孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

みつわ台のらー麺だるまに今年も冷やしメニューが復活 太麺に加え辛シビも増した絶品冷やし担々麺

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先月の上旬、久々にスパイスを全力で味わいたく

足を運ぶものとなった、みつわ台のらー麺だるま

 

同ラーメンを頂いた記事をアップした際、お店の店主さんから

「今年も冷やし担々麺をやります、椎茸抜きで」との連絡を頂きまして

 

同店の冷やし担々麺と言えば、ちょうど昨年の今頃

提供の始まっていた夏季限定メニューとなしまして

参照:みつわ台の二郎インスパイア店、らー麺 だるまで頂く夏季限定メニュー パクチー満載の冷やし担々麺⇒

 

私も真っ先に足を運び、冷たい麺ながらその旨辛さに大満足した一方

私の苦手な食材となる、椎茸が入っていた点のみが誤算でして

 

しかし、今年の冷やし担々麺には椎茸が入らないとのこと

なにより私が、それを苦手としていた事を覚えてくれていたのが嬉しい限りでして

 

 

そんな朗報を聞けば、すぐにでも足を運ばなければ

と、何度かお店へ伺ったのですが、タイミング悪く臨時休業に2度遭遇

 

3度目こそは・・・と、SNSにて営業を確認し

本日のランチはこちら

みつわ台のらー麺だるまを訪れるものとなったのです。

二郎系インスパ店としてスタートし、早1年 多彩なメニューで個性満載なみつわ台のらー麺だるま

という訳で、二年連続

冷やし担々麺を目当てに足を運んだ、みつわ台のらー麺だるま

 

この日、お店に着いた時刻は11:30を過ぎた所

店舗隣が駐車場となるのですが、こちらの空きは1台のみ

 

店内もかなり賑わっていることが想像出来ますが

その予想通り、先客がすでに4組といった繁忙帯になっておりました

 

とは言え、カウンター席にはまだ空席を確認

早速、メニューから見ていきますが、

店舗前に掲載されるこちらの看板にて

早くも発見となるのが、そう冷やし担々麺になります

 

昨年頂いた同品に比べると

中華よりもむしろ、東南アジア系に寄った様なオリエンタルなご様子

 

となれば、昨年以上に辛さが増していることも期待出来ますが

冷たく、それでなお辛い麺類は、私の最も欲する所

 

 

表の写真を目にして期待値を高めながら、いざ店内へ

あらためて券売機をチェックしていきますと、

従来からの二郎ナイズされたラーメン各品に始まり

濃厚さをも兼ね備えた味噌ラーメン

 

そして、ここ半年ばかり同店でお気に入りメニューとなっている

「スパイスらー麺」らが提供されるものとなります

 

そんな券売機の右下が、本日のお目当て

「冷やし担々麺」となっており、同品は+100円でパクチーのトッピングが可能

 

更には、表で目にしたメニューによると

冷やしながらに、追い飯で〆るのもおすすめなのだとか

 

加えて、同コーナーには温泉玉子も発見

ここはお勧めを全制覇すべく冷やしパクチー担々麺に追い飯、温玉を頂いてみようと思います。

ワシッと頂く太麺にしっかり絡む肉味噌の辛シビ パクチーに温玉、追い飯も絶品な冷やし担々麺

お勧めの声に従うがまま

総勢3品分の食券を手にしてカウンター席へ

 

あらためて考えてみれば、昨年の夏に頂いた

同店の冷やし担々麺こそが、現在のスパイスらー麺の源流のような節も

 

ただ昨年の夏に関しては、オープンから日が浅かったこともあり

攻めた限定メニューとせず、万人が食べやすいラインを狙った、なんて話も

 

あれから一年、同店のスパイスらー麺も根付いた今年は

より一層、攻めた担々麺が頂けるのではないかと期待を高めるものとなりまして

 

そんなこんなで注文より、待つこと10分少々

こちらが、みつわ台のらー麺だるまにて頂く

今年の夏季限定メニュー、パクチー冷やし担々麺となります

 

昨年以上に真っ赤に染まった肉味噌

その周りを囲む形で、生い茂るパクチーとのコントラストも美しい同品

赤と緑に加え、肉味噌もたっぷり

更にはナッツも散りばめられ、担々麺らしさも伝わってきます

 

