スポンサーリンク

京成千葉駅から徒歩5分、シティ51Fのcafe dining オレンジにてテイクアウト これが1つ500円!?リーズナブルなクリームシチューオムライス&タコライスに大満足!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

千葉駅周辺のテイクアウト情報を収集すべく、駅から徒歩10分圏内をフラフラ散策していた際のこと

 

京成千葉駅から5分ほど、モノレール沿いに市役所方面へと向かう、

シティ5を始め、千葉でも名だたる名店らの飲食店が建ち並ぶ通り沿いで見つけた

テイクアウト情報の1つとなるのが「cafe dining オレンジ」

 

かつてはリーガルVのロケ地として、勝村政信も訪れた同店ですが

(かつて・・といっても、まだ2年前か)

千葉駅周辺に並ぶカフェの中でも、採光良く作られた大きな窓やテラスの感じなど、雰囲気ある造りのお店として知られる同店

 

私もオープン当初に足を運んでいるのですが

前述した通り、良くも悪くも雰囲気あるカフェであることから

男性一人では肩身の狭さを感じること、そしてボリューム面で不足を感じてしまうなど、料理には満足するもリピートには至ってなかった同店

 

ですが、前述した通り現在はテイクアウト用のお弁当を販売中

しかも、注文後に作るスタイルでは無く、完成したお弁当を店頭で販売しているので、待ち時間なく「思いついた時に伺い、購入」が可能となるのです

 

そんな訳で、この日のランチは気が向くままテイクアウト用のお弁当を購入すべく、

こちら、登戸一丁目のcafe dining オレンジを訪問

 

お店の前の看板には、

この通り、お弁当販売を知らせる一文が

そして驚かされるのが、そのお値段

 

連日複数のお弁当が販売されていながら、それらはどれも「ワンコイン(500円)」にて購入が可能!!

加えて現在は、モーニング営業も行っていたりと、様々な取り組みが行われているcafe dining オレンジ

 

さて、本日のお目当てとなるお弁当の方は・・・

ロコモコ、タコライス、オムライスなど・・・

が、なんも無い

 

現在の時刻は、11:00を少し回ったばかり

もしや早くも売り切れ? それともまだ完成前??

暗雲立ちこめる事態になってきたものの、その答えは果たして・・・?

京成千葉・新千葉両駅から徒歩5~7分、シティ5のcafe dining オレンジにてテイクアウトを初利用!!

少し前まで、店頭にてズラッとお弁当を並べ販売していた、cafe dining オレンジ

しかし、いざ私が購入目的で訪れてみると、そこに弁当の姿は無し

 

この1~2ヶ月は、臨時休業に当たる遭遇率が格段に下がってきたものの

そのツケを、ここで一気に解消すべく、品切れという新たな手札が切られたのか!?

 

自分の天運を嘆きながら、あらためて周りを見渡してみると

ナイス!オレンジ!!

どうやら、ここ数日気候が暖かくなってきたことから、店頭でのお弁当陳列を廃止

置き場を店内に移し、変わらずお弁当は絶賛販売中とのことでした

 

まだ天運が残っていた事にホッと胸なで下ろし、あらためて店内へ

少し前までは店頭に並んでいた品々同様、

売り場を店内に変えながらも、華やかなお弁当らが所狭しと陳列中

オムライスはトマトソースにクリームソースと2種類の用意が

 

そのお隣には、ミートソースのパスタが並べられておりますが

残念ながらこちらはキノコとのことで撃沈

 

続いて、お隣の方も見ていくと、

若鶏のバター醤油ソテーに焼肉丼

タコライスにロコモコ丼といった面々

 

こちらを確認次第、カミさんに連絡した所、

「タコライス」をご所望とのことで、まずは1つが確定

 

続いて私の分ですが、この流れで行くと候補になるのは・・・

「ザ・焼肉丼」が一馬身差でリード中

 

ここはもう、焼肉丼の逃げ切りか・・・

とお弁当に手を掛けかけたその時、よく中を確認してみると

まさかの、ここにもきのこ(恐らくシメジ)がたっぷり

 

少量であれば避けながら頂くものの、肉にまたがりたっぷり盛り付けられたキノコ

これを避けながらのお弁当がっつき食いは困難である事から、土壇場で選択肢を変更

 

一馬身差を逆転し、最後に追い込みを掛けてきた

「春キャベツのクリームソースオムライス」と共に、ホットサンド

更には、ライスコロッケも購入し、合計1650円のお買い求めとなりました

 

全4品を持ち帰った本日のランチがこちら

登戸一丁目、cafe dining オレンジにて初購入となったテイクアウトお弁当一覧となります。

2種のクリームソースオムライスにタコライス、焼肉丼にロコモコ丼と、全品500円の超特価お弁当にご満悦!!

