スポンサードリンク

津田沼の人気店、魚骨らーめん 鈴木さんに初訪問して『3つ』の大後悔

LINEで送る
Pocket

前回の記事で紹介した「カレーうどん せんきち」に引き続き、津田沼での連食ランチ。

 

2軒目に伺ったお店は、以前からそのキャッチーなネーミングで気になっていたものの、未訪問のままとなっていたこちらのお店、

「魚骨ラーメン 鈴木さん」となります。

 

この日の一軒目である「カレーうどん せんきち」に訪問したのが11:00ちょうど。

注文から完食までの所要時間は、12分ほどで、その後徒歩にて「鈴木さん」に向かい、到着したのは11:20頃。

同店の開店時刻は11:30ということで、店先で開店を待ちわびていたのですが・・・暑い。

 

というのも、この日は秋晴れにて気温は26℃前後。

気温的には心地よいハズなのですが、つい数分前に頂いたカレーうどんへ見事にブレンドされたスパイスが私の体温を3~4度上昇中。

スパイスと秋晴れ太陽のW温熱作用を受けた結果、汗ダラダラになりながら開店を待つことに。

スポンサーリンク

津田沼十字路から100m 住宅街にひっそり佇む魚骨ラーメン 鈴木さん

時計の針が11:30を指したと同時に、シャッターがオープン。

 

店主さん(恐らく、鈴木さんですよね)から

「お待たせしちゃってスイマセン」の一言を頂き店内へ。

(私が勝手に待っていただけなので、お気遣いしなくて大丈夫ですよ)

 

券売機脇のメニューに目を向けると、

店名通り、魚をあしらったラーメンを多数発見。

普段は魚介系、煮干系ラーメンを率先して好まない私にとって、未知の領域とも言えるメニューばかり。

 

多数ある魚介系ラーメンの中でも、一際存在感を放つ、人気1番メニューとなるのがこちら

その名も、「さんままぜそば」。

タレで茶色く色づいた太麺、その上に鎮座するのは・・・さんま、でしょうか?

他のメニューとも見比べて気付いたのですが、ここ「魚骨らーめん 鈴木さん」にて、このまぜそば等に鎮座されている「さんま?」らしきトッピングが名物となる模様。

 

となれば、この「さんま?」が乗っている、まぜそばかさんまらーめんの2択となるのですが、今日の所はカレーうどんからの連食となるので、スープ分のカロリーを抑えるべく「さんままぜそば」をオーダーすることに。

なお、ランチ時のまぜそばは麺の増量が可能とのことでしたが、矢継ぎ早での連食となる為、ここは普通盛りにて注文しました。

店名通り、伝わりすぎるメニュー構成と、伝わりづらい遊び心に溢れかえった店内

カウンターに座り、店内を見渡してみると

トッピング・・・か? それともサイドメニュー・・・?

奴 = やっこ ??

なんにせよ、多様な展開を繰り広げていることだけが伝わってきます。

 

更に、壁面全体に目を向けてみると

あーーーー、全力で遊んでるわ、このお店(笑)

誰も尋ねてないのに「エアコンの新調」を伝えてきたり、時事ネタにも着目している様で「清宮、プロ志望」を喜んでいたり。

オシャレを決め込んでキリッとしたラーメン店が増えてきてますが、やっぱこういう遊んだお店、私の好みです。

 

ネタの宝庫と言うべき、壁面を眺めつつ、今度は逆サイドへ。

お店の新メニューやサイドメニューについても告知しつつ、天井には全力で描かれたダルシムを発見(妙に下ぶくれなのが気になります)。

ちなみにお名前が「すずきあみ」だとラーメン一杯、無料になるんだとか。

全国の「すずきあみ」さん、朗報ですね。

 

更に、天井を見ると「ウルトラセブン」風のポスターを発見。

ツッコむべき箇所が多すぎるので全てを拾おうとは思いませんが、どうやらこちら、今年で開店7周年とのこと。

 

そういえば私が、津田沼をたまたま通りがかり、「魚骨らーめん 鈴木さん」の存在を知ったのも、5~6年前だった様な。

そのキャッチーなネームから、気に掛けてはいたものの、当時はランチ営業をやってなかった様で、結局今日に至るまで未訪問のまま7年が経過していたんですね。

スポンサーリンク

噂の人気メニュー『秋刀魚まぜそば』を頂き、3つの後悔に出くわしてしまった

店内に張り巡らされたポスター類を眺めながら、時の流れを肌身で感じること7~8分。

7年越しの出会いとなる「さんままぜそば」が着丼となりました。

先日の「ヌースタ」に引き続き、こちらの麺も浅草開化楼とのこと。

この時点で、私の好みにマッチしていそうな空気が感じられます。

麺に絡んでいるタレは醤油ダレでしょうか? なかなかパンチある発色ですね。

 

