スポンサードリンク

JR西千葉駅すぐ近くの人気店、カフェスタンド サブカルな雰囲気漂う店内で頂く、ドライカレー&季節のおかずランチ

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日のランチは、学校が午前中で終わった子供を連れて向かうことに

 

朝から学校で駆けずり回り、昼にはしっかりお腹を空かせている我が子

対する私はというと、朝から本千葉の「つるや」

本千葉駅近くの大衆食堂、つるや 朝8時から営業する定食屋さんで頂く、アジフライ定食に豪華ハムエッグをトッピング!
ちょっとした所用で朝から出掛けてはみたものの、終わってみると時刻は8:00を過ぎたばかり このまま家に帰り、仕事に掛かるのも良いのですが、せっかく家を出た手前、何かしら食べてみた
2019-04-22 07:00

ガッツリ朝ごはんを食べてしまい、空腹状態としては中の下レベル

 

お腹を空かせた子供と、そうでもない私

両者の需要を程良く満たす先となると・・・

 

カフェ飯、か。

 

普段であれば、満足出来ないことから、足を運べずにいたお店へ向かうには絶好のチャンス

むしろ、これをカフェ日和と言わず、いつ足を運べば!?

 

とでも言わんばかりに、向かった先はJR西千葉駅

駅改札を千葉大側に出て、線路沿いに千葉方面へ数十m進んだ右手側

 

西千葉の学生御用達となるデカ盛りらーめん「無限大」を脇道に入り、

こちらの階段から、の2Fへと向かうと・・・

 

途中、めっちゃ低い天井があるので、ここでは要注意

 

先ほどの低い天井を乗り越えた先にある、こちらのお店

「カフェスタンド」にて、初ランチを頂いてみるものとなりました。

JR西千葉駅から徒歩2分、無限大の2Fにお店を構えるカフェスタンドを初訪問

朝ごはんからガッツリ食べすぎたことから、軽めのランチを頂くべく訪れた、西千葉駅近くのカフェスタンド

こちらのお店、今回が初訪問ではあるのですが、ネット上の口コミでは高評価が多く、以前より気に掛けていたお店の1つとなります

 

ただ、良い評判が多いという以外に、これといった情報は得ておらず

カフェを名乗るからには、ガッツリご飯系では無いことは想像出来ますが、それ以上の予備知識はなし

ただ今日に限っては、軽めのランチでも構わないことから、ようやくの初訪問を果たすことに

お店の入り口前にはこちらの黒板を発見

メニュー的なものかと思いきや、貸し切りパーティーなどのスケジュールが記載されております

中には、ライブ営業と記載された日もあるのですが、これは一体・・・

 

まあ、あれこれ考えるよりはお店の中へ

店内に入ると、中央に大きめのテーブルが2卓あるのですが、そのどちらにも既に先客が

中央テーブルを囲むようにして、小さめのテーブルが配置されていますが、こちらにはまだ空席がある様で、そちらへ通されるものとなりました

 

さて、メニューの方ですが、

ランチ帯に提供されているご飯ものは、上記の3品

 

A → トースト、スープ、キッシュ、季節のおかず

B → ドライカレー、季節のおかず

C → チリコンカン、季節のおかず

といった内訳になっているのですが、事前の予想通り、ウエイトは軽めな雰囲気

 

これに加えて、スイーツ類も数種有り、単品での注文からドリンクセットまでが注文可能となっております

 

上記したご飯ものメニュー以外は、

軽食として、

・スープ&トースト

・スープ(単品)

この他に、各種ドリンク類、更にはアルコールメニューも

 

こんなメニュー構成となっている訳ですが、見た感じフードメニューを注文したとしても、そのボリュームはほどほどな様子

 

これならまず完食できそう、という事で

・私 →  Bセット(ドライカレー、季節のおかず)

・子供 → Aセット(トースト、スープ、キッシュ、季節のおかず)

これらを、それぞれ注文してみるものとなりました。

アーティストのサインに溢れる不思議な店内で頂く、ドライカレー&季節のおかずランチ

長らく気に掛けながら、この日初訪問となったカフェスタンド

店先に掲載されていた黒板のスケジュール表を見た雰囲気、夜はLIVEなどの用途で利用されるケースが多いお店に思われます

 

店内の壁一面に様々なサインが残されており、その多くはアーティストばかり

中には、著名なアーティストのサインとおぼしきものも残されており、一般的に思い描く「オシャレカフェ」とはちょっと違う、不思議な空間とでも言うべきか

 

