孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

稲毛区天台のお蕎麦屋さん、そば処 満留賀を初訪問 ゴーヤにズッキーニら旬の野菜が盛り沢山な天ざる

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関東のラーメン、その元祖を受け継ぐお店として

今なお人気を博している稲毛区天台の名店、進来軒

参照:日本最古のラーメンを継ぐ、稲毛区天台の中華料理 進来軒⇒

 

その進来軒があるエリアには

「三和ショッピングセンター」という名前が付いております

 

近所に団地が多い事もあってか

この一角には進来軒以外にも、複数の飲食店が固まっておりまして

 

その中の1軒となるのが、こちら

そば処 満留賀というお店になります

 

進来軒へ足を運ぶ度、お店の存在には気付いていたものの

駐車場の場所が分からず、これまで足を運べていなかった同店

 

ですが、先日近所を自転車で散歩していた際に

(自転車なので、散歩じゃ無いかw)

進来軒の斜め向かい側というか

お向かいの「大新楼」お隣に、満留賀の駐車場を発見したのです(しかも2台)

 

そんな駐車場をついに発見した事から

本日はこちら、そば処 満留賀を初訪問してみるものとなりました。

稲毛区天台の進来軒近くにお店を構える、これまた老舗のお蕎麦屋さん そば処満留賀を初訪問

という訳で、以前よりお店の事は気になっていたものの

駐車場という問題を抱え、足を運べずにいた稲毛区天台の そば処満留賀

 

ついにその駐車場を発見し、

本日ようやくの初訪問を敢行するものとなりました

 

進来軒の斜め向かいとなる駐車場に車を停め

(赤いコーンが満留賀のスペース)

お店の方に向かってみると

そこには夏らしく、冷やしメニュー始めましたの一文が

 

また、お店の外観や看板こそ真新しい同店ですが

創業から59年が経つ、老舗のお蕎麦屋さんとのこと

 

進来軒はもちろんのこと、すぐお近くの大新楼

更には裏手の大井楼などなど、この一角はどこも深掘りしたいお店だらけですね

 

 

さて、そんな中で本日足を運んだ満留賀ですが

お店に着いたのは12時少し手前

 

先客ひと組の店内に案内され、まずはメニューを見ていくと

最初に目に停まったのは、小さな酒肴

 

揚げ出し茄子に牡蠣フライ

鳥みそ焼きに青菜辛子和えと、リーズナブルなおつまみが並んでおります

 

続いてメインのメニューになりますが、

こちらもお蕎麦屋さんらしく、温かい蕎麦うどんから

冷たい蕎麦うどん、そしてご飯ものまでがズラッと整列

 

ご飯ものの中に並ぶ「スタミナ弁当」が気になりますが

それを除くと、いずれも定番の品々といった様子が伺えます

 

とは言え、夏季限定メニューも充実しており

冷やしたぬきにきつね、山かけに加えきしめんなどなど

 

この日もまた、30度を越す暑さとなりますので

当然所望したいのは冷たいお蕎麦、ないしうどん

 

ただ事前に目にした情報によれば

こちら満留賀の名物は、天ざるになるとの話がありまして

 

それならば是非にと、

本日は天ざるを頂いてみるものとなりました。

ズッキーニにゴーヤ、温泉茄子など夏野菜が満載 満留賀で頂く、旬を味わう天ざる

事前に目にしていた情報によれば

お蕎麦にカエシ、いずれも毎日自家製となるこちら、天台の満留賀

 

それに加えて、同店の天ざるでは

提供される素材が季節毎に変わるとのことでして

 

今時期であれば、夏野菜が中心になるのか

それとも海鮮系なのか、いずれにせよ食べてみたい1食となります

 

そんな訳で天ざるをオーダーしまして

注文から待つこと10分弱、手早く提供となった本日のランチがこちら

稲毛区天台の老舗そば店、

満留賀にて頂く「天ざる」となります

 

同点の天ざるには、本日頼んだ並(1,100円)に加え

上天ざる(1,400円)と2種が提供

 

今回は初見となりますので、まずは並をオーダーしましたが

提供される野菜は、ズッキーニにゴーヤなど、季節の野菜がたんまり

もちろん、主役と言うべき海老天もしっかりしておりますが

気になるのが、こちらの茄子は「温泉茄子」という品だそうでして

 

気になり、同品について調べた所

栃木県で栽培されている茄子のブランドになるとのこと

 

その名の通り、温泉の地熱を利用して栽培されているのですが

肉質が柔らかく、鮮やかな色艶が特徴だそうで

 

