スポンサードリンク

肉の万世 蘇我店にて、千葉市内でも有数のハヤシライスに遭遇!意外すぎる程ウマいハヤシライスとは!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

以前にも記事にしたのですが、昨年末にGROUPONで購入した、万世のお食事券。

(正しくは、お食事券を名乗った割引券)

肉の万世 千葉蘇我店 GROUPONお食事券を使い、お得に食べる方法
今年、1月のこと。 一昔前に「スカスカおせち」で一世を風靡した、GROUPONより【肉の万世 お食事券】のお知らせメールが来た。 同メールによると、肉の万世で使用できる
2017-04-11 09:54

 

このお食事券、もとい割引券の使用期限が5月末日に迫ってきたため、この日のランチは肉の万世 千葉蘇我店へ。

お食事券の有無にも関係無く、日常的に出入りしていたこの店。

が、しかし

日頃より慣れ親しんでいた、ここ万世でのランチにて、全く予想だにしない、奇跡の様な出会いが訪れるとは夢にも思わなんだ…

スポンサーリンク

幾度と目にして来た軽食ページ、奇跡のハヤシライスはそこへ確かに存在していた

この日はGW後半の土曜日。

子供向けメニューの豊富な万世のランチには、多数の家族連れが来訪。

また連休中とあって、通常のランチメニューもお休みとなっており、グランドメニューからオーダーを選択することに。

※ 連休中でランチメニューがお休みだったことも、これから起きる奇跡へのフラグだったのです

 

万世と言えば一般的には

・ハンバーグ

・ステーキ

・ロブスター

の3品が人気上位を占める定番メニューとされている、かと思います。

 

確かにここのハンバーグに掛かっているデミソースは美味く、このソースを目的としてハンバーグを頼むこともしばしば。

が、私にとって、万世のNO1メニューは上記したどれでもない。

 

平日のランチメニューでは存在感を発揮するものの、グランドメニュー内ではひっそりと姿を隠している、

上記の、「軽食」と称されるワンコーナーのみに記載のある

「パーコーカレー(お勧めはダブル)」

こそが、私の万世NO1メニューとなります。

 

普段のランチなら、迷うこと無くこの「パーコーカレー」を注文するところ。

※ 万世のランチでは、11:45までに注文すると目玉焼きが無料トッピング可能となり、これをカレーにのせるのが最早鉄板!

 

がしかし、前述した通り、この日はGWの土曜日とあって、通常のランチメニューはお休み中。

お得なランチが無いのであればこそ、普段は目を向けず、食べる事の無かったメニューを注文してみるのも面白そうだ。

ということで、第一候補に挙げたのが、同軽食の中でも一際存在感を発揮していた「パコリタン」。

 

私の中では十中八九、パコリタンの注文で決まっていた胸の内。

ブザーを鳴らして店員さんを呼び、再度メニューに目を向けながら注文をしようとしたところ、フッと視界に入ってきた…

 

そう、ハヤシライスの存在。

 

一見すると、カレーと見間違う様な色合いながら、この写真にはナポリタンの存在も確認出来る。

万が一、ナポリタンが大したことなかった際、ハヤシライスもセットになっているのなら、テンションダウンは避けられそうだ。

 

そんなフシダラな思惑を抱え、ギリギリのギリギリにオーダーを「ハヤシライス&ナポリタン」へ変更。

この刹那の瞬間に訪れた気の迷いが、奇跡の出会いを呼び起こす、第二のフラグとなったのです。

※ ただ、パコリタンの組み合わせを諦めることが出来ず、追加でパーコーも注文してみた

スポンサーリンク

肉の万世、数ある人気メニューを差し置き、NO1の座に輝いたのはハヤシライス!!

幼少期よりカレーを愛し、これまで数百店舗でカレーを食してきたものの、その反動もあってか日頃、なかなか口にすることの無いハヤシライス。

その原因となるのは、幼少期にまで遡った思い出になるのでは無かろうか….

