孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

100時間カレーEXPRESSがアリオ蘇我店内にオープン!旨味濃厚な牛すじカレーもさる事ながら、トマト満載ハヤシライスが絶品だった

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ゴールデンウィーク初日となった木曜日

本来の予定では、子供とカミさんが共に出かける・・・

 

となっていたものの、生憎の雨模様となり、そちらの予定が中止に

代わって家族で共にランチへ向かうものとなったのですが、とにかく酷い雨降り

 

この雨降りしきる中、濡れずに食べられるお店となれば

大型駐車場を完備したショッピングモール、もしくはイオン系か・・・

 

何か妙案は無いものか記憶を遡った所

この1週間ほど前に、アリオ蘇我のフードコートへ新店がオープンしていた事を思い出しまして

 

都内各所を始め、千葉でも船橋のららぽーとらにお店があるものの

恐らく千葉市内ではコレが初の出店となるカレー専門店

 

加えてフードコートなら、家族全員なにかしらの希望を叶えられることから、一路アリオ蘇我へ

 

そして本日お目当てとした新店がこちら

100時間カレーEXPRESS アリオ蘇我店となります。

アリオ蘇我フードコートに神田カレーグランプリ優勝の有名店、100時間カレーEXPRESSがオープン

この4月、アリオ蘇我のフードコート内にオープンしたばかりの新店、100時間カレーEXPRESS

 

カレー好きの方なら馴染みある同店ですが

たしか、神田のカレーGPで賞を2度の優勝を果たしたとか、

そんな触れ込みを元に全国展開しているカレー専門店でもあります

 

県内でも、船橋のららぽーと等にお店があるものの

わざわざ出向くには微妙な距離となる上、かといって船橋まで行けば他に食べたいお店も・・・

 

と、良くも悪くもチェーン展開するカレーという立ち位置故に

興味ありながら「わざわざ足を延ばしては・・・」と、二の足を踏んでいた同店

 

ですが、そんなお店がご近所となるアリオ蘇我にオープン

これは願ってもない朗報となり、お店を訪れるものとなりました

 

 

この日、同フードコートに到着したのは11時に差し掛かった所

普段の同時間ならガラガラとなるものの、そこはさすがの連休初日

 

余裕を持って足を運びましたが、それでも同エリアには既に多くのお客さんが

先にテーブルの方を抑えておき、その上でお店の方へ

 

早速、目的となる100時間カレーEXPRESSですが、

メニューはこちらの通り、全13種のカレーが提供されるものとなります

 

ただ、しっかり見ると多くのカレーは同じものを使用しており

トッピングらによって各メニューが差別化されている様子

 

更に良く見ると、カレーに加えハヤシライスの文字も発見

各種トッピングを自在に加えたハヤシライスが食べられるのも面白い試みですが、

更にはナント、カレーとハヤシライスとの合い掛けも可能なのだとか(各メニュー+100円)

 

その他、辛さを三段階から選ぶ他

ご飯、カレーの量も増量が可能との事

 

そして、更なるトッピングの追加も可能となっており

選択出来るカレーの品数は、相当数から組み合わせる事が可能と思われます

 

そんな豊富なカレーが並ぶ100時間カレーEXPRESSですが

恐らくお店のお勧めとなっているのは、オニオンフライとマッシュポテトを添えたビーフカレーこと、ビーフオニマッシュ

 

オニもマッシュも、更にはビーフももちろん大好きな私としては、なんら問題なく頂きたい1品

ですが、ここに来て心揺さぶっているのが、そうハヤシライスの存在

 

専門店の存在しないハヤシライスは、そうそうお目に掛かる機会の少ないしな

しかも同店なら、夢にまで見たハヤシライスの「豚カツ」トッピング等という離れ業を披露することも可能に

 

ただ本日は初回での訪問

そのボリュームの程も分からぬ中、オプンションてんこ盛りの品を頂くには不安な部分も

 

とは言え、ハヤシライスも譲れない所で、両者を頂けてしまう合い掛けという選択肢が浮上

メニューを見る限り、ハヤシライスにもお勧めとされるのが、牛すじカレーになるのだとか

 

ならば、一度に二度、いや三度美味しく頂けそうな組み合わせを選択

そんな訳で本日のオーダーは「牛すじカレー」とハヤシライスの合い掛けを頂いてみようと思います

多彩な旨味が詰まった濃厚ビーフカレーもさることながら、合い掛けされたハヤシライスの美味しさに驚愕!!

