スポンサードリンク

市役所前近く、千葉ポートタウンのビュッフェレストラン THE NEW YORK 昨年リニューアルしたビュッフェを再訪してみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

前日からの予報通り、朝から銀世界となった2月の三連休初日

幸い、夜のウチから雪が降り出した訳では無く、道路に雪は積もらず、外出はギリ可能

 

とは言え、まだまだ雪も止まぬ天候の中、車を停めて歩いてお店まで・・・

の時間を過ごす心の余裕は生まれず、

・駐車場隣接

・家族で行ける(土曜なので子供もお休み)

 

そんなお店探しに明け暮れていると、カミさんからひとつ妙案が

「ポートタウンのTHE NEW YORK、今日なら空いているんじゃ無い?」

 

17年夏、千葉港近くのポートタウンが一斉リニューアルした際に、同施設の目玉としてオープンした、THE NEW YORK

600坪という広い敷地面積に、ライブキッチンを目玉にした広いビュッフェレストランとして、当時はメディアでも再三取り上げられたお店でして

私もオープン初日に訪問したのですが、正直言ってその際の印象は今ひとつ・・・

 

しかし、そんなTHE NEW YORKがリニューアルしたとの情報を得たのが、昨年の秋

どうリニューアルしたのか知るべく、再度お店を訪れようとしたものの、平日ランチは要予約になる程の大盛況ぶり

 

そこまでの人気店となるなら、是非もう一度リベンジしたい・・・

と、長らく企んでいたのですが、なかなかチャンスが訪れず

 

しかし今日の千葉は、一面銀世界を迎えてしまった土曜日

さすがに今日くらいは空いてるのでは?と、様子を知るべく電話してみると

「とっても暇です(笑)」との返事が

※ 土日のランチは事前予約が出来ないとのこと

 

それならば、と急いで車に乗り込み、向かう先は千葉ポートタウン

地下駐車場に車を止め、エレベーターで一気に5階

リニューアルから約半年が経過した、THE NEW YORKへ二度目のランチを頂くべく、伺ってみました。

 

ちなみに現在の値段設定は以下の通り

ランチは、大人1980円(土日は2280円)

子供は、~小学生が500円(土日は700円)、小学生以上は1000円(土日は1300円)とのこと

ここまでを見る限り、何がリニューアルされたのかまだ分りませんが、とりあえずはお店の方へ

千葉みなとから徒歩7~8分 千葉ポートタウン5F『THE NEW YORK』のランチビュッフェ

前日からの予報通りの積雪で、行動範囲が狭まってしまった土曜日のランチ

しかし、人が行動しない時にこそチャンス・・・とばかりに、足を運んでみたポートタウンの『THE NEW YORK』

 

この日の天候はこの通り、

積雪・・・と呼ぶ程では無いものの、千葉ではなかなか見かけることの無い銀世界

 

この影響もあってか、普段の土日なら満席&数十分待ちがザラとなる『THE NEW YORK』も

この通り、広い店内の多くが空席だらけ

 

そういえば以前は、↑の様なステージ無かった気がするのですが・・・

これがまさか、噂の「リニューアル」ということでしょうか??

 

上記したステージ以外にも、

以前は外の様子が眺められた窓部分に、↑の通り

『NEW YORK』をイメージしたかの様な壁紙を発見

 

これが・・・リニューアル・・・か。

 

いや、そうとも限らないぞ

ここはビュッフェ形式のレストラン

メニューにだって、何かしらのリニューアル要素があるやも知れない!!

 

そんな期待を込めつつ、店内の料理を見て回ると、

まずはカレーエリア

こちらには、牛スジカレーとタイカレーの2種を発見

 

続いてはイタリアンっぽいエリア

ドリアとペンネ、その隣には何故かの焼売

 

更に隣は、

こちらも引き続きイタリアンで、2種のピザ

そしてパスタも3種程

 

更にお隣には、またもや麺類

こちらには、蛤出汁のスープと東京醤油

どうやらその場にて、自分で麺を茹でることでラーメンが食べられる模様

 

・・・ん

 

ここのウリって目の前で調理してくれる「ライブキッチン」だと思うのですが

にも関わらず、お客さんが自分で作るって事?

