スポンサードリンク

作草部まるわ 読解難易度高めの、光り輝く新コラボラーメンを頂きました

LINEで送る
Pocket

ブログの記事として取り上げるのは久々ながら、なんやかんや月2~3ペースで足を運んでいる、作草部のまるわ。

これだけ通っているのだから、散々食べ尽くしているものと思われがちですが、ラーメンの美味しさはもちろんの事、メニューの豊富さ、そして期間限定メニューの衝撃が溜らず、飽きなど微塵も感じることなく足を運んでしまいます。

 

ちなみにこの日は、新たなコラボメニューがスタートしたとのことなので、そちらの新メニューを頂きに訪問しました。

お店のドアに掲載されている写真、どうやらこちらが話題の新コラボメニューの様子。

その名も・・・鮮・・・蝦・・・雲呑・・麺(ワンタン以外、読めない 汗)

スポンサーリンク

作草部まるわ 10月のコラボメニューは難易度高いので「あれ」にて注文!

名前の雰囲気から察するに、エビを使ったワンタンと思われる新コラボメニュー。

その詳細は、というと・・・

写真から察するに、淡麗系の塩スープ、そして具材にエビが使われた大ぶりワンタンと薬味。

(そして、名前は読めないw)

 

今ひとつ、情報の入ってこない一杯ながら、そうはいってもまるわのラーメン。

これまでにも数々の限定、コラボ、裏メニューを頂いてきたものの、そこに失敗はおろか、イマイチに感じた品すら無し。

過去に食べてきた品々から受ける絶大な信頼があるからこそ、情報量の少ないラーメンであってもその真価は十分伝わる、とも言えます。

 

とはいえ、注文するに当たり困るのが「商品名が読めない」こと。

が、しかし、そんな苦難に際した時には

「あれ、下さい(店内POPを指さす)」

「限定のコラボ、下さい」

にて注文が可能とのこと。

 

という訳で、私も例に倣って「コラボのあれ、下さい」とオーダー。

スポンサーリンク

淡麗も激ウマなまるわらしい、アッサリ塩味なシンハーワンタンミン(← 言ってみたかった)

注文後、Twitterの情報を復習した所、新コラボ麺の正式名称は「シンハーワンタンミン」と読むのだとか。

 

検索してみた所、香港やマカオでは割とポピュラーな麺料理らしく、また店長の話によると

「本場の麺は相当な歯ごたえだけど、それはさすがにお店じゃ出せない」

ということで、同商品をまるわ風にアレンジした、小説「未必のマクベス」とのコラボ麺。

 

いずれにせよ、ワンタンの乗った美味しいラーメン、である事には違い無さそうだし、まるわで提供されるラーメンに対しては全幅の信頼を寄せられるというもの。

また、ここしばらくコッテリ系スープが続いていた所に、久々頂く淡麗系スープというだけでも受け入れ体制は万全。

 

という訳で、店長との束の間の世間話を経て、噂の新コラボ麺が到着となりました。

澄み渡った黄金色のスープが実に美しく、そしてその登頂を飾る4つのワンタン。

ワンタンの上部に飾られる薬味も差し色となり、丼を美しく彩っています。

そして皮から薄ら透けて見える餡からは、外観からはこの皿に不足して見える動物性タンパク質の存在が、良い意味で安心感を与えてくれます。

 

さて、まるわでは久々となる淡麗スープから頂いてみます。

思わず、「フゥ…」と息をつきたくなる、安心感と暖かみ、そして後に残る旨味が尾を引くスープ。

濃厚でインパクトある旨味とは違うものの、ひとつひとつの味を薄く丁寧に重ねた、まるでミルフィーユのような旨味の積み重ね。

このスープであれば全て完飲したとしても、なんら罪悪感を感じさせず、体を芯から温めてくれますね。

 

そして麺はお馴染み、浅草開化楼の中細ストレート麺。

淡麗なスープの邪魔をせず、しっかりと旨味を蓄えながら体内に吸収されていきます。

 

が、なによりこの麺の主役とも言える存在がこちら。

読解に何階を極めた商品名ながら、唯一読み明かすことの出来た部分「雲呑」です。

ツルモチな皮を口の中にスベらせ、一口噛みしめれば中から溢れる餡。

プチッと弾ける食感が、他のトッピングには無い「ワンタンならでは」の食感を生み出します。

 

そういえば、まるわの系列店である亀喜屋の方には、デフォでワンタンメンがラインナップされているのに、こちらでは初のような。

(もしかしたら、過去の限定にあったのかも知れませんが、思い出せない…)

手間の掛かる具材かも知れませんが、これがレギュラーやトッピングに加わったら、テンション上がるなあ・・・。

 

そんなこんなで、終始夢中になりながら、危うくスープを完飲する手前まで至った、シンハーワンタンミン。

(完飲したとして罪悪感の無い美味さではありますが、尿酸値高い系男子としては、やっぱり罪悪感を感じてしまいます)

 

カロリー激盛りが目白押しなまるわの中では、少し珍しいアッサリ淡麗系となりますが、さすがのウマサでした。

また今月末からは、9周年イベントもスタートするとのことで、そちらへの期待も高まるばかりです。

 

なお、本日紹介した「シンハーワンタンミン」は10/22までの期間限定とのことですので、ご興味ある方は今週中に作草部まで、足をお運び下さい☆

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:00~23:00

[土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。