スポンサードリンク

フレスポ稲毛、むさしの森珈琲で頂くモーニング トロトロ玉子に極ウマソースが絡む、エッグベネディクトを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日は日曜日ながら、朝から子供が外出する事に

子供を送り届けた後、せっかくならば朝ごはんを食べに行こうと、カミさんと二人車を走らせる事に

 

この日のモーニングを頂くべく、向かった先はフレスポ稲毛

様々な飲食店が建ち並ぶ、同複合施設まで足を伸ばした理由、それは

こちら、むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店がお目当てなのです

 

○○珈琲系のお店は、近所を始め市内随所に店舗があるものの

それらのカフェでは頂く事が出来ない

 

ここ、むさしの森珈琲だからこそ頂ける「朝ごはん」

それをお目当てに、はるばる車で15分(近w)

それでは、ここむさしの森珈琲でしか頂けない(と、思う)

オシャレな朝ごはんをお目当てに、いざ店内へ。

平日は9時オープンながら、土日祝日は7時から営業! むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店で頂くモーニング

という訳で、朝ごはん目当てにお店を訪れた、むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店 

平時は9時オープンとなる同店ですが、土日・祝日に限り朝7時から営業を開始

 

前述した通り、この日は日曜日となるので、営業開始は7時から

私がお店に着いた時点で、時計は間もなく10時

モーニング営業が間もなく終了を迎える、そんな時間に訪れてみたものの、店内は大盛況

 

幸い、僅かながらの空席が残っていた様で、そちらへと通されるものとなりました

店内には家族連れから単身の方、私たちの様に夫婦やカップルで訪れる方など様々

 

また、同店では店内入り口付近に多数の雑誌を常備

食後ながらも、そちらに目を向けているお客さんも多く、土日祝日のカフェらしく、まったりした一時を楽しんでいる模様

 

そんな時間の過ごし方には興味を持たない私

当然、お目当てとなるのは朝ごはんでして、こちらむさしの森珈琲のモーニングメニューは以下の通り

各種ドリンクを注文すると、セットで付いてくるトーストを筆頭に、

各種ドリンクに+180~880円で、様々なモーニングを頂くことが可能となります

 

中でも、同店らしさが味わえる品となるのがこちら、

スペシャルモーニング、こと

「エッグベネディクト」なのです

 

都内にありそうな気の利いたカフェ、

ないしホテルのモーニングでしか味わう事が出来そうにない、ご馳走系朝ごはん

そんなエッグベネディクトを、朝の7時から頂けるのが、ここむさしの森珈琲ならではのモーニング

 

当然私のお目当ても、エッグベネディクト一本となるのですが

あらためてじっくりメニューに目を向けてみると

お目当て以外のモーニングも、結構美味しそうな・・・

 

ドリンクに+380円で頂ける、アボカドエッグトーストやピザトースト

トッピングにより+380~580円と幅は広いものの、フワッとした食感がそそるパンケーキ

朝ごはんとは思えないボリュームの野菜が詰まった、ベーコンエッグサンドやバランスサラダなども捨てがたい魅力を放っております

 

とは言え、わざわざフレスポ稲毛まで足を伸ばしたのも

全てはエッグベネディクトが目当て故

魅力を感じる品は他にあれども、これらなら他店でも十分頂く事が可能

 

ここ、むさしの森珈琲でしか頂けないモーニングがあればこその訪問

という訳で、数ある誘惑を振り切り、初志貫徹エッグベネディクトを頂いてみます

※ パン類を食べないカミさんは、ドリンクのみを注文

 

なお、こちらは10:30~提供となるグランドメニューですが、

こちらのメニューでは、パン類だけで無く、オムライスやドリアを始め

 

ハンバーグやロコモコといった、ファミレス資本らしい品揃えもあり、

※ むさしの森珈琲はすかいらーくグループのお店となります

 

更には、

モーニングメニュー同様、各種パンケーキも頂けたり、

 

スイーツメニューはまだまだ続き、フレンチトーストやガレットなども

そして、チェーン店らしく 

季節の食材らをふんだんに使った限定メニューも多数

 

品揃えの豊富さ、メニューの艶やかさは個人店では真似出来ないレベル

さすが、天下のすかいらーくグループといった所でしょうか

 

