スポンサーリンク

京成千葉駅から徒歩5分、味のレストランえびすやで頂く「エビとあさりの濃厚焼きリゾット」 同店名物、にんにくスープはもちろん必食!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

朝から仕事が立て込んでいた関係で、晩ご飯の支度が出来ず

「今日の晩ご飯、外食でもいい?」とカミさんからの提案が

 

私としては願ってもないチャンスなので、二つ返事でOKに

ただ問題となるのが、お店選び

 

私の中で、夜の外食=お酒あり

なのですが、この日は平日

 

私は何時から飲もうと問題ないものの

翌日に学校を控えている子供がいる以上、あまり長居は出来ず

 

となればお酒抜きでの店選びとなるのですが、

この条件一つが加わるだけで、晩ご飯の店探しが一気に難航

 

私一人の晩ご飯なら、ラーメンでも蕎麦でも、パスタでもピザでも候補は見つかるものの

小麦を食べないカミさんもいる以上、晩ご飯候補は絞り込まれるばかり…

 

熟考に熟考を重ねた末、ようやく辿り着いた晩ご飯候補となるのが、

こちら、京成千葉駅から徒歩5分となる

味のレストラン えびすや(登戸店)となります

 

という訳で本日の晩ご飯は、こちらのえびすやにて頂くものとなりました。

京成千葉駅から徒歩5分、登戸一丁目のえびすやで久々、レストランらしい晩ご飯を

本ブログでも幾度と取り上げている、こちらのえびすや

 

私の実家からほど近いこともあり、

・味のレストラン えびすや(登戸店)

・ビストロえびすや(新千葉店)

共に、幼少期から幾度と足を運んできたお店でして

 

同幸町店が「孤独のグルメ」に出演した際には大騒ぎとなり、全店共に大賑わいを見せたものの、あれも気付けば1年半前の話

こちらの登戸店はもちろんのこと、幸町店の方も現在では、以前の様な行列が出来ること無く、ランチ・ディナー共に落ち着いた中で食事が頂けるとのことです

 

ランチでは頻繁にお邪魔している、こちらのえびすやですが、ディナーでの訪問は地味に数年ぶり

というのも、カジュアルなレストランとは言え、

こちらの様なコース料理を設けている手前

ディナー帯にやかましい子供を連れて訪れるには、いささか気後れするものとなりまして…

 

そんな子供も年を追うごとに成長し、

「黙れ!」と言えば、渋々ながら黙る程にはスキルアップ

 

と言う訳で本日は、何度「黙れ」を口にするかを覚悟しつつ、晩ご飯を頂いてみようと思います

それではまず、ディナー帯のメニューの方からですが、

まずこちらは、前菜、サラダ、ピザ、魚料理といった内訳に

 

名前を読み上げるだけでも、お酒が進みそうな前菜が数多く並んでおり、

・手作りうずまきソーセージのグリル

・牡蠣のコキュールグラタン

・大山鶏のチリソース煮

このあたりを注文してしまえば、それだけで2時間は飲めてしまうはず

 

が、しかし、今日はアルコール抜きの晩ご飯

おつまみとなる前菜は諦め、一皿でお腹を満たせるオカズないし、ご飯ものを選ぶべく次のページへ

続いてのページは、肉料理を中心としたメニュー構成に

 

ランチでもお馴染み、ハンバーグステーキを筆頭に

・ハーブ三元豚のヒレカツ

・ 〃 生姜焼き

・大山鶏もも肉のカツレツ

・ 〃 ソテー~マレンゴ風~

・サーロインステーキ

・ヒレ肉ステーキ

などなど、馴染み深い町の洋食屋さんらしくさがありつつも、

どことなく、ただ者では無い香りを放つ、そんな肉料理が満載

 

これらに加えご飯ものには、私も大好きな、えびすやのトロトロオムライス

更には、以前からランチメニューでも目にしたものの、今ひとつ踏ん切りが付かずオーダーには至らなかった

・特製シーフードおじや

・スペイン風おじや

なども、ランチ同様にメニューに名を連ねております

 

また、これらに加えて本日のオススメメニューも黒板メニューとして掲載

※ そちらは、他のお客さんとの兼ね合いで撮影が出来ませんでした

 

といったラインナップが主だったえびすやのディナーメニュー

魚に肉に、ご飯ものにと、私の鼻孔をくすぐるメニューは多数

この中から、どれか一品に絞り込め、というのも酷な話

 

