スポンサードリンク

西千葉 北じんじん 度肝抜くボリュームのカレーラーメン&ジンギスカン丼!

LINEで送る
Pocket

西千葉の千葉大向かいに、今年の春頃オープンした、北海道の味覚が頂ける居酒屋「じんじん」。

当初は夜のみ営業する居酒屋スタイルであったものの、今年の8月にリニューアルしランチ営業がスタート。

 

同リニューアル後に1度、ランチで訪問した「北じんじん」なのですが、

参考:8月リニューアル! 西千葉の北じんじん とにかく肉が溢れるランチ  ⇒

初回訪問時の記事でも紹介しました通り、メニュー数も豊富ながら、とかくボリュームが凄まじいのです。

 

そのため、気になっているメニューが多数あるものの、空腹ぐあいと応相談になる為、頻繁に足を運ぶことが出来なかったものの、

先日、ようやく2回目の訪問を達成しましたので、あらためて「北じんじん」の北海道らしいランチをご紹介してみます。

スポンサーリンク

リニューアルから2ヵ月、メニューがちょこっと増えた北じんじん

ランチ営業を開始してから2ヵ月が経過した「北じんじん」ですが、先日のTwitter情報によるとメニューに変更が行われたとのこと。

ちなみにランチメニューについては、

リニューアルオープン時のものと変化は無い模様です。

 

が、しかし、店内に入ると

上記の「夜限定メニュー」が大幅に追加された様子。

この日の訪問はランチとなるので、残念ながら注文は出来ませんでしたが、居酒屋らしい品々ながら、一工夫施されているメニューばかり。

しかもこの新メニューは全品600円でボリュームもあり、居酒屋タイムも実にそそられます。

 

とは言えこの日の訪問はランチ。

肝心な注文ですが、この日は北海道ならでは感が溢れる「室蘭発!カレーらーめん」をオーダーしてみることに。

 

ただ、ラーメン同様に気になっていたのが「ジンギスカン丼」。

北海道らしさの伝わる品でありながら、ランチでお目に掛かる機会の少ないジンギスカン。

これが当たりであれば、私の外食レパートリーも大幅アップするひと品となるので、是非ともチェックしておきたい所です。

 

ラーメンも食べたい、だけどジンギスカンも….

この不毛な悩みを一発で解決すべく、この日のランチには私同様、ジンギスカン好きな娘を同伴。

結果、私はカレーラーメンを、娘にはジンギスカン丼を注文してみることに。

スポンサーリンク

室蘭発!? なカレーラーメンに、欲張ってジンギスカン丼も食べてみた

学生の多い西千葉だけに、どの品もボリュームが凄まじい「北じんじん」。

初めての注文とは言え、はち切れんばかりのボリュームが予想出来るジンギスカン丼を、うちの娘が完食できるとは思えず、かといって残すのも申し訳ない。

 

という訳で、モノは試しに

「ジンギスカン丼、小さめにする事って出来ますか?」

と尋ねてみた所、大丈夫ですよ~と、気さくな返事を頂き、通常サイズの半分でお願いすることに。

 

また、残すのが申し訳ない為、量を減らして貰える様お願いしたので、値段は据え置きで構わないと伝えたのですが

「値段は半分に出来ないのですが大丈夫ですか?」

と、こちらの勝手な注文に対しても、忙しい中わざわざ気を遣って頂きました。

 

そんな感じに、注文を終えて待つこと10分弱、まずはジンギスカン(ハーフサイズ)が到着。

写真では伝わりづらいものと思いますが、こちらのジンギスカン丼、これで通常サイズの「半分」となります。

 

が、しかし。

ハーフサイズでお願いしたというのに、そのサイズは他店の丼(普通盛り)と同等サイズ。

これをもし、通常サイズで注文していたら、どんだけドカ盛りの丼が現れたのだろうか・・・(汗)

ご飯の上に乗るジンギスカンもタップリ盛られており、吉牛であれば大盛り以上はありそうなサイズ感のジンギスカン(ハーフサイズ)となります。

 

さすがに娘1人では食べきれないだろう、ということで取り皿を貰い、私が半分を頂く事に。

早速頂いたジンギスカンですが、肉の柔らかさもさることながら、タレ全体が甘めに作られており、羊特有の臭みは感じません。

甘めのタレがご飯ともマッチングしており、私はもちろん、娘すらも喜んで食べる程。

玉ねぎにもやし、ピーマンと野菜も豊富に盛られており、食材のバランスも良く、独り暮らしの学生にとっては実に有り難い丼になるメニューですね。

 

予想以を上回るボリュームのジンギスカン丼を堪能する間に、次なるメインが登場。

室蘭発祥とされる北海道ラーメンの1つ、カレーラーメンが到着しました。

こちらも写真では伝わりづらいのですが、まず丼からしてデカい。

その大きな丼に並々と注がれたスープ、そして全面を覆い尽くす程にトッピングされた大量のゴマと、画ヂカラ強いカレーラーメンになります。

 

早速スープから頂いてみますが、ベースは鶏となっており、カレーの良い香りは漂うものの、主張は強くなく辛味も控えめ。

むしろ、全面を覆っているゴマの風味が強く、食感と共に香ばしさもタップリ感じます。

 

また、パッと見では分らなかったものの、こちらにも大量のもやし、そして長ネギが投入。

200gはありそうな麺のボリュームに加え、タップリ入ったもやし&ネギは、某回転寿司チェーン店の糖質制限ラーメンを思い出させる程。

 

なお、使用されている麺は北海道ラーメンでお馴染みとなる

西山製麺の縮れ麺が採用されています。

普段、札幌系の味噌ラーメンを率先して食べることの無い私にとっては、この麺も久々だけにホッコリしますね。

 

また、外観だけでは気付かない様々なトッピングが盛られる中、特に意外性を見せていたのが、こちら

ラーメンだというのに、まさかの「お麩」がトッピング。

関東ではかなり珍しい具材になるのですが、この辺も室蘭らしさなのでしょう。

 

ゴマの風味とボリューム感から強い個性を感じるものの、全体を見るとカレーラーメンではありながら、辛味が控えめであるなど、尖った印象のあるラーメンでは無い反面、老若男女が幅広く頂ける一杯。

良い意味で期待を裏切らない、誰もが安心して頂ける、そんな印象を受けました。

また、今回頂いたカレー以外にも計4種の北海道産ラーメンが提供されていますので、次回はそちらにも手を伸ばしてみたい所です。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

北じんじん

■ きたじんじん

■ 住所:千葉県千葉市中央区松波2-19-5 鎌滝ビル 1F

■ 営業時間:11:30〜15:00 / 17:00〜23:00

■ 定休日:火曜日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。