千葉・富士見町のレンタルスペース まる空間にて限定営業のラーメン店、あくあ 自家製麺で頂く中華そば

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は先に一食ランチを済ませていたものの

まだお腹の方に、多少の余裕があったこと

 

なにより入院期間中に記事のストックを全て使い果たし

出来ればブログの方にも余裕を持てる様、記事のストックが欲しい所となりまして(笑)

 

更にはこの年末12/23に

今年最後の営業をするお店が、富士見町の「まる空間」にあるとのこと

 

そんなこんなの事情から、本日2食目を頂くべく、千葉/富士見町へ

向かった先は、レンタルスペースとなります「まる空間」

 

こちらで限定営業を行っているラーメン屋さん

「あくあ」となります

 

今年の10月から、不定期のペースながら

まる空間にて営業を行っているラーメン店、あくあ

 

同店のインスタの方で営業日を確認した所

この12月は10日、そして23日に出店されるとの情報を確認

 

不定期営業のお店となりますので、タイミングが合えば・・・

と思っていたところ、本日はムリクリながら合わせることに成功

 

なお現在のまる空間では以下の通り

手打ち蕎麦元さんを始め

定食店や焼鳥店などが、それぞれ不定期営業中

 

ひとまず本日のお目当てはラーメン

という訳で、ここまる空間にて営業する「あくあ」を訪れてみるものとなりました。

千葉富士見町のレンタルスペース「まる空間」で限定営業のラーメン店、あくあを初訪問

この日、お店に着いた時刻は12時少し手前

 

一軒目のランチを経由してからとなりますので

少し遅めの店舗訪問となりましたが、先客はまだひと組のみ

 

入店前に、まずメニューを確認してみますと、

 

提供されるランチは全3品となっており

中華そばが限定30食、そして鶏白湯が限定10食

 

これに加え、自家製チャーシュー丼も提供されており

こちらも限定30食となるそうです

 

ただこの日は、この自家製チャーシュー丼が売りきれとのこと

仕込みが間に合わなかったのか、それとも言葉通りの売り切れなのか

 

11:30オープンとなる同店で、先客は1組

うーん、まあお目当てはラーメンの方だし良しとしましょう

 

 

こちらは入店と同時にオーダー

そして先にお会計といった形式になりまして

 

前述した通り、チャーシュー丼は売り切れとなるので

中華そばもしくは鶏白湯からの選択に

 

いずれも食べてみたいところにはなり増すが

すでに一食をしっかり頂いている事もあり

 

この後、更に鶏白湯となってはヘビーなことを想定

本日の所は、シンプルに味わう中華そばを頂いてみようと思います。

昔懐かしのビジュアルながら、動物性の旨味は満載 自家製麺で頂く中華そば

こちらのお店を運営されているのはご夫婦でしょうか

ご主人が厨房を担当、奥様が接客

 

といった分担がなされており、

入店後のお会計は奥様が担当してくれる形に

 

その後、席の方へと移動するものとなるのですが

平時から営業している訳ではない、レンタルスペースのお店

 

その為、荷物の置き場などが用意されておらず

これらを気に掛けて探すも見当たらず

 

ただ、その間も特に声掛けなどは見受けられず

接客面では、ちょっと不安を感じさせてしまう所も

 

 

とりあえず、荷物等は全て膝の上に抱える事となり

注文より待つこと10分弱

こちらが、まる空間の「あくあ」にて頂く

特製中華そばになります

 

器が熱いこともあってか

お盆に載った形で提供される、こちらのラーメン

 

ノスタルジックなゆで卵にメンマ、そして海苔

チャーシューも盛り付けられるものとなりますが、こちらは予想外に多めとなります

 

とりあえずは、まずスープからとなりまして

早速口に運ぶこちらのスープ

 

ベースとなっているのは獣骨系になるようで

動物性の旨味をしっかりと感じさせてくれます

 

中華そばというネーミング

そしてノスタルジックなその盛り付けから

 