また、店内右手のカウンター周りには、ターンテーブルも発見

落ち着いた空間で、オシャレなカフェ飯を味わい、友達同士の会話を楽しむ空間というよりは

個性的な店主さん?らとワイワイ楽しむ、下北辺りにありそうなサブカルな空間といった方がシックリくる様に思います

 

しかし、若者向け文化を発信するお店、といった雰囲気にも関わらず

先客として、店内中央の大テーブルを陣取っているのは、ご近所住まいとおぼしきマダム達

この不思議なミスマッチが起こりえてしまうのも、下北では無い、西千葉らしさなのかも知れません

 

そんな空間を眺めながら、過ごすこと10分ほど

一足先に提供されたのが、子供のオーダーした

こちら、食事メニューのAセットとなります

 

上記から遅れること2分

続いて提供されたこちらが、

私のオーダーした、Bセットとなります

 

両セット共にスープが付いていますが、Aセットの方は通常サイズ

私の注文したBセットの方は、

この通り、ミニスープとなっております

ちなみに、この日のスープはじゃが芋のポタージュ

程良く胡椒が効いているものの、じゃが芋の甘みがじんわり染み渡ってきますね

 

そして、両セットに共通しているのが、

こちら、季節のおかず盛り合わせとなっております

 

おかずと名乗ってはいますが、その内訳としてはほぼ野菜

魚はともかく、お肉に季節はありませんので、季節ものを使用するとなれば、必然的に野菜メインになるものかと

 

せん切りにした人参を、ドレッシングと和えた・・・キャロット・ラペとか言ったような

そちらに始まり、ジャーマンポテトや青菜の味噌ピー和えなど、創作意欲を感じる季節野菜のおかずが4品ほど

使用している野菜や産地に関する説明等は無かったものの、鮮度や瑞々しさから、拘りの野菜を使用している事が伝わってきます

 

そして、Bランチの主役となるのが、

こちらのドライカレーとなります

 

ツヤツヤし、丸形に盛り付けられた白米の上にカレーと素揚げ野菜をトッピングするスタイル

トッピングの野菜には、かぼちゃ、レンコン、ピーマン、玉ねぎ

そして、私の天敵、椎茸の姿も発見(笑)

 

野菜の下に眠るカレーには、

挽肉、人参、コーンと、色合いを基調とした仕上がりになっております

 

それではまず、カレーとご飯を合わせて一口

カレーは水分量控えめで、各具材にスパイス類の味付けを成したタイプとなっております

ご飯にしっかり浸透するタイプでは無いので、白米とのバランスを見極めないと、最後にご飯のみが残りそうな雰囲気も(笑)

 

カレーからは複数スパイスを使用している風味の豊かさは感じますが、辛さとしては中辛を下回るほど

子供にはちょっと辛い様でしたが、大人ともなれば、辛いものが苦手な方でも安心して食べられるレベルじゃ無いでしょうか

具材のコーン、人参らが甘みと食感を加えており、アクセントとしても働きかけていますね

 

分りやすく断面を見ると、

こんな感じになっており、ご飯とカレーとで層を成すタイプのドライカレー

 

とまあ、カフェというお店の形態通り、提供されるおかず、ドライカレー共に

健康を意識したヘルシーフード揃いとなった、カフェスタンドのランチメニュー

 

女性であれば十分なボリュームとも言えそうですが、やはり男性の私では不足感は否めないボリュームと言えます

幸い、この日に関しては朝からガッツリご飯を食べていたため、事足りるものとなりましたが、平時であればもう少しボリュームが欲しい所ですね

 

また、野菜を中心としたメニュー構成となっている為、外食時にも体を気遣う方にとっては嬉しいメニュー揃い

と言えますが、私の様ないわゆる「意識低い系男子」的には、ガッツリに加えてコッテリな要素も欲しいかな、と

 

まあそもそも、お店がターゲットにしている層に、私の様な男性は含まれていない訳ですから

これをどうこう言う方が、お門違いなんですけどね

 

そんな訳ですので、同店がネット上らで高い支持を得ている、その理由は掴めなかったものの

おそらく「好きな人にはたまらない」そんな何かが感じ、味わえるお店といった印象でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

カフェ スタンド

■ かふぇ すたんど

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波2-5-6 いずみビル 2F

■ 営業時間:[火〜土]11:30〜21:00 [日・祝]11:30〜18:00

■ 定休日:月曜日・第2・4火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。