孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

みつわ台のらー麺 だるまで見つけた、激ウマな一杯 汗掻く辛味にスパイス溶け合う、辛スパイスらー麺

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

子供もようやく冬休みを迎え、本日の晩ご飯は外に出て・・・

と話していたにも関わらず、私が美容室へと出掛けている間

 

カミさんの方では仕事のトラブルなのか

果てまた人為的なミスなのか

 

なんにせよ、予定していた外食が

「それどころじゃ無い」という忙しさを伝えるLINEが一通

 

結果、子供とカミさんはその辺で晩ご飯を済ませるとのこと

対する私は、1人ご飯を置き去りにされるものとなり、突如晩ご飯候補を探すことに

 

 

この手のパターンで、毎度おなじみとなるのが

困った時のまるわこと、作草部の麺処まるわとなるのですが

 

念のため、Twitterにて確認をしてみたところ

こんな日に限って、腰痛が酷く営業をお休みいているとのこと(お大事に…)

 

あと近場でササッと済ませられる晩ご飯といえば・・・

そう言えば少し前に、週一で開催しているclubhouseにて

 

「みつわ台のらー麺 だるまは、新メニューが色々増えている」

といった情報を提供して頂いたことを思い出しまして

 

その新メニューがどんな品だったかはうろ覚えながら

ご近所且つ駐車場も完備と、なにかと助かるお店である事は間違い無し

 

そんな訳で、危うくの晩ご飯難民を回避すべく、本日はこちら

モノレールみつわ台駅から、徒歩5分ほどとなります

「らー麺 だるま」を訪れてみるものとなりました。

3月のオープン以来、ランチでは数度訪問も夜は初 みつわ台の二郎インスパ店、らー麺 だるま

という訳で、本日は夜の部を訪れてみるものとなった

みつわ台のらー麺 だるま

 

本ブログでも数度紹介しておりますが

こちら、らー麺 だるまは今年の3月、みつわ台にオープンしたお店となります

 

私としては珍しく、オープン初日から足を運んでいるお店でして

それ以降も、冷やしタンタンメンなどを頂いたり、数度足を運んでいるお店

 

とは言え、夜の部は初となりますし

なにより新メニューについても、予習せずに同店を訪問

 

まず入り口前に掲載されているメニューを見ますと

従来からの二郎インスパ系ラーメンを中心に掲載・・・

と思いきや、そのど真ん中に位置取るのはなんと、梅みぞれらー麺

 

そのビジュアルは、同じく若葉区の某店を一瞬彷彿させますが

こちらのスープは、ご存じ二郎ナイズされた濃厚さ

 

そこに梅とみぞれこと、大根おろしを合わせてくるとは

これはまた、想像し難い反面、そのギャップが楽しみでなりませんね

 

が、しかし

そんなみぞれらー麺以上に私の視線を惹きつけて病まないのが

以前の同店には無かった、これまた新メニュー

スパイスらー麺となります

 

通常のスパイスと、辛スパイスの二種が用意されており

いずれも赤みを帯びた、血湧き肉躍りだす興奮せずにいられないラーメン

 

たっぷり盛られたパクチーも、このラーメンを

より煌びやかに彩ってくれること間違いありません

 

 

さて、梅みぞれかスパイシーか

悩みながらも、ひとまずは店内券売機へ

するとここにも、サイドメニューながら

玉子入りにパワーアップを果たした2種のご飯が写真入りで掲載

 

ごろっと肉が転がる豚めし

そこに玉子まで加わるとは、もうすでにご馳走確定

 

が、しかし・・・ランチならともかく

本日は珍しい、夜の部への訪問

 

普段、ランチでこそガッツリ食べる私ですが

その分、夜は炭水化物を摂らない様、注意を図っておりまして

 

対する本日は、ご覧の通り炭水化物メインの晩ご飯

ここへ更に、白米を加える訳にはいかず、ご馳走飯については断念することに

 

代わりに、二種並ぶ新メニューだけは、妥協をしたくない訳で

みぞれとスパイス、両極端な2品を天秤に掛けた結果

本日の晩ご飯は、辛スパイスらー麺を味玉トッピングにて頂いてみようと思います。

複雑に絡まる深みあるスパイスの味わいに、ビビッと響く辛味が絶品、辛スパイスらー麺に大興奮

二郎系ラーメンのインスパイア店

そんなイメージが先行していたみつわ台の「らー麺 だるま」ですが

 

噂に聞いていた通り、様々な新メニューが名を連ねており

そのどれもが、他店にありそうで無かった個性的な品ばかり

 

最早、二郎インスパイアとカテゴライズするのもおこがましい

独自の展開を繰り広げているお店と呼ぶべきかも知れません

 

さて、そんな期待高まる中

注文から10分弱、早々に提供となった本日の晩ご飯がこちら

らー麺 だるまで頂く新メニュー

その名も辛スパイスらー麺(味玉トッピング)になります

 

まず目を惹くのが、たっぷり盛られたパクチー

オリエンタルな香りが早くも漂いだしております

 

その下には、肉感しっかりした挽き肉、いや肉味噌でしょうか

二郎ナイズされたもやしも姿を見せており、食べ応えも感じさせます

 

