スポンサードリンク

稲毛区NO1のアジアンレストラン、バグース 夏限定メニューを食べ比べ&ランチセットもリニューアル!

LINEで送る
Pocket

8月も後半に入ったものの、いっこうに収まる気配のない、連日の暑さ

こうも暑い日が続くと、どうしても食べたくなるのが辛い料理

 

・・なのですが、カレーでもラーメンでもない分野で辛いものが食べたくなったこの日のランチ

向かった先は、天台・・・というか穴川・・・というか

どちらのモノレール駅からも徒歩10分前後と、微妙な距離にあるこちらのお店

稲毛区役所の前を走る大通りを挟んだ、向かい側に位置するアジアンレストラン

「BAGOOS(バグース)」にて、久々にランチを頂こうと思います。

スポンサーリンク

千葉を代表するアジアン料理店、と呼んでも過言では無いバグース (BAGOOS) メニューに変更も

本ブログでも度々取り上げてきた、稲毛区役所のお向かいにある、アジアンレストラン「BAGOOS(バグース)」

稲毛区役所向かいの隠れ名店 アジアごはん BAGOOSのウマ辛アジアンなオムライス
先日の「ヒルナンデス」だったか「every」だったか... いずれにせよ、TV番組のグルメコーナーをザッピングしていた際に取り上げられたアジアン料理。 それがあまりにも
2017-11-02 08:30
ご飯だけじゃない! 穴川の人気アジアン料理店 BAGOOSは2大人気ヌードルも凄かった!
タイやベトナム、インドネシアを中心としたアジアン料理 と聞いて思い浮かぶ代表となるのは、カレーにナシゴレン、ガパオライスなどなど・・ いずれにしても、ご飯モノが思い浮かぶイ
2017-12-23 08:02

 

私の中では、現状稲毛区はおろか、千葉市でもNO1じゃなかろうか?というほど、香辛料やスパイスの使い方がドストライクなアジアンレストランなのですが、過去の記事でも紹介してきた通り、定番系から変わり種まで、多様なアジアン料理が頂けるお店といった一面も持ち合わせております。

 

そして、こちらのもう一つの特徴となるのが「攻めに攻めた辛さ」

同店で提供される料理には☆~☆☆☆まで、三段階の辛さ度合いが記されているのですが、この☆☆☆が持つ、アグレッシブな辛さが夏には最適と判断し、カミさんを誘いつつ久々の訪問となりました。

 

そんなわけで、体の中から涼しくなるべく向かった、バグースのランチ

広いお店ではあるものの、駐車場スペースは三台分と少なめであることから、同スペースを確保すべく、開店時刻となる11時ちょうどに訪問

さすがに先客はおらず、のんびりしたランチをスタートするものとなりました。

 

さて、私の記憶が確かなら、半年ぶり?となるバグースでのランチ

久しぶりの訪問という事で、メニューを見てみると、なにやら

・スペシャルランチセット(商品価格+200円)

・ファストランチセット(商品価格+100円)

なる2つのセットが提供されているとの事

 

以前までのランチでは、全品どれを注文しても

・本日の一品(日替わりで提供される、アジアン料理のお惣菜)

・スープ

・ソフトドリンク

以上3品が、全て食べ飲み放題となっていたのに対し、現在のランチでは上記の

「スペシャルランチセット」で注文した場合のみ、同食べ飲み放題が付いてくるとのことです

 

スペシャルランチセットを注文しなければ、各食べ飲み放題が付いてこない

ということは、総合的に見て値上げされるものになったのか・・・と思いきや、各メニューの価格は以前に比べて、一律200円引きに

 

要するに、以前と同じランチを頂くなら価格は据え置きながら、

・ドリンク一杯だけ飲みたい → 以前より100円引き

・ドリンクやスープは要らない → 以前より200円引き

となった様なので、総合的に見れば、値下げとなった価格改定のようです。

 

以前と変わらぬサービスが、同価格帯で提供されている事にホッと胸をなで下ろし、あらためてメニューに目を向けると

以前のメニューにはなかった「フォー」が、新たな商品としてラインナップされております

いや・・正確には、フォーではなく米麺と記されており、その内容も

・タイ風汁なし混ぜ米麺

・ココナッツカレースープ

であったりと、フォーの定義には収まりきらない、米麺を使用したメニューになる様です。

 

以前の記事で紹介したパスタメニュー、ご飯や麺メニューも然りですが、ここバグースのも1つの特徴は、

「洋食、中華料理へのアジアン調味料の融合」となるのです

 

どこでも食べられる・・・といえば言い過ぎですが、決して物珍しいメニューではないオムライス

その定番であるオムライスに対しても、アジアの様々な調味料を用いて「バグースオリジナル」な、アジアン風味溢れるひと品を作り出しまうのです

それも、ただ辛いといったシンプルなものでは無く、様々な風味やトッピングなどを取り合わせ、高い創作料理に仕上げていることが、ここバグースを「千葉NO1のアジアンレストラン」と、勝手ながら呼ばせて頂いている、大きな理由となります。

