スポンサーリンク

イオンモール幕張に3月オープン、江戸前天丼 濱乃屋へ初訪問! このボリュームで990円!? 豪快過ぎる特上天丼を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

8月も半ばとなり、気付けばお盆の時期に突入

今年は特に予定も無く、自宅や近所でのんびり過ごすものとなるのですが

 

そんな中、子供の洋服を買うべく幕張のイオンに行きたいとの話に

ちょうど私も、同イオンにオープンしてはいたものの、

タイミングが合わず訪問出来ずにいたお店があった事から、家族でイオンモール幕張へと向かうことに

 

お盆のイオンと言えば、十分予測出来るのが大渋滞&混雑

これを避けるべく開店直後を狙い、イオンに到着したのは10:30

 

お昼を先にするか、買い物を優先するか・・・といった時間となるのですが

幸い今回行きたかったお店はフードコート

 

こちらであれば10時には開店していることから

少し時間は早いものの、ランチを頂くべくイオンモール3Fのフードコートへ

 

そして、本日のお目当てとなるお店がこちら

 

今年3月にオープンしてたものの

・新型コロナの影響

・私が訪問した際は、たまたまの休み

などが立て続けとなり、足を運べずにいたお店

 

天丼の専門店

「江戸前天丼 濱乃屋 イオンモール幕張新都心店」を初訪問することに。

イオンモール幕張、フードコートの新店、江戸前天丼 濱乃屋に開店から5ヶ月、ようやく初訪問

今年の3月に同フードコートへオープンした、江戸前天丼 濱乃屋

オープン情報は早々に聞きつけており、

しかも私の好物である天丼とあらば、真っ先にお店へ向かわねば・・・

 

と、していたものの

開店直後には緊急事態宣言が発令

 

同宣言が明けた後にお店へと向かったものの、

狙い澄ましたかの如く、私が向かった日までが臨時休業に

参照:https://barconcertvienne.com/cafe/27033/

 

結果、開店からすでに5ヶ月が経過してしまったものの

このタイミングになってようやくは初訪問を達成するものとなりました

 

さてさて、フードコートへ到着したのは

前述した通り、開店からまだ間もない10:30

 

当然、同エリアにいるお客さんの姿もまばらとなる中、

まず向かってみるのは江戸前天丼 濱乃屋のメニューから

前述した通りの天丼専門店ですので

提供されるメニューももちろん、天丼のみ

 

全4種のメニューが用意されていますが

見たところ、お値段によって微妙に盛り込みの内容が異なる様子

 

となれば、選ぶはもちろん全部のせ・・・

ではありませんが、それに近しい盛り付けと見受けられる

「特上天丼(990円)」を頂いてみることに

 

サクッと注文を終え、ブザーを受け取ったところで席探しに

考えて見れば、こちらのフードコートを訪れるのも実に久しぶりでして

 

このコロナ渦で、どのような営業が行われているのか、少し様子を見渡してみますと

従来より、十分すぎる広さを兼ね備えている同エリアですが

各テーブル同士の距離がしっかり保たれた状態で配置されております

 

これだけの広さに並んでいた、多くの机やテーブル

ソーシャルディスタンスを確保するには、席を間引きする必要があるのは分かりますが

それにしても、その間いったい、どこに保管しているのか・・・

 

それもこれも、広すぎる程に広い、幕張イオンであればこそ出来る業でしょうか

 

そんな事に興味を持ちつつ、待ち時間の間

お店(江戸前天丼 濱乃屋)の説明書きを発見

こちらによればm天ぷらに使用している素材へのこだわりはもちろん

使用する油、炊きたてのご飯

 

更には、コクがありつつもサッパリした味わいのタレを使用するなど、お店のこだわりが満載

特上だけに、ボリュームも期待出来る天丼を楽しみに待つものとなります。

豪快な盛り込みの天ぷら、素材には大満足するも、そのタレの加減が勿体なさ過ぎる結果に…

注文を終え、待つこと10数分

ようやく鳴り出したブザー片手にお店の方へ

 

受け取ってきた本日のランチがこちら、

江戸前天丼 濱乃屋にて頂く

「特上天丼(990円)」となります

 

さてさて・・・一体、どこから手を付けて良いものやら

まず驚かされるのが、1本丸々で盛り付けられた穴子の天ぷら

 

