スポンサーリンク

稲毛区山王町の人気蕎麦店、そば処 山水 蕎麦に丼、果てはハンバーグにラーメンまで揃うお店で頂く、上かつ丼&ざるそばセット

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、本ブログでも紹介した

稲毛区山王町(正確には六方町)にある和食のお店

 

魚彩二幸へと足を運ぶ度、

毎回気になっていたのが、同店向かいにあるお蕎麦屋さん

 

見た目の雰囲気からして、昔ながらの町の大衆蕎麦店

といった空気感を受けるのですが、こちらのお店が気になる最大の理由

 

それが、同店脇に並ぶ広めの駐車場が

昼時にはいつも満車となっている、その姿なのです

 

最寄り駅となるのは、JR四街道駅

とは言え、駅から徒歩では10分以上掛かる立地故、車での訪問が原則必須

 

その為、駐車場が広く、多くの車が止まっているのも当然ではあるものの

この駅からも離れた、お世辞にも便利とは言えない立地

そしてお店もまた、見るからに大衆向けのお蕎麦屋さんでありながら、この混雑ぶり

 

これにはきっと、何かしらの理由があるはず・・・

その謎を解き明かすべく、この日のランチはカミさんを連れ、

JR四街道駅から車で5分

稲毛区六方町交差点からすぐとなる、そば処 山水を訪れてみるものとなりました。

JR四街道駅から車で5分、稲毛区山王町で見つけたお蕎麦屋さん そば処 山水を初訪問

この日、お店に着いた時刻は11:30

お昼時にはまだ早いものの、同時点でお店の駐車場には5台以上が停車中

 

10台近く停められる広い駐車場ですので、問題なく車は停められたものの

まだお昼には早い時間帯、しかも平日でありながらこの賑わいぶり

 

やはり、ただの大衆蕎麦店では収まりきらない秘密があるはず

そんな期待を込めながら、暖簾をくぐることに

外から見る建物通り、店内もまた広い作りとなっており、

上記の様なカウンター席、テーブル席に加えて、個室風のスペース

 

更には、店内奥にいくと

団体やお子さん連れでも訪問しやすい、小上がり席も広々と完備

昔ながらの雰囲気ではあるものの、ここまで広いお蕎麦屋さんは久しぶりですね

 

お好きな席にどうぞー

と促されるまま、店内中央のテーブル席へ

 

早速、メニューに目を向けてみますと、

・・・なんだこの品数の多さ(汗)

 

温かいお蕎麦に冷たいお蕎麦

この辺の品揃えには特に違和感なく受け入れられるものの

 

そのお隣にいって並ぶのが、大量の定食メニュー

蒲焼き、天ぷら、海老フライに豚カツ

 

この辺までは、丼ものとの絡みもあるので、受け入れられるとしても

カルビ焼肉に生姜焼き、ハンバーグに牡蠣フライ

野菜炒めにいかフライ、唐揚げにサバの味噌煮、果てはモツ煮込み定食までが並ぶ始末

 

そんな定食の幅広さもあってか

丼もの、ご飯ものメニューも充実しすぎており

定番は一通り揃っている他、天玉丼やカルビ丼、チャーハンにハンバーグカレーまで

 

ファミレスにも引けを取らない、この豊富なメニュー

なるほど、これが人気の秘密でしょうか

 

そんな豊富過ぎるメニューは裏面にも続き、

先ほどの丼もの各種にお蕎麦が付くセットの他

メインのお蕎麦に、おかず入りご飯?が付いてくるセットも

 

更に驚きは、その下

「中華の部」なるコーナーが設けられており

皿うどんにチャーシューメン、五目中華に焼きそば、そしてタンメン

 

夏季限定ながら、そうめんに冷やし中華

サラダうどんに天麦なるメニューも揃うなど、とにかく品数の豊富さは尋常じゃありません

 

更には別途、お勧めメニューが用意されており、

こちらには、前述したメニューには無い三味そば(とろろ、山菜、納豆)や

各種丼のミニサイズなどがご紹介

 

これだけ豊富なメニューが揃ってしまうとなれば、

お蕎麦屋さんではあるものの、その他メニューの方が気になる始末でして

 

とは言え、まずは蕎麦も頂いてみるべきか否か

となると、ご飯とお蕎麦が一度に味わえる

このセットメニューが、まずは有力候補といった所でしょうか

 

しかし、こちらのセットにしても、その数はゆうに10種以上

私的に気になるのは、カルビ丼ないし天玉丼でしょうか・・・

 

とにかく数も多く、候補を絞りきれずいる中、

一足先にカミさんは「天重(上)」を頼むことに決定

 

それを受け、私も上記した2品を悩んでいたところへ、カミさんから一言

「蕎麦屋で食べるなら、王道はやっぱかつ丼じゃん」

 

・・・出たよ、王道大好き発言

というか、チャレンジ精神の無い、安定至上主義

 

対する私ときたら、アンチ王道、アストレイ至上主義

しかし、ここで候補に浮上したかつ丼・・・

確かに、久しく食べてないよなあ

 

よし、ここはもう腹をくくり王道勝負

という訳で、悩むこと10分弱

本日のオーダーは、かつ丼(上)セットを頂いてみようと思います。

蕎麦に丼ものはもちろん、ハンバーグに野菜炒め、果てはラーメンまで揃う山水で頂く、かつ丼&ざるそばセット

悩みに悩み、ようやくかつ丼セットに降り立った、稲毛区山王町のそば処山水

 