要するに「オーディエンス参加型のライブ」てこと??

 

以前にも増して、お店の目指している方向が分りづらくなったものの、ここで一旦別エリアへ

続いてのエリアには、和食が中心となっており

野菜や練り物、揚げ豆腐らを使ったお惣菜に

 

暖かい料理の方には、

おでん、そして角煮を発見

 

そのお隣には、キッズメニューを集めたエリアが設けられており、

なんとなく子供ウケしそうな茶色いおかずがズラリ

(ちなみにウチの子は、先ほどのピザに夢中で、同エリアは通り過ぎてました)

 

そして野菜&ドレッシング

フルーツ類も同エリアに陳列

 

最後に、肉エリアと呼ぶべきでしょうか

デミグラスソースと謳われたハンバーグなどに

 

肉の付け合わせっぽい野菜達

 

そして、最後は

 

ビュッフェにもかかわらず

「お1人様1枚まで」と、数量制限を設けられたポーク&チキンステーキ

 

ビーフステーキやローストビーフでは、まあまあ見かける注意書き

(ちなみに、牛肉の姿は見かけていません)

 

ですが、ポーク&チキンに至るまでもが数量制限とは

過去にとてつもない食べ盛りに襲撃され、食い荒らされた苦い経験でもあったのでしょうか

 

それとも、枚数制限をする程の上等な品を仕入れているのか

いずれにせよ、そこまで言うならばこそ、どちらか1種は食べておきたいところです。

600坪の巨大フロアはさすがながら、同店ウリのライブキッチンは果たして…

相も変わらず異常に広いフロアながら、積雪の影響もあって店内は静かな『THE NEW YORK』

 

ひとしきりのメニューを確認した感想として、リニューアルを大々的に謳っていたものの、そこまでの変化はぶっちゃけ見受けられず

とは言え、せっかくのビュッフェなので、普段率先して食べる事の無い野菜から頂いてみることに

まずはお皿一杯のサラダ、そしてかぼちゃのポタージュスープから

 

ちなみに、サラダへの付け合わせには、

・ハンバーグデミソース

・チキン南蛮

・ソーセージ

の3品をトッピング

 

野菜についてはどれも、まずまずな鮮度で、ドレッシングも豊富に揃いなかなか

対するトッピングですが、ハンバーグ、チキン南蛮共に冷え切っており、固さが目立ちます

 

味付け自体は決して悪くないながら、お客さんが少なく、料理の回転も遅いためとは思いますが、

率先して食べたくなる品・・・とは、お世辞も言えそうにありません。

 

サラダをたっぷり頂いた所で、今度はおかず&ご飯へ

おかずの方も一通り見渡したものの、これといって目玉を張れる様なメインは見受けられず

代わりに・・・と言っちゃナンですが

カレーがせっかく2種用意されているので、両者相掛け(通称ダム盛り)で盛り付けてみることに

 

ではまずおかずの方ですが、

前述した「お一人様1枚まで」のポークステーキを中心に、角煮、焼売、おでんなど、和食寄りのお惣菜をセレクト

 

枚数制限を設けている事から、期待を寄せていたポークステーキですが、これは案の定、残念な仕上がり

先に頂いたハンバーグ、チキン南蛮と同じ様に冷め切っており、身はカチカチ

味付けも塩胡椒のみとシンプルではあるものの、素材がこの固さじゃ、旨味を引き出す訳にも至らず

 

