TRY新店部門を受賞、新検見川の焼きあご煮干しらぁめんはなかぜ 好みド真ん中の特製塩らぁめんに舌鼓

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年の2月、新検見川にオープンしたラーメン店

「焼きあご煮干しらぁめんはなかぜ」

 

私もオープン直後に訪問している同店ですが

参照:新検見川駅前の新店、焼きあご煮干しらぁめん はなかぜ パッツン細麺に濃厚スープの特製焼きあご煮干し ⇒

 

昨年発売されたTRY本こと

「TRYラーメン大賞」の新店部門を受賞するなど、注目を集めるお店に

 

店名通り、焼きあごの煮干しを使った同店のラーメンですが

私が前回訪問時に頂いたのは、焼きあご煮干し濃厚らぁめんで、通常の煮干しらぁめんについてはまだ未食のまま

 

両品では使用される麺も異なっていたりと

やっぱりまずは、メインの品を味わわなければ・・・

 

と、昨年の秋頃から再訪の機会を練っていたのですが

体調不良などの兼ね合いもあり、年内の再訪は叶わず

 

 

年明けに今度こそ、同店の看板メニューを頂こう

そんな目標?を掲げるものとなりまして

本日のランチはこちら

JR新検見川駅からすぐ、焼きあご煮干しらぁめんはなかぜを訪れることに

 

もちろんお目当ては、

こちら、看板メニューの「焼きあご煮干し塩らぁめん」

今度こそは浮気せず、本命に突撃してみようと思います。

看板メニューの「焼きあご煮干し塩らぁめん」を求め、新検見川の焼きあご煮干しらぁめんはなかぜをランチ訪問

という訳で、昨年来の目標を叶えるべく

約1年ぶり、二度目の訪問となった新検見川の焼きあご煮干しらぁめんはなかぜ

 

同じ千葉市内ながらも、我が家からはちょっと距離ある新検見川

余裕を持って出発したところ、お店のオープン5分前に到着する形に

 

近所の飲食店などをフラッと覗きながら、開店時刻と同時にお店の前へ到着

この日は並び等は無く、開店と同時に1番手にて店内の方へ

 

早速、券売機へと向かいますが、

同店で提供されるラーメンは、大きく分けて3種

看板メニューとなる、焼きあご煮干し塩らぁめん

 

そして前回頂いた、同品の濃厚らぁめん

更には、煮干しを得意としない方向けの醤油らぁめんといった3品が提供されております

 

通常なら、券売機左上に並ぶ「焼きあご煮干し塩らぁめん」を選ぶべき所でしょうが

前回同店を訪問した際には、私のちょうど1人前にらんちばさんの姿がありまして

 

そのらんちばさんが「焼きあご煮干し塩らぁめん」をオーダーしていたため

勝手に逆張りを仕掛けた私は、同品の濃厚Verを選ぶ形に

 

もちろん、前回頂いた濃厚らぁめんにも満足していたのですが

やっぱり食べておきたい所となるのが看板メニュー

 

そんな訳で本日は、オープンから1年が経過するものの

今更ながら、焼きあご煮干し塩らぁめんの特製トッピングを頂いてみる事に

 

食券を購入し終え、入り口すぐとなるカウンター席へ

卓上に並ぶ説明に再度目を通していきますと

以前は11:30オープンだった同店ですが

現在は11:00にオープン時刻が変更されております

 

また、上記記述では定休日を月曜日(および日曜夜)とされており

その他の日程については、仕込み等の都合で不定休

 

となっているものの、ここ1年Twitterやインスタにて

同店のお休みを見て来たところ、仕込みの関係で金曜日もお休みが多めな様で

 

いずれにせよ、お店を訪れる際には

先にTwitter等で営業の確認を行った上での訪問をお勧めします

焼きあご煮干しらぁめんはなかぜのTwitterはこちら ⇒

 

更に卓上のメニューを見ていきますと、

前回頂いた濃厚、そして本日頂く焼きあご煮干し塩らぁめん

上記に加え提供される、焼きあご煮干しの醤油らぁめんを発見

 

これもまた、ぜひ一度食べてみたい品なのは間違い無し

千葉市内ながら再訪まで1年近く掛かったけど、今年はピッチを上げなければマズいなあ。

動物性スープの旨味に始まり、追随する煮干しの風味が絶品 焼きあご煮干し塩らぁめん

前述した通り、ポールポジションにて入店となった

新検見川の焼きあご煮干し塩らぁめんはなかぜ

 

ただ、私の入店後すぐに次のお客さんが来店となり

その後も続々と次なるお客さんが入店

 

全9席となるカウンター席ですが

開店から5分もした頃には、その大半が埋まる盛況ぶりに

 

そんな店内で、待つこと10分程

こちらが本日のランチ、

新検見川の焼きあご煮干しらぁめんはなかぜにて頂く

「特製焼きあご煮干し塩らぁめん」となります

 