そして何より、異彩を放っているのが、麺の登頂に鎮座する「さんま?」。

写真では分りづらかったものの、さんまのほぐし身をフレーク状にしている様に見えます。

 

ひとまず、混ぜ合わせる前に麺を一口。

タレの絡みやすい縮れ麺ではあるものの、麺自体のインパクトは強くありません。

ただ、インパクトは無いものの、安定感というか安心感、とでもいうべきでしょうか。

タレや他の具材との絡みを損なわない、絶妙な立ち位置を陣取っているように思われます。

 

それほどまでに麺の存在感を薄めてしまっているのが、しっかり絡んだタレの存在ですね。

醤油ベースでありながら甘みがあり、そしてふんだんに感じられる、青魚の脂が持つ旨味。

サバ缶やツナ缶に残った油よりもアッサリしているものの、その旨味は缶詰の非じゃありません。

このタレ毎日飲んでたら、DHAがたっぷり吸収できて、賢くなること間違いないでしょう。

 

と、麺一口でもワクワクする期待感に包まれながら、ようやく天地返し。

麺とタレ、そして「さんま?」をしっかり混ぜ合わせて本番スタート。

 

・・・なんだ、これは?

 

先ほどから気になっていた「さんま?」の正体は、さんまのほぐし身で作られたフレークというべき、なのでしょうか。

缶詰のようでありながら、その旨味レベルは段違い。

かといって、フレークのようなパサパサ感は一切なく、さんまの脂と旨味が凝縮されています。

 

この「さんま?」だけでも際立つ存在であるというのに、これが麺とタレに絡むことによって、見事すぎるマリアージュが完成。

今まで食べてきた、どのまぜそばとも違う、唯一無二なまぜそば過ぎてしまい、思わず言葉を失ってしまいました。

 

あまりに夢中になりすぎ、先ほど食べたカレーうどんの存在すら、頭から消し飛ぶほど。

気付けば麺の量は1/2を切ってしまい、

「なぜ麺増量を注文しなかった!!」と、早くも後悔。

 

これ以上の後悔を残さない様、せめて味変だけでも堪能すべく、

ここでカウンター上にあったわさびを追加。

 

わさびが加わることで清涼感が大幅アップし、脂の重さも一切感じなくなりますね。

ただ、その分さんまの香りも薄まってしまいますので、わさびの利用は好みが分れそうです。

 

大ぶりなメンマ、アクセントとなる糸唐辛子、また、このメンツに於いては地味な存在になるものの、しっかりウマいチャーシュー。

各種トッピングに至るまで、抜かりの無い完璧な仕上がりではあるものの、

・さんまのほぐし身

・タレ

この2者の秀でっぷりがヤバすぎてしまい、メンマ&チャーシューですら、その他大勢のエキストラと化してしまいます。

 

これまでにも様々なまぜそばを頂いてきましたが、どんなトッピング、タレを使おうとも、最終的には似たり寄ったりになりがちなのが、まぜそばたる由縁。

ところが、ここ「魚骨らーめん 鈴木さん」にて頂いた「さんままぜそば」は、どのまぜそばにも分類出来ない、圧倒的なオンリーワン。

他のまぜそばでは妥協&代わりが務まらない、「鈴木さんのさんままぜそば」でなければ満たされない魅力の詰まった一杯は、私的に【ドストライク】なまぜそばです。

 

7年前より存在を知りながら、今日に至るまで足を伸ばさずに居たこと。

そして、中途半端にカレーうどんから連食してしまい、全力投球でこの一杯に挑めなかったこと。

そして、例え満腹でも麺を増量して挑むべきだったと、3つの後悔を感じさせられた、底なしにウマサが詰まった一杯。

 

この一杯を食べずにきた、過去の自分へ激しく後悔すると共に、私の好み全てを凌駕し、今すぐにでも食べたくなる「完璧すぎるまぜそば」との出会ったことに感動すら覚えました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

魚骨ラーメン 鈴木さん

■ ぎょこつらーめん すずきさん

■ 住所:千葉県船橋市前原西2-32-10

■ 営業時間:11:30~翌3:00

■ 定休日:不定休

スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。