孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千城台北駅前の新店 カレーショップ22を初訪問 スパイスに野菜の風味が活きた絶品カレーらーめん

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年の11月末、モノレールの千城台北駅前に

新しいカレー専門店がオープンしたとの事

 

Twitterの方で同店の存在を確認しており

昨年末(確かクリスマスイブ?)に、家族総出で同店を訪問・・・

 

してみたのですが、その日に限ってか

臨時休業だったらしく、お店への訪問はならず

 

※ ちなみにこの日は、同じく千城台にあります「ニューライフ千城」を訪れることに

参照:千城台が誇る昭和ノスタルジーな喫茶店 ニューライフ千城で頂く焼肉ライス ⇒

 

 

あれから半月が経過した、1月の三連休最終日

家族は午後から所用があるとのことで、祝日ながらソロランチを敢行

 

この機会に、前回訪問達成ならなかった

千城台北の新店へリベンジを果たすべく、二回目の訪問に

 

店舗前の通りを都賀方面から千城台方面へと走る中

今度こそは、営業中の看板を確認

 

一旦、店舗前を通り過ぎ

Uターン後に車を停車、向かった先がこちら

モノレール千城台北駅

そのすぐ直下に11月末オープンとなりました「カレーショップ22」となります。

千城台北駅前に昨年11月末オープン カレーショップ22を二度目にして、ようやく初訪問

千城台北駅のすぐ真下に11月オープンとなった、カレーショップ22

 

事前に調べていた情報では、店舗裏に2台分の駐車場があるとのことで

同スペースに空きを確認し、車を停めてからお店の方へ

 

なお、上記駐車場は2台分となっておりますが

その他、同通り沿いにはいくつかコインパーキングも発見

 

上記駐車場が満車の際には

近隣のコインパーキング利用をお勧めします

 

 

さて、そんなこんな車を停めてお店の方へ

この日、到着した時刻は11時を少し過ぎたばかり

 

平日ならともかく、祝日となるこの日

さすがにこの時間帯であれば、お客さんの数もまばらでは・・・

 

と予想を企てながらお店を訪れると、既に先客が1名

その後も2名のお客さんが来店となったのですが

 

お店のマスターとの会話を聞く限りでは

いずれのお客さんも、すでに同店の常連さんとなるご様子

 

昨年11月末にオープンしたばかりながら

すでに地域へ溶け込んでいるのか、雰囲気の良さを感じるお店でもあります

 

 

さて、そんなカレーショップ22のメニューですが

少しブレてしまったものの、メインメニューはこちらの通り

ベースとなっているカレーは1種ですが

共に頂くご飯の量、トッピング、辛さらを調整したカレーが頂ける様でして

 

提供されるトッピングも、拘りを感じる品揃えで

地鶏の卵の温泉たまごやゴロゴロ野菜

 

お肉屋さんの自家製ソーセージや

これまた自家製、炙り厚切りベーコンなどなど

 

カレーを単品で頂く他に

スープやサラダらのセットも選択可能になっております

 

加えて、前述したソーセージや

ベーコンらをおつまみとした品も取り揃っており、

ここには何故か、フレンチトーストの姿も発見

更にはカレー和風そばや、別に記載された説明によれば、カレーパンなども頂けるのだとか

 

おおよそカレーに目星を付けながら

後はトッピング、辛さの調整をどうしたものか迷っていると

 

ここでもう1つ、飛び込んで来てしまったのが、

本日、数量限定

と記された、カレーらーめんのお姿

 

しかも同品は、+150円のチーズご飯が付けられるとのこと

これが指し示すのはもちろん、カレースープで頂く〆ご飯

 

初訪問となるカレー専門店で、出鼻からラーメンを頂くのも忍びない所となりますが

やはり限定、と名乗られてしまった手前、その魅惑には打ち勝つことが出来ず

 

加えて、〆にご飯(しかもチーズ乗せ)を頂けるとあっては

これはもう、隙の見当たらない完璧な布陣

 

ここは申し訳なさに打ち勝ち

「カレーらーめん」をチーズご飯と共に頂いてみようと思います。

ベーシックなカレーにそそられるも限定に勝てず 絶品カレーらーめんに〆のチーズご飯を堪能

前述した通り、私が入店した時点では1組ながら

その後、お客さんが2名入店し賑わいを見せていたカレーショップ22

 

いずれのお客さんも常連さんらしい雰囲気を見せている上

お客さん同士も仲が良いご様子

 

こちらのお店もまた、元がスナックのような作りとなることも相まってか

昔からそこにあったお店の様な、不思議な錯覚をも感じさせます

 

 

そんな店内で待つこと10分少々

こちらが、本日のランチ

千城台北駅前、カレーショップ22で頂く

カレーらーめんになります

 

少しとろみを感じさせる、こちらのスープ

ラーメンを元にカレー風味に仕上げたものでは無く、元よりカレーがベースであるのは一目瞭然

 

しかしながら、そうと感じさせない程

その見た目は、ラーメンとしても高い完成度を誇っている様に感じます

スープにはたっぷりの挽き肉、そして溶け込んでいるのは野菜でしょうか

スープ自体がカレーとして、十二分に機能していることを感じさせます

 

更にトッピングされるのは、フライドオニオン

そしてチャーシュー?いや、ベーコンでしょうか

 

更にほうれん草も加わっており

カレーでありながら、しっかりラーメンテイストを感じさせてくれます

 

まずはそんなスープから頂いていきますが

ベースとなっているカレー自体に

玉ねぎ、そして複数の野菜が溶け込んでいる様でして

 

いや、摺り下ろした野菜を使用しているのか

その過程は判断付きませんが、とにかく風味豊かな野菜の旨味と甘みを感じさせます

 

そこに加わるスパイスも、芳醇で薫り高く

辛さ自体は強くないものの、複雑且つ旨味豊かなカレーとして高い完成度を感じます

 

スープというよりも、むしろカレーそのもののとも言える味わいで

麺を食べる前からして、すでに〆ご飯が楽しみで仕方なくなる、そんなカレーとも言えます

 

そんなカレー、

いや、スープと共に頂く麺については

注文時に、細麺もしくは中太麺から選択が可能となり

今回は、中太麺にて頂いてみる事に

 

使用されている麺自体は既製品となる様で

茹で加減、麺の食感、風味共に特徴を感じるには至らずでして

 

もちろん、ベースがカレーのお店となる訳であって

ラーメン専門店で無いのは百も承知

 

ただスープの完成度が、そうと思えないほどに素晴らしく

麺にももしや・・・と、期待し過ぎてしまった所が少なからず(笑)

 

とは言え、後には〆ご飯もある訳ですので

そちらに期待を寄せながら、残る具材を頂いていきますと

 

次に頭角を見せ始めたのがこちら、

チャーシューのように思わせるも

その正体はやはり、メニューにもあった自家製ベーコン

 

パストラミのようなスパイシーさに加え

カレーのスパイスにも負けない薫香を纏っており、肉感も抜群

 

カレーにはもちろん、ラーメンのトッピングであっても

十分な存在感を放つベーコンに仕上がっております

 

そして、残る麺と共に頂く具材が

こちらのほうれん草

そして、カレーにたっぷりトッピングされたフライドオニオン

 

ほうれん草は、カレーとしてもラーメンとしても

いずれの角度で測っても申し分無い存在

 

対するフライドオニオンですが、

これはもう、旨味とコクを倍増させる欠かせない存在に

 

ただでさえ完成度高いカレーになっておりますが

それを一段、二段と底上げしているのがフライドオニオンであることは間違いありません

 

また、こちらのカレーラーメン提供時に、お店の方から

『カレーに合うので、加えてみて下さい』と提供されたのが、

こちら、福神漬け

 

ライスで頂くカレーならもちろん

ラーメンで頂くカレーに福神漬けは、あまり見かけない組み合わせ

言われるがまま、入れてみましたが

そりゃこのカレーとしての高い完成度、福神漬けが合わない訳が無い(笑)

 

ただ、こちらのカレーは元より辛味が強くなく

且つ野菜の甘みがふんだんに活きた味わいとなっておりますので

 

ここに敢えて、辛味や酸味が尖った

アチャールなどを合わせてみるのも面白いかも知れませんね

 

あらかた麺を食べ終えたところで

ここからは〆のご飯タイムへと突入

 

最後のトリを飾るご飯がこちら、

お茶碗たっぷりのご飯に加え

軽く焼き目の加わったチーズもトッピング

 

こちらのご飯を、ガッと丼に入れて食べてみて下さい

との指示通り、容赦なくご飯をスープの中へ投入

そして出来上がったのが、惑うこと無きカレーライス

しかも、チーズも溶け込んだ豪華仕様

 

麺を十分味わった後ながら、たっぷり残るカレー

更にはここへ、野菜の旨味に加えて挽き肉も満載

 

そんなカレーを食べてようやく気付いたのですが

このカレーラーメンは、最後にご飯を食べてこそ完成する一杯なのでしょう

 

ラーメンとして食べている感には、若干塩味が強く感じられたものの

最後、こうしてご飯を投入することで、同バランスが完璧な位置に定着

 

また、先にも触れた通り

同品の麺に対しては、このスープにして存在感を弱く感じてしまいました

 

が、それであっても問題無し

麺はあくまで序章、このスープにご飯を投入

 

といった本命を迎え入れるための

前説のようなものだと思えば、尚のことアレで良かったんだな

 

と、思える程

このスープと共に頂く〆のチーズご飯がとにかく完璧

 

いや、こちらのカレー自体がそもそも

ご飯と共に頂く、最高のカレーであることを裏付けるものとなりました。

 

 

という訳で、昨年末の訪問失敗以来

二度目にしてようやく、初入店&訪問成功を果たした、カレーショップ22

 

初回ながら、カレーラーメンを頂いてしまうものとなりましたが

ラーメンながら、とにかくスープ、いやカレーの完成度には惚れ惚れするばかり

 

風味豊かに溶け込む野菜、特に玉ねぎの味わいが色濃く

そこに加わるスパイスとのバランスも見事な絶品カレー

 

自らラーメンを選んで於いてナンですが

次は何を差し置いても、このカレーをご飯と共に食べたい限りで

 

加えてトッピングや辛さの調節も可能となる様なので

次こそは思う存分、カレーライスを堪能してみたいと思います。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

カレーショップ22

■ カレーショップ22

■ 住所:千葉県千葉市若葉区千城台西1-2-1

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~22:00(日・祝は~20:00)

■ 定休日:水曜日、木曜日のディナー

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。