スポンサーリンク

千葉中央の絶品和食ランチ、といえば小料理しゅん 隠れ名店で頂く日替わりメニュー『にしんのフライマスタードソース』に絶品お刺身もセット!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

前日にしこたま飲み過ぎた影響により、この日は久々、全力の二日酔い・・・

午前中を全てベッドの中で費やしたものの、昼近くになってカミさんに叩き起こされることに

 

「昼、どうする??」

と持ちかけられはしたものの、見ての通りの二日酔い

せめて食べるのであれば、胃に優しいものを・・・

 

と、うどんや蕎麦を希望する旨を暗に伝えるのですが、その声は届かず

「じゃ、小料理しゅんにしよう」

 

結局、カミさんが食べたいものに押し切られた結果

この日は運転を代わってもらい向かった先は、中央区本町

 

本町小学校のすぐ側となるこちらのお店

本ブログでもお馴染み、同エリアが誇るランチの隠れ名店

「小料理しゅん」を久々に訪れてみるものとなったのです。

千葉中央の隠れた名店、小料理しゅんを久々訪問! 絶品和食メニューも夏仕様にマイナーチェンジ??

新型コロナの影響による、非常事態宣言の中

ランチの品数を絞り、テイクアウトにも対応するなどして営業していた

 

との話は聞いていたものの、結局足を運ぶことが無く終わってしまった

中央区本町の小料理しゅん

 

すぐ並びにある、リストランテサクラが

6月の末に突如閉店したとの話も聞いており、ちょっと寂しさを感じる中

こちら、小料理しゅんは、変わらずのランチメニューが提供されている様子

 

とは言え、メニューの中には鱧のフライが加わっていたりと

夏の味覚が並び始めていることが伺えます

 

ちなみに、今日に日替わりはにしんのフライ

マスタードソースで頂けるとのことですが、これもなんだか面白そう

 

ひとまず、二日酔いの体を引きずりながら店内の方へ

こちらでもまた、本日のランチメニューの確認となるのですが、

店内にある小型の冷蔵庫

その壁面にはホワイトボードが取り付けられており、そちらを見ると

「土曜日限定 天丼」とのこと

 

これは・・・食べたい

が、今日は水曜日…

 

あらためて土曜日に出直すことを深く脳裏に刻み込み

ひとまずは本日のランチを決定することに

 

レギュラーメニューについては、概ね一度は食べておりますので

やはり気になるのは、本日の日替わりであるにしんのフライ

 

ただ、二日酔いの余韻を引きずる今の体調が

油を使ったにしんのフライを、果たして受け付けてくれるのか否か

 

アサリの卵とじや、鴨の親子丼

鯖の味噌煮らの方が、疲れ切った今の胃腸には優しく染み渡るのでは?

 

などなど、思考を繰り広げようにも・・・頭が回らない

結果、考えることを停止し、気の向くまま

「本日の日替わり(にしんのフライ)」をお刺身付きのセットにて頂いてみるものとなったのです。

二日酔いにも負けず、完食できるその美味しさは健在! 日替わりメニューニシンのフライに舌鼓!!

普段であれば極力、カミさんと被らない様に

逆張りを選択する私のランチですが、この日はもろにバッティング

 

いや、むしろ自身で考える力も残されていない程

前夜のアルコールを残したままのランチとなる故、

カミさんのオーダーに自身も乗っかる形で、同じものを注文する事に

 

この日、お店に着いた時刻は11:30を少し回ったばかり

先客のいない中に1組目として入店したのですが、

その後12時が近づくに連れ、お客さんの数も増加

 

私たちがランチを頂き出す頃には、4組のお客さんで賑わいだした店内

その中で、一足早く配膳されてきた本日のランチがこちら、

小料理しゅんで頂く、本日の日替わりメニュー

にしんのフライ マスタードソース添え&お刺身セットとなります

 

メインのおかずに加え、小鉢3品セットが小料理しゅんの標準スタイル

この日もまた、見るからに興味そそる小鉢が

この通り、3品そろい踏み

まずかぼちゃですが、てっきり甘めの煮付けを想像して頂くものの、まさかのカウンターパンチ

 

今時期の暑さに心地よく感じる、酸味ある酢漬け?の様なかぼちゃとなっているのです

斬新な味付けではあるものの、かぼちゃの甘みに酸味が上手く馴染んでおり、スッキリした味わいを楽しめます

 

そして、そのお隣もまた、季節の素材

トウモロコシの煮付け・・・というべきなのでしょうか??

