孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

JR本八幡駅近くのラーメン店、魂麺を訪問 絶品焼きあごスープに背脂輝く、魂の中華そばこってり

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は仕事の関係で、久々に本八幡へ

 

約束の時間よりも早めに到着した同駅ですが

久々に足を運びたいお店があり、そちらへと向かうことに

 

JR本八幡駅から徒歩3分ほど

10数年前には頻繁に足を運んでいたものの、近年は機会が無くご無沙汰となっていた

こちら、本八幡が誇る老舗ラーメン店「魂麺」になります

 

 

市川市内で仕事をしていた頃には

頻繁に足を運んでいたこちらのお店

 

とは言え、当時とはメニューも大きく変わっているようで

かつて私の知る同店とは、また異なる品が頂けるそうで

 

メニューが様変わりしたとはいえ

以前同様に人気店なのは変わらずな同店

 

長らく気になっていた現メニューを頂くべく

10数年ぶり、本八幡の魂麺をランチ訪問するものとなりました。

本八幡駅近くの人気ラーメン店、魂麺を10数年ぶりにランチ訪問

という訳で、10数年ぶりに足を運ぶものとなった

本八幡駅近くのラーメン店、魂麺

 

この日、お店に着いた時刻は13時を少し回った所

仕事の依頼先へと足を運んだ後、お店の方を訪れることに

 

すでにお昼の繁忙帯を過ぎていることもあってか

カウンターのみとなる店内に先客は2組のみ

 

入店前に店先のメニューを見ていきますが、

まずこちらが現在のメニューとなっており

そのTOPを飾るのは、魂の中華そば

 

焼きアゴや煮干しらの魚介系スープを軸とした

見た目も美しき、飽きを感じさせない珠玉の一杯といった印象を受けます

 

こちらに様々トッピングが加わるものとなるのが

魂の中華そばスペシャルとなる他

 

同スープに背脂を加え、コッテリ感をプラスした

魂の中華そばこってりも頂けるとの事

 

更に下のメニューに目を向けてみますと

油そばに味噌ラーメン

辛味噌ラーメンに市川タンタン麺などもラインナップ

 

ちなみに、こちらのタンタン麺ですが

胡麻を使用していない赤身を帯びたスープという事で、勝タンを彷彿とさせるビジュアルに見受けられます

 

更に、こちらは夏季限定メニューになるのでしょうか

ちょっと珍しく、気になる品となったのが、

お勧めの逸品とされる、割子中華そば

 

説明によれば、島根県の名物となる

割子そばをラーメンに置き換えた品になるとのこと

 

3枚のせいろにそれぞれ、様々なトッピングが乗るようで

こちらの麺を出汁つゆに付けながら頂くとのこと

 

麺こそ蕎麦では無いものの

その食べ方からしても、お蕎麦を思わせる品になっているようです

 

その他、店内の方を覗きますと

こちらには今月の限定メニューに関する表記を発見

 

いずれも4日前後の期間限定となっておりますが

ふわふわとろろラーメンに神楽南蛮タンメン

 

吉田うどん風つけ麺なんて品も頂けるそうで

その創作アイディアの広さには驚かされるばかり

 

多彩なメニューに彩られた、現在の魂麺ですが

やはり10数年ぶりの訪問、まずは現在のベーシックを頂いてみたい所となります

 

恐らく現在のベーシックとなるのは、

上記したメニューの「魂の中華そば」となるはず

 

ただここ数日、ラーメン不足が続いている事もあり

アッサリした大人の中華そばより、むしろコッテリ背脂へと気を惹かれる形に

 

いずれの品も、トッピング全部乗せに相当するスペシャルがあるそうなので

本日はこちら「魂の中華そばこってり」のスペシャルを頂いてみようと思います。

焼きアゴを軸に旨み伝わる魚介スープに背脂満載 本八幡の魂麺で頂く魂の中華そばこってり

店外のメニューを吟味し、本日のオーダーは

「魂の中華そばこってり」のスペシャルに決定

 

早速、店内で同品を注文すべく

券売機へと向かいますが・・・スペシャル、無いなぁ

 

券売機の隅から隅まで目を通し

スペシャルが無いものか探そうとするものの

 

