孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

食べログ百名店 香川 一福 千葉ペリエエキナカ店がオープン 絶品過ぎるカレーうどんセット

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

前日の夜は家族が出払い、私1人

本来なら飲みに出たいものの、まだまん防期間中とあって外出は叶わず

 

代わりに、近場でササッと晩ご飯を済ませよう・・・

と、19時過ぎに外出を試みるも、まさかの豪雨が到来

 

しかも雷まで大騒ぎとなり、そこから2時間が経とうと止む気配は無く

結果、晩ご飯は家にあるもので軽く済ませるものとなりました

 

粗末な晩ご飯で1日を終えた結果、

明けた朝から当然の如く空腹が到来

 

普段は朝ごはんを食べない派なのですが

とてもお昼まで我慢は出来ず、久々のモーニングを散策することに

 

なにか候補が見つかれば・・・と調べていたところ

ここしばらく、新店のオ-プンが増えている千葉駅の駅ナカに香川 一福がオープンしたとの事

 

駅ナカのお店となれば、朝からの営業も期待出来るのでは??

そんな想像の元、お店について調べてみたところ・・・来た!!

 

平日であれば朝7時から、日曜であっても朝9時から営業開始、との情報を確認

そんな訳で本日は、車を走らせること千葉駅へ

JR千葉駅エキナカこと、ペリエエキナカにオープンとなった新店

「香川 一福 千葉ペリエエキナカ店」を初訪問するものとなりました。

千葉駅駅ナカにうどんの食べログ百名店、香川一福がオープン 平日は7時、日曜は9時から営業中

ペリエ千葉エキナカにオープンとなった、うどん専門店の香川 一福

うどん好きなら誰もが知る、神田にあります食べログ百名店に名を連ねる人気店でもあります

 

ただここ最近はFC展開を始めているようで

全国各所に加え、少し前には八千代市村上のフルルガーデン内にも同店がオープン

 

そちらに続く県内2店目として、

こちらペリ千葉エキナカに、先日オープンするものとなりました

 

食べログ百名店にエントリーする名店とは言えFC店

どの程度、本店の味が再現されるものか判断し難いものとなりますが

 

まあ、そうは言っても私自身もまた

本店に足を運んだ事が無い訳でして

 

ここで満足する、しないに関わらず

先々に本店に足を運び、差異を感じる楽しみが残っているならそれで十分

 

 

期待値50%を胸に抱えながら、こちらへ足を運んでみることに

この日、お店に着いた時刻は9時半過ぎ

 

お店の中にはすでにお客さんが数名入店しているものの

特に混雑を感じる様子では無く、すぐに入店が可能となるご様子

 

同店並びには、同じく百名店にもエントリーしている

千葉を代表する人気ラーメン店「松戸富田麺業」がありまして

 

普段は混雑必至の人気店ですが、まだ日曜日の早い時間とあって

スムーズに入店出来る、そんな時間帯となっております

 

そんな富田同様、店外に券売機が設置されており

そのお隣にはパネルにて各メニューが紹介されております

こちらを見る限り、メインとなっているうどんは全8品

 

かけからはじまり、カレーうどんに肉うどん

ぶっかけや鬼わかめなんて品も提供されております

 

そしてお隣にはもう一枚パネルがあり、

こちらはうどんの付け合わせとなる天ぷら各品

 

セルフ系うどんのお店とは異なり

こちらのお店では天ぷら各品共に、揚げたてで提供されるとの事

 

その他、トッピングも6品が並ぶ他

ご飯ものも全4品あり、様々なバリエーションを楽しむことが出来そうです

 

更に、券売機の方を見てみますと、

朝の7時から10時まで限定となりますが

「朝セット」なる3つのセットメニューも提供

 

こちらのセットはかけうどん

もしくは肉吸いをメインにご飯ものと頂くスタイルになっております

 

せっかく朝ごはん帯に足を運んだ訳ですし

ここはやっぱり朝セットか・・・

 

と悩む一方、券売機によるオススメのひと言は

こちらのカレーうどんセットになっておりまして

 

朝ごはんセットにするか、それともカレーうどんか

いやまて、出汁を楽しむのならば、かけうどんらも捨てがたいし・・・

 

想定外のうどんを勧められ、若干困惑し始めるものとなりましたが

ここはお店お勧めの声に従い「カレーうどんセット」にかき揚げ天を頂いてみようと思います。

欧風カレーの如く、肉の旨味詰まった絶品カレー 共に頂くうどんのコシは極上と最高のカレーうどんに遭遇

券売機で注文と同時に、店内のキッチンにも注文が流れるようで

入店と同時に、お好きな席へどうぞと案内されるものとなった、香川 一福

 