その他も、特筆すべき存在感あるおかずは見当たらない中、唯一意気を吐いていたのが角煮

こちらは、タイミングが良かったのか暖かく、脂の甘みと肉の柔らかさ、双方をしっかり味わえました

ただ、その脂の量だけに、角煮ばかりを食べ続ける訳にもいかず、せっかくの当たり食材も輝きを放つ程・・とは言えず

 

対する、こちらのカレーですが、

 

向かって左は、チキンとココナッツミルクをふんだんに使ったレッドカレー

右には牛スジをトロトロに煮込み、溶かした牛スジカレーを盛り付けた、合い盛り仕様に

 

まずは牛スジから頂いてみたのですが、そこまでビーフの旨味は感じられず

ちょっとコクある給食カレーといった仕上がりで、具材も野菜が中心

 

対するレッドカレーですが、こちらは思いのほかスパイシー

ココナッツの香りが食欲を掻き立て、チキンもたっぷり

少し単調な辛さには感じましたが、こういったビュッフェにしては珍しい、攻撃的な辛さとなっています

 

ただ、ココナッツベースのサラッとしたカレーだけに白米との相性は今ひとつ

かといって、チャーハンと共に頂くのも違うし・・・と、やはりどこかチグハグ感が否めないばかり

充実したスイーツ&お菓子のガチャが目玉サービスだったものの、その今の姿は…

食べ放題ビュッフェとあって、カロリーばかりは必要以上に摂取したものの、これといった目玉には出くわせないままとなった

『THE NEW YORK』へのリニューアル後、初めての訪問

 

ただ、こちらのビュッフェが持つ、もう一つの特徴はスイーツエリア

私自身はスイーツにそこまで関心ないものの、過去の訪問時には

・回すとお菓子が出てくるガチャガチャ(もちろん回し放題)

・綿あめ(自分で作れるヤツ)

などが用意されており、子供連れであれば楽しめる仕様となっておりました

 

最後にスイーツで締めるべく、同エリアを覗いてみると

ティラミスやカップケーキなどは10品程が陳列

 

そのお隣には、アイスクリームなども用意されているのですが・・・

以前はガチャガチャ&綿あめのあったエリアには、大量のお皿のみが陳列

どうやら、子供の楽しめるスイーツエリアもまた、リニューアルと共に姿を消したようです

 

唯一残っているのが、

こちらのチョコレートファウンテン

しかし、このチョコレートを浸けられる食材も、マシュマロのみと殺風景

 

うーん、メインの料理同様にスイーツ類もグレードダウン

せめてここだけでも頑張っていれば、子供を釣り上げる事で、大人が再訪する可能性もあっただろうに

 

結局、リニューアルとおぼしき変化を感じたのは

・フロア内にステージが出来た(何に使うのかは不明)

・窓から見える風景がNew York風の壁紙になった

この2点くらいでしょうか

 

それ以外の要素には、グレードダウンした部分こそ目に付いたものの

料理を始め、値段に至るまで、変化は見当たらず

 

ビュッフェだけに、ボリューム面は当然ながら充実していますが、それ以外に目を惹く要素は見つからない

そんな『THE NEW YORK』への再訪となりました

 

ちなみに、帰り際1Fに降りてみると、同エリアにあった食材売り場は全て閉店

(一部は2Fに移転した模様)

 

また、3Fにあったキッズスペース(段ボールで遊べるフロア)も閉店しているなど

ポートタウン全体を挙げて、トーンダウンしている様子

 

長らく沈黙状態が続いていたポートタウンが、満を持してリニューアルしただけに

今度こそは・・・と期待を込めていたのですが、やはりこの様子を見る限り、またもや厳しい展開になりそうですね

せっかくの広大なスペースだけに、これを有効に活用できる企業、入ってこないもんかなあ。。。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

THE NEW YORK BAYSIDE KITCHEN

■ ザ ニューヨーク ベイサイドキッチン

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12042147/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区問屋町1-50 ポートタウン 5F

■ 営業時間:11:00~15:00/ 17:00~22:00

■ 定休日:無休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。