スポンサーリンク

稲毛が誇るカレーの名店、シバに今年も冬の限定メニューが登場! ディナーでのみ味わえる一皿、牡蠣の味噌カレーに凝縮された旨味に悶絶!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

毎日恒例となる、Twitterでのグルメ情報パトロール

そちらを見て回っていた時のこと

 

稲毛にあるカレーの名店、シバより新情報を発見

詳細によると、今年もまた冬季限定の「あのカレー」が、ディナー限定で提供をスタートしたそうなのです

 

冬期限定な上に、ディナー限定と、条件が2つも重なるハードル高い一品

それ故に、昨年は頂く事が出来ず、諦めてしまった品

 

が、しかし

年々自由な時間が取りやすくなった我が家としては、今年こそ頂きたい同品

 

そんな訳で、同限定メニュースタートの告知を受け数日

早くも稲毛へと向かい、

こちら、JR稲毛駅すぐ近く

カレーレストラン シバのディナーへと足を運ぶものとなったのです。

稲毛を代表するスパイスカレーの大人気店 カレーレストランシバへ食べログ百名店入り後、初訪問

つい2ヶ月程前にも、ランチで訪れたばかりとなる稲毛のシバ

あの時は確か「マツコの知らない世界」で放送されていたスパイスカレー特集に魅入られての訪問だった気が…

JR稲毛駅前で頂く、最高すぎるスパイスカレー カレーレストラン シバの、辛さと甘さが引き合うラム&ベジカレーセット 実はキッズメニューも凄かった!?
前日の夜、 「林先生の初耳学」を見ていた影響で、体が完全にスパイスを欲するモードに スパイスを美味しく味わうといえば、真っ先に思い浮かぶのは、やはりカレー ご存じの通り、
2019-10-28 07:40

 

前回訪問時の記事でも触れている通り、

ここ稲毛のシバといえば、すぐお隣の駅、新検見川にあるシタール同様

千葉市を代表する2大カレーの名店と呼ぶに相応しいお店

 

今でこそ、千葉市内の全域で目にする様になったものの、

名物であるバターチキンカレーを筆頭に、様々な種類のカレーを提供するスタイルのシタール

 

それに対し、こちらシバは医食同源をベースにおいたカレーの提供が行われており

カレーの品数こそシタールには及ばないものの、同系統の他店にはない、独創的なカレーが頂けるお店

といった区分で間違いないかな、と

 

そんなシバの特徴が垣間見えるのが、こちらのメニュー

ドライカレーにカレーを合わせてしまう、カレー好きなら興奮間違いない取り合わせ

しかもドライカレーには、ひじきを使用しているなど、これまたファンタスティックな組み合わせ

 

同ひじきカレーを始め、独創的かつ「シバでしか」味わえないカレーは多数あるのですが

この日の目的となるのは、そのお隣、右側のメニュー

 

シバ、冬の名物詞とも例えられる

「牡蠣の味噌カレー」に他なりません

 

冬を代表する2大貝類、牡蠣と帆立

更には、柿入り柚子味噌にココナッツミルクとオリーブオイルを加えたカレー

それらを熱々の鉄鍋にて提供されるとあっては、同情報を目にしただけでも一目惚れ

 

春夏秋冬と4つの季節が訪れる日本ではあるものの

冬の寒さだけはどうにも許せない私にとって、冬は出歩くことすら億劫な季節

 

がしかし、そんな私に向かい

冬の楽しみ方を教えてくれる様な付加価値をもたらす同カレーの存在感たるや

 

数あるメニューや、各種組み合わせで悩まされるシバではあるものの

この日ばかりは、他のメニューに目をくれること無く

「牡蠣の味噌カレー」一択以外、選択肢は見つかりません

 

ちなみにこの日は、カミさん&子供を連れての家族訪問

カミさんの方は、カレーは・・・なんかベジっぽいやつを

(話聞いてなかったので、何を頼んだのか分からずw)

 

更には、お勧めタパスの中から、

最近、地味にブームが来ているという

「アチャール4種の盛り合わせ」を発見し、こちらを頂くとのこと

 

そして子供の方は、

前回同様、こちらのキッズメニューから選択

 

先日の訪問時は、オーソドックスなチキンカレーをオーダーしましたが

今回は我が子ながら珍しくチャレンジ精神を発揮

インドカレーでは珍しい、ビーフのキッズカレーをそれぞれオーダーするものとなりました。

稲毛の名店、シバが誇る冬の代名詞 甘みと旨味の詰まった「牡蠣の味噌カレー」に大興奮!!

ランチでは幾度と訪問があるものの、ディナーでは初となる稲毛のシバ

私がランチで訪れるのは、開店直後の11時台となるので、そこまでお客さんで埋まっている姿は目にしないものの、この日は土曜日のディナー帯

しかも時間は18時台とあって、誰しもが晩ご飯を頂きたくなる時間

 

そんなゴールデンタイム間近での訪問ながら、ギリギリ入店に成功したものの

その後訪れるお客さんで、気付けば店内は満席

さすがは実力派の人気店らしい盛況ぶりで、店内には熱気が溢れかえっております

 

そんな中、一足先に配膳されてきたのが、

こちら、昨今カミさんのマイブームこと

「シバのアチャール4種盛り合わせ」となります

 

スパイシーかつ辛味に溢れるカチュンバーに始まり

カレー風味にクリーミーな甘みが特徴的なオニオンマサラ

更には、レモンで甘酸っぱさを感じさせる、人参とタマネギのアチャールら4種の盛り合わせ

 

