孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

支那そばヒイラギ食堂の夏メニュー、絶品汁無しラージャー麺と酸っぱくて辛い塩らーめんを食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今年5月に高品交差点近くにオープンし

連日、賑わいを見せている支那そばヒイラギ食堂

 

オープン初日に足を運んで以来

ご近所という事も相まって、幾度と足を運んでいる同店

参照:高品交差点近くの新店、支那そばヒイラギ食堂 絶品・牡蠣醤油まぜそばらを食べ比べ⇒

 

こちらにて今度は、

夏季限定メニューの提供が始まったとのこと

 

また6月中旬より、レギュラーメニューがパワーアップし

オープン当初には提供の無かったメニューも増え、食べたい品が盛り沢山な同店

 

そこで今回は、前述した夏季限定メニュー

こちらを頂く事はもちろんのこと

 

6月より新たに増えた新メニュー

これらの2品を連続して食べ比べるべく、

こちら、支那そばヒイラギ食堂へと足を運び

気になる2品を食べ比べてみるものとなりました

冷たく締めた細麺に絡む、絶品ウマ辛ダレ ヒイラギ食堂の夏メニュー、汁なしラージャー麺

という訳で、新メニュー2品を

一挙に食べ比べ&紹介したくなった支那そばヒイラギ食堂

 

まず最初にご紹介するのがこちら

夏季限定メニューとして

提供の始まった「汁なしラージャー麺」となります

 

説明によれば、味噌をベースに唐辛子や辣油を肺胞下ピリ辛だれ

これを冷たくしめた麺に和えたまぜそばとの事

 

この説明だけでも、もう十分期待が高まりますが

同品では更に、マヨ&黒酢の味変をも楽しめるとのこと

 

トッピングとして、味玉にネギ増し

肉増しなども用意されており、いずれもそそる組み合わせ

 

ただこの日は、夜に同店を訪問

寝る前に麺だけならまだしも、トッピングまで加えては、後ろめたさが増すばかり

 

今日の所は気を引き締め

トッピング無しのデフォをオーダーする事に

 

 

そして迎えた、同品がこちら

高品交差点近く、支那そばヒイラギ食堂にて頂く

夏季限定メニュー、汁なしラージャー麺となります

 

こんもりと盛り付けられた細麺

しっかりとタレが絡まっており、そのままでも十分な美味しさが伺えます

 

しかしながら、そこに細切りしたキュウリとチャーシュー

更にはたっぷり葱をトッピング

 

登頂に掛かった辣油との色味変化も美しく

正に夏に食べたくなる、冷たいウマ辛まぜそばといった雰囲気を醸し出しております

 

早速、麺の方から頂いてみますと

もうこれが、予想通り

いや、予想を45度上回る形で絶品

 

旨味とコクある味噌をベースにしながら

しっかりと辛味を帯びた、こちらのタレ

 

いや、後乗せされた辣油からでしょうか

いずれにせよ、冷たい麺ながらにしっかりした辛さが味わえます

 

このタレならば、むしろ

具材すら必要無く美味しく頂けてしまうのではないか??

 

そう思わせてくれる程

冷たい麺を頂くに際しての、辛味とのバランスが秀逸でして

 

早くも麺だけを食べ終えてしまいそうな程

私の好みにドストライクで刺さる、嬉しい辛味の加減

 

とは言え、具沢山なのも

こちらのラージャー麺の特徴でして、

麺とともに食べやすく

細切りされた、キュウリにチャーシュー

 

具材無くても・・・とは言ったものの

いざ共に食べると、これもこれでやっぱり美味しい

 

辛味がしっかりしていればこそ

キュウリの存在がベストな箸休めになりまして

 

またチャーシューが加わる事によって

麺が少なめに盛り付けられているものの、ボリューム面をカバー

 

途中からは、ここにマヨネーズを加えるものとなるのですが

このマヨネーズが加わる事で

もう一段階、旨味の幅が広がるあたりも見事な味変でして

 

辛味がしっかりしていればこそ、

マヨネーズが与えてくれる、まろやかさが振り幅を形成

 

更には、黒酢も追加で加えていくことで、

 

今度は酸味が増すことによって

冷たい麺ならではの、スッキリした味わいがより強固に

 

マヨネーズと黒酢という2つの飛び道具

これが加わる事で、辛味をより美味しく引き立てつつ

 

冷たい麺で頂く「冷やし」ならではの爽快感

これを更に引き出してくれる、汁なしラージャー麺

 

これは今年の夏、複数回かけて何度も味わってみたい、

リピートすること間違い無しな1品となりました。

毎日食べても色あせること無い、安心感覚える支那そば 更には絶品ルーロー飯も頂き大満足な一食に

そんな夏季限定メニューとなる

「汁なしラージャー麺」を頂き大満足・・・

 

