孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

しゃぶしゃぶ 将泰庵 そごう千葉店が9/3オープン! 飲めるハンバーグに絶品しゃぶしゃぶらを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今年の6月、そごう千葉店レストラン街にオープン予定となっていた

「しゃぶしゃぶ 将泰庵」

その店名でお気付きの方もいらっしゃる通り

船橋が誇る焼肉の名店、将泰庵の新店となります

 

私も幾度と足を運んでいる将泰庵ですが、

参照:船橋駅直結で頂く、飲めるハンバーグ! 将泰庵DINER シャポー船橋店⇒

参照:船橋が誇る焼肉の超・名店、将泰庵がニューオープン! ⇒

 

こちらそごう千葉店内にオープンするのは、従来からの焼肉店スタイルでは無く

1人1台の鍋で頂く、しゃぶしゃぶをメインにしたお店になるのだとか

 

とは言え、船橋各店で最早「名物」とも謳われている

飲めるハンバーグについても、そごう千葉店の方で提供されるとの事

 

なんにせよ、将泰庵のいちファンである私にとっては

船橋まで出向くこと無く、レジェンドハンバーグが頂ける次第で

 

オープンの日を今か今か・・・と待っていたものの

このコロナ禍の影響もあってか、店内設備の準備が遅れているとの話に

 

結果、当初は6月予定だったオープンが7月、8月と延期になり

ついに迎えるこの9月3日、念願だった「しゃぶしゃぶ 将泰庵」がオープンを迎えることになったのです

 

 

さて、そんな肉の匠 将泰庵ですが

当然私は、オープン初日に足を運ぶ気満々で、1ヵ月以上前からスタンバイを

 

ところが、オープンの1ヵ月ほど前に

本ブログ宛てに一通のメールを頂きまして

 

送り主は、噂をすればまさかの将泰庵

メールの内容はというと・・・、

 

前述した「肉の匠 将泰庵 そごう千葉店」

こちらのオープンに先駆け開催されるレセプションへ、恐れ多くも私を招待していただける、との話なのです

 

ただ、この手の招待を受けてしまいますと

正直に感じたまま、ブログに連ねることが出来ない為、同様の招待は受けない様にしているのですが・・・

 

よくよく考えれば、今回ご招待頂いたのは将泰庵

食べる前はもちろん、お店に行く前から「美味い」ことが分かりきっているお店なんですよね

 

なにがどう転ぼうと、絶対に美味い確信が得られている以上

この機会をお断りする道理も無いな、と判断

 

そんな訳で本日のランチはこちら

しゃぶしゃぶ 将泰庵 そごう千葉店にて

オープン前日に開催となったレセプションへお邪魔するものとなりました。

 

※ まだオープン前となる為、店外からの撮影が出来ず

本日は店内の様子をお送りさせて頂きます

船橋の人気焼肉店「将泰庵」の新店がそごう千葉店にオープン! しゃぶしゃぶ 将泰庵へ一足先に初訪問

そごう千葉店のオープン予定日となる9月3日

その前日に開催となった、肉の匠 将泰庵のレセプション

 

同イベントの開催時刻は14時からとのことで

同時間に合わせて空腹のコンディションを整え、お店の方へ到着

 

さて、今回オープンとなる「しゃぶしゃぶ将泰庵」ですが

前述した通り、コロナ禍を意識してか

一人一台の鍋で頂く、しゃぶしゃぶをメインにしたお店となります

 

すでに同スタイルのお店を、池袋西武にもオープンしているとの事で

ここそごう千葉店が、2店舗目になるのだとか

 

当日頂いたプレスリリースによりますと、

ランチ帯の主なメニューは

牛・豚のしゃぶしゃぶ、飲めるハンバーグなどが中心

 

対し、夜の方はというと、

 和牛しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉御膳

といった具合に、昼夜で提供されるメニューにも多少の変化が

 

とは言え、しゃぶしゃぶはもちろんの事

名物でもある飲めるハンバーグはディナーメニューでも提供が行われており

ランチでは御膳のみとなっておりましたが

夜は単品での注文も可能との事

 

その他、夜のメニューは一品料理も充実しており

和牛のなめろうや牛タンの南蛮漬け

そして、焼肉将泰庵の名物、将泰庵ユッケなども頂けてしまいます

 

なにより、同店の看板メニューとなるのがしゃぶしゃぶで

A5ランク特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶ御膳を筆頭に

 

更に上行く豪華な、

厳選松阪牛のしゃぶしゃぶ御膳も提供

 

いずれも120gから200gまで3つのサイズがある他

40gからの追加注文も可能だったりと、幅広いカスタマイズが楽しめます

 

なお、ランチではサイズ&お値段も異なり

100g、175g、250gからの選択が可能となっております

 

 

また、しゃぶしゃぶのお店という事で、コース料理も全3種揃っているとのこと

今回、撮影用に用意されいたのが、

こちら、将泰庵特別コースとなりまして

全9品の肉三昧がお値段9000円にて提供されるそうです

 

 

