スポンサードリンク

千葉ペリエの「おだしうどん かかや」 冷しメニューも充実した、千葉駅直結の創作うどん専門店

LINEで送る
Pocket

この日のランチは子供と2人、千葉駅周辺で頂く事に

何が食べたいかリクエストを聞くと(どうせピザって言うんだろうな・・・)、まさかの

「うどんが食べたい」との回答が

 

千葉駅付近でうどん・・・

リニューアルしたペリエの1Fに「丸亀製麺」がオープンしたが、丸亀製麺ならわざわざ千葉駅前で食べる必要もない

わざわざ千葉駅付近で、食べるに値するうどん、となると・・・

 

向かった先は、ペリエの5Fレストランフロア

同フロアがオープンして以来、複数回リピートしている数少ないお店となるのが

こちらの、うどん専門店「おだしうどん かかや」となります。

 

創作系から定番まで、幅広いメニューを誇るのが特徴的なお店でもある

おだしうどん かかやにて、本日の子連れランチを頂こうと思います。

スポンサーリンク

久々の再訪となったうどん屋さん おだしうどん かかや ペリエ千葉店

オープン当時に訪問した際、本ブログでも紹介した、おだしうどん かかや

ペリエ千葉、注目の創作うどん店 おだしうどん かかやにて初ランチ

 

同記事でも触れている通り、こちらのお店は千葉ではまだ少ない、うどんの専門店

とは言っても、讃岐うどんや稲庭うどんのように「うどん」そのものに拘りを持つお店と言うよりは、つるとんたん等のような創作うどんをメインとしたお店となります。

 

ペリエ内のうどん専門店とは言え、そのメニュー数は豊富で

ランチだけでも、総勢24種類のうどんが提供中

これに、ディナー帯限定のメニューも加わるため、総勢30種を超える、さまざまなテイストのうどんを頂くことが可能

なお、ランチに関してはうどんの種類が減る反面、ご飯やサラダを追加できるセットメニューが提供されており、ボリューム面でも不足のないお店となります。

 

上記のレギュラーメニューに加え、暑い日が続くこの季節に食欲沸きそうな

しらすと茄子の冷し梅出汁うどんという限定メニューも。

しらすに梅、そして冷し・・・季節感もありそそられるメニューではあるものの、茄子にはあまり惹かれないのが難点

対し、梅大好きなウチの子は、こちらの限定メニューが好みの様子

 

さて、自分の分はどうしようか

創作うどんが24品もあり、嬉しい悲鳴があがる反面、メニューが多過ぎて頭を抱えてしまうのも地味に難点…(苦笑)

スポンサーリンク

暑さ蹴散らす冷しメニュー多数の中、温かいごぼ天肉うどん&カレーをオーダーw

酷暑が続く中、うどん専門店である「おだしうどん かかや」を訪れるお客さんの殆どが注文するのは、冷たいうどん

当然私も、冷たいうどん目当てのつもりでこちらを訪問したのですが、同店の提供する冷たいうどんは、前述した「しらすと茄子の冷し梅出汁うどん」に加え、

・梅たっぷり冷しうどん

・魚介たっぷりサラダうどん

・豚しゃぶ胡麻ポン酢うどん

・濃厚胡麻だれのつけうどん 黒胡椒七味ラー油

の5品のみ

 

どれもサッパリしており、酷暑でありながら食欲をそそりそうな品である反面、暑さを特に苦にしていない身としては、もっとコッテリ感が欲しい所

プラス、どのうどんを食べたとして、あと一歩空腹が満たされないことを考えると、サイドメニューが必須

こちらで注文できるランチのサイドメニューとなるのは

・カレーライス

・しらすと生海苔の丼

この2本柱

 

どうせ決めきれないなら、先にサイドメニューを決めてしまい、そのサイドメニューに合致しそうなうどんを頼んでみよう!!

と、消去法的に24種ある創作うどんメニューを厳選していった結果、この日のランチにセレクトしたのは、

スポンサーリンク

ごぼう天 肉うどんにカレーライスを加えた「Aセット」となります。

 

まず、メインとなる「ごぼう天 肉うどん」ですが、

優しさ溢れ、香る出汁に、ごぼ天とバラ肉のトッピング、そして色づけの三つ葉

色合い、コッテリ感、ボリューム共になかなかの様子

冷たいうどんを候補に挙げていた事など、もはや遠い過去のことです(笑)

 

そして、脇を固めるサイドメニューには

こちらのカレーライスとなります

お蕎麦屋さんのカレーを彷彿とさせる、シットリ系のカレー。

サイドメニューながら、思いのほか具沢山にも見えますね。

 

ではまず、うどんから頂いてみましょう。

出汁の方からは、いりこや昆布、節系がしっかり香り、わずかに動物系の旨さも感じられます。

そういえば、ここのお店何度か通ってるけど、坦々やクリーム系ばかり食べていて、シンプルに出汁が感じられるうどんを食べたのは初めてかも(笑)

 

品良く、飽きの来ない出汁に笑顔を浮かべつつ、次なるは主役のうどんへ

稲庭うどんを思わせる平打ち系ですが、太さはなかなか

若干ウェーブ掛かったうどんは出汁とも絡みやすく、上品な風味を同時に味わうことが出来ます。

トッピングのごぼ天、バラ肉の両者から出る、揚げと脂の旨味もしっかり加わり、上品ではあるものの淡泊にはならず、食べ応えもなかなか

 

加えて、こちらのお店では、テーブル上にある「かかや自慢の削り粉節」を加えた味変が可能にもなります。

同薬味は、その名の通り魚粉100%の旨味を加えることが可能

先ほどまでの上品な味わいに、プラスαの削り節が加わることで、一層強く海の幸を感じるお出汁にパワーアップを果たします。

 

一方、サイドメニューのカレーですが、こちらからもうどん同様に出汁の旨味を感じるものの、意外な程に辛さも強め

辛めと言っても、大人であればまず問題無く食べられる程ですが、この辛さがうどんの出汁の甘み、旨味を一層強く引き立てます

ただのサイドメニューではなく、メインの旨味を引き立てるバランスを持ち合わせているのは、チェーン店でありながら、なかなか良く出来た組み合わせに思います。

 

案の定、うどんだけでは満腹とならなかったものの、カレーが加わったことでジャスト腹八分目に到達

お値段的には、両者合わせて1180円となるので、この価格をどう思うかについて、ネット等のレビューでは意見が分かれるようですが、個人の見解としては「アリ」に思うのです

駅前という立地に加えて、創作意欲溢れた、具沢山なうどんとあらば、この価格でも私的には十分納得の範疇なんですね。

 

どうも、うどんは蕎麦に比べて低く?見られる傾向があるのか、例え拘りの蕎麦粉を使用していようとも、蕎麦一枚で1000円を越えるお店がザラにあることを考えると、このうどんが一杯930円でも、不思議には思わなかったり。

※ カレーが250円となるので、セットで1180円となります

 

まあ、うどんと蕎麦で値段を比較すること自体が、違う土俵で比べているようなものですから、参考にはなりませんが(笑)

なんにしても、ボリューム、味共に満足しつつ、最後まで美味しく頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

おだしうどん かかや ペリエ千葉店

■ おだしうどん かかや ぺりえちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉5F

■ 営業時間:11:00~22:30

■ 定休日:ペリエの定休日に同じ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。