それにしても、なんでモーニングメニューって「ご飯もの」が見当たらないんでしょうかね。。。

モーニングの定番、トーストを引きずり下ろす新定番、絶品ソースのエッグベネディクトを食べてみた 

パン類からご飯ものにパスタ類

果ては数多くのスイーツメニューがひしめく、むさしの森珈琲

 

そんなメニューに目をやりながら、待つ事10分ほど

こちらが、本日のお目当てとなる朝ごはん、

むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店にて頂く

「エッグベネディクト」となります

 

フワッとしたマフィンの上に、美しく盛り付けられるポーチドエッグ

そして、それを包み込むかの如く、たっぷりと注がれたオランデーズソース

 

両者のふれあいを阻止するかの如く、間に敷かれたベーコンも鮮やかさを演出

それにしても、2つのエッグベネディクトで、それぞれ胡椒の量が違いすぎるのは・・・フレンチ流の味変、か?(笑)

 

そんなエッグベネディクトを頂く前に、

まずはこちらのサラダから

ビネガー系のドレッシングが掛けられたレタス主体のサラダ

 

こちらを含め、同プレートを頂くに際し

・ナイフ

・フォーク

は提供されるものの、相変わらずお箸は提供されず

 

葉物が主体となる、この手のサラダって、フォークではえらく食べづらいんですよね

それにも関わらず、どこのお店に行っても必ずほぼ高確率で箸は提供されず

 

サラダの食べづらさについて、カミさんに同意を求めるものの

「あたし、食べてないから分かんない」

と冷遇されながらも、ついに主役へ到着

 

まずはナイフにて玉子を一刀両断、

その断面から流れ出る、美しい黄身

そこに混ざり合う白身とオランディーヌソースとのコントラストが見事な限りで

 

カットした一方をフォークで一口

うーん、オランデーズソースとポーチドエッグの奏でる、絶妙なハーモニー

 

バターと共に混ざり合う、黄身の織りなすコク

そこにほのかな風味と辛味を加えるカイエンペッパーが、カレーの様な味わいも与えています

 

同ソースをたっぷり吸い上げたマフィンは、極上の旨味を放出

マフィン自体の味わいが、全く以て伝わってこないほど

 

その濃厚なソースの旨味は、毎朝など食べようものなら

ほぼ間違い無く生活習慣病を誘発するであろう、体に悪いこと間違い無しな味わう

 

ですが、その背徳感があるからこその旨味大爆発

和食の様に、毎日食べ続けるなど以ての外で

 

月に一度、いや半年に一度でも構わない

とっておきの日の朝ごはんにありつく事が出来れば、

それだけで1日幸せが訪れてしまうのでは

 

そう錯覚させるほど、朝から頂くには申し訳無い旨味満載の一食

割り入れたナイフの先からこぼれ落ちるポーチドエッグが描く、抽象画の様なコントラスト

 

当然、その猛攻な旨味と美しさの分だけ、高いカロリーを誇っている訳でしょう

カロリー=旨味の指数、その方程式を示すかの如く一食、しっかり堪能させて頂きました

 

 

といったところで、朝からプチ贅沢を味わうべく、足を運んだむさしの森珈琲 フレスポ稲毛店 

お得なはずのモーニングでありながら、単品では1080円

ドリンクとセットでは、1300円ともなる高額な朝ごはんこと、エッグベネディクト

 

ですが、支払う金額に比例する存分な満足度を得ながら、

半年に一度くらいなら許されそうな、プチ贅沢を存分に堪能させて頂きました

 

エッグベネディクトそのものを頂けるお店は、他にもいくつかあれども

これを朝ごはん、モーニングの時間帯に頂けるのは、おそらくここ、むさしの森珈琲のみじゃないでしょうか

 

なお、通常のモーニングメニューに関しては

ドリンクを1杯注文しますと、

こちらの通り、1/2カットのトーストがセットとして提供

 

同モーニングについては、他の○○珈琲系店舗と比べ、寂しさを感じる一方

上記に+αで頂けるモーニングメニューの充実ぶりは、目を見張るものがある

そんな「むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店」での朝ごはんとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

むさしの森珈琲 フレスポ稲毛店

■ むさしのもりコーヒー フレスポいなげてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区長沼原町731-17 フレスポ稲毛

■ 営業時間:9:00~23:00 (土日祝は7:00~)

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。