孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

都賀駅近く、若葉区役所裏手の手打ち蕎麦花月庵 天丼にカツ丼、夏季限定の冷やし五目蕎麦らを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

早いもので今年もすでに8月へと投入

 

まだまだ暑い日が続くものとなりますが、そんな中本日は子供の方より

「天丼が食べたい」とのリクエストが

 

過去にも様々なリクエストを聞いてはきたものの

天丼を食べたいとの発言はこれが初めて

 

要するに、どこの天丼といった候補は存在しないのでしょうが

私にとって、千葉で頂く天丼といえば、まず思い浮かぶのは富士見町の神田

 

が、しかし本日は日曜日

神田もお休みとなりますので、天丼についてはお蕎麦屋さんから候補を検索

 

ここで次に思い浮かぶのは、富士見町のお隣

千葉中央にお店を構える阿づ満庵となるものの

 

アチラは人気店であるのはともかくとして

なにより絶大すぎるボリュームでも知られるお店

 

これを子供一人で完食するのは、さすがに我が子とて難しいものとなります

 

 

その他で思い浮かぶ候補はいくつかありますが、

ちょうど私もお蕎麦を食べたかったことから、車を都賀方面へと走らせ

こちら、都賀駅より徒歩10分ほどとなります

手打ち蕎麦 花月庵を久々訪れてみるものとなったのです。

都賀駅から徒歩圏となる住宅街のお蕎麦屋さん、手打ち蕎麦花月庵を久々訪問

天丼を食べたい、という子供のリクエストに応じて向かうものとなった

都賀のお蕎麦屋さん、花月庵

 

過去にも何度か訪問している同店ですが、いずれも私1人での訪問

カミさん、子供を連れての訪問は今回が初となります

 

若葉区役所の一本裏手となる同店ですが、お店の前に2台分の駐車場を完備

本日もそちらへ車を停めて、暖簾をくぐるものとなりました

 

さて、久々の訪問となる花月庵

まずメニューから目を向けていきますが、

2年ぶりの訪問ながら、特に変化は見受けられず

念のため、過去の訪問時とも比較しましたが、価格についても据え置きのままとなる様です

 

上記の他、以前に訪問した際にも頂いております

夏季限定メニューとなる「冷やし五目蕎麦」が提供されている他

参照:都賀駅から徒歩7分、花月庵で頂く夏限定メニュー、冷やし五目蕎麦⇒

 

店内に掲載されたPOPによりますと

現在提供されているお蕎麦については

令和二年会津産の蕎麦粉を使用しているとの説明を発見

 

大きな変化は見受けられないというのも

変化する必要が無い、といった老舗ならではの貫禄にも見えて来る同店

 

さて、本日の注文ですが、もちろん子供は天丼を選択

 

そしてカミさんですが、せっかくの夏休み期間

ということで本日もチートdayよろしく、お蕎麦の中から「冷やし五目蕎麦」を頂くとのこと

 

そして私ですが、カミさん同様に冷やし五目蕎麦にも惹かれる一方

以前より気になりながらも注文に至らずだった品

 

そう、同店の「かつ丼」を1度食べてみたく

本日はかつ丼と共にせいろを頂く「カツ丼セット」をオーダーしてみようと思います。

夏季限定、冷やし五目蕎麦は変わらず健在 ようやく巡り会えたカツ丼&せいろセットにも満足

本日、お店を訪れた時刻は11時を少しばかり回った所

すでに1組のお客さんが入店する中に、二組目としてお店を訪問

 

その後、先の1組が退店したと思いきや

次々のご近所と思しき常連さんが入店となり、テーブル席はアッという間に満席

 

私は平日の早い時間帯しか同店を訪れたことがないのですが

日曜、祝日ともなれば多くの常連さんで賑わう花月庵

 

住宅街にお店を構える老舗、街のお蕎麦屋さんといった様相で

地域に愛されている様子が伺えます

 

さて、そんな様子を眺め待つこと10分ほど

まず最初に提供となったのが、

こちら、子供のオーダーした天丼からとなります

 

メインとなる天丼に加えて、香の物が2品

更にはお椀もセットとなり、お値段は税込み1,100円

提供される天ぷらについては、後ほど子供に確認したものとなるので

正確には把握しきれておりませんが、

 

・海老

・きす

・なす

・獅子唐

・ピーマン

・舞茸

以上の6品が盛り付けられた丼になっているとの事でした

 

同天丼から遅れて、次に提供となったのがこちら

カミさんのオーダーした「冷やし五目蕎麦」となります

 

