スポンサーリンク

千葉駅から徒歩5分 C-one内の肉料理専門店、ステーキハウス鉄板牧場 入店から提供まで僅か5分の超速ランチ、カットステーキ&ハンバーグセットを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

春の訪れと共に、我が家でも始まったカミさんのダイエット

この日もまた、その恒例イベントに付き合うものとなり、低糖質なランチへ向かうことに

 

つい先日は、いきなり!ステーキを久々訪れたものの

この日は、ランチ後に千葉駅界隈で買い物の目的もあった事から、

京成千葉駅と千葉中央を結ぶショッピングセンターこと、C-ONEへ

 

ここで頂ける低糖質でダイエット向きなランチと言えば、そう

ステーキハウス鉄板牧場となります

 

同地にオープンから20年近く

今でこそ市内の随所でリーズナブルなステーキが頂けるものの

かつて、ランチからお手軽にステーキを食べられるお店と言えば、ここ鉄板牧場くらいでした

 

その昔は頻繁に足を運んでいた同店ですが

前述した通り、今となればステーキ&ハンバーグのお店も多数となり、だいぶご無沙汰

 

当然、本ブログでも記事にすること無くいたお店ですが

カミさんのダイエットに付き合うがてら、10数年ぶりにランチ訪問するものとなったのです。

京成千葉、千葉中央から徒歩5分 C-one内の肉料理専門店、ステーキハウス鉄板牧場 千葉店へ

そんな訳で、早くも今週2回目となるステーキランチ

向かった先は、C-ONE内に長らくお店を構える、肉料理の専門店

「ステーキハウス鉄板牧場 千葉店」となります

 

この日、お店に着いた時刻は11時を少しばかり過ぎた所

まだお昼を頂くには早い時間ですが、すでに店内には4~5組のお客さんの姿が

 

ペリエやそごう同様、ここC-ONEも営業を時短し11時開店か

と思いきや、飲食店については従来通りの11時オープンも、その他店舗は通常通り10時開店になるとのこと

そんな兼ね合いもあってか、すでに店内にもお客さんの姿がチラホラしていたようで

 

さて、同店のメニューについてですが

こちらは入店時に券売機にて購入するシステムのお店

 

その為、飲食メニューについても全て、店外に掲載されるものとなり、

上記の通り、ランチ帯ではカットステーキ760円(100g)から始まり

もっとも高額なサーロインステーキでも、1200円(140g)というリーズナブルなお値段で頂く事が可能

 

また、提供されているのはステーキだけで無く、ハンバーグも

更には、チキンもあったりと、グリル系肉料理が多数並ぶお店となります

 

提供されるメインのバリエーションこそ限られるものの、

チーズやネギ塩、和風ソースなどといったテイストの変化に加えて

ハンバーグ、ステーキ共に、サイズや量をカスタマイズ出来るのも同店の特徴

 

なお、ステーキに関しては、

・カットステーキ

・牧場ステーキ

・サーロインステーキ

・リブロースステーキ

と、値段の異なる4種のグレードが設けられているのですが

それぞれが、どう何が違うのかといった記載は無い為

気になる品同士を同時に注文し、食べ比べる以外では、その差異が分からないといった側面も(笑)

 

まあ、一番高いリブロースともなれば、180gで2000円超え

ここ鉄板牧場で、敢えて頼む品かと言えば・・・でしょうか

 

リーズナブルにお肉が味わえる事が特徴のお店ですので

ここはその安さにあやかるべく、1110円で頂けるカットステーキ(100g)&ハンバーグ(140g)セットの食券を購入

 

ついでに、目玉焼きくらいトッピングして見せよう

と、追加で110円を投入し、目玉焼きを押そうとした所

・・・まさかの、売り切れ

 

他の商品ならともかく、目玉焼きが売り切れってw

無念な思いをかみ殺しながら、キャンセルしようと思うも、一度入れた110円を取り返すのも面倒で

結果、なんら思い入れも無いものの、お釣りを取るのが面倒といった理由で、ネギ塩ダレを追加することに

 

なお、同店ではご飯&スープがお替わり自由となっており、

こちらのエリアからセルフサービスにて、頂く事が可能となっております

 

食券を手渡した所で、

席に腰掛け、スープを頂きながら一息

ステーキ&ハンバーグの焼き上がりを、しばし待つものとなります。

忙しいランチ帯でも注文から5分で提供されるスピードが自慢!カットステーキ&ハンバーグセットを食べてみた

スープを飲み、一息つこう・・・

とするも束の間、私の後方から肉の焼けた音、そして香りが到来

 

入店から5分も経たず、早々に提供されるものとなった本日のランチがこちら

ステーキハウス鉄板牧場 千葉店にて頂く

「カットステーキ&ハンバーグランチ」となります

 

