スポンサードリンク

モスバーガーが送る、毎月29日「肉の日」限定メニュー にくにくにくバーガーを食べてみた

LINEで送る
Pocket

先日、訪問した裏千葉のカレー店「ラソイ」の帰り道のこと

駐車場に向かうすがら、新宿小学校への抜け道となる裏通りに、見慣れないお店の看板を発見

 

外から見る限りの情報では「フライドチキン」をメインにしたランチを提供しているらしく、なかなか食べ応えある様子

これは近日中に頂かなければ、と向かったこの日

 

お店の前に着いてみると、

あれ、closeしちゃってるよ

事前にネットで調べた情報では、日曜定休だったはずなのに

 

京都へ行っている間、予定した全てのお店に休まれること無く、無事に食べ切れたことへのリバウンドでしょうか

いずれにしても、時折発症する「臨時休業にぶつかる癖」が再発した模様で、急遽予定を変更することに

 

一軒目を諦め、続いて向かった先は富士見町のナンパ通り

先日開催していた「すた丼三食チャレンジ」の折りに、久々店先を通り食べたくなっていた「大名寿司」へと向かってみると、

こちらも不幸があったとかで、臨時休業に遭遇

一軒目で予定をひっくり返されると、二度三度と続くのだから、我ながら大した安定感を誇っております。

 

しかし、この大名寿司に掲載されていたお知らせを読み、気付いたのです

「今日って・・・29日じゃん」

 

飲食業界に於ける29日と言えば、そう肉の日

肉を中心に扱う飲食店が色めきだつ肉の日のランチに、脳裏にあった記憶を呼び覚まし向かった先はこちら、

千葉中央エリアの玄関口、とも言うべきスクランブル交差点

同角地の商業ビル(かつての田原屋)、その1Fにお店を構える・・・モスバーガーなのです。

スポンサーリンク

モスバーガーが毎月29日肉の日限定で提供する限定メニュー、にくにくにくバーガー

普段なら、そうそう見向きもせず、むしろ記事にすらすることがない、モスバーガー

にも関わらず、私がこの日のランチに向かったその理由、それが29日

 

多くの肉関連店舗が、割引セールや限定メニューを展開する、肉の日こと29日

実はモスバーガーも、毎月29日限定で、肉肉しいメニューを提供しているのです

 

それがこちら、

毎月29日限定のメニュー、その名も

「にくにくにくバーガー」(まんまかw)

 

バンズをハンバーガーに変え、具材には焼肉、鶏肉、そして〆もバンズに代わるハンバーグ

正に肉の相乗効果で産み出された、ミートタワー

月1で販売されていることを以前から知ってはいたものの、29日の存在をついつい忘れる事数ヶ月

 

この日もまた、ギリギリまで肉の日であることを忘れていたものの、たまたま立ち寄り、そしてフラれた大名寿司に

「今日が29日である」ことを思い出させて貰った結果、ついに辿り着くことが出来たのです。

 

日頃であれば、チェーン店はおろか、ファストフードにも足を運ばないものの、これは何と言っても月1限定のメニュー

しかも肉に肉を重ねた「追い肉」メニューとあらば、千葉のB級グルメマイスターを目指す身として、一度は食しておく必要がある、正に避けて通れない壁

という訳で、本日限定となるメニュー

「にくにくにくバーガー」のハラペーニョ増しVer、「スパイシーにくにくにくバーガー」を頂いてみることに。

スポンサーリンク

焼肉、チキン、ハンバーグ 3種の肉を挟み揚げた限定品、にくにくにくバーガーを食べてみた

カウンターで注文を終え、まずは席へ

ここモスバーガーに辿り着くまで、2軒の飲食店でフラれ続けたことから、現在の時刻は12:30

 

普段のランチと比べ、時間も遅く、昼真っ只中となる店内は8割以上が埋まっている様子

ただ、席に座り食事している人の大半が、スマホをいじりながらハンバーガーにかじりついている姿に、違和感を感じます。

 

食事中に、なにかをしながら・・・と言うのが、そもそも理解できないのですが、食事しながら片時もスマホを手放さない程の緊急な要件があるとも思えない

スポンサーリンク

食事しながらもスマホをいじる人の殆どが、ただなんとなく・・・で、スマホに触っているだけなのでしょう

久々に訪問したとは言え、これがファストフードの現状というか、食を楽しんでいるとは到底思えない風景を目にし、私とは相容れない層であることを再認識するものとなりました。

 

注文後に調理を始め、出来たてを提供するのがモスバーガーのかねてからのスタイル

という訳で、注文から5分が経過した頃、到着となったのが、

こちら、29日限定のメニュー「スパイシーにくにくにくバーガー」となります。

 

通常ならバンズで挟み込むハンバーガーながら、こちらの品はバンズに代わってハンバーグ×2枚による挟み込み

具材には、焼肉と照り焼きチキン、そしてグリーンリーフ数枚を投入した、炭水化物抜きにも好まれる肉食を極めたスタイルとなります。

(下のバンズ・・じゃなくてハンバーグは、包装紙に隠れていますが、しっかり具材を挟み込んでいます)

 

どうにも食べづらいサイズ感ではありますが、早速一口・・・

まず飛び込んできたのは、手前に飛び出している焼肉部分

焼肉ライスバーガーに使用しているものと同様と思われますが、濃いめの味付けがされており、レタスとの相性は文句なし

 

続いて、バンズ代りとなるハンバーグを合わせて二口目へ

こちらは、ハンバーグでは無く「バンズ」として使用しているからか、味付けは薄くソース等も無し

かといって肉肉しい食感や、旨味溢れる肉汁が飛び出す訳でも無く、単に味の薄いハンバーグとしか言いようがありません

 

通常のモスバーガーに使用しているものと同じハンバーグなのか、疑問を感じる程に旨味が感じられないのですが・・

ということは、モスバーガーの旨さというのは、肉では無くソースにあったということでしょうか?

これもまた、にくにくにくバーガーを食べたから分る発見と言えそうです

 

お次は、具材の3層目、照り焼きチキンへ

大抵、スベることの無い具材と言われる照り焼きチキンですが、こちらも味付けは控えめ

むしろ、照焼であったことを説明されなければ気付かない程に味付けが薄く、ただの焼鳥にすら思えます

 

せめてもの期待を寄せたハラペーニョも、辛味が抜けているのか、まったくスパイシーさを感じず

ただのピクルスのように挟まっているだけとなっており、アクセントも辛味も与えないトッピングとなってます

 

結局、味付けらしい味付けを感じられるのは、焼肉のみで、その他具材について言えば、かさ増しを図っているのみ

肉肉しい食感、旨味とも程遠い、ただ物珍しいだけの月1限定メニューといった感想しか持てないひと品となりました。

 

これがマクドナルドやファーストキッチンならいざ知らず、ファストフード界でもワンランク上のクラスを自負する、モスバーガーが手がけている品と考えると、やはり残念としか言いようがありません。

結局、モスバーガーの旨さはバンズに挟み込むことと、ソース&トマトにこそ、その真髄があったということでしょうか。

コレ1つで850円、更に辛味を感じなくなったハラペーニョを足し、合計880円と考えると、なんとも腑に落ちないランチとなりました。

まあ考えてみれば、今日はスタートからしくじり続けた末のランチなので、これもアリっちゃアリなんでしょうが(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

モスバーガー 千葉EXビル店

■ もすばーがー ちばいーえっくすびるてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-14-1 千葉EXビル 1F

■ 営業時間:07:00~23:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。