まずはタレと麺を絡めていくものとなるのですが

ここで取り出す麺からして、昨年よりも大幅パワーアップ

昨年の同品では細麺を使用していたものの

今年はこの通り、通常のラーメン同様の太麺仕様に切り替わっています

 

麺量はしっかりしているようで

冷やしながらに食べ応えをも感じるボリューム

 

早速頂いてみますと、まず届くのがしっかりした辛シビ加減

肉味噌らに対する味付けと思われますが、ビビッと響く辛シビさが溜まりません

 

それを追って旨味ももちろん混在

それでいながら、麺やタレは冷たく仕上がっている訳でして

 

冷たい麺を食べているにも関わらず

ウチから暖まり、ジワジワと汗を流す不思議な感覚に陥ります

 

続く2口目には、たっぷり入ったパクチーも共に

この組み合わせはもう、予想通り

日頃より頂いて来たスパイスらー麺、あの組み合わせを冷やしにて再現

 

いや、スープがないまぜそばスタイルになるので

スパイスらー麺とはまた異なる趣

 

なにより冷やしスタイルでありながら

旨味を欠くことなく味わえるバランスは見事でして

 

またそのオリエンタルな辛シビがあればこそ

パクチーの放つ清涼感が、より一層引き立つ関係性を生み出してくれます

 

そして、メインとなる肉味噌ですが、

これもゴロッとした食感が残る

粗めのお肉をたっぷり使用

 

肉感が残ればこそ、食感のアクセントを感じられる上

脂の持つ旨味や甘みが辛シビ加減を引き立てる存在にも成り得ています

 

 

私的に現状の辛シビ加減が心地良い所となりますが

少し辛さを抑えたい際に役立ちそうなのが、

こちらの温泉玉子となりまして

 

こちらを加えていくことによって、

玉子による中和で辛シビ度合いをマイルドに軽減することも可能

元より、やっぱりまぜそばには玉子が映えますね

 

しっかり冷えた麺ながらに

旨味と辛さ、シビレ溢れるまぜそばを一気食い

 

しかし、麺をおおかた食べ終えたとしても

器の方にはこの通り、

まだまだ残る、美味しさの源たち

 

この残る具材らをもっとも美味しく食べさせてくれるのが、

こちら、これはもう追い飯以外に方法はありません

ちなみに、こちらの追い飯には粉チーズ付となりまして

 

このご飯を残る具材の元へ投入

しっかり混ぜ合わせたあとは

更に粉チーズを加えて、〆のご飯が出来上がり

 

残る具材、ご飯を共に頂きますと

もう、説明不要ですね

追い飯、やっぱり最強となるのは間違いありません

 

ただ1点、これは好みの問題になるとは思うのですが

パクチーとチーズ、この組み合わせが私にはちょっと・・・な所がありまして

 

追い飯までを視野に入れるのであれば

先に麺と共にパクチーを食べ終えておき

 

その上でご飯、そしてチーズトッピング

といった流れを汲んだ方が良かったな、と学ぶ所も

 

まあ私自身が、パクチーを好んで食べるようになって

まだ日が浅いこともあるのかも知れません

 

なので、この辺の組み合わせは

好みに合わせて選択して貰えればと思う次第となりました。

 

 

という訳で、先日のスパイスらー麺に引き続き

今度は夏季限定メニュー、冷やし担々麺を頂くものとなった、らー麺だるま

 

昨年も頂いている同品ですが、そちらと比較し大幅にブラッシュアップ

麺の変更に加えて、スパイシーさをも大幅アップ

 

それでありながらも、冷製メニューとして十分な美味しさを宿し

更には、食べ応えをもアップさせる追い飯までも味わえる品になりました

 

従来からのスパイスらー麺も、十分な辛さを備えており

これも暑い夏に頂きたくなる品なのは間違い無し

 

ですが、それをも凌ぐ

より夏らしさを味わえる冷やし担々麺

 

これもまた、今年の夏に是非とも味わって頂きたい

冷たいながらに汗を流せる、極上の一杯となりました

 

そんなスパイシーな品々に阻まれ

未だ、注文に至っていないのがこちら

梅みぞれらーめんになりまして

 

あらためて見る、このビジュアルもまた

夏場であっても、サッパリ味わえそうなひと品

 

次回こそはこちら

梅みぞれらーめんをも頂いてみたいと思います。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

らー麺 だるま

■ ラーメン だるま

■ 住所:千葉県千葉市若葉区みつわ台4-16-4

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~24:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。