ただし、今回の訪問については

前述した通り、お店側に招待を頂いてのレセプションとなりまして

 

提供頂けるメニューについては、お店側で用意頂いているとのこと

事前に貰っていた連絡で、しゃぶしゃぶ&飲めるハンバーグが頂けるとのことでしたが、

いざ当日、目にしたお品書きを見ると・・・

 

黒毛和牛しゃぶしゃぶ(120g)に、飲めるハンバーグ(100g)

ここまでは先に伺ってましたが、更に追加の2品が

 

前述した一品料理となります、将泰庵ユッケ

さらには、和牛のなめろうと、それぞれハーフサイズが付いてくるとのこと

 

14時を回ってのランチですので、空腹は絶好調

とは言え、これだけのボリュームに、どこまで対抗できるのか!?

 

久々、本気を出す甲斐ある1食となってきました。

肉の匠 将泰庵名物、飲めるハンバーグはもちろんのこと、A5ランク黒毛和牛のしゃぶしゃぶも贅沢に堪能!

一通りのメニューを確認したところで、そろそろ食事の準備へ進むことに

店内のテーブルは、全席1人前のしゃぶしゃぶ鍋を設置したスタイルとなっておりまして

メニューについては、全てタッチパネル式にて設置

 

鍋に火が入り出し、まず最初に迎え入れるものとなったのが、

こちら、特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶ(120g)と

しゃぶしゃぶ御膳のセットとなります、小鉢3品から

 

まず、こちらの小鉢についてですが、

肉の押し寿司、鮑とほうれん草の和え物、そして肉豆腐

 

小鉢でありながらも、小鉢の規模に収まって無い

優雅で且つ、肉の専門店らしさが端々に見える、豪華な布陣

 

しかし、そんな小鉢をもかすめてしまう程に豪華なのが、

こちら、特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶになります

 

説明では120gとなりますので、そこそこのボリュームを想定しましたが

いざ実物を目にすると、これもけっこうな食べ応えあるサイズ

 

これに加え、しゃぶしゃぶ御膳には

こちら、ガラスの器一杯の野菜もセットに

同御膳のお値段は3180円(税別)となっていましたが、このボリュームなら文句なしの総量かと

 

さて、そんなしゃぶしゃぶの準備に取り掛かっている間に、

続々と次なる品がテーブルの方に到着

 

しかし、テーブルの方も既に一杯一杯となっておりまして

置けるところまでを精一杯並べても、

卓上は既に三密極まりない混雑ぶり

 

せっかくなので、全品を並べて記念撮影といきたかったのですが

テーブルに入りきらない以上、1つずつ食べ進めながらスペースを作成していくしか無さそうです

 

という訳で、まず手がけ始めたのが

将泰庵は数あれど、こちらのお店でしか頂く事の出来ない(恐らく)

しゃぶしゃぶの方からスタート

 

ピンク身を帯びた特選黒毛和牛が、出汁の中にて徐々に色を染めたところで

ポン酢、胡麻ダレの2種類が用意されておりますが

ここはまず、ポン酢にて頂きましょう

 

薬味を添えながら頂く、黒毛和牛のしゃぶしゃぶ

柔らかな肉質からスーッと届く、牛肉の甘みがとにかく上品

 

出汁の中で余分な脂を落としている上に、共に頂くのは酸味スッキリしたポン酢

しっかりとしたサシを持ち合わせる牛肉ながら、全く重たさを感じさせず、無限に食べ続けられるのでは?と錯覚すら覚えます

 

対し、もう一つの付けダレとなるのが胡麻ダレですが

こちらは胡麻の風味がかなり濃厚な味わいでして

 

お肉と共に頂くと、胡麻の風味が勝ってしまう感を受けたので

こちらは、しゃぶしゃぶの野菜各品を頂く際に利用させて貰いました

 

 

続いて頂く肉の陣、第二幕となるのが

こちらの将泰庵名物、飲めるハンバーグとなります

 

同店では、デミソースと和風ポン酢の2種が提供されますが

今回のコースでは、上記の和風おろしポン酢にて提供となりました

 

ちなみに、上記は本日の特別仕様にて100gとなっておりますが

通常のサイズですと、

上記の通り、大根おろしとのサイズ比較から察するに

およそ2倍ほどのボリュームにて提供されるものとなります

※ こちらは撮影用に用意頂いた品となります

 

本来なら、焼きたてが提供されてきたその瞬間に

箸を入れて、肉汁という名の絶品ソースを拝みたかったのですが

 

本日はコースに付き、前菜やしゃぶしゃぶらの対応に追われ、後手に回ることに

しかし、それであっても飲めるハンバーグの名は健在

カットした瞬間に溢れ出す絶品過ぎる肉汁は、それだけでご飯のお供になる美味しさ

 

切り口から顔を見せるハンバーグは、和牛100%となりまして

繊細且つ細やかな肉質を覗かせながら、旨味と甘みを流し続けます

 

また、これだけ肉の旨味を感じさせているのに、重たさを感じないのも同品の特徴

100gといわず、200でも300でも食べ続けたい

 