したものの、まだまだ食べたい品が並ぶ同店

続いて頂いたのは、6月よりリニューアルされた新メニュー

こちらへ新たに加わった

「酸っぱくて辛い塩らーめん」となります

 

SNS各所でも絶賛の声が多い同品

これもまた、ぜひ食べねばならぬ1品と判断

 

前述した「汁なしラージャー麺」を頂いた翌週

あらためて出直し、頂いた品がこちら

「酸っぱくて辛い塩らーめん(味玉トッピング)」となります

 

辣油でしっかり赤く染まったスープ

ですがこちらのベースは塩らーめん、しかも酸っぱいラーメンとのことでして

 

日頃、あまり酸味を得意としない私ですが

果たして、その酸っぱさは如何ほどなものなのか

 

まずはスープから頂いてみますと、

じんわり伝わるスープの旨味

それを過不足無く伝える塩味、更には辣油の辛味が見事に一体

 

初手には辛味が伝わって来るものの

その後に残るのは、ほのかな酸味となりまして

 

とは言え、この酸味も全然キツくは無く

後味をスッキリさせる様な、柔らかな酸味になっています

 

酸味、辛味が同居するスープですが

ベースとなる旨味も損なわれることなく、存分に味わえるバランス

 

これもまた、近隣他店では味わう事が出来ない

ここ、ヒイラギ食堂ならではの名物と呼ぶに相応しい、絶品スープとなっております

 

続いて、そんなスープと共に頂く麺ですが

これについては、もう今更の説明不要

他の品と同じ、京都の老舗ていがくの麺となります

 

当然、他の品同様にスープとの組み合わせは文句無し

ズバズバッと吸い込める、啜り心地の良い麺になりまして

 

とは言え、こちらのスープは辛さもしっかり

勢いよく行き過ぎると逆噴射を起こすこともありますので、注意が必要ですね

 

さて、そんなすっぱ辛いらーめんのトッピングですが

こちらの青菜に加え発見したのは、まさかのザーサイ

このスープの酸味、その正体はザーサイでしょうか??

 

ザーサイが織り成す酸味としてはしっかりしている様な

でも私が苦手なお酢系の酸味ではないようにも思いますし・・・

 

ま、良いか

美味けりゃ正義。それが全てでしょう

 

そして、お次に頂くトッピングは

こちらもお馴染みとなりましたチャーシュー

 

食感しっかり目となっておりますが

噛みしめるごとに旨味が増すタイプとなりまして

 

本日は追加トッピングしなかったものの

お腹に余裕があれば、ぜひ増量したい好みのチャーシューになります

 

そして後半からは、味変へと突入

卓上に並ぶ調味料の中で、同品には黒こしょうがお勧めとの事

こちらを加えていくことによって

スパイシーさが増加、スープの旨味もより引き立つ様に感じます

 

また序盤こそ、その辛味の度合いを強く感じなかったものの

食べ進めるに連れ、心地良く汗が流れるほどの辛みが滞在

 

これもまた、先日頂いた「汁なしラージャー麺」同様、

同店で使用される辣油ならではの特徴と言えそうです

 

そして最後にトリを飾るのは、

またしても、味玉となりまして

 

プルンとした白身の食感を楽しむと

中からは出汁感満載の黄身が顔を出し、スープと頂く事で旨味が倍増

 

気付けば残るスープも全て完飲

酸味を苦手とする私をしても、最後まで美味しく頂ける絶品な一杯となりました。

 

 

という訳で、またしても2食を食べ比べ

同時掲載するものとなった、支那そばヒイラギ食堂

 

オープンからまだ2ヵ月となる同店ですが

訪問回数は既に5~6回と、ヘビロテ気味な同店

 

ご近所である事はもちろん

矢継ぎ早に提供される新メニュー、限定メニューも魅力が満載

 

また本日紹介した2品ですが

いずれも辛さを基調としながら、夏に相応しい2品となりまして

 

食べた直後ではあるものの

いずれもこの夏の間に、数度リピートしたくなる品ばかり

 

更には、日替わり・・・とまでは言わずも

頻繁に限定メニューとなるご飯ものも提供される訳でして

 

何度足を運んでも、飽きを感じる暇が無く

今後もお昼に困ったときの選択肢として、大活躍をみせてくれそうです

 

ちなみに、新たな取り組みとして

学生割引、終日50円引きや

テイクアウトとしてご飯ものを提供開始、との情報も発見

 

まだこちらでは、炒飯を食べられずにいましたので

今後はテイクアウトの候補としても、大いに活用させて頂けそうです。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

支那そばヒイラギ食堂

■ しなそば ヒイラギしょくどう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区高品町1586-5

■ 営業時間:11:30~15:00 / 18:00~24:00

■ 定休日:火曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。