そしてなんといっても、興味惹かれるのがこのスープ

提供された時点でも、十分なスパイシーさと辛味を伝えてくるその色味

 

加えて、パクチー上部にはたっぷりの唐辛子も加わっており

スパイシーさにしっかりした辛味も備えているご様子

 

それではまず、スープの方から頂きますと・・・

・・・うん

 

美味い。

 

いや、ただ美味いだけじゃ無く

美味く、そしてガッツリ辛い

 

初手で感じられるのは、スープ自体の持つしっかりした旨味

そこに様々なスパイスが複雑な味わいを加えており、この構造だけでも深みある味わいを形成

 

そこへ更に追い打ちを掛けるのが、辛みの部分

これが辛党の私をして満足する、けっこうな辛さ度合いとなっておりまして

 

ですが、その辛味が複雑に絡まるスパイス具合を崩す事無く

深みある辛味に、刺激という新たな側面を与えてくれています

 

更にこのスープの面白いところは

辛味、苦み、更なる一手として甘みも顕著に感じられる点

 

ここは二郎インスパ店ならではの持ち味、

アブラによる甘みがスープに加わってきているのです

 

スパイス加減ですら、相当なレベルに仕上がっているものの

それを更に底上げする、バランスとれた辛味と甘みの足し算

 

私もそれほど多くのスパイスラーメンを食べ比べてはいませんが

過去に頂いた中でも、トップクラスに躍り出る、そんな絶品スパイスラーメンじゃないでしょうか

 

そして、このスープを頂く麺もまた、考えられた取り合わせでして

ここに来て、二郎ナイズされた太麺・・・

とはいかず、ストレートの細麺をチョイス

 

考えてみれば、今年の夏に同店で頂いた

冷やし担々麺も、細麺に辛味とシビれを美味くコントロールした一杯でしたっけ

参照:みつわ台の二郎インスパイア店、らー麺 だるまで頂く夏季限定メニュー パクチー満載の冷やし担々麺 ⇒

 

アレもまた、秀逸な冷やし麺になりましたが

やはりスパイスの持つ香りや風味を強く引き立てるのは、温かいスープであればこそ

 

しかも、この寒さの中で頂くウマ辛加減

これはもう、最高のご馳走である事、間違いありません

 

そして、このスープの奥深さをより顕著に増してくれるのが、

このパクチーの存在

 

実は私、パクチーについてはそこまで好んで食べる派では無いのですが

複雑に入り乱れる、スパイシーなスープを前にすれば話は別

 

風味豊かなスパイスではあるものの、それらだけでは賄いきれない

あとひと味を満たしてくれるのが、やはりパクチーの存在

 

葉物野菜らしい食感もまた、アクセントを産むものとなり

麺、スープと共に頂く事で、唯一無二の味わいを形成してくれます

 

そして、このスープの影の主役とも言うべき

こちらの肉味噌

 

背脂の甘みと共に、肉感という更なる充実感を与え

オリエンタルながら、ラーメンであることを思い出させてくれます

 

そして、ここが二郎インスパイアである事を忘れない様、

たっぷり入ったもやしで、ボリューム面も充実

麺量こそ多くはない同店ですが、もやしまで頂けば満足度は十分

 

そして、綺麗に仕上がった

この味玉の半熟具合

 

白身までしっかり柔らかさを残しており

溶け出す黄身とスープの混ざり合いもまた格別なものに

 

しかしながら、やはり感動を覚えたのはスープの美味しさ

スパイスラーメンは一歩踏み越えれば、カレーにもなり兼ねない品ですが

 

こちらのスパイスラーメンは、その名の通り

スパイスの持つ複雑で、多様な味わいがそのまま生きた一杯に

 

しかも、ベースとなるスープの旨味や甘み

更にパクチーらのトッピングで、スープの美味しさをより引き立てるものに

 

スパイスラーメンとしての高い完成度はもちろんの事

激辛、ウマ辛ラーメンとしても、最高に美味しい一杯を頂きました

 

 

という訳で、初のディナー帯に足を運ぶものとなった

みつわ台のらー麺 だるま

 

従来からの同店と言えば、二郎インスパイアのお店といった印象ですが

前述した通り、今回頂いたのはスパイスラーメン

 

しかも、辛味を増したスパイスラーメンとなるのですが

その複雑な味わいに辛みの織り成すバランスがとにかく絶品な一杯に

 

激辛・ウマ辛を見つければ飛びつく私ですが

今年頂いてきた同系等のラーメンの中でも、間違い無くTOPクラスの絶品ラーメンとなりました

 

今回は初見と言う事で、券売機にあった味玉のみをトッピングしましたが

欲を言えば、ここに「豚」を加えてみたいところも

 

更には、残ったスープをより美味しく頂くべく

ご飯とも合わせてみたりと、まだまだ思考は広がるばかり

 

また、本日頂いたスパイスらー麺だけでなく、

もう一つの新メニュー、梅みぞれらー麺も気になる所でして

 

従来からの「二郎インスパイア店」という括りでは収まらない

新たな表情を見せ始めたらー麺 だるま、2022年は間違い無く注目の1軒となりそうです。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

らー麺 だるま

■ ラーメン だるま

■ 住所:千葉県千葉市若葉区みつわ台4-16-4

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~24:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。