 

そんな新作メニューに目を向けつつ、もう一つ新しいメニューを発見

こちらは四半期毎に変更される「季節のメニュー」となるのですが、今のシーズンは

・インドネシア風汁無しまぜ麺

・自家製辛味噌豚丼の温玉のせ

の2品が提供中とのこと

 

どちらも魅力ある品な上に「期間限定」というキラーフレーズ付き

これはもう悩む間などなく、カミさんと2人で上記2品をそれぞれ注文する事となりました。

スポンサーリンク

バグース夏の限定メニュー、自家製辛味噌豚丼とインドネシア風汁無し混ぜ麺を食べ比べてみた

稲毛のバグース、夏の限定メニューとなる

・インドネシア風汁無しまぜ麺

・自家製辛味噌豚丼の温玉のせ

を、それぞれ「スペシャルランチセット」で注文した、本日のランチ。

 

同セットに付いていくる、食べ&飲み放題のお惣菜&スープですが、

この日は「アジアン風切り干し大根」が食べ放題メニューとして提供

スープの方は、毎度おなじみの・・・鶏出汁である以外に説明しがたい、謎のスープ(笑)

※謎なのは使用されている香辛料や、その色味であって、味は至って美味しいです

 

これらをそれぞれ、2杯ずつお替わりしながら待つこと10分

 

まずは一足先に

「自家製辛味噌豚丼の温玉のせ」が登場となりました

日頃、馴染みのある豚丼と言えば、帯広が名物とする大ぶりで焼き目の付いた豚肉が乗るスタイルですが、こちらの豚丼はあくまでアジアン風

小ぶりな豚肉が器の全面に敷き詰められており、玉ねぎと共に味噌?で味付けされている様です

 

早速頂いてみると・・・・

おぉ、これは・・・複雑(笑)

確かに味噌、ではあるものの、日本の味噌だけではなく、様々な国の味噌っぽい調味料が合わさった合わせ味噌

辛味や甘みもたっぷり出ており、なにより濃厚な味付けで、コクがハンパじゃありません

 

その強いコク故に、食べ続けると飽きそうなイメージもありますが、それを中和するべく盛られているのが、

・温泉卵

・水菜

が盛られており、これらを途中に挟んでいくことによって、まろやかに整えたり、口直しを与えている様です。

 

濃厚な味付けがクセになる豚丼から、遅れること2分程、

「インドネシア風汁無しまぜ麺」も次いで登場となりました

見た目的には、汁なし担々麺を彷彿させる、麺の上に肉味噌を載せたスタイルですが、

・刻んだキュウリ

・炒り卵

・水菜&パクチー

この辺りを盛り込んだあたりが、インドネシア風という事でしょうか?

 

しっかり混ぜ合わせて、早速頂いてみると・・・

ああ、確かにこれは、惑う事なきインドネシア(笑)

 

というのも、上記の肉味噌からまず感じるのが、濃厚で甘みあるピーナッツなのです

担々麺に使われる胡麻ペーストの代役とも言うべきピーナッツペーストなのですが、これが思いのほか甘い

しかも、ただ甘いだけではなく、先ほどの豚丼同様に強いコクを持っており、挽き肉や麺と絡むことで、まぜ麺らしい独特の旨味を創り出しています

 

そして、この肉味噌を、ただ「甘い」だけで終わらせないのが、かなり強い辛味を持ったチリペースト

加えて、アジアン各国の香辛料だと思うのですが、複雑な旨味や香り、味の奥行きを作り出しており、甘い一辺倒の混ぜ麺には終わらせない、バグースらしさを感じます。

時折挟む、キュウリの食感やみずみずしさ、炒り卵の素朴な甘み、パクチーの苦みも合わさり、言葉通りインドネシアを体感する一杯となりました。

 

満足いく2食を平らげ、お店を後にしようか・・・と思った所に、

まさかの、杏仁豆腐(自家製)が登場。

どうやら、新たな「スペシャルランチセット」には、スープ&お惣菜&ドリンクだけでなく、スイーツも一品付くようになった様です。

単品の価格が、これまでの値段より200円引きになった代わりに、セットが200円での追加となったものの、このセットにスイーツまで付くようになったのなら、実質的には無料でスイーツが付くようになったものでしょうか。

 

新たなセットメニューの登場や、新メニューの追加で、メニュー等に若干の変更はあったものの

結果、蓋を開ければ、以前よりも満足度が高い構成となった、久々のバグースでのランチとなりました。

ランチですら、十分な満足度が得られるお店ですが、ここはディナーのメニューも更に豊富

お酒の種類も多く、飲む目的で利用しても楽しめそうなお店だけに、今度はディナー帯でも伺いたいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

バグース (BAGOOS)

■ ばぐーす

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-4-4 リヴファームANAGAWA 1F

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:30

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。