孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

稲毛海岸駅近く、美浜区高洲に恋する担々麺 枯淡がオープン 辛増し角煮のせ担々麺を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

少し前の事

インスタのフォロワーさんよりDMを頂きまして

 

そちらのDMは新店に関する情報だったのですが

どうやら稲毛海岸駅近くに、担々麺の専門店がオープンするのだとか

 

お店の住所を元に詳細を調べて見ると

どうやら、勢拉の稲毛海岸店跡地にオープンする様で

 

担々麺専門店というのも、ちょっと珍しく

ぜひオープンに合わせて足を運びたい所・・・

 

だったのですが、8月末よりブログ更新の余裕が無くなっていた事

更にはこちらのお店、しばらくの間は夜のみの営業になるそうでして

 

私としては、足を運びづらい条件ばかり揃ったものの

そんな9月冒頭の週末に、家族が夜までお出掛けすることに

 

 

とは言え、ブログ更新の余裕があるかと言われれば・・・

な、忙しい最中にはなりますが

 

やはり、新たにオープンする新店であればこそ

千葉の飲食店を応援したい身として、早々に紹介したいものとなりまして

 

なんとか作ったスキマ時間を活用し

本日はこちら、稲毛海岸駅近くに9月1日オープンの新店

「恋する担々麺枯淡(こたん)」を初訪問するものとなりました。

JR稲毛駅から稲毛海岸方面へ 勢拉 稲毛海岸店跡に9月オープン、恋する担々麺枯淡(こたん)を初訪問

という訳で、本日の晩ご飯が

ソロディナーとなる事から、タイミング良く足を運ぶものとなった

 

稲毛海岸駅近くの新店「恋する担々麺 枯淡(こたん)」

こちらのディナー帯に向けて、初訪問する事に

 

事前の情報で、オープン時刻は18時と確認済み

お店の場所は前述した通り、勢拉 稲毛海岸店の跡でして

 

JR稲毛駅から稲毛海岸方面へ

稲毛陸橋を越えてすぐの交差点を右折してすぐに店舗を発見

 

 

店舗備え付けの駐車場はありませんが、

同通り沿いに300m程、検見川方面へ進んだ所にコインパーキングがある他(稲毛海岸の人気店、ミズノヤの並び)

 

通りを京葉線の線路へ向かった方にもパーキングがあるとのこと

本日はミズノヤ並びのパーキングに車を止め、お店の方へ

 

ディナーの開店時刻となる18時を5分ほど過ぎ店内へ

すでに1組が入店中となる他、私と同タイミングでも1名のお客さんが入店

 

店舗を入ってすぐ右手が券売機となっており

こちらには4種類の担々麺が並んでおります

券売機の法則からして、お店の推しとなるのは

割とオーソドックスな白ごま担々麺

 

そのお隣は、辛増し角煮のせ担々麺となっており

下に行くと、汁なし担々麺、トマトチーズの担々麺と続いてきます

 

その他はトッピングになっている様でして

ほぐし角煮や汁増し、パクチーに煮玉子といった面々

 

ただ、こちらの券売機は故障中だった様で

本日はテーブル上に別紙のメニューを広げており、そちらでの現金先払い会計になるとのこと

 

あらためて、紙面のメニューに目を向けていきますが

こちらで確認しても

やっぱりメインとなっているのは、白ごま担々麺になるようですが

 

あらためて紙面メニューを確認すると

プチ担々麺なる品を発見

 

こちら、麺量を減らした担々麺になっておりますが

その分、デザートがセットになるとのこと

 

女性のお客さんをターゲットにしたメニューに見えますが

その割には、キッズメニューなどは無く、ちょっとアンバランスに見えないことも

 

また、券売機で目にしていた「トマト&チーズ担々麺」ですが

こちらについては、comingsoonとの記載が

 

その上に並ぶ、辛増し角煮のせ担々麺についても

comingsoonが付いてますが・・・曲がってる、よな?

 

モノは試し、とばかりに

「辛増し角煮のせ担々麺、無いんですか?」

 

と訊ねてみた所

残り1~2杯ならば提供が可能との返事が

 

お、これはやっぱり聞いてみるもんだな

と喜びを得たものの、いや・・・ちょっと待てよ

 

ランチ営業で品切れになってしまったなどなら分かるけど

こちらのお店って確か、今は夜のみの営業だよね

 

それでありながら、品切れ間近で

残り1~2杯なら提供が可能・・・ま、良いか。

 

その他、サイドメニューについても紙面での掲載がありますが

 

こちらの角煮ほぐし丼

並びに坦々飯についても、comingsoonの記載付き

 

まだオープン間もないお店となりますので

これもまあ、今後徐々に出揃っていくものとなるのかな、と

 