 

と、自身とハヤシライスとの歴史を振り返ってみたものの、記憶の中に

「美味い!!」

と感じたハヤシライスは、存在せず。

というよりも、そもそもハヤシライスを提供しているお店自体、インターネットをいくら駆使しようと見つからない程、その存在感はヒッソリとしたものである。

 

そんな過去の経験もあってか、私の中にはハヤシライスへの期待値など、ほぼ皆無に近い状態。

然したる期待も寄せず、なんとなくその場の空気で注文してみた品がついに到着。

カレーの様に、「パーコー」をトッピングすることが出来なかったため、サイドメニューのネギ塩パーコーを追加注文した、「ハヤシライス&ナポリタン」となります。

なんら期待を寄せず、ルーをスプーンにすくい、口の中へ…

 

「・・・なんだ・・・これは!?」

 

スプーンにすくった、わずか一口のハヤシライス。

にも関わらず、そこから湧き出る肉の旨味、ワインの風味、甘さとほろ苦さを併せ持ったコク。

 

5味全てのバロメーターを最高水準に高め合った、「洋食屋の意地」とも言うべき、旨さの極地にあるハヤシライスが、まさかの万世に存在した、だと!?

しかも具材には、これまたタップリの牛肉が投入。

この牛肉がまた、程良い食感を残しつつゴロゴロしており、ルーには無い「肉の質感」を加えてくるではないか!!

 

ナポリタンが微妙だった差異の、万が一の保険に、なんてとんでもない!!

このハヤシライスこそが主役であり、その他大勢はエキストラに過ぎないほど。

 

また、即席パコリタンを楽しみたく注文したパーコー。

これを試しに、ハヤシライスへトッピングしてみると…

 

はい、奇跡再来!

デミソースと豚カツの相性が最高なのだから、この組み合わせだって合わない訳が無い。

なんだこのハヤシライスは、【奇跡の量産機】と疑うばかりの美味さを誇っているじゃないか。

 

考えてみれば、ここ万世には元来、美味いデミソースが存在している。

そこに加え、前述した通りここのカレーもかなりの高水準を誇る、洋食屋さんらしいカレーなのだ。

 

美味いカレーとデミソースがある洋食店。

そこが提供する「ハヤシライス」なのだから、美味くない訳が無い。

この方程式を導き出すまでに、一体私は何年かかっていたというのだ…

 

上記方程式と同様に導き出される解の1つに「ビーフシチュー」も存在するだろう。

カレーとデミソースの美味い店なら、当然ビーフシチューも想像するに難くない。

 

だが、忘れていけないのが、ご飯との相性なのだ。

確かにビーフシチューが美味いことも予想付くが、アイツはどこまで行ってもパンの友達であって、ご飯の友では無い。

 

対し、ハヤシライスはその名の通り

「ライス」を食べるためのルーなのだから、ご飯との相性はビーフシチューと比べるまでも無い。

 

いずれにせよ、これまでの人生で、最高峰と呼ぶにふさわしいハヤシライス。

その奇跡の様な出会いが、まさかの「肉の万世」にて起こりえたこと。

 

そして、同店に於いてハヤシライスの存在は「軽食」としてしか記されておらず、この存在に気付いていない方が多数いることも予想出来ます。

そんな万世を愛する方々へ、このブログを通じ

「万世のハヤシライス、ハンパないぞ!!」

 

と、伝えていくと共に、カレーやナポリタンにはトッピングされるものの、ハヤシライスには無い、パーコートッピング。

この夢の様な組み合わせを実現しやすくする様、万世のお偉方に

「ハヤシライスにも、パーコートッピングを!!」

と伝えるべく、記事にさせて頂きました。

 

万に一つ、億に一つでも、万世のメニュー開発担当者さんがこの記事を読まれましたら、是非ともハヤシライスへのパーコートッピングを前向きにご検討下さい☆

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

肉の万世 千葉蘇我店

■にくのまんせい ちばそがてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区末広5-3-1

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。