こちら花月庵で、私が同品を頂いたのは2年前となりますが

その時と比較しても、盛り付け、使用される具材共に同じままとなる夏季限定メニュー

 

敢えて多少の違いを見つけるとするならば・・・

以前は大根の下になっていた水菜が、今年Verでは上下逆転しているくらいでしょうか

 

プリッと仕上がったえび天もたっぷり盛り付けられ

蕎麦汁を掛けて頂くぶっかけスタイルも変わらずのままとなる様です

 

そして最後に提供となりましたのが、こちら

本日私がオーダーした

「カツ丼セット(せいろ)」となります

 

その名の通り、カツ丼にせいろもしくはかけそばをセットとした同メニュー

子供のオーダーした天丼の丼とサイズを見比べたところ、こちらの丼は気持ち小さめになるようです

 

そのサイズ感から察するに、同セットの主となるのはお蕎麦

そこに、ハーフサイズほどのカツ丼、ないしは天丼、親子丼が付いてくる、といったシステムに見受けられます

 

とは言え、こちらの丼にも

二種類の香の物がセットとなっておりまして

 

せいろが付いているのはもちろんの事、

カツ丼と共に頂くべく、お味噌汁も付いております

 

熱いうちにカツ丼から頂くべきか、それとも蕎麦からか

悩む選択肢ではありますが、猫舌の私は急ぎカツ丼に向かうことをせず

まずはこちら、せいろの方から一口目を頂いてみる事に

 

本日のお蕎麦は、先に説明があった通り

令和二年会津産の蕎麦粉を使用とのこと

 

そこまで風味を強く感じるお蕎麦ではありませんが

舌触り、喉ごし共に良く、丁寧に調理された蕎麦である事を感じさせます

 

お蕎麦と共に頂く蕎麦汁ですが

こちらはやはり、甘みが強めで辛さをそこまで感じない具合

 

ワサビを載せることで風味も高まり

スッキリした喉ごしで、夏の暑さを和らげてくれる、そんなお蕎麦と言えそうです

 

 

そして、共に頂くカツ丼についてですが、

こちらは3つにカットされた豚カツを載せ

卵でとじた、オーソドックスな見た目での提供

 

豚カツのサイズからして100gあるかどうか

といった風合いから、単品での注文と比較し、ハーフになるのではないかと推測されます

 

使用している豚肉についても、

そこまでの厚みを持たせているものでは無く、食べやすいサイズ感

 

染み入る出汁には蕎麦汁を使用しているものと推測され

こちらも甘みを強く感じさせながら、玉ねぎや卵らと絡むものになりました

 

総じて、平均的なカツ丼といった印象ですが

せいろもセットとなり、お値段はこちらも1,100円

 

お蕎麦の風味、風合いは季節によっても異なるものとなるので一概には言えませんが

お値段に対するボリューム、満足度としては文句なしの1食

 

毎日食べても飽きること無い

普段使いに適した、街のお蕎麦屋さんらしい1食となりました

 

そして、もちろんながら

食後にはしっかり、蕎麦湯もサービス

 

丁寧な接客、調理と共に

お店の歴史や貫禄をも感じさせる、地元に根付いたお蕎麦屋さんですね。

 

 

という訳で、久々の訪問となった都賀の手打ち蕎麦 花月庵

強い印象を残すことは無いものの、反面不足を感じることも無い

 

とは言え、お値段に対するボリューム、丁寧な調理はしっかりと伝わるものとなり

総じて言えば、十分満足出来る、そんな一食を堪能させて頂きました

 

なお、本日子供が注文していた天丼ですが

やはり子供一人で完食するには、いささかボリュームが多かったようで

 

残った分を私が担当しよう、と身構えていたものの

最後に残ったのは、ご飯1/4そして・・・、舞茸の天ぷら

 

残念ながら、同品を私は担当することは出来ず

残る舞茸の天ぷらをカミさんが食べる事によって完食を迎えるものとなりました

 

私だって天丼は好きなんですけどね

でも油断すると、すぐキノコが入ってくるんですよね、天丼・・・

 

キノコを除けばもちろん食べられるんだけど

具材1品を喪失する敗北感が、どうしても納得出来ず…

 

天丼キノコ無しを受け入れてくれる

いつの日か、そんな天丼に巡り会いたいものです。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

花月庵

■ かげつあん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区都賀4丁目17-5

■ 営業時間:11:00~20:00

■ 定休日:火曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。