スポンサードリンク

津田沼パルコ カレーうどんせんきち チェーン店の本気が見える、早くて安ウマなカレーうどん

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

この日のランチは、千葉から気持ち離れて津田沼へ。

 

千葉から電車で15分ながら、なかなか足を運ばないJR津田沼駅。

せっかく足を伸ばしたのなら、一軒と言わず2軒くらいランチをハシゴしてみよう

 

という事で、気になっているお店の中から比較的ウエイトの軽いランチを探した結果、

・カレーうどん

・ラーメン

の2食を選択する事に。

 

うち一軒目となるカレーうどんというのがこちら、

JR津田沼駅、目の前にある津田沼パルコの1F

「カレーうどん せんきち」にて、一食目のランチを決行することに。

吉野家グループのカレーうどん形態店 カレーうどんのせんきち 津田沼店

名前の通り、カレーうどんの専門店となる「せんきち」。

このお店をピックアップした理由は、非常に単純で、食べログ上での評価が高かったこととなります。

 

もちろん、店数のみに着目したわけでは無く、同クチコミを読んでみると、こちらの「せんきち」は、なんと吉野家グループのカレーうどん専門店とのこと。

確かに、吉野家グループには「はなまるうどん」がある様に、うどん分野にも手を伸ばしてはいますが、しかしチェーン店のうどん屋さんが食べログで高得点を得ているというのが、これまた不思議。

同店のHPを見てみると、吉野家グループであることについては書かれていないものの、サイトURLがはなまるうどんのサブドメインとなっているので、ほぼ間違いないでしょう。

 

果たして、食べログの高評価は本物なのか、それとも眉唾か。

その実態を探るべく、開店時刻の11:00に早速入店。

 

当然、店内に先客は無い時間なので、じっくりとメニューを吟味。

そもそも、カレーもうどんも好きですが、この2つの組み合わせについては、正直懐疑的でして。

というのも、世にあるカレーうどんの大多数は、市販のカレールーをお蕎麦屋さんのカエシで伸ばしたものばかり。

市販のルー+鰹や昆布の和出汁が組み合わさっているのみで、店舗ごとの特徴は薄く、正直カレーとうどんを組み合わせる魅力を感じられません。

 

しかし、こちら「せんきち」のメニューを見てみると、さすが専門店とばかりに、カレーの種類からして豊富なレパートリーが。

カレー+ココナッツミルクが使われている様子のうかがえる定番カレーに始まり

・タイ風カレー

・黒カレー(恐らく欧風のカレー)

・イタリアンカレー(トマト入り)

・野菜たっぷりチャンポンカレー

などが取りそろっており、蕎麦屋さんのカレーうどんとは基本からして別物に見受けられます。

 

また、これらのカレーに対するトッピングの種類も豊富で、

チーズや温玉といった、カレーライスでも定番のトッピングに始まり、

・海老フライ

・ちくわ天

・豚カツ

・揚げワンタン

と、そのレパートリーはうどんやカレーのみに留まらず、ついには中華圏にも進出。

これだけの品数、トッピング数を揃えられるのは、チェーン店ならではの資本力とセントラルキッチンを用いたシステムあってこそ、でしょうか。

 

また、うどんのみでは不足しがちなボリューム面を補う施策も豊富となっており、

2種類の丼メニュー、そしていなり寿司&サラダといったセットが。

また、全てのカレーうどんに付けられる「ライスセット」も用意されているので、うどんを食べた後のカレーにご飯を投入した、即席カレー雑炊でボリューム面を補うことも可能。

 

ここまでメニューに目を通しただけでも、空腹の鐘が絶賛鳴り響いております。

カレーうどんに豚カツをトッピングしつつガッツリご飯で〆る、

そんなコースを繰り広げたいところですが、今日のランチは最初に目論んだ通り二本立て。

この後、ラーメンをハシゴする予定を立てている以上、ここでのうどんは軽めに抑えねば。

 

そんなハシゴスケジュールに合致するべく、ボリュームを控えつつも「せんきち」を堪能出来るメニューを吟味した結果、

期間限定か、新メニューか詳細は分らないものの、大々的に取り上げられていたこちらの品

「ビーフカレーソース和風スパイシーうどん(並)」

を注文する事にしました。

チェーン店だから出来る業? 激ウマながら早くて安いカレーうどんに遭遇!!

期待を上回るレパートリーの豊富さに、興奮冷めやらぬ中、ようやく落ち着きを取り戻し店内に目を向けてみると、

意外や意外、吉野家系列のお店とは思えない、落ち着いた内装であることに気付きます。

また、吉野家やはなまるうどんでは、一人客をメインとしたテーブル構成であるものの、こちら「せんきち」は、二人以上を前提としたテーブル席が多数。

 

また、カレーうどんの専門店らしく、テーブル上には

しっかりと「紙エプロン」が常備されております。

白シャツにカレーを飛ばした日には、その日1日テンションが下がる、といった心配もなさそうですね。

 

そんな店内の様子に目を向けること、5分(弱?)で、早くもオーダーの品が着丼。

うーん、写真で見ていたより具材も少なく感じ、正直言って、貧相にすら見える。

まあチェーン店定番となる、「パネルマジック(略してパネマジ)」ってことですかね。

 

またメニュー写真では「肉」っぽく写っていた物体、その正体はまさかの油揚げ。

ビーフカレーソース、なんて名乗るもんだから、てっきり牛肉がタップリ入っている姿を想像しただけに、これまた期待値半減。

 

いくら専門店を名乗った所で、結局は吉野家ホールディングスか。

550円で食べられるうどんなんて、所詮そんなもんでしょ。

 

食べログの高評価を信じた自分を戒めつつ、まずはカレーから一口

 

・・・ウマっ!!

 

メニュー上には甘めのビーフカレーと表記されている通り、唐辛子系のような直接的な辛さは控えめ。

ではあるものの、多数のスパイスがブレンドされているようで、口内には広がらないながら、喉から食道、胃を通過していくごとに熱さが広がっていきます。

 

和風出汁とのブレンドにより、口当たりは優しく、それでいながら牛の旨味も全開。

具材はねぎと油揚げのみでシンプルですが、そのシンプルさ故にカレーソースの旨味を堪能出来る、そんなうどんですね。

 

うどんがズルズル進むのはもちろんの事、これは是非ともご飯で食べたくなる、否、ご飯で食べなければ全てを語ることなど出来るはずがない。

・・・しまった、ご飯、頼んでいない!!

2軒目のハシゴを断念しようか悩むものの・・・否、今日の所は我慢しよう。

 

これが550円で頂ける、というのなら高評価が付くのも理解できる、想像以上にクオリティの高いうどんでした。

ただ、チェーン店ならではのパネマジ、あれさえ控えてくれれば。

せっかく、これだけウマいカレーうどんを提供しているというのに、見た目で損をしている様にすら思えます。

 

なんにせよ、次は豚カツをのせながら、ご飯で〆る。

そこまでを堪能して、初めて「せんきち」の真髄に辿り着けるのでは無いでしょうか。

チェーン店というレッテルを見事覆し、その上でチェーン店の武器も活かしたカレーうどんでした。

 

どうせチェーン展開するなら、是非とも次は千葉市にお招きしたい、そんな一杯となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

カレーうどん せんきち 津田沼店

■ かれーうどん せんきち つだぬまてん

■ 住所:千葉県船橋市前原西2-18-1 津田沼パルコ 1F

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:なし

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。