こちらのお店ですが、以前はコッペパンの専門店跡となりまして

カウンター式の席が全部で7席、店内中央には立ち食い席が4席ほどと、同駅中でも小さめの作り

 

先客はまだ4名ほどとなっておりますが

繁忙帯ともなれば、かなり混雑しそうな様子を感じさせます

 

また、店内には提供されるうどんに関する説明書きがあり、

こちらによると、同店の麺は本物のコシを追求しているのだとか

 

コシ≠硬さと表記されておりますが

確かに、美味しいうどん店の少ない千葉市民からすれば、コシ=硬さと感じる部分はありますね

 

細かく拘りを解説してくれていますが

まあ、実物を口にするのが何よりも早い事は間違い無し

 

注文から待つこと、7~8分

番号で呼ばれ、提供となった本日の朝ごはんがこちら

香川 一福 千葉ペリエエキナカ店で頂く

カレーうどんセット&かき揚げ天となります

 

メインとなるカレーうどんだけでも

すでにイメージしていた品から離れたうどん・・・

 

といった印象ですが、これに加え

ご飯はともかくとしまして、

出汁?の様なものが付いてくる他

そのお隣には、卵の天ぷらも付いてくるこちらのセット

 

うどん自体のビジュアルも、

中央にバターが盛り付けられている上に

カレーの量が少なめというか、まるでまぜそばの様な雰囲気になっております

 

さて、このうどんをどの様にして食べるのが正解なのか

ザッと周囲を見渡したところ・・・

 

お店の入り口付近に、それっぽい説明があるものの

私の座った位置からは完全に真後ろ、食べながら確認するのは難しそうな位置取りでして

 

ここはもう、雰囲気に任せ頂いてみる事に

まずはお店自慢となる、コシ≠硬さのうどんを一口

 

・・・と、器から引っ張り上げるのですが

なんだこの、異常なまでの粘りは!?

 

上記写真では少し分かりづらいのですが

このうどん、むちゃくちゃに伸びるんです

 

まるでゴムの如く、びよーんと伸びてくるうどん

ただ、これだけ伸びるうどんが、果たして食感良好なのか

 

疑問を抱えながら、早速口へ運ぶと

・・・凄い、凄すぎる

 

正直、今まで口にしてきたどのうどんも並び立つこと無い

圧倒的なうどんの伸び、それでいながらしなやかな食感

 

かといって、ネッチャリする訳でも無い

しっかり小麦の風味をも届ける香りの良さ

 

これが本物のコシ、との説明に何一つ異論が無い

圧倒的な美味しさ、食感の豊かさをうどん自体から感じます

 

これを本物のコシと呼ぶのなら

確かに、過去に食べてきたうどんにはコシが存在しないとも言える程

 

完全に、うどんに対する概念が変わる

そう言っても言いすぎになら無いほど、圧倒的な存在感を放っています

 

となると、カレーうどんにしてしまったのが

早くも勿体なく感じてしまうのですが、

頼んでしまったののは止む無し

カレーをしっかりと混ぜ合わせ、再度頂いてみると

 

あぁ、やられた

このカレーもムチャクチャに美味いじゃ無いか!!

 

一般的にイメージするカレーうどんと言えば

家庭ナイズされたカレー、あちらを出汁等で伸ばしたものになります

 

が、このカレーうどんは、それらとは別次元

まずカレー自体に肉の旨味が充満しているのです

 

まるで欧風カレーの如く、肉の旨味

いや、フォンドボーと呼ぶべきでしょうか

 

そんな絶品仕上がりのカレーになっており

しかも、旨味を感じさせつつ、辛味もしっかり混在

 

このバランスが見事となる上に

なによりうどんとの絡みもまた、極上の組み合わせでして

 

うどんに対し、汁というかカレーが少なく感じた上に

辛味もしっかりしている、その背景には恐らく、出汁が関係してくるものと推測

 

別添えされた出汁、これを自分好みに入れながら

辛さやカレーの粘度を調整する、そんなうどんになっているのでは無いかと

 

しかし、カレー自体が極上過ぎる美味しさとなる上

共に頂くうどんとのマリアージュも更に絶品

 

ここに出汁を加え、カレーを薄めてしまうのが勿体なく感じる上

カレーの旨味が強すぎるだけに、果たして出汁感が伝わって来るのかも不安になります

 

ただ、そのまま食べ進めてしまえば

器に殆ど、カレーが残ることなく、最後のご飯がただの白米にもなり兼ねず

 