まあ天ぷらになってしまうと、その色艶は判別尽きづらいですが

いずれにせよ、この茄子もまた楽しみの1つとなりそうです

が、まず頂くのはやっぱりお蕎麦

細めのお蕎麦となりますが、ボリュームもしっかり目での提供

 

まずはそのまま、お蕎麦のみで頂きますと

細打ちのお蕎麦故か、くっつきやすくなってますが、

喉ごしも良く、蕎麦の風味も相応に感じさせてくれます

 

また、その色味も特徴的でして

私はお蕎麦に詳しく無いので、なんとも説明出来ないものとなりますが

 

一般的なお蕎麦に比べると

赤みがかっているというか、茶色みを帯びていると言うべきか

 

細打ちながらも量がしっかりしており

一人前でも十分なボリュームに感じられます

 

続いて、そのお蕎麦を蕎麦汁と共に

蕎麦汁の方は甘めな味わいとなっており

フワッと出汁を感じさせる、そんなバランスに

 

強く特徴を見せているものではありませんが

お蕎麦との絡みも良好、満足出来る味わいとなっております

 

 

続いて頂いてみたいのが、

こちらの天ぷら各品

 

海老天については通年でしょうが

それ以外は前述した通り、全て夏野菜で固められております

 

まず最初に手を伸ばしたのが、

こちら、ゴーヤの天ぷらから

 

天ぷらで頂くのは、恐らく初となりますが

ゴーヤらしい、しっかりした苦みが、蕎麦汁の甘みとマッチ

 

甘さと苦さ、双方を引き立て合うものとなり

これ初体験ながら、面白いタイプの天ぷらですね

 

続いて手を伸ばしたのが、

これまた、天ぷらでは珍しいズッキーニ

 

こちらはホクホクした食感が味わえ

じんわりと甘みも到来

 

これも天ぷらでは珍しい食材になりますが

甘みがしっかりしているので、天ぷらでも全然アリな食材になります

 

そして、提供時から気になっていたのが、

こちら、温泉茄子の天ぷらでして

 

前述した通り、柔らかさが特徴となる、こちらの茄子

その説明にあった通り、とにかく身肉がシットリ柔らか

 

それでいて、甘みもたんまり吸い上げており

ジューシーな旨味が一気に広がっていきます

 

たしか、こちらのお店のメニューには

揚げ茄子のお蕎麦もあった気がするのですが

 

もしそちらにも、同じ温泉茄子を使っているのだとしたら

これは、もしかして・・・もしかするお蕎麦になりそうかも

 

そんな次回訪問時の楽しみをも広げる程

この茄子の天ぷらは、ちょっとした革命にも感じる美味しさを感じさせてくれます

 

その他、かぼちゃの天ぷらも

定番ながら、安心出来る甘みを楽しませてくれまして

 

そして本日の最後を飾るものとなったのが、

天ぷらのキングこと、海老天になります

 

見た目の印象からして、サイズはそこそこ

と思いきや、かなりしっかりした弾力、食感を備えているこちらの海老

 

バイン!と、音を立てそうな程にはじき返す弾力

そこを噛みしめた先には甘みも存分に味わえるものとなりまして

 

茄子を頂き、ニヤッと笑みを浮かべた直後ながら

再度この海老天で、もうひと笑い出来てしまう

 

夏野菜各品はもちろんの事

海老天に至るまでも大満足させて頂く、そんな天ざるとなりました

 

そして食後には、

この通り、しっかり蕎麦汁も提供

 

お値段1,100円とリーズナブルながら

大満足を得る天ざるを頂くものとなりました・

 

 

という訳で、長年気に掛けていたものの

駐車場の存在に気付かず、ようやく初訪問が叶うものとなった

 

稲毛区天台、進来軒お近くのお蕎麦屋さんこと

そば処 満留賀での初ランチ

 

自家製のお蕎麦にカエシ、そして名物とされる

季節の食材を味わえる天ざるを頂くものとなりました

 

お蕎麦については、相応に満足といった次第で

特別な驚きを得る程には至らずでしたが

 

共に頂く天ぷら、その食材選定の面白さに加え

特筆すべきは茄子の美味しさ、これには感無量

 

そんな茄子を主役にした、揚げ茄子のお蕎麦も気になりますし

また、更に上行く上天ざるも食べてみたいところ

 

と、ご近所である事も踏まえて

今後もローテーションの一角を担いそうなお店への初訪問となりました。

  

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

満留賀

■ まるか

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区天台5-7-1

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:30~19:30

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。