しゃぶしゃぶに並び、こちらのハンバーグも頂けてしまうのですから

これはもう、次に足を運ぶ際、なにを頼めば良いのか毎度、頭を抱えること間違いありません

 

 

そんなハンバーグの余韻に浸りたいものの

それを許すまじとする、次なる刺客が目の前に

こちらが、しゃぶしゃぶ同様に今回初めて頂きます

その名も「和牛のなめろう」となります

※ こちらは通常のハーフサイズにて提供されております

 

なめろう、とは言えさすがに牛肉

生やたたきで提供される訳ではなく、ほんのり焼き色を纏った雰囲気からして、どちらかと言えばさんが焼きに近い状態

 

しかし、箸を入れた瞬間の柔らかな触感は、確かになめろうを彷彿とさせまして

表面は炙りの如く火が入っているものの

中はレアな仕上がりとなる、同品

 

海苔も共に提供された事から、包んで頂くのが恐らく正装と判断

一口大にカットしたなめろうを海苔にくるみながら頂くと・・・

 

おー、新しい味わい

ハンバーグと近しい食感にはなるものの、その味わいはむしろ和風

 

味噌に生姜でしょうか?

これらの味付けが肉の旨味をしっかりアシストし、ハンバーグとは異なる肉料理に変貌させています

 

海苔に包むことで食べやすさも加わりますが

むしろこれは、そのままご飯に乗っけて、白米と共に流し込みたくなる味わい

 

もしくはビールと共に頂くおつまみとしても大活躍する

肉の専門店らしさ溢れる、真新しいおつまみとも言えそうです

 

 

そんななめろうに負けず劣らず、

神掛かった輝きを放ち続けているのが、

こちら、低温調理の将泰庵ユッケとなります

※ こちらもなめろう同様、ハーフサイズでの提供となります

 

船橋のお店の方では

「王者のユッケ」とも名付けられている同品

 

一見すれば、生肉に薬味を載せた様にも見間違いますが

これは正真正銘、ユッケとなるのです

 

食べ方としては、気味を崩しながらタレと絡め

薄くカットされた低温調理済みの牛肉を取り出し、

こんな感じで頂くものとなります

 

早速、口の中に放り込めば

見た目こそ生肉そのままながら、味わいは惑うこと無きユッケ

 

しかし、ユッケ特有のねっとりした食感では無く

より肉の濃い味わいを感じつつ、ワシッとした食感をも楽しめます

 

また、黄身に加えてしっかり目のタレが絡むこちらの品は

そのまま食べるのもおつまみとして楽しめる一方、

せっかくならばやって欲しいのが、このスタイル

一口サイズで残したご飯にトッピングしての、乗っけ丼ですね

 

甘めのタレに黄身の風味

そして、噛みしめる程に増す肉の旨味がご飯を後押し

 

 

ここまで頂き、相当にお腹が膨れてきてはいるものの

それすらをも忘れさせる、肉マジックの数々

 

結果、ご飯をガッツリ頂いた上に

この日同伴していたスタッフが食べきれなかった分まで余すこと無く完食

 

いや、この特選過ぎる肉三昧なおもてなしを残す、という思考が私には見当たらず

14時まで待った甲斐のある、見事な肉三昧を堪能させて頂きました

 

という訳で、オープン前日のレセプションにて

有り難すぎるおもてなしを頂くものとなった、しゃぶしゃぶ将泰庵 そごう千葉店

 

将泰庵ブランドの新店となりますので、訪問前より疑う余地は無かったものの

その期待通り、いや期待以上の美味しさに包まれた1食を存分に味わうものとなりました

 

今回は特別メニューという事で、同店の看板メニューとなります

「特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶ御膳」を筆頭に据えながら、

 

・飲めるハンバーグ(100g)

・将泰庵ユッケ(ハーフサイズ)

・和牛のなめろう(ハーフサイズ)

 

と、様々な品をも同時に味わいましたが

いずれも余所では味わえない、将泰庵ならではの品ばかり

 

その記憶をこうして記事に綴っている今となっては

想い出を元にしてご飯が食べられてしまう、そんな品ばかりとなりました

 

また、お値段の方も

ハンバーグ御膳が1,848円、黒毛和牛のしゃぶしゃぶ御膳が3,278円と

 

ランチとしては少しお高め…に感じる部分はあるものの

いずれにも、冒頭で紹介した肉三昧の小鉢らがセット

 

その満足度に加えて、千葉駅近く・そごうレストラン街のランチを踏まえれば

むしろお値打ちとも言えそうな品々に感じます

 

そんな「しゃぶしゃぶ将泰庵 そごう千葉店」は、9/3金曜日にグランドオープン

千葉駅界隈で頂くランチの選択肢に、極上の肉三昧が加わるものとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

しゃぶしゃぶ将泰庵 そごう千葉店

■ しゃぶしゃぶ しょうたいあん そごうちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000 そごう千葉店 10F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 15:00~22:00(現在は~20:00)

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。