とりあえずは半分ほど、出汁を加えてカレーを伸ばし

更には、カウンターにて頂いて来た天かすをもトッピング

こちらを再度頂いてみますと

うん、間違いない

 

私が過去に食べてきた全てのカレーうどん

それをも凌駕する、NO1のカレーうどんと呼んで差し支えありません

 

ここからはもう、ただただ夢中になるばかり

圧巻過ぎるうどんのコシ、カレーの旨味をとにかく一気食い

 

気付いた時にうどんは早くも姿を消してしまいましたが

残るカレーを余すこと無く頂くべく、

お次はお茶碗のご飯をそのまま投入

ここに追加で出汁を加え、即席カレーライスへ

 

加えて、卵の天ぷらについても

このカレーご飯と共に頂くのが正解となる筈

 

カレーの中で、卵を崩しながら、黄身を絡めて・・・

なんて想像を張り巡らせていたのですが

やはり前半に出汁の投入を躊躇ったことが、ここでミスを生むことに

 

ご飯に対するカレーの残りが少なくなってしまい

カレーライスあらため、カレーピラフのような割合になってしまいました

 

が、カレーピラフ(あくまで風)であっても、その美味しさは変わらず絶品

肉の旨味溶け込む所に

しっかりした辛さも感じられるカレーは、ご飯の美味しさを増幅

 

うどんだけでは若干ボリューム不足に感じたものの

最後の〆ご飯を加える事で、結果としては十分過ぎる満腹に到達

 

そして、最後は余った出汁

 

こちらを器に注ぎ、頂いてみますと

あぁ、これも想像通りにしっかり美味い

 

節系の旨味、更には煮干しでしょうか

カレーが残ってしまうために、正確には判断できずも、しっかり濃い目の出汁を感じさせます

 

この出汁であるなら、カレーうどんと言わず

通常のかけうどんであっても、極上であるのは間違い無し

 

とは言え、この美味すぎたカレーうどんを頼まないのも酷な話で

早くも次の訪問時に何を頼むべきか悩むほど、とにかく絶品なカレーうどんとなりました

 

そんなうどん各品が美味しすぎる故、

最後の最後まで、

手を付けることすら忘れてしまったのが、こちらのかき揚げ

 

すっかり揚げたて感を無くしてしまい、申し訳無くなりながら

最後にこちらのかき揚げを頂いたのですが・・・

 

なんだよ、かき揚げまで美味いのかよ!

 

カレーうどん完食後に頂いた為、

揚げたて特有のサクサク感は、若干失われるものとなりました

 

が、このかき揚げ

とにかく野菜の甘みがもの凄いのです

 

玉ねぎを主体とし、人参に春菊らが具材となるのですが

もう玉ねぎをひと噛みする度に、溢れんばかりの甘みが到来

 

このかき揚げも、揚げたてのウチに食べるべきだった

と後悔しつつも、冷めたとして美味しさを堪能できてしまう優れもの

 

なにより驚くべきは、FC店でありながらもこの美味しさ

果たして本店で味わった時には、どんな衝撃が起こりえるのやら

 

とにかく、美味い

その一言に集約される、初訪問となりました。

 

 

という訳で、期待値50%などと口にしながら

初訪問を試みるものとなった、香川 一福 千葉ペリエエキナカ店

 

私の中にあったFC店に対する疑念

その全てを秒で取り除く、圧倒的な美味しさを味わうものとなりました

 

うどんはもちろん、カレーに出汁

更にはかき揚げに至るまでもが、とにかく絶品

 

唯一、卵の天ぷらのみ

もう少し揚げ加減が控えめで、黄身がトロッとした状態が好み・・・

 

とはなりましたが、そんな欠点すら忘れさせるほど

うどんとカレーの組み合わせで、これ程の格の違いを見ることになるとは

 

かねてより千葉市内には美味しいうどん屋さんが少ない

と口にし、毎度寂しい思いを募らせてきましたが

 

そんな思いも何処へやら

圧倒的に美味しいうどんを味わえるお店が、すぐ近くにオープン

 

唯一、入場券を購入して足を運ばなければならない

エキナカの出店というのがネックになりますが

 

そんな140円を払ったとしても惜しくないほど

私のうどんに対する印象を一変する、そんなうどんとの出会いになりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

香川 一福 千葉ペリエエキナカ店

■ かがわいっぷく ちばペリエエキナカてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉エキナカ3階

■ 営業時間:平日 7:00~21:00 / 日曜 9:00~20:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。