさかの円卓を独り占め(笑)

卓上調味料だけでなく、メニューすらも円卓中央を回しながら手に取るものとなりました。

 

さて、数年ぶりの訪問となった華蓮ですが、まずは現在のメニューをチェック

ラーメン店では無く、中華料理店となる訳ですので、本格的な中華料理が豊富なもの・・・

と、思いきや、意外(ただ私が忘れてただけ?)な程に、定食メニューが充実

しかも、どの定食も700~800円台とリーズナブルになっており、その内訳も

・メインのオカズ

・ご飯

・ミニラーメン

・香の物

と、4点がセットになる充実ぶりを発揮しております

 

過去に訪問した際の印象として

「良くも悪くも、中華料理店らしいラーメン」

であったことから、そのイメージが先行し、記憶に残っていなかっただけやも知れません。

 

今になってあらためてメニューを見ると、定食メニューの充実ぶりが光るだけに留まらず、

麺類のメニューすら、その後光を受けてか、光り輝いて見える様な錯覚を受けます

まあ、良くも悪くも中華料理店ですから、麺類にまで過度のの期待は寄せないんですがね。

 

加えて、14時から注文可能となる限定メニューには、中華の代表的なオカズ11品の中から、好きな2品をセットにして注文できる

「ミニ中華セット」なるメニューも提供されているとの事

見た目のイメージでは、十分過ぎるボリュームを誇っており、なにがミニなのか皆目見当つきませんが、このお得感は侮れませんね。

 

また、定食だけでは無く、

小皿料理や点心メニューにも抜かりは無し

しかも、こちらのメニューからは、2品+アルコールをセットにして890円という、驚愕の昼飲みメニューが提供されております

 

最近でこそ増えてきたものの、元々は昼飲みできるお店が限られていた千葉駅周辺エリア

14時~18時の4時間限りとなりますが、千葉駅周辺で昼飲みするに当たって、是非とも筆頭に数えなければならない希少性を打ち出しております。

 

更には、定食以外の中華単品メニューも多数

先ほどの昼飲みメニューに加え、こちらから1~2皿を注文してしまえば、完璧すぎる酒宴が完成してしまいそう

 

・・・いや違う

今日は、昼飲みが目的じゃ無く、ただのランチだ

メニューのそこかしこが、アルコールへの誘惑をたらし込む余り、脳内では

「昼飲みのイメージトレーニング」が先行してしまいましたが、とりあえずは空腹を埋めなければ

 

店外で発見し、私を数年ぶりに華蓮へと誘った「レバニラ定食」を注文しようとメニューを再確認したその時、

私の視界に飛び込んできた「豚肉の唐揚げ定食」という一文と商品画像

 

あ。。。ダメだこれしか無い。

1度はレバニラに傾きかけた私の心を、一瞬にして掴み挙げた

「豚肉の唐揚げ定食」をオーダーすると共に、こじれた空腹をしっかり埋めるべく、焼き餃子も追加で注文するものとなりました。

スポンサーリンク

 

なお、ひとしきりのオーダーを終えて、後ろを振り返ってみると

 

お弁当メニューの紹介に加えて、卓上メニューには掲載の無かった3品を発見

中華料理店ではよく見かけるものの、その内容にしては値段の高さがいつも気になる、空心菜炒め

黒光りする黒酢が食欲をそそり、ご飯を推し進めそうな肉団子

 

そして、シンプルな外観ながら、それ故の個性が溢れかえっている

「葱油のあえそば」なる品まであったようで・・・

このあえそばにオカズ一品、なんて注文も楽しかったのではないか?

と、数年間も訪問する事の無かったお店だというのに、早くもリピートしたい予感を感じさせるメニューにばかり包まれております。

スポンサーリンク

葱ソースが香る豚の唐揚げ定食始め、ミニラーメン付きでリーズナブルな700~900円!

