スポンサードリンク

都賀の人気店、土佐屋がたこ焼き? 限定のチャーシュー丼も食べてみた

LINEで送る
Pocket

JR都賀駅から高品交差点方面に向かう大通り。

(ヤマダ電機 高品店がある通りですね)

同通りを歩いていると、つい呼び寄せられる【肉の焼ける香り】を漂わせることで、千葉市民にお馴染みのお店となるのが「土佐屋」。

 

お持ち帰り&店内でイートインできるステーキ丼が人気の土佐屋ですが、先日お店の前を通ると

「たこ焼き」のノボリを発見・・・(汗)

 

夏も終わり、季節は秋に色づいてきたものというのに、何故今になってたこ焼きなのか?

いずれにせよ、「前世は粉モノ」を自称する程に粉モノを愛する身として、このノボリは見逃すことが出来ません。

 

という訳で、この日は久々の土佐屋で、晩ご飯を頂きつつ、新商品のたこ焼きもチェックしてみることに。

スポンサーリンク

リーズナブルなのに絶品なステーキ丼でお馴染みの土佐屋 新メニューはまさかのたこ焼き?

お持ち帰りの弁当については、頻繁に購入するものの、店内での食事は久々となる土佐屋。

この日の訪問時刻は19時を過ぎたあたりでしたが、店内の先客は2組。

連休最終日と言うこともあってか、外食に出掛ける人も少ないのかも知れませんね。

 

という訳で、久々の土佐屋ですが、やっぱりメインとなるのはステーキ丼。

以前と比べると、少し価格帯に変更があった・・かな。

まあ、こちらのステーキなら多少の値段変更があったとしても、客入りには差程の影響も無さそうに思います。

 

当然ながら、私の意識はステーキにほぼ傾いていたのですが・・・

ここでまさかの、限定メニューを発見!

【限定】をわざわざ、赤い■で囲む程の限定ぶりを見せているのは、まさかのチャーシュー丼。

そういえばここ、土佐屋には黒豚丼などもあるので、チャーシューに手を広げるのも分らなくはありません。

 

ステーキ丼を頂くべく、入店までに決意を定めていたものの、ここで判断が鈍る…

結果、「限定」というキラーワードに心を奪われ、チャーシュー丼を注文するものとなりました。

スポンサーリンク

限定メニューのチャーシュー丼と、話題騒然?なたこ焼きを食べてみた

チャーシュー丼と同時に、本日の目玉である「たこ焼き」も合わせてオーダーした所、すでに鉄板を落としてしまったのでしょうか。

たこ焼きの仕上がりまでには、15~20分の時間を要するとのこと。

まあ、チャーシュー丼を頂いた上でのスイーツ代わりと思えば、15~20分位、待てない時間じゃありません。

 

そんなわけで、チャーシュー丼に合わせてたこ焼きをオーダー。

加えて、昨今の野菜不足を懸念し、チャンスあらばビタミンを摂取すべく、サラダもオーダー。

想像していたよりも、遥かにボリューミーなサラダが登場。

タップリのトマトと、リンゴがアクセントになっているサラダですね。

それ以外は・・・まあ普通にサラダでした。

 

ちびちびサラダを頂きながら、焼き上がりを待つこと10分。

限定メニューと称される、チャーシュー丼が到着となりました。

ステーキ丼の通常サイズと同価格となる、こちらのチャーシュー丼。

さすがにステーキとは差別化が図られているらしく、お肉のボリュームはステーキ丼(並)の2倍近く盛られています。

 

とはいえ、大切なのはボリューム以上に肉質と味付け。

早速、チャーシューから頂いてみます。

 

見かけよりも薄めで味付けられたチャーシュー、そこに炭の香りが程良く漂います。

肉質は柔らかく仕上がっており、また脂もジューシー。

ご飯との相性についても、申し分ありません。

 

ただ、私の中で定義される「チャーシュー丼」の多くは、ラーメン店のサイドメニュー。

サイドメニューとなると、ご飯の量もお茶碗一杯程度の小ぶりなサイズが中心となります。

 

お茶碗一杯に適した量のチャーシューであれば、同一の味付けであっても、最後まで美味しく頂けるのですが…

この量のご飯&チャーシューを、終始同じ味付けのまま頂くとなると、さすがに甘さが強く、ちょっと飽きが来てしまいますね。

前半と後半で、味付けを変更出来る調味料などがあれば、最後まで楽しめるチャーシュー丼になりそうです。

 

そんな感じにチャーシュー丼を平らげたあたりで、ようやくたこ焼きが登場。

6個で480円ですので、たこ焼き業界としては比較的、攻めた価格帯になりますね。

とはいえ、ここはステーキ丼の名店、土佐屋。

オフェンシブな価格帯であっても、それに見合ったたこ焼きであることに期待を寄せます…

 

が、これはさすがに・・・無念としか言いようがありません。

 

たこ焼きと称する割に、具の大半を占めているのはこんにゃく。

僅かながらタコが確認出来たものの、足の切れ端が数ミリ程度。

(中にはタコを見分けられない程のものも)

 

出汁と粉、ソースに関しては申し分なく美味しく仕上がっています。

が、いかんせん「たこ焼き」でありながら、その主役を「こんにゃく」に受け渡してしまわれては、さすがに慰めの言葉が浮かびません。

 

幸い私は、チャーシュー丼の〆スイーツとしてたこ焼きを注文していたので納得出来ますが、もしたこ焼きのみを目当てに訪問していて、待った挙げ句これが提供されたとなれば・・・恐らくその晩は、枕を涙で濡らすことでしょう。

 

ステーキ丼やチャーシュー丼など、炭火を扱うメニューはさすがなれど、そこから一歩外れると…

結局、餅は餅屋じゃありませんが、土佐屋は土佐屋らしく、炭火で焼かれた滴る肉汁を頂くのが一番、と気付かされる結果になりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

土佐屋

■とさや

■ 住所:千葉県千葉市若葉区貝塚町1106-19

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:00~20:30

■ 定休日:月曜日

 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。