先日、足を運んだばかりとなるいきなり!ステーキでは

注文から、提供までにかかった所要時間は、約25分

 

対するここ、ステーキハウス鉄板牧場では

注文から5分も待たず、ステーキ&ハンバーグがこうして、テーブルの前に到着

値段もさることながら、この異常なまでの早さこそ、鉄板牧場の持つ大きな特徴となります

 

約15年ぶりに頂く、鉄板牧場のステーキ&ハンバーグですが、

なんというか、全体的に平べったい(笑)

恐らくですが、このステーキ&ハンバーグの薄さこそが、注文から5分で提供するハイスピードを生み出す理由かと

 

ハンバーグこそ、中まで火が入っている様に思われますが

ステーキに関して言えば、しっかり焼き上がっているのは片面のみ

もう一面については、あきらかに生らしい赤みを帯びてますが、この薄さであればこそ、提供する鉄板でも十分な火入れがおこなえてしまうのです

 

ただ、ハンバーグと合い盛りするには、いささか狭すぎる鉄板サイズ

鉄板に直置きされているステーキについては、同余熱で火入れが行えているものの

ステーキの半分ほどは、鉄板に乗り切れず、ハンバーグの上に覆い被さる形に(笑)

 

いくら焼きたて熱々ハンバーグとは言え

ステーキにまで火入れ出来るほどの熱は帯びておらず

鉄板上のステーキとポジションを入れ替えながら、火入れするしかありませんね

 

さて、そんなステーキ&ハンバーグの食べ方ですが、

こちら、卓上に置かれたソースを好みで使い分け、頂くものとなります

 

ステーキにはステーキソース

ハンバーグにはオリジナルソース、といったお勧め風コメントがあるものの

 

個人的には、どちらにも属していない「オニオンソース」

もしくはタバスコデザインの瓶入りとなる「スパイシー醤油」が気になる所ですね

 

それではまず、ステーキの方から頂いてみることに

まずはお肉自体の味わいを観察すべく、

提供時の状態で、火入れも反面状態となるステーキを

何も付けず、そのままで頂いてみようと思います

 

という訳で一口運んでみるものの・・・

うん、、、しっかり焼いた方が、きっと良いね

 

レアにはレアなりの美味しさがある事を期待したものの

その期待がいかに甘っちょろいものだったのかを確認

以降は、鉄板の余熱でしっかり火入れした上で、スパイシー醤油にて頂きましょう

 

続いてハンバーグの方はというと、

こちらも、ステーキ同様にお肉は薄め

ですが、中までしっかり火入れされており、焼き加減はなかなか

 

こちらもまた、まずは何も付けずに一口

下味は控えめで、肉自体の味わいも控えめ

まあお値段もお値段なので、これまたある意味想定内

 

そんな味わい淡泊なハンバーグに豊かなカラーを添えてくれるのが、

こちらのネギ塩になるはず

 

目玉焼きを諦めた代役ながら、このネギ塩が良い働きを見せてくれ、

素材の味わい弱めなハンバーグに、ネギとごま油ベースの塩だれが、良い具合に絡み合ってくれます

 

このネギ塩なら、ハンバーグと言わずステーキにも合いそうかな、ということで

 

ステーキにもトッピングし頂いてみると

うん、下手なソースよりよっぽど合うな

 

そんな具合に、味わいの変化で試行錯誤しつつ、ステーキ&ハンバーグを完食するものとなりました

 

 

という訳で、カミさんのダイエットイベントに帯同し、10数年ぶりに足を運んだ、ステーキハウス鉄板牧場

 

同店がオープンした頃は、

「1000円程度でステーキが食べられる!?」

と、興奮しながら足を運んでいたものでした

 

が、あれから十数年

いきなり!ステーキを始め、リーズナブルにステーキ&ハンバーグを提供するお店が増え

且つそのお値段で?と、価格以上のお得感を見せるお店が増えている中

 

ここ、ステーキハウス鉄板牧場は良くも悪くも

昔からの味わい、体制を今もブレること無く継続

 

それであってお客さんも入っているのですから

これはこれで、成立しているお店の形と言えるのかと

 

加えてここ、京成千葉~千葉中央間には

「これぞ!」という肉料理がランチで気軽に味わえるお店が

少ないことも、同体制を維持している要因なのかも知れませんね

 

千葉駅界隈で「これぞ!」と呼べる肉料理が味わえ

自信を持ってお勧め出来るお店を、もっと発掘しなければならないなぁ。。。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ステーキハウス鉄板牧場 千葉店

■ すてーきはうす てっぱんぼくじょう

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-24-1 C-ONE内

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:C-one定休日に同じ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。