前回頂いた濃厚、に比べれば濃度は薄めになるものの

それであっても、塩ラーメンには思えない重厚そうなスープ

 

チャーシューは2種類、多数のネギ

更には玉ねぎらもトッピングされており、多彩な味わいを楽しめそうな一杯になります

 

では早速、スープから頂いていきますが

十分に白濁したこちらのスープ

動物系をメインに、しっかりと旨味を蓄えていることが伝わってきます

 

こちらを口に運んでいくと

まず到来するのは動物性の旨味

 

しっかりした塩味を携えているものの、このバランスが絶妙

いや、私の好みにドストライクでハマる美味さなのです

 

もちろん、スープから伝わって来るのは動物性の旨味のみでは無く

その後を追う形で届く、焼きあご煮干しの旨味

 

動物性の旨味が先行するものの、それを重たくしないかの如く

後味にはフンワリと煮干しが香り、この心地よさが溜まりません

 

前回は同品の濃厚Verを頂いているハズですが

ベースは同じスープなのか!?と疑いたくなる程、私の急所を打ち抜いてくる美味さを感じさせます

 

 

続いて、麺を頂いていきますが、

同店では3種のラーメンを提供する中

こちらの品のみ、上記の平打ち縮れ麺を使用

 

この麺がまた、程よくスープを絡めあげており

塩味しっかりしたスープを、適度に馴染ませながら旨味を拡げていきます

 

平打ち麺ながら、茹で加減は良好で

麺の風味を感じさせつつ、スープとも適度に馴染む絡みあい

 

旨味たっぷりのスープを麺と共にも味わえるものとなり

この麺もまた、スープ同様に私の好みド真ん中に突き刺さってきます

 

 

そして、頂くチャーシューの方は

これも私のドストライクとなる

脂質もしっかり携えたバラロール

 

ほのかな香ばしさをも感じさせ

肉の旨味に脂の甘み、双方を同時に味わえる品に

 

柔らかな食感も楽しめる上に

スープとの馴染み具合もバッチリな品となります

 

そんな道中の箸休めに嬉しいのが、

こちら、スープの中に浮かぶたっぷり玉ねぎ

 

ピリリとくる辛味を感じさせながら

シャキッとした食感、瑞々しさで清涼感を与えてくれます

 

同じく、麺を頂きつつアクセントになるのが、

こちらの白髪ネギ

 

塩ラーメンながら、その塩味もしっかり目となりますが

それを飽きさせず食べられるのも、こちらのネギの存在あってこそでしょう

 

そして、お次に頂くのはもうひと品のチャーシュー

こちらの低温調理のチャーシューになりまして

 

序盤はもっとピンクみを強くしていたものの

スープの熱を程よく浴びて、白みを増す仕上がりに

 

脂の加減は控えめとなるものの、豚肉そのものの旨味を感じさせ

柔らかな食感を噛みしめるごとに、昂ぶる旨味を楽しめます

 

その他のトッピングは、

こちら、食感のシッカリしたメンマ

甘みの加減も良好で、これもマストなトッピングに

 

更には、海苔と続き

最後に頂いていくのは、

こちらの味玉になります

 

いずれもスープ、麺とのバランス整ったトッピングとなり

特製ながら1つとしてムダを感じない見事な面々

 

なにより、スープと麺

双方の美味しさが私の好みにドストライクで刺さるものとなりまして

 

前回訪問時に同品を選ばなかった選択を猛省

好みに突き刺さる、最高の一杯を味わうものとなりました

 

 

という訳で、二度目の訪問ながら

ようやく看板メニューに辿り着いた、焼きあご煮干しらぁめんはなかぜ

 

ここまでの解説通り、今回頂いた「焼きあご煮干し塩らぁめん」は

麺にスープ煮と、私の好みにドストライクでハマる一杯に

 

あまりに好みへ刺さりすぎた故か

麺を一瞬で食べ尽くしてしまい、タイミングを逸し和え玉らをオーダー出来なくなる程に

 

またスープも同様で、完飲を控えようとするも

あと一口だけ・・・あと一口だけ・・・

 

を繰り返しながら、マスクを付け直した上でも

最後にもう一口・・・と、エンドレスにリクエストを奏でるほど

 

ただ本日は、この後にもう1軒の予定があったため

和え玉やスープの完飲を理性にてストップする形に

 

とは言え、結果として好みにドストライクで刺さってきた一杯

次は後の予定を考えず、同店のみでまるっと満腹を迎えたい

 

そんな気概を持ちながら、また近いうちの再訪を予見させる一食に

あ・・・でも、醤油ラーメンも食べたいし・・・今年も簡単には痩せられそうに無いなぁ。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

焼きあご煮干しらぁめんはなかぜ〜花風〜

■ やきあごにぼしらぁめん はなかぜ

■ 住所:千葉県千葉市花見川区花園1-8-8

■ 営業時間:11:00〜14:30 / 18:00〜21:00(日曜は夜のみ)

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。