そんな私のすぐ後ろには

入店待ちをするお客さんの姿を確認

 

ここはあまり時間を掛けることも出来ず

スペシャルは諦め、本日の所は「魂の中華そばこってり」を頂く事に

 

 

券売機にて食券を購入

カウンター席に腰掛け、店内にて待つこと10分弱

こちらが10数年ぶりとなります

本八幡の魂麺にて頂く、魂の中華そばこってりとなります

 

丼を前にしただけで漂ってくる、スープの香り

あご出汁ら魚介系の風味が、口に運ぶ前より広がり出します

 

更に嬉しいのが、この通り

丼一面を埋めるほど

たっぷり入った、コッテリ背脂

 

優しくも滋味深いスープ

それをわざわざコッテリに導く背脂の背徳感

 

このミステイクな共演こそが

ラーメンであればこそ許される楽しみに違いありません

 

それでは早速、スープより頂きますが

キレイに透き通った澱みないスープ

そこにコッテリ甘みと濃厚さを与えてくれる背脂

 

両者のマリアージュを早速頂きますが

あぁ・・・言うこと無しの絶品ぶり

 

ジワッと広がるあご出汁ら魚介の旨み

これだけでも優しく染み入る旨みを存分に味わえます

 

が。そこだけで終わらせてくれないのが

たっぷり入った背脂より流れる甘みとオイリーな味わい

 

テカッと口に出したくなるほど

ぷるんとした食感と共に届く、ツルッとした食感

 

久々、口にする背脂ですが

決して重すぎることも無く入ってくるのもまた、スープの優しい味わいあってこそ

 

続いては、そんなスープの旨みを

しっかり持ち上げてくれる、こちらの麺

平打ちの縮れ麺を使用しているものとなりますが

これとスープの絡みもまた、想像通りに絶好調

 

魚介や煮干しらの深みある味わい

それと共に、程よく背脂のオイリーさも纏い、共に口へと運んでくれます

 

平打ちならではの食感も面白い所で

程よい縮れ具合もまた、食べ飽きを感じさせずに頂けます

 

続いてトッピングへ移りますが、

まずはこちら、細めのメンマ

 

細めとはいえ、独特の食感はしっかり感じられ

コリッとした歯ごたえが、甘みと共にアクセントをも与えてくれます

 

スープに浮かぶ長ねぎも、口直しとばかりに運ばれ

食感の妙だけでなく、スープへの変化をもたらす薬味としても良好

 

先ほどのメンマも然り

オイリーなスープながら、その濃厚さを苦に感じさせない存在感が見事

 

その他トッピングについては、

主張は強くないものの

味わい上品でスープともマッチするこちらのチャーシュー

 

本日はデフォでの注文となるので

1枚入りとなりましたが、やっぱりスペシャルを食べたかったな、と感じる美味しさ

 

その他、海苔になるととシンプルな構成で

中華そばらしくありながら、そこで留まること無いスープの深い旨みに背脂の甘み

 

13時を過ぎて頂くお昼ご飯と、空腹をだいぶこじらせていたこと

加えて久々に頂く絶品中華そばとの要素も相まって

 

背脂が蓋をするアツアツスープにも関わらず

着丼から僅か5分、一気に平らげてしまう絶品ぶりとなりました。

 

 

という訳で10数年ぶりの訪問となった

本八幡の老舗&人気ラーメン店、魂麺でのランチ

 

10数年ぶり訪問とはいえ、当時とはメニューも一新

ほぼ初訪問のような心構えでの入店となりました

 

が、頂く中華そばの美味しさは、流石の一言

スープの上品な旨みに、背脂の背徳感

 

なにより、両者を繋ぐ麺の美味しさと

三拍子揃った完璧なバランスの布陣を存分に堪能

 

また本日はレギュラーメニューからのオーダーとなりましたが

前述した通り、同店の特徴となるのは多彩な限定メニューの存在

 

自宅から離れた地のお店となるため

気軽には足を運べづらい距離となりますが

 

機会あれば、現レギュラーメニューはもちろんの事

その多彩すぎる限定メニューも、ぜひ味わってみたい限りです。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

魂麺

■ こんめん

■ 住所:千葉県市川市南八幡3-6-17

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00〜24:00

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。