勝手ながら煮干し系のあっさりスープを想像していたものの

予想に反して動物性の旨味を強く押し出した味わい

 

加えて、油も多めに使用されており

甘みも含めた旨味を強く感じさせるスープに仕上がっています

 

 

続いて面の法を頂いていきますが、

これも、想像する中華そばとは印象異なり

ツルッとした食感が特徴的な麺を使用

 

かなり個性的な食感になっておりますが

このスープとの相性も面白く、良い意味で想像に反した味わいを感じます

 

意外すぎる麺だけに、どこの麺を使用しているのかな

とあらためて店内の情報を見渡したところ、この麺がまさかの自家製麺との事

 

後に同店のインスタを見直して見たのですが

ご家庭のキッチン?の様な場所に置かれた製麺機

 

こちらを使って、メッチャ自家製麺を作っておりまして

そりゃ個性的な麺が頂ける訳だ、とこれにも納得

 

麺とスープの面白い取り合わせに感心しつつ

続いて頂くのは具材の方へ

まずはこちらのチャーシューからとなりまして

豚の旨味にシットリとした柔らかさも兼ね備えた仕上がり

 

若干、豚特有の風味を残すものとなりますが

そこのクセある部分を除けば、味付け含め満足の美味しさに

 

しかも、デフォの中華そばをオーダーしているものの

本日の品には、このチャーシューが4枚程入るボリュームも嬉しい所でして

 

続いて頂くのは、同品のノスタルジックさを

より顕著に感じさせる、こちらのメンマ

ただ、こちらのメンマについては甘みが強く

スープとの相性で考えますと、私の好みには刺さらず

 

平時営業しているお店では無い手前

仕方ない部分になるのでしょうが、ここに拘りを感じたら最高の一杯になりそうな予感も

 

続いて頂くのが、こちらのネギ

このネギの存在が、予想外に秀逸なものとなり

スープと共に頂く事で、双方の旨味が増加

 

ネギ自体の量は決して多く盛り付けられていませんが

このスープに対する、ネギとの組み合わせは強く推したいところで

 

可能であるならネギ増量などにて

たっぷりのネギを、スープと共に味わいたくなる組み合わせとなりました

 

その他トッピングには、

こちらの玉子、そして海苔となり

いずれも中華そばというネーミングのらしさを牽引

 

パッと見の印象では、古き良きあっさり系中華そばを想像させるも

意外な程に動物性の旨味を強く推した一杯

 

そんなスープを頂く麺も自家製と拘りを見せており

両者の組み合わせには、十分満足の美味しさとなりました

 

更にここへ、両者をより引き立てるトッピングらを合わせられれば

常時営業するお店にも引けを取らない、そんな中華そばともなりそうな一杯でした。

 

 

という訳で、今年最後の営業に間に合わせるべく

足を運ぶものとなったまる空間、そちらで営業するあくあ

 

鶏白湯と中華そば、2品を提供する同店にて

本日は中華そばを頂いてみる事に

 

しっかり旨味を感じるスープに、意外な食感の自家製麺

たっぷり盛られたチャーシュー始め、トッピングも盛り沢山

 

それでありながら、お値段は850円とリーズナブル

十分に満足を得る一食となりました

 

ただこちらのお店、インスタアカウントは存在しているものの

そちらでもまだ、次回営業に関するお知らせは投稿されておらず

 

本年(2022年)は12/23が最後の営業となりましたが

来年以降の営業日については、1月13日 金曜日 ・27日金曜日の2日間が決定とのこと

 

次回の機会があれば、今度はぜひ

鶏白湯も頂いてみたい、そんなお店となりました。

 

ちなみにお店のインスタアカウントは以下になりますので

次回の営業日等を確認する際などに、ぜひお役立て下さい

あくあのインスタはこちら ⇒

(アカウント名は何故かスポーツクラブですが、中身はしっかりラーメン屋さんです 笑)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

あくあ(まる空間)

■ あくあ

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-12-4 まる空間

■ 営業時間:11:30~14:00

■ 定休日:次回営業日は1月13日・27日(金曜日)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。