という訳で、久々の訪問をテイクアウトにて頂くものとなった、cafe dining オレンジ

あらためて蓋を外した状態がこちら

左下から時計回りに

・タコライス(500円

・ライスコロッケ(450円)

・春キャベツのクリームソースオムライス(500円)

・ホットサンド(200円)

といった品々を購入するものとなりました

 

さて、まずはカミさん用に購入してきた、

こちらのタコライス

たっぷりの挽肉はケチャップ&ソース系で味付けされ、ピリッとチリパウダーも効かされております

 

レタスにトマト、ネギらの野菜もたっぷり盛り付けられ

お肉と共に野菜もたっぷり頂ける、バランス良好なお弁当

 

そこへあろうことか・・・汗

カミさんは、納豆を投入して食べようとしているので、妙な味変を引き起こす前に一口

こんな感じで、定番の味付けではあるものの

その定番加減が、安心を与えてくれるタコライス

 

ご飯の方もタップリ盛られており

男性には気持ち少なく感じますが、女性であれば十分満足出来るボリュームとなります

 

続く2品目がこちら、

この日唯一?のお惣菜として販売されていた、ライスコロッケ

こちらは、既に朝ごはんを食べている子供用に、と購入してきたのですが

3つ入りとなりボリュームもたっぷりなので、1つを私が頂いてみることに

 

前述したタコライス始め、こちらオレンジで販売されるお弁当類は全て、温め直しが可能とのこと

お願いすれば、お店の方でも温めを行ってくれるとのことでしたが

ここは自宅ということで、レンジにて一度温め直し、頂いてみます

まんまる育ったコロッケを割ってみると、その中にはたっぷりご飯が搭載中

 

ソースはトマト系となっており、クリーミーさと甘みを感じさせます

その見た目通り、中にたっぷりご飯の詰まったコロッケは、1つでも結構なボリューム

 

とは言え、この程度で私が満足することも無く

いよいよ迎え入れる大本命となるのがこちら

春キャベツのクリームソースオムライスとなります

 

蓋を被った状態では、どういったものかイメージ付かなかったものの

ふわとろ卵のオムライスにクリームシチューを添えた、そんな1品

 

500円で購入出来るお弁当のオムライス

というだけでもリーズナブルな所へ、更にクリームシチューも追加とは

あらためて考え直すと、これはだいぶリーズナブルな価格設定と言えそうです

 

それではまず、クリームソース・・・

いや、これは最早、クリームシチューと呼んでも遜色ないほど、具だくさんなソースから

真っ白なソースの中には、たっぷりの野菜

更にはベーコン、鳥肉らも加わっており、ソースと呼ぶには申し訳無いほど具だくさん

シチューに比べると気持ち緩めでスープに近く、これを「ソース」と事前に伝えられていなければ、なにも違和感なく飲み干してしまいそうなほど

 

一方のオムライスですが、こちらはお持ち帰りながらも卵は柔らかめな仕上がり

出来たてオムライスの様なトロトロ具合には至りませんが、ケチャップライスともしっかり馴染み、昔懐かしいオムライスの味わいを形成しております

 

とは言え、素朴な味わいながらもオムライスのみでは、一抹の寂しさを感じる部分も

そこへ特有の味わいを与えてくれる要素となるのが、

  

このクリームソースとの組み合わせということでしょう

 

早速、ソースを潜らせながらオムライスを頂いてみると

うん、なるほど!

乳製品×卵の織りなす、間違えようのない組み合わせ

 

卵とクリームソースの相性が抜群なのは、今やウチの子供でも理解している一般常識

しかし、クリームシチューとオムライスという組み合わせは、ありそうで見かけないコンビ

 

こちらはあくまで、クリームソースという形状にはなりますが、その味わいはほぼほぼクリームシチュー

それをオムライスと共に合わせていけば、ありそうで無かったものの

組み合わせを想像するだけで美味しいこと間違いない、あの味わいを作り出しています

 

シチューでは無く、あくまでソースとなる事から

クリームシチュー独特の重さや小麦感が少ないのも、オムライスとの相性を高めているポイントでして

ご飯と共に頂きながらも、重たくならずスルッと頂ける、そんな1品となりました

 

そんなオムライスでもしっかり満足してはいるものの

店頭で見かけ、どうしても見過ごすことが出来ず、手を伸ばしてしまったもうひと品

こちらのホットサンドになります

 

見た目としては、こんがり焼き目付いたホットサンドに

・ツナ

・マヨネーズ

らを挟んだ、ある意味ではシンプルなサンドイッチ

 

しかし・・・

これが何故なのか、私の想像の斜め45度上をいく絶品仕立てでして

 

決して珍しい素材を使っている訳でも無く、その味わいも懐かしさすら感じる具材達

しかし、これらをただのサンドイッチでは無く

「ホットサンド」として頂く点こそが、常識の半歩先へ飛び出た結果故でしょうか

 

しかも驚くことに、このホットサンドのお値段は200円

この幸せをコイン2枚で得られるとたらは、これは感慨深くもなるほどで

お弁当の安さもさることながら、このホットサンドには良い意味で期待を裏切られるものとなりました

 

 

といった感じで初テイクアウトを頂くものとなった、cafe dining オレンジ

以前にランチ訪問した際にも、パスタらを美味しく頂きはしたものの

やはりカフェご飯らしく、男性にとっては今ひとつボリューム不足を感じてしまう

 

そんな印象を抱えたまま、今回のお持ち帰り弁当購入となったのですが

そこは品数豊富な、オレンジのお持ち帰り弁当類が見事にカバー

 

特に、ホットサンドやライスコロッケといった

メインにはならずも、副菜として立派な仕事を果たす品々により

満足を果たすと共に、満腹をも迎えるものとなりました

 

なにより、これだけの品々を購入していながら、驚かされる安さも魅力の1つ

お弁当類は朝からも購入可能とのことですので、近所で無くとも足を伸ばしたいテイクアウトとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

cafe dining オレンジ

■ カフェダイニング オレンジ

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-13-22 シティ5 A棟

■ TEL:043-205-4886

■ 営業時間:平日 7:00~ / 土日祝 10:00~

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。