スポンサードリンク

一風堂 20年ぶりの大発明?ソースとんこつを食べてみた &千葉中央店限定メニューも

LINEで送る
Pocket

少し前、千葉のナンパ通りにある一風堂前を通った際、期間限定の新メニューが提供中との情報を発見。

とはいえ一風堂が提供する限定メニューには、過去にもいろいろ食べては見たものの、残念ながらレギュラーメニューである白&赤丸を越える品には出会えず終い。

 

そんな訳で、今回の限定メニューについてもスルーする心構えで居たのですが、先日見たラーメンブログの情報で

「今回の限定は、ひと味違う」との噂をキャッチ。

 

ただ残念なことに、その限定メニューは10月いっぱいまでの期間限定となっており、結局食べる事が出来ず諦めていたものの、先日、富士見町の一風堂前を見ると

 

噂の新メニュー「ソースとんこつ」のポスターを発見。

しかもそこには「好評につき、期間延長 11月30日まで」との一文が。

という訳で、これは巡ってきたチャンス、とばかりに噂の限定メニュー「ソースとんこつ」を食べに、一風堂千葉中央店へ行ってみました。

スポンサーリンク

限定がイマイチ刺さらない一風堂 20年ぶりの大発明、ソースとんこつはいかに!?

今回の限定メニューとなるソースとんこつ。

ベースとなる豚骨ラーメンにソースを加えた、いわゆる船橋のご当地ラーメン

「ソースラーメン」を想像させる雰囲気&ビジュアルのラーメンとなっております。

 

しかし、その説明書きには

「一風堂 20年ぶりの大発明!」

との一文が添えられており、白丸、赤丸に次ぐ衝撃とのこと。

 

とは言え、過去に頂いてきた一風堂の限定ラーメンには良いイメージが無く、今回もコピー倒れになるのでは無いか、との不安も募る中、大した期待をする事なく

「ソースとんこつ」をオーダーしてみることに。

 

ちなみに、このソースとんこつは一風堂全店で提供されている限定メニューとのことですが、これとは別途、千葉県内の店舗?限定にて

「千葉BLACK」なる、竹岡式を彷彿とさせる醤油ラーメンと

 

「千葉RED」なる、勝浦タンタン麺を彷彿とさせる、「一風堂式千葉の2大ご当地ラーメン」も提供中とのこと。

 

どちらも千葉県民にとっては馴染み深いラーメンではあるものの、これらを美味しく、且つアレンジして提供しているお店が千葉には多数ありますし。

これらも限定での提供とのことなので、気にならないと言えばウソになるものの、わざわざ一風堂で食べずとも、他店で頂けば十分というのも本音。

ひとまずこの2品は、とりあえず様子見…でしょうかね。

スポンサーリンク

船橋のご当地ラーメンともひと味違う! 一風堂らしさが香るソースとんこつ

この日の入店時刻は、いつものランチと比べて少し遅い13時前。

すでにランチのピーク帯は過ぎているものの、一風堂の店内は相変わらずの大盛況。

席に多少の空きは出来ているものの、入れ替わり立ち替わりお客さんが入店する人気ぶりは流石です。

 

そんな店内の様子を眺めながら、待つこと6~7分、ソースとんこつが到着。

箸袋にはハッシュタグ付きで「ソースとんこつ大発明」の一文が。

20年ぶりの大発明、果たして如何ほどなものでしょうか・・・

 

という訳で、まずはスープから一口。

まずガツンとくるのがソースの香りと甘み。

ほのかな酸味も一緒に広がり、斬新なようでどこか懐かしいソース味。

 

とは言え、船橋の「大輦」で初めて食べたソースラーメン程、スパイシーさは感じず、どちらかと言えばマイルドな仕上がり。

チェーン店らしい、食べやすい濃度、塩味に抑えられた様に感じます。

良く言えば万人受けしやすいのですが、裏を返せば中途半端感が否めず、これで20年ぶりの発明というのは飛躍しすぎに思われます。

 

と、疑問を感じつつ、トッピングの紅しょうがを全体に広げ、スープと合わせながら再度一口…

なるほど、紅しょうがが広がることでソースの風味が一変。

先ほどまでの甘み推しだった所に、酸味に加えて辛味までが加わると、スープの層が一気に深みを増しました。

 

甘み、辛味、酸味が一体化し、そこにベースのスープまでが合わさることで、ソースのようでもあり、どこかカレーのようにも思えるスープ。

これは良い意味で一風堂らしくない一品ですが、ハマる人には間違いなく刺さる、ジャンクさが溜りません。

 

ここでようやく麺にも箸を付けてみることに。

麺は、白丸・赤丸同様の細麺が使われているのですが、この麺だとやはり、スープとの絡みは今ひとつに感じます。

スープの濃度が高い、白・赤丸には当然、固めの細麺がベストマッチでしょうが、スパイシーながらベースが薄めなこのスープだと、太麺か縮れ麺の方がスープを美味しく頂ける気がします。

 

次にトッピングですが、デフォで盛られたキャベツ、紅しょうが、青ネギ、チャーシューに半熟玉子。

それに加え、別皿で提供された揚げ玉。

 

確かに、これをスープ焼きそばだと思えば、揚げ玉との相性は抜群のハズ。

という訳で、遅れて現れた揚げ玉を躊躇すること無く一気にドボン。

ビジュアルとしてのジャンクさは、先ほどをも上回りパワーアップ。

が、果たしてこの揚げ玉が、スープと調和することで何を産み出すのか・・・

 

思ったより、なにも生みませんでした(笑)

試しに、スープを吸っていない揚げ玉を素のまま一口食べてみると、特に味付けを感じず。

トッピングで揚げ玉を使うお店は増えてきていますが、そのどれもがカレーやらなんやらの下味を付けてトッピングすることで、スープに負けない風味をプラスし、且つ味変効果を与える役割を果たしています。

 

が、この揚げ玉には特に味付けが施されていないことから、単にスープを吸い上げる具材として提供されている模様。

もしこれに、何かしらの下味が加わっていたら、味変も楽しめるものの、さすがに濃くなりすぎるのかも知れませんね。

 

なんにせよ、様々なトッピングが盛られている中、群を抜いてこのスープを引き立てているのは紅しょうがの存在ですね。

しかも、ここ一風堂であれば、カウンター上のトッピングから紅しょうがは自由に追加可能。

普段のラーメンよりも多めに紅しょうがを足すことで、甘み強めなスープの酸味と辛味が高まり、他のラーメンとは一線を画する一杯となります。

 

麺や揚げ玉に対する賛否は分れそうですが、20年ぶりの発明と呼ぶにふさわしい、良い意味で「一風堂らしくない」ラーメン。

提供される期間は11月末までとのことなので、気になる方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

一風堂 千葉中央店

■いっぷうどう ちばちゅうおうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-15

■ 営業時間:11:00~翌1:00(金・土のみ2:00)

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。