これらをそのまま頂いたとして、ツマミにも箸休めにもなりそうですが

やはり私的には、カレーと共に頂き、味変を楽しむのが面白いのかな、といった品々

 

そんなアチャールらを摘まむ間に、今度は子供のオーダーした品が到着

こちらがキッズメニューのビーフプレートとなります

 

メインとなるのは牛肉ゴロゴロ入ったビーフカレー

付け合わせには、サグ&ダールのカレーと、キッズプレートながらの2種盛りカレー

しかも同プレートに限り、ご飯は1度までお替わりOKとのこと

 

誰に似たのか、カレーとラーメン、焼肉には、特に箸が進む我が子

(正確にはスプーンですが)

ご飯がお替わり出来ることを確認しつつ、2杯目を想定しながら、上手いことカレーの分量を配分

 

同ビーフカレーが気になり、私も一口頂いてみたのですが

初見の味わいこそ、薬膳らしいスパイスの苦みを感じさせますが、その後徐々に甘みへと変化

 

子供向けのカレーらしい味わい・・・とは言いがたいものの

最初の苦みを通り超えた先には、芳醇な香りと旨味が広がる、シバらしい滋味深さと旨味を兼ね備えたカレーに仕上がっています

 

 

キッズメニューですら、一切の妥協を感じないカレー

当然ながら、大人用のレギュラーメニューには否応なく期待が寄せられる所

 

そんな期待が高まる中、熱気を帯びながら私の前に配膳されたのがこちら

本日の晩ご飯となる、稲毛のシバ・冬の名物詞

ディナー限定「牡蠣の味噌カレー」になります

 

スキレットより深さのある鉄鍋に、たっぷり盛り付けられたカレー

見た目的には、他の品と差程の違いを感じさせないものの

・牡蠣

・帆立

・コリアンダー(パクチー)

と、同品らしい特徴も垣間見えてきます

 

更にズームで目を向けてみると、

鉄鍋の縁にいく程、クツクツと音を立てる熱々さ加減も伝わってきます

その熱気と共に流れてくる、画も言わぬ香り

確かに味噌を感じさせているものの、それと共にココナッツの香りも

 

ココナッツ&味噌、更には柚子に柿

一体どんなマリアージュを引き起こすのか、全く想像の付かないカレーとなりそうです

 

ちなみに、そんなカレーと共に頂くのは、

こちらのサフランライス

平皿に盛り付けられているものの、ボリュームはなかなか

 

それではまず、カレーの方から頂いてみましょう

一口目、ということで豪華に同封される帆立の貝柱と共にまず実食

 

・・・・・こりゃ、凄い。

 

まず訪れてくるのは、フルーティーな甘み

そこにココナッツ、更には味噌の風味を感じさせるも、その味わいは歴としたカレー

 

かといって、子供向けの甘口カレーでは無く、スパイス類の風味をしっかり感じさせつつ

それらをココナッツらがまろやかに仕上げているので、香りや風味を尖らせること無く、優しく包み上げています

 

その後に、じわじわと伝わってくるのが、帆立、そして牡蠣の旨味

単体ですら、存分すぎるコクと旨味をもたらす牡蠣ですが、そのエキスまるごとがカレーに充満

更には旨味満点の素材である帆立も加わるのだから、カレーの旨味はもはやシーパラダイス

 

いわゆるスパイスカレーらしい、苦みや辛味はほぼ感じさせず

子供でも頂ける程の、甘口仕立てなカレーにはなっているのですが

その甘さが嫌みにならず、素材の旨味と見事に調和

 

「カレーは辛くてこそ美味い」

という私の固定概念を、根元から崩した

甘口仕立てながらも、旨味が詰まりに詰まったカレーに仕上がっているのです

 

この甘みを支えているのが、ココナッツミルク

そして、もう一つの「カキ」こと、柿なのでしょうか?

 

口にしたことのない味わいだけに、なんとも言いがたいのですが、このバランス感覚は初めての味わい

味噌の風味と牡蠣の取り合わせこそ、想像の範疇にあったものの

そこに柚子や柿を加える独創的過ぎる発想は、唯一無二シバならではのカレーと言えそうです

 

甘口ながら旨味の詰まったカレーとして、ある種完成系を迎えている同品

ただ、後半へと進むにつれ、辛党である私的には辛味を加えたくなる所も

 

後掛けでも構いませんので、味変出来る辛味があれば、更なる面白みも加わる反面

敢えての終始甘みに溢れるカレーというのが、同品ならではの持ち味なのかも知れませんね

 

 

そんな感じに、一年越しでようやく頂くものとなった

稲毛のカレーレストラン、シバが誇る冬の代名詞、牡蠣の味噌カレー

 

冬場の牡蠣であればこそ感じさせる、濃厚でコクある旨味

これを軸にしながら、帆立と味噌の旨味が加わったフルーティーなカレー

独創過ぎる構成でありながらも、余所では絶対に味わえない、オンリーワンなカレーに打ち震えるものとなりました

 

なお、本日頂いた「牡蠣の味噌カレー」ですが

前述した通り、こちらの提供はディナー帯のみになるとのこと

 

加えて、冬季限定ともなりますので、

訪問の際にはシバのSNS等を確認の上、足を運ぶことをお勧めいたします。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

カレーレストラン シバ

■ かれーれすとらん しば

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区稲毛東3-19-15 mfビル 1F

■ 営業時間:11:30~15:30 / 17:00~21:30(土日・祝は11:00~)

■ 定休日:水曜日・不定休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。