 

元はトウモロコシのかき揚げ、の様でもある品を

出汁に絡ませながら煮込んだ様な1品でして

 

甘みと出汁の旨味、双方を感じさせるも

食感は柔らかで、これもまたなんとも説明しづらい1品

 

とは言え、素材の甘みに出汁の旨味をしっかり味わえ

当然、ご飯のお供にもマッチする、絶品小鉢となっております

 

そしてお次はお刺身の方へ

この日の刺身は3品、

イカにしめ鯖

そして・・・にしん??

 

確認しようと思うものの、ご主人は他のお客さんの調理で大忙し

直接の確認は出来なかったものの、この色味に光り物である事を感じさせる皮目の残り香

 

なにより、驚く程に脂の乗った白身ならではの美味しさ

これはもう、にしんのお刺身ではないか、と

 

関東でにしんを刺身にて頂く事が珍しい上

この極上の脂の乗り

 

お刺身で提供できるにしんがありながら

本日の日替わりランチもまた、にしんのフライ

刺身で頂ける程の極上にしんをフライにしてしまった、ということでしょうか??

 

ますます期待が高まる、本日メインのおかずがこちら

にしんのフライ マスタードソースとなります

 

程良い厚みで衣を纏ったにしん

味付けには、フレンチ系のソース?にマスタードを添えており

甘みと酸味、ほのかな辛味を与えてくれるようです

 

早速、ご飯と共に頂いてみますが、

うーん、ふっくら柔らかい

そして、滴り落ちる脂の旨味・・・絶品

 

前述した通り、刺身で頂いても美味しい程のにしん

それを贅沢にもフライにして旨味を閉じ込めつつ

更には、ソースによる味付けをもプラス

 

そのどれもが、素材の美味しさを邪魔すること無く

より一層高みへと引き上げる為の手助けとなっております

 

当然ながら、そんなにしんのフライとご飯のマッチングも良好

二日酔いで胃腸がくたびれていたにも関わらず

各種おかずの美味しさに釣られ、一瞬にしてお茶碗を空にする速度で食べ進めてしまう程

 

二日酔いを心配しながらの注文にはなりましたが

蓋を開けてみればなんのことはない

 

美味しいご飯を前にすれば、前日のアルコールなどどこ吹く風

二日酔いすら、一撃で吹き飛ばす「小料理しゅん」の、

優しさと素材の美味しさ、斬新な味付けを前に、胃腸の疲れもすっかり癒えるものとなりました

 

 

そんな訳で、久々の訪問となった小料理しゅんですが

メインのおかずは勿論のこと、サイドメニューとなる小鉢に至るまで

隙の無い品揃えは、変わらず健在

 

旬の鮮魚に野菜、刺身に揚げものにと

どんな調理法であっても、いちいち美味い

間違いの無い絶品ランチを堪能させて頂きました

 

非常事態宣言の渦中は足を運べずにおりましたが

その間は、ランチメニューをカレー等に絞り、営業していたとの話も

今更ながら、そちらのカレーも食べてみたかった・・・

 

なお、この日の帰り道

すぐお隣にある、リストランテサクラが閉店した

との噂を確かめるべく、そっと覗いてみたのですが・・・

 

特に張り紙等の告知は見当たらず

ただ、お店についてはお休みの様子でして

千葉が誇る絶品イタリアンだけに、その詳細については引き続き、様子を伺っていきたいと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

海彦、山彦、小料理しゅん

■ うみひこ やまひこ こりょうりしゅん

■ 住所:千葉県千葉市中央区本町2-5-3

■ 営業時間:11:30~14:00(夜は予約のみ営業とのこと)

■ 定休日:日曜日、祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。