時計の針は13:30に差し掛かろうと言うのに、まだまだ店内は賑わいを見せている富士見町の華蓮

そんな忙しさが蔓延する中ではあるものの、料理の提供が早いことも中華料理店らしい特徴と言えます。

 

注文からおよそ7~8分ながら、早くも提供された本日のランチがこちら

「豚肉の唐揚げ定食」となります。

大きな丸皿一杯に広がった、豚の唐揚げ

その表面からはカレーの香りと共に、葱ソースの香りも漂っております

豚肉の唐揚げというより、これはもう「排骨」と呼んだ方が馴染み深いですね。

 

そんなメインのお供として提供されているのが、

こちらのミニラーメン

いわゆる中華料理店のラーメンらしく、シンプルな昔ながらの醤油ラーメンといった風合いです

 

アッサリしたスープに、角の無いマイルドな醤油風味

麺については、お世辞にも褒められるものでは無く、

良くも悪くも、ボーッとした出で立ちを見せております。

 

ただ、このラーメンを単体で頂くとなれば、色々と不足感を得ずにはいられませんが、本日のランチの主役は、あくまで排骨

このミニラーメンを、ラーメンとしてカウントするのでは無く

「具沢山な付け合わせのスープ(麺入り)」だと思ったら、こんな豪勢な仕様はありません。

 

タップリのワカメとナルト、メンマに葱の入った中華スープ(麺入り)を豪勢に味わいつつ、ついに主役へ

こちらが、レバニラに傾いた私の心を一気に引き寄せた非凡なる一品

「豚肉の唐揚げ」あらため、排骨となります

 

ちょっと薄めの豚肉に厚めの衣

その下味には、胡椒とカレー粉、更には葱とニンニクが香りソースがたっぷり

チープな味付け&肉質ではあるのですが、その加減がまた、ご飯をそそる味わいを生み出してしまいます。

 

なにより堪らない、ソース&カレーの風味

これを抜群に引き出す方法となるのが、やっぱこれ

オンザライス、以外にあり得ません(笑)

パリッとした衣と、ジュワッと染み出るソース&脂の旨味

これをご飯に纏わせ、共に口内へと運べば、至福の時間の到来となります。

 

豚の唐揚げ、そしてスープ(正確にはミニラーメン)の可憐さに魅入られ、スッカリ忘れていたのですが、

定食から遅れること数分、ここに来て餃子も到着となりました。

全く気に掛けていなかったこちらの餃子、まさかの立派な羽根つきにてご登場

 

中身の割合としては、野菜多めで甘みしっかりタイプ

肉よりも野菜によるジューシーさを産み出す側の餃子ですが、たっぷり付いた羽が香ばしく、これもなかなか

 

他店よりも秀でた特別感こそないものの、前述した

「ハッピーアワーセット(つまみ2品+アルコール一杯)」と共に頂くなら、至福の時間が訪れること間違いありません。

 

過去に訪問した際に頂いた「ラーメン」のイメージ故に、良くも悪くも印象を感じられずにいた「中国名菜 華蓮」

しかし、数年ぶりにあらためて訪問してみると、様々な発見に出くわしただけでは無く、数年前の若輩だった私では感じ得る事の出来なかった、

「町中華らしい楽しみ」をあらためて気付かされるものとなりました。

 

まあ、町中華と呼ぶには土地も土地な上に、歴史も浅く、数ある名店らの様なスペシャリティに出会える訳でも無さそうです

が、非凡なメニューこそ見つからずも、そこそこのメニューをそこそこ以下の価格で、しかも昼から嗜むことが出来てしまう。

このお店のシステムこそが、千葉駅周辺に於いては「非凡」な存在とも言えるのではないでしょうか。

 

これは是非とも、昼飲みに利用したいなあ・・・

と、次回訪問を楽しみにしながらお店を後にした、その直後

華蓮のお隣に店を構える、まさしく千葉のレジェンドラーメン店

「長州ラーメン 万龍軒」の看板に、まぜそばなる一品を発見!

しかも、その隣には「冷しまぜそば」までもが!?

 

前述した福々亭に並び、私の思い出を語る上で、切っても切れない存在となるのが、ここ長州ラーメン万龍軒

これは近日中に、再び富士見町へと足を運ばない訳にはいかなそうです。。。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

中国名菜 華蓮

■ ちゅうごくめいさい かれん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-4-13

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。