千葉中央駅近く、味噌屋 雷門 千葉店 辛さMAXの辛味噌らーめんにチャーシューたっぷり半チャ-ハン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先日、TVで放送されていた激辛ラーメン総選挙

こちらを見た影響をモロに受け、本日の気分は激辛ラーメン

 

とは言え、パッと思いつく先は

毎度おなじみ、蒙古タンメン中本 千葉店しか脳裏に浮かばず

 

ただ、この少し前にもUber Eatsの方で

中本の北極ラーメンを自宅にて食べたばかりでもありまして

 

また同じ北極を食べるのもなんだかなあ・・・

それとも、中本で他のメニューを食べるかどうか

 

 

とm悩みながら富士見町界隈をフラフラ

その道中で目に停まったのがこちら、

蒙古タンメン中本 千葉店のお向かいとなります

味噌屋 雷門 千葉店になります

 

C-one内に長いことお店を構える同店

店名通り、味噌ラーメンをメインに提供するお店となりまして

 

私も10数年?前に足を運んでいるものの

これといった、記憶に刻まれるものにはなっておらずな、こちらのお店

 

ただご覧の通り、

こちらで提供される味噌ラーメンの中には

辛さを段階出来に上げられる品があり、そのレベル4は悶絶レベルとのこと

 

同店の激辛系味噌ラーメンについては、食べた記憶も無く

せっかくならば知らない辛さを味わってみたくなりまして

 

本日はこちら、

「味噌屋 雷門」を訪れてみるものとなりました。

千葉中央駅近くのC-one内で長らく営業する味噌ラーメン専門店、味噌屋 雷門をランチ訪問

という訳で、10年ぶり?に足を運ぶものとなった

C-one内のお店、味噌屋 雷門 千葉店

 

前述した激辛系の味噌ラーメンだけでなく

通常の味噌らーめん、そして背脂味噌らーめんといった品々

更には、セットメニューとして半チャーハンらのご飯ものも提供がある同店

 

メニューを詳しく見るべく、店内の券売機をチェック染ますと、

前述した意外にもらーめんのラインナップは取り揃っておりまして

通常の北海道味噌に辛味噌、そして両らーめんのこってりVer

 

更には、こくまろ醤油らーめん

濃厚味噌つけ麺、濃厚辛つけ麺などの麺類も取り揃っております

 

また、セットメニューとして前述した半チャーハン以外にも

餃子&ライスのセットや、チャーシュー丼を頂く事が可能

 

更には、餃子定食に加えて

並盛り、大盛りを選択出来る豚丼も提供と、その品数は思っていたよりも多彩

 

ただ本日の目当ては、昨夜目にした

「激辛ラーメン総選挙」の影響から、辛さを欲するものとなりまして

 

LV1~4までの辛さを選択出来る

「おすすめ辛みそ」と共に、半チャーハンのセットを頂いてみようと思います。

しっとり汗掻く、心地よい辛味噌らーめん セットの半チャーハンもボリュームしっかりと満足な1品に

食券を購入し、カウンター席の方へと

案内されるものとなった、味噌屋 雷門 千葉店でのランチ

 

この日、お店に着いた時刻は11時を少し回った所

まだお昼には早い時間となりますが、店内には3名程、先客の姿を確認

 

同店向かいには、前述した通りの中本千葉店

そしてこちらのお隣には、これまた人気店となる一蘭も

 

そんな強豪に囲まれながらも、10年以上営業する同店

私の記憶にない、何かがきっとあるのだろう

 

そんな期待を込めながら、注文より待つこと10分程

こちらが、味噌屋 雷門 千葉店にて頂く

「おすすめ辛味噌らーめん(LV4)」と半チャーハンのセットになります

 

しっかり赤く染まったスープに、たっぷり細もやし

その下には、キャベツらの野菜も確認出来る他、チャーシューに味玉もトッピング

 

更には、セットメニューとなる半チャーハンですが

こちらも思い描いていた以上にボリュームある品となりまして

 

麺の方もたっぷり入っている様で

見た目からしても、ボリュームは十二分な両品をお出迎え

それではまず、こちらの辛味噌らーめんから

 