その豪快な佇まいは、丼に乗り切れていないものの

絶妙すぎるバランスの元、どうにか器の上に収まっております

 

その周りを固める・・・

いや、穴子を支える様にして盛り付けられているのが、

・海苔

・かぼちゃ

・茄子

といった面々

 

これらどれも、しっかりしたサイズを誇り

穴子に負けず劣らず、存在感を放っております

 

その他諸々については、後ほど・・・としますが

まず特上のサイズ感が分かりやすい比較となるのが、

こちら、カミさんの注文した「上天丼」となります

 

メニュー上の説明では

・穴子

・本日の魚(キス)

これら2品の有無が特上との違いとなっており差額は300円

 

ただ、こちらを見る限り

センターにいるのって明らかに、キス・・・だよな

実質穴子のみで、300円の差額、、、まあ良いか

 

 

それでは早速、天丼を頂いていきたい所ですが

まあ見ての通り、ご飯がスッポリ覆い隠される程の天ぷらでして

 

丼らしく、天ぷらとご飯を共に頂きたいものの

天ぷらを一旦避難させるスペースや取り皿らが無いのが難点

 

ここは大物となる穴子を最初に片付けないことには

ご飯が日の目を浴びることも無し、

と、まずは穴子を頂くべく撮り上げてみたところ・・・、

その身の柔らかさ故か

自体重を支えきれない穴子は無残にも真っ二つ

お盆の上に落下するものとなってしまいました

 

それもこれも、フワッとした柔らかさを誇る故ですが

せめて取り皿、ないしは丼の蓋を用意頂ければ有り難いですね

 

抜群のボリュームを誇る穴子を片付け、

ようやく出来たスペースを使い、その他の天ぷらへ

まずはこちら、海老が2本入り

カラッと揚がって甘みも上々な天ぷらとなっております

 

続いては、日替わりとなる白身魚ですが、

本日はキスの天ぷらとなっております

こちらも柔らかく仕上がっているのですが

タレがちょっと濃い目となっており、淡泊なキスの風味はあまり感じられず

 

続いてはかき揚げですが、

こちらは小ぶりながらも、以下にネギにと具だくさん

ただ、こちらもまたタレがしっかり掛かりすぎており

ちょっと塩味が強く感じられますね

 

そして、海苔の天ぷら

その脇には、茄子とかぼちゃといった品々となるのですが・・・

 

やっぱりここで気になってしまったのが、タレの濃さでして

説明書きによれば、

「コクがあるのにサッパリした味わい」と書かれていたものの

 

これは正直言って、塩味が強いというか

辛さを感じる程に、醤油系が強い味付けとなってまして

 

ある意味では「江戸前らしい」のかも知れませんが

ご飯に至ってはタレがべっちゃり染み入っており、

私的には、ちょっと食べられない程のしょっぱさを感じてしまいました

 

もちろん好みの問題にはなるものでしょうが

天ぷら自体は具材も多く、サイズも上々で良い部分が目立った故

 

タレの塩味の強さなのか、シンプルにかけ過ぎているだけなのか

いずれにせよ、強すぎる塩味が好みとは言えない結果となりました

 

 

ちなみに、同丼は単品にて990円となりますが

今回は、+120円で漬物&赤だしセットを注文

 

こちらの味噌汁は普通に美味しく頂けたのに

なんで天つゆがあれほどにしょっぱかったのか・・・

 

なお、とっても地味な話にはなるのですが

前述した通り、天ぷらを避難させる小皿等が無い環境に於いて、漬物の小皿が大活躍

 

こちらの特上天丼を注文される際は

漬物セットでのオーダーをお勧めします(笑)

 

 

という訳で、オープンから5ヶ月経過ながら

ようやくの初訪問となった、江戸前天丼 濱乃屋

 

主役となる天ぷらについては、どれも申し分無く満足した反面

それらの味の決め手となるタレが、少々残念な結果に

 

とは言え、ボリューム・お値段共にリーズナブルな設定となりますので

濃い目の味付けに抵抗が無い方は、ぜひ生であの迫力を味わってみてください。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

江戸前天丼 濱乃屋 イオンモール幕張新都心店

■ えどまえてんどんはまのや イオンモールまくはりしんとしんてん

■ 住所:千葉県千葉市美浜区豊砂1-1 イオンモール幕張新都心 3F LIVE KITCHEN

■ 営業時間:10:00~21:00

■ 定休日:イオン定休日に同じ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。