ですが、せっかく久々のディナー訪問ともなれば、ランチでは頂けない品を食べてみたい所

加えて、本日のお勧めにも予想が付かない商品を見つけたことから

私は、本日の~より「エビとあさりの濃厚焼きリゾット」を頂いてみることに

 

この日同伴したカミさんは、スペイン風おじやを

そして子供には、まだまだ早い!とは思いつつも、トロトロオムライスを注文しつつ、

・特製えびすやサラダ

・特製にんにくスープ

これらも合わせて注文するものとなりました。

 

なお、夜のドリンクメニューですが、

本日のお勧め、としてクラフトビールの提供が行われておりました

 

また、上記メニューにからも察する通り、

お酒の主役となっているのは、当然ながらワイン

ただ、そちらだけに留まらず、焼酎(芋、麦など多数)やハイボールなどもメニューに掲載

コースとは言わずも、前菜を中心にしたアラカルトのみでも、十分お酒を堪能することが出来るお店でもあります。

千葉NO1洋食店の名にふさわしい、あさりとエビの濃厚焼きリゾット 更にスペイン風おじやも頂いたものの…

そんな感じで、久々食事「のみ」の晩ご飯を頂くものとなった、味のレストラン えびすや

 

この日は平日、しかも開店直後の18時にお店を訪れたこともあってか、先客はまだ1組のみ

仲の良さそうなご夫婦が、ワイン片手にコースを楽しんでおりましたが

我が家でも、さっさと子供が成長すれば、あんな時間が訪れるものなのか・・・

 

うーん・・・

とりあえず、ワインの違いを楽しめる様になる所から始めなければ

そしていつかは、グランメゾン東京・・・いや、GAKUも捨てがたいよなあ

 

そんなどうでもいい将来の展望を浮かべている間に、

まずは千葉市民なら当然お馴染み

えびすやが誇る、大定番料理「特製にんにくスープ」のお出ましとなりました

 

千葉市内にあるいくつかの洋食店でも、目にすることが出来る、こちらの特製にんにくスープ

その本流となるのが、こちらの「えびすや」(正確には、千葉駅前のお店)だと思っていたのですが・・・

 

一説によると、登戸一丁目にある老舗居酒屋

「スタミナ呑」にもにんにくスープが存在し、そちらのマスター曰く

『恵比寿にあるスペイン料理店で、二人して習ってきた』との話も

 

まあ、この手の話題に付きものとなる

「諸説あります」のパターンとも言えなくはないのですが

私としては、今目の前にある品が美味けりゃ、それで万事OK

 

とろっとろになるまで、スープに溶け込んだ、

こちらのにんにく達

特有の香りこそ感じさせないものの、スープ全面に行き届く旨味は格別

 

優しい味わいで、体を芯から温めつつも

中に入った具材のにんにく、パンが、オカズの様にスープを吸い上げ満足度をアップ

 

更には、スープ中央に落とされた卵にも複数の楽しみ方があり、

提供された熱々のうちにスープをかければ、玉子を固めに育てることも可能

 

逆に、提供と同時に玉子を溶いてしまえば、かき玉状にも出来るのですが

私が好きなタイミングとなるのが、

半分程を飲み進めた後に玉子を溶き、崩す半熟スタイル

これによってスープ全体に黄身の甘みが広がり、且つ白身は固い状態を楽しむことが可能

 

玉子の活用方法次第では、

千差万別、人それぞれの「にんにくスープ」が味わえる、これもまた名品故の楽しみ方となります

 

そんなスープと共に頂くべく、提供されてきたのが、

こちら、特製えびすやサラダとなります

 

食べやすい様にと、ほぼ同サイズでカットされたキュウリにサラミ

更には細かくカットしたトマトにレタス、そして揚げた餃子の皮にチーズもトッピング

家族三人で頂くには、十分すぎるボリュームのサラダとなっております

 

サラミとチーズの塩味で、程良く味付けされている同サラダですが

やはり決め手となっているのは、揚げた餃子の皮

 

こちらも、サラミやチーズらと同じサイズにカットされており、

程良い塩胡椒による味付けもなされ、ポテトフライの様な味わいと食感を楽しめます

また、サラダだというのに、この細かな飾り包丁

キュウリ一つに至るまで、手間暇を掛けていることが如実に伝わる、これまた「特製」を名乗るに相応しい逸品じゃないでしょうか

 

続いて提供されたのが、子供のオーダーしたこちらの品、

ランチでもお馴染み、えびすやの名物

「トロトロオムライス」になります

 