注文を終えた頃、私たちの後ろに当たるボックス席にいたお客さんが退店

そちらのお客さんが帰ったところで、同席の方を覗き込んでみると、

あれだけ多数の品がメニューに並んでいたにも関わらず

壁には更に、新たな品の姿を発見

 

しかも、揚げ餅・葉わさびそばとか、絶対美味そうじゃん

お隣のイベリコ豚せいろだって気になるし

 

ここに来て、更に新たな蕎麦2品を見つけてしまい

これは早くも、再訪確定か・・・

 

と心揺れ動く一方、ここにもまた気になる情報が

山水からのちょっとサービス♪

と添えられた一文によると

「そば・うどん・定食をご注文のお客様には、ミニライスをサービス」とのこと

 

そば、うどんにミニライス

ここまでは良しとしよう

 

が、しかし・・・

定食にもミニライス??

明らかにやり過ぎだろ、それは(笑)

 

気前が良いのか、果てまた過剰なのか

なんにしても老舗のお蕎麦屋さんではありながら、

そこに胡座をかくことのない、真摯な姿勢が伺えます

 

そんな様子を眺めながら、待つこと15分程

こちらが、稲毛区山王町のそば処山水にて頂く、初ランチ

かつ丼セット(上)のざる蕎麦セットとなります

 

蕎麦と丼のセット、となる以上

ある程度のボリュームは想定していましたが

まさか、蕎麦とかつ丼が同じ器に盛り付けられての登場とは(笑)

 

この重箱?の様な器だけでも壮大だというのに

こちらのお蕎麦には、薬味は勿論、うずらまでもがセット

ちょっとした余所行き感のあるお蕎麦が頂けてしまいそうです

 

そんなお蕎麦の方はというと、

白みがかったお蕎麦に刻み海苔トッピング

 

メニューによると、生そばを使用しているとのことですが

お店で打たれているのかどうか、は確認出来ず

 

細さが均一ですし、手打ちでは無さそうですが、

私程度の知識では、それ以上を計り知ることは難しそうです

 

そして一方のかつ丼がこちら、

セット用となりますので、通常サイズよりは小ぶりなのかな?

 

と思われますが、それであってもボリュームはなかなか

ご飯も重箱半分にきっちり詰まっており、豚カツも程良い厚みがあり、食べ応えは十分そうですね

 

それではまず、お蕎麦の方から頂いてみましょう

喉ごしのスッキリしたお蕎麦となりますが、風味や香りは弱め

本格的なお蕎麦、というよりは大衆店らしいお蕎麦といった印象を受けます

 

これとともに頂く蕎麦汁ですが、こちらは甘めな味わい

辛味はかなり抑えられており、天丼らとも共有出来そうな味付けとなっております

 

その分、薬味との相性が良さそうな蕎麦汁となりますので、

せっかくならば、と

ネギに加えてウズラもトッピング

大衆店のお蕎麦らしく、気取りのないお蕎麦が頂けます

 

そして一方のかつ丼ですが、

断面はこんな感じの豚肉となります

 

衣が厚めではあるものの、カリッとした食感も残り

それでいて、卵とじと共に染み入った出汁の甘みも満載

 

こちらもまた、甘めの味付けとなっていますので

前述した蕎麦汁を卵とじの際に使用しているものと思われます

 

豚肉自体は、そこそこといった風合いですが

甘めの味付けで食べやすく、老若男女が好みそうな品に

 

ファミレス規模にメニュー数を構えるお店ではありますが

しっかり揚げたての状態で提供されており、丁寧に調理されていることが伺えます

 

 

一方、カミさんがオーダーした天重(上)がこちら

器はもちろん、重箱となるのですが

その中には豪快な海老天が、なんと3本入り!!!

 

この手の天丼の場合、厚めに衣を着け、サイズを大ぶりに見せる傾向があるのですが

こちら山水の海老天は、上記の見た目そのまま、海老のサイズもしっかり豪快なのです

 

あまりのボリュームにたじろいだカミさんから

上記の海老天を一口頂いたのですが・・・

これは、海老天の完全勝利

 

その大ぶりなサイズに、嘘偽りの無いプリッとした海老

味付けはかつ丼同様、甘めにはなっているものの

それがしつこくならない程度に抑えられており、海老の甘みにも良く合わさります

 

その他の天ぷらは、野菜が2~3品となり

バリエーションこそ控えめにはなっておりますが

天ぷらといえば海老、を体現したかの様な、豪華仕様の天丼

 

これだけの海老天を使った天丼ながら

お値段は1300円となり、私のかつ丼セットより50円安いとは

 

本日ばかりは、カミさんのチョイスに

圧倒的な差を付けられ、敗北を喫するものとなりました

 

 

そんな訳で、初訪問となった稲毛区山王町のそば処山水

帰り際にレジの前にて手書きの説明を目にしたところ

そこには、同店で提供する天ぷらに関するご案内を発見

 

その説明を見る限り、品数の豊富さが山水のウリと思いきや

その中でも特に、天ぷらに対する思い入れが強そうな様子が伺えます

 

ともなれば、先ほどカミさんが食べた天丼の豪快さも、納得の話で

次こそは、天丼・・・とは言わずも

天ぷらを主体として注文する事を念頭に、お店を訪れてみようと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

そば処 山水

■ そばどころ さんすい

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区山王町410-1

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~20:00

■ 定休日:水曜日・第三木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。