とりあえず本日の所は

「辛増し角煮のせ担々麺」を頂いてみようと思います。

程良い辛味を帯びたスープに胡麻の風味満載 恋する担々麺枯淡で頂く、辛増し角煮のせ担々麺

オープンから3日目となります

稲毛海岸駅近くの新店、恋する担々麺 枯淡

 

前述した通り、現在は夜のみの営業になるそうで

18時の開店と同時に入店した時点では、先客含め3組となる店内

 

ですが、その後徐々にお客さんの姿は増えていき

家族連れの来店もチラホラと、賑わいを見せ始めております

 

 

さて、こちらのお店ですが

現在は18時からの営業とのことでしたので

 

てっきりスタッフさんらの人数が揃わない影響なのかな

と思い、足を運んでみたものの

 

いざ訪れてみた、この日の店内には

お会計を担当するスタッフさんを含め、総勢5名でお出迎え

 

カウンター席が10席ほどに

テーブル2卓となるお店の規模を考えると、だいぶ人手は多い様な

 

まあ、外から見ている分には分からない

お店なりの事情があるのかも知れませんね

 

そんな様子を眺めつつ、注文から待つこと10分弱

こちらが、稲毛海岸の新店「恋する担々麺枯淡」で頂く

辛増し角煮のせ担々麺となります

 

メニューの説明からも、他の品に比べ

しっかりした辛さを感じさせる担々麺になるようで

 

スープには芝麻醤や肉味噌もたっぷり乗りますが

更に同品には、勢いありそうな唐辛子の姿も確認

 

その他トッピングには、もやしに青梗菜

そして期待していた角煮ですが、こちらは細かくカットされてのトッピングになります

 

それではまず、スープから頂きますが、

商品名からも察するとおり

しっかりした辣の辛味を感じるスープ

 

しかしながら、胡麻の風味も健在でして

辛さを感じはするものの、行きすぎることない食べやすいバランスになります

 

ただ、気のせいなのか

それとも器の形状なのでしょうか

麺の量、そして具材に対して

スープの量が少ない気がするような、しないような

 

とりあえず、続いては麺の方へ

こちらは担々麺ながら珍しく

中太の縮れ麺を使用しております

 

茹で時間は短めなのか

若干の固さを残した茹で加減となっておりまして

 

加水率低めの麺になる様で

個性的なモッチリした食感を味わえるものとなっています

 

続いては具材の方へ移り、

まずはもやしに肉味噌らから

 

そこまで強めの味付けは施されておらず

素材そのままの風合いを楽しませて貰えます

 

一方、個性的な味付けを感じたのが、

こちら、同品ならではのトッピングとなる角煮

 

こちらについてはルーロー的な味付けと言いましょうか

八角の様な風味を感じ、中華スパイスの風味を宿したものに

 

角煮らしく柔らかな仕上がりにはなるのですが

細かくカットされている事もあり、いわゆる肉感は薄め

 

脂も落とされた状態でトッピングされているので

ヘルシーにはなるものの、日頃から想像する角煮を描いていると、ちょっと違う感は否めません

 

その他トッピングには、

担々麺の定番でもあり、箸休めの一番手となる青梗菜

その他、糸唐辛子が盛り付けられるものとなります

 

序盤にこそ、そこそこに辛さを感じはしましたが

辛党の私からすれば、後半にはもうひと越えを味わいたい所で

 

ここで取り出したのが、カウンター上の調味料

ここには花椒の姿を発見

 

辣こそ感じるスープにはなりますが

確かに麻が不足していたな、と思い返し

後半からは、こちらの花椒を追加投入

 

想像するほどのシビレをプラスするには至りませんが

味変としては十分なほど

 

残る麺、具材と共に

しっかり完食させて頂くものとなりました。

 

 

という訳で、オープンから3日目に

初訪問を果たすものとなった、稲毛海岸の新店「恋する担々麺 枯淡」

 

まだオープン間もないこともあってか

券売機の故障や、メニューの提供が絞られているなどはありましたが

 

本日頂いた「辛増し角煮のせ担々麺」については

辛増しの名前通り、満足する辛味を味わえる一杯となりました

 

ただ、序盤に感じた通り

麺量に対しスープが少なく感じた事

 

あと、こちらは好みの話になるのでしょうが

角煮から想像する角煮らしさを感じられなかった事が少し残念な部分も

 

とは言え、まだオープン3日目となる新店

今後にも期待を寄せ、お店の情報についても定期的にチェックしていきたい所です。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

恋する担々麺枯淡

■ こいするたんたんめん こたん

■ 住所:千葉県千葉市美浜区高洲1-16-6

■ 営業時間:18:00~21:00(9/3時点となります)

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。