以前、本ブログで書き連ねた

千葉市内で食べておきたい、お勧めオムライスにもエントリーする同品

 

言わずもがなの美味しさであるのは間違いないのですが、

ウチの子供は、この日がえびすやのオムライスデビュー

 

子供が食べるには流石に多いかな・・・と思いきや、一人で3/4をペロリ

危うく一人前をまるまる食べ干す所でしたが、事前に食べたサラダが効いた様で、最後は断念

余裕で大人サイズのオムライスを、子供一人で完食させてしまう程の、魔性的な魅力に満ちたひと品となります

※ 残った分は、私が美味しく頂きました

 

さて、私のオーダーはと言うと

こちらが、エビとあさりの濃厚焼きリゾットとなります

 

なります・・・の時点で、すでにあさりを殻から外し

更には、スプーンですくい上げた写真

 

そうなんです、またしても私のスマホが不調に陥り

到着時点で撮影した「はず」の写真が保存されておらず

結果、いきなり食べ始める所からの写真になってしまう無念さ

 

しかし、料理の味わいに写真が与える影響は無し

エビとあさりのリゾット、までは理解出来たものの

「焼き」の部分が、どんな効果を発揮するのか??

 

ここに疑問を抱き、オーダーした同品ですが、その見た目はリゾットと言うよりもパエリア

しかし、しっとりとスープを吸い上げつつも、僅かに芯を残したご飯の姿は、紛れもないリゾット

それでいながら、パエリア同様に、焼き目やお焦げも味わえてしまう、両者のいいとこ取りをしたひと品となっております

 

トマトベースのスープ、そこに溶け込んだあさりとエビの芳醇な香りと旨味

これらを併せ持つご飯ですから、美味しくならない訳がない

そこに鉄鍋による焼き目や焦げ目といった香ばしさも加わり、1皿で複数料理を味わうかの様な深みを兼ね備えています

 

しかも、大量のあさりに加えて、

えびは、殻付きのままで、三尾をトッピング

これでお値段は1300円となるのですから、そのリーズナブルさに至るまで脱帽レベル

 

海鮮とトマト、リゾットとパエリア

地中海を股に掛ける様々な料理、味わいが一皿に集約された様な焼きリゾット

これがレギュラーメニューではなく、本日のお勧めであることが悔やまれる程、

「さすがえびすや!」と声を挙げたくなるひと品を堪能するものとなりました

 

なお、この日カミさんがオーダーした

「スペイン風おじや(辛いおじや)」ですが・・・

残念ながら、こちらも写真が保存されないという結果に

 

画像は無いものの、その味わいを補足しますと

見た目的には、そこまで辛さを感じないながら、器全域にカイエンペッパーがトッピング

結果、香りからは十分な辛さが伝わっており、その風合い通りジワジワと染み渡る辛さを宿しています

 

具材には、ベーコンやマッシュルーム、コーンらがトッピング

各素材の旨味もしっかり出てはいるものの、想像以上にマッシュルームの割合が多く、私的にはちょっと断念する品に

とは言え、その品ある辛味はなかなか面白い品となっておりますので、辛いものに抵抗ない方には、是非お勧めしたいひと品となりました

※ スペイン風おじやは、ランチでもオーダー可能となっております

 

 

といった感じで、家族総出で晩ご飯を頂くものとなった、登戸一丁目のえびすや

名物のにんにくスープに始まり、特製えびすやサラダ、

オムライス、エビとあさりの濃厚焼きリゾット、スペイン風おじや

 

と、炭水化物ばかりが集まるものとなりましたが

三者三様、全く異なる味わいながら、どれも甲乙付けがたいレベルの高い品ばかり

千葉を代表する洋食店の名に嘘偽り無い、手間暇とセンス・スキルの高さを存分に堪能させて頂きました

 

が、ランチはともかく

ディナーでしか味わう事が出来ない料理は、まだまだ多数

お酒と共に頂きたいアラカルトまで含めれば、その数は膨大な程に

 

1度や2度の晩ご飯訪問では、明かすことの出来ないえびすやの奥深さ

ようやく子供を連れて行ける年齢にもなりましたので、今後は一層、ペースを上げて足を運んでみようと思います。

※ なお、この日発した「黙れ!」は合計5回でした

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

味のレストラン えびすや(登戸店)

■ あじのれすとらん えびすや

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-3

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~22:30(祝日は18:00~22:00)

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。