まずはスープの方より頂いてみますが、

LV1となる標準の辛さから、悶絶レベルとなるLV4までが無料で選択可能とのこと

 

本日は、こちらのLV4をオーダーしておりますが

悶絶・・・まではいかずとも、しっかり辛さを味わえるレベルの仕上がり

 

そこに加えて、細もやしやネギらの具材も多く

中でも厄介な存在となるのが、刻まれたネギでして

 

初手で早くも、この細かなネギが器官へ絡みつくものとなり

むせそうになるのを堪えることで、思いがけず汗を流すことに

 

お水を頂きながら、落ち着きを取り戻しまして

あらためてスープを味わい直すと、辛さと共に塩味の強さも感じる味わい

 

辛さをLV4まで上げているので分かりづらくはありますが

デフォであっても、けっこうしっかりした塩味を感じる、そんな味噌のブレンドに思われます

 

続いては、スープと共に麺の方へ

ピントのブレた写真となりましたが

使用されている麺は、ちゃんぽんを思わせる中太の柔らかな麺

 

しっかり茹できった麺になっていまして

モッチリした食感を伝えながら、スープを相応に持ち上げてくれます

 

続いて具材の方に移りますと、

まずは前述した通りの細もやし

 

麺とほぼ同サイズの太さになりますので

麺を頂きつつ、食感の妙がアクセントとなって楽しめます

 

このもやしですら、けっこうなボリュームとなっていますが

その他、キャベツらの野菜も入っており、全体でボリュームを底上げする程

 

更には、フライドオニオンのトッピングもあり

こちらは香ばしさと、また新たな食感をプラス

 

そして本題となってくるのが、

こちら、同品の特徴となります辛味噌です

 

説明によれば、相当な辛さを加えてくれるそうでしたが

口にしてみたところ、やはり悶絶に至る程とはいかずでして

 

とは言え、相応に辛さを底上げしてくれる存在となる上

旨味とコクをもプラスしてくれるものとなりまして

 

途中からの味変として、スープ全体に馴染ませることで

より深みを与えてくれる、そんな役割を果たしております

 

その他、トッピングとなるのが

こちら、大ぶりながらにしっかり味の染み入ったチャーシュー

 

同じ品がチャーハンにも使用されておりますが

このチャーシューもまた、好印象な存在

 

更には、味玉の方も良好な半熟加減となっており

辛さ行き渡るスープと、良好なコンビネーションを見せるものとなりました

 

また、卓上の方には

こちらの刻みニンニクも常備

 

よりコクを増したい際には、同ニンニクのプラスも可能と

強い特徴こそ感じませんが、安定感ある味噌らーめんといった印象になりました

 

 

続いて、セットでオーダーしたのが

こちらの半チャーハンとなります

 

具材は、玉子にネギ、そしてチャーシュー

胡椒を多めに使用しているのも特徴的な面となります

 

が、やはりこのチャーハンで生きてくるのが、

 

前述した通り、

タップリ使用されているチャーシューでして

 

敢えてか、食感の残る大ぶりにカットしており

これがご飯の味付けとしても強く働きかけてくれています

 

その分、チャーハンそのものの味付けは強くなく

胡椒の方をむしろメインで感じる味付け

 

それでいて、過不足を感じないのもまた

チャーシューの味付けがしっかりしていればこそ

 

パラパラ加減も気持ち良く

セットでお値段+270円ながら、十分な満足を得るチャーハンとなりました。

 

 

という訳で、10数年ぶりの利用となりました

C-one内のラーメン店、味噌屋 雷門でのランチ

 

激辛総選挙に影響を受け、同点の辛味噌らーめん

こちらをMAXとなりますLV4にて頂くものとなりました

 

辛さについては、事前に説明されていたほどとはならずも

心地よく、汗を流せるほどに十分な辛さは堪能

 

ただ、辛味噌と共にスープへ混ざっている

細かなネギで、むせかけるものとなりまして

 

平時ならともかくとして

コロナ禍の現状で食べるには、ちょっと注意の必要な一杯となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

味噌屋 雷門 千葉店

■ みそやらいもん ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-24-1 C-one内

■ 営業時間:11:00~23:30

■ 定休日:C-oneと同じ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。