一方、子供のランチを購入すべく、同フードコート内のミスドに向かっていたカミさん

そちらの購入を終え合流した所、カミさんもまたこちらのカレーを食べてみたいとの話に

 

すでに列に並びだし、3分ほどとなりますが

私がビーフオニマッシュを悩んでいた話をした所、カミさんはそちらを頼む流れとなりました

 

かくして、私を本日悩ませていた魅惑の品々

全てを一同に味わえてしまうチャンスが到来することに

 

 

列に並び、待つこと10分弱で注文の番に

同店では、注文後即、オーダーした品が提供となりまして

 

お会計を済ませ、更に2分ほど待ったタイミングにて提供となったのが

こちら、100時間カレーEXPRESSにて頂く

「牛すじカレー&ハヤシライス」の合い掛けカレーとなります

 

同店では三段階より辛さを選択出来るシステムが採用されており、

向かって左手、こちらが牛すじカレーとなりまして

辛さの程は、当然ながら三段階ある最高レベル「ジャワ(辛口)」を選択

 

カレーに添えている福神漬けは

商品提供時に、スプーン共々、カウンター前で盛り付けることが可能となります

 

そして、向かって右手に盛り付けられてきたのが、

こちらのハヤシライス

 

実はカレーと負けず劣らず、大好物となるハヤシライスですが

やはり提供しているお店が少なく、そうそうお目に掛かれない1品でもあります

 

そんなハヤシライスを、あろうことか牛すじたっぷりビーフカレーと共に頂ける、願ってもない組み合わせ

黒と赤、二色に彩られたお皿を眺めているだけで、すでにニヤけ顔が止まりませんね

 

 

それでは早速、まずは牛すじカレーの方から一口

けっこうな黒みを帯びたカレーとなりますが

その色味が想像させる通り、様々な素材が溶け合った濃厚な旨味を感じさせます

 

具材に加え、ベースには牛肉の旨味を強く感じる作りとなっており

そこに風味豊かなスパイス類の味わいも感じさせます

 

辛みの程は、ジワジワと押し寄せるものがありますが

辛口、と名乗り想像させるカレーと比較すれば、だいぶ優し目

 

一般的なインドカレー系のお店であれば

中辛、いやそこにも満たないほどの辛さとなっております

 

反面、カレーに加えられた牛すじが、甘みと更なる旨味をプラス

カレー自体の具材にも、

しっかりとした牛肉が盛られており、ビーフの食感・旨味を存分に味わえるカレーとなります

 

そして右サイドを陣取っているのが、

こちらのハヤシライス

 

一般的なハヤシ~と比較し、赤身を強く出した仕上がりですが

その理由は、完熟トマトをたっぷり使っているからなのだとか

 

そんなハヤシライスをさっそく頂いてみると・・・

 

おぉ、思わず声が出るほどに美味い!!

 

期待していなかった・・・といええば言いすぎですが

なんだかんだ、ここはフードコート内のカレー専門店

 

カレーが美味しいことはまあ、当然として

そこに添えられたハヤシライスに、正直そこまでの期待を抱かず注文しておりました

 

が、そのハヤシライスですが

ベースにはしっかり牛の旨味を感じさせるハヤシライスならではの味わいが鎮座

 

それを包みあげ、旨味に酸味と甘みを存分に与えるトマトの存在がとにかく秀逸

 

ハヤシライスとしては、珍しい程にトマトの存在が全面に突出しているのですが

その存在が邪魔にならないどころか、牛の持つコクや旨味と見事に調和を果たしています

 

加えて、こちらのハヤシにもたっぷりビーフが混在

カレーももちろん、満足出来る品となりましたが、それにも増して、ハヤシライスの美味しさには、漏れる声を抑えきれない逸品となりました

 

 

一方、カミさんがオーダーした品がこちら

合い掛けカレーと、最後まで私を悩ませていた品

「ビーフオニマッシュカレー」となります

 

同品はカレーをポットに入れ、別添えにて提供

ポットがスベりやすいからか、下にはゴムのコースターが添えられております

 

カレー本体については、牛すじが無いのみで

私のオーダーしたカレーと、ほぼ変わらない見た目となる一方、

同カレーの特徴となるのは

ご飯が覆い隠されるほど、たっぷり盛られたオニオンフライ、そしてマッシュポテト

 

オニオンフライの総量と比較し、マッシュポテトが小ぶりにも見えますが

この2品と共に、濃厚な牛の旨味詰まったカレーを共に頂く品、となる様です

 

最後の2口ほどを残した所で、カミさんが満腹に到達

残りを私が頂くものとなりまして、

こんな感じに、ご飯にポテト、オニオンフライと共にカレーを装着

 

まず飛び込んでくるのが、オニオンフライの持つコクある旨味

それにポテトの甘みが加わった所で、最後にカレーが濃厚な存在感を見せてくれます

 

オニオンフライとカレーの相性は、予想通りの仲の良さ

更にはマッシュポテトも良い立ち位置を築いており、三者が見事なバランスを形成するカレーとなります

 

日本最大級のカレーイベントで2度の優勝

と、大きな風呂敷を掲げた感はありましたが、その触れ込みにも素直に納得

 

フードコートとは言え侮れない

いや、わざわざ目的にして足を運んでも損しない、大満足のカレー&ハヤシライスとなりました

 

 

一方、少し寂しく感じたのがカレー、ご飯のボリューム

今回は初見となりますので、各種とも増量せずに挑んだのですが、いずれも私的には少なめ感が否めず

 

ご飯については、100g単位での増量が出来るとのことで(80円~)

次回オーダー時には、増量を視野に入れておきたい一方

 

少なめご飯ながら、それでも少なく感じてしまったのがカレー部分

こちらについては、カミさんも同意見でして

 

カレー自体も増量が可能となっておりますが、こちらは1.5倍で150円

ご飯との配分を踏まえると、両者ともに大盛にするくらいが、満足出来るボリュームとなりそうです

 

 

ちなみに、そんな100時間カレーEXPRESSでの食事を終えた後に気付いたのですが

同店では現在、大人が2人前のカレーを注文すると、

通常、390円となっているキッズカレーが無料となるサービスを展開しておりました

 

この情報に早く気付いていれば、ミスドになど立ち寄らず

家族3人、全てここ「100時間カレーEXPRESS」で済ませることが出来たのに…

 

いずれにせよ、お子さん連れのご家庭には嬉しいサービスとなっておりますので

こちらも是非、合わせてチェックして頂ければと思います

 

そして、そんな100時間カレーEXPRESSからの帰り道

同じくアリオ蘇我内のフードコートにある「豚屋とん一」のメニューを覗いてみると、

こちらも、100時間カレーEXPRESSに負けずとか、まさかのカレーフェアを展開中

 

ロースカツカレー、とんテキカレーと並ぶ中

特に目を惹く存在となったのがスタミナカレー

 

なにがどう、組み合わさってのスタミナかは分かりませんが

茶色い何かの上に浮かぶ生卵、これは是非とも味わってみたい…

 

そんな画ヂカラ持つカレーも頂ける、アリオ蘇我のフードコートとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

100時間カレーEXPRESS アリオ蘇我店

■ 100じかんカレーエクスプレス アリオそがてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区川崎町52-7 アリオ蘇我 1F フードコート

■ 営業時間:10:00~21:00

